1. TOP
  2. 40代男性だからこそ手遅れになる前にやるべき2つのスキンケアの基本ワザ

40代男性だからこそ手遅れになる前にやるべき2つのスキンケアの基本ワザ

美容
この記事は約 7 分で読めます。 60 Views

男性も40代になると、シミ、しわ、乾燥などのダメージに加え、たるみも目立つようになってきます。

いくら仕事がバリバリ出来ても、シミ、しわが目立ったり肌がたるんでいたりして、実年齢以上に老け顔になっていたら、会社の部下、特に女性社員から羨望の眼差しを受けられません。

もはや、笑った時に出来る目尻のシワが素敵!だなんて思われてる時代ではありません。逆に、うわー老けてるわぁと思われるだけです。

またあなたがお客さんへの第一印象が重要な営業職であれば、肌にハリがあるだけで、この人デキそうだと良い印象を与えることが出来ます。

 

  • そんな事わかってるけど、これまでスキンケアなんてした事ない
  • シミ、しわ、たるみをこれ以上増やしたくない
  • 若く見せたいけど何からしていいか分からない

 

そう思ってる方へ、40代の男がまずやるべきスキンケアについて紹介します。

今回紹介する方法をやるだけでも、肌の老化のスピードを抑えることが出来、部下(特に女性)やお客さんから、一目置かれる存在になれますよ。

Sponsored Link

40代男性の肌荒れスキンケアの基本はエイジングケア

40代の男性のスキンケアはエイジングケア、この一言につきます。

男性は30代後半から40代にさしかかると、肌の老化が一気に進み、これまであなたが受けてきた紫外線や乾燥などによるダメージが表出化します。

女性はお肌の曲がり角は25と言われますが、男性の場合は30代に肌の曲がり角を迎えます。30代で肌の曲がり角を迎えるということは40代ともなれば、もう下り坂を降りる一方です。

 

また皮脂分泌の量が徐々に落ちます

皮脂分泌が抑えられると言うと、脂ギッシュな感じが無くなっていいんじゃない?なんて、特にオイリーな肌の持ち主であれば思ってしまいがちですが、そんな単純な話ではありません。

詳しくは後ほど説明しますが、自分自身でオイリーな肌の持ち主だと思っている方でも、顔の全てがテカテカという人はいません。皮脂が正常、ないしは少ない部分もあり、その部分がどんどん乾燥していってしまいます。

 

これらシミ、しわ、たるみの増加と皮脂分泌の減少がまさに老化なわけなのですが、それを抑えるエイジングケアが40代男性のスキンケアに必要になります。

 

40代男性の肌の特徴

40代の男性の肌の特徴は以下の3つです。

  • 皮脂分泌の低下が加速し、乾燥肌の傾向になる。
  • 肌のターンオーバーのサイクルが長くなる。
  • 上記の結果、シミやしわ、たるみが一気に目立ちはじめる。

 

それぞれの現象について、詳しく紹介します。

 

皮脂分泌の低下が加速し、乾燥肌の傾向になる。

先ほどの繰り返しになりますが、男性が40代になると、皮脂分泌量が低下します。

これは、30代までは活発だった男性ホルモンの働きが弱まるためです。要は歳を取ったから体力が落ちたというのと同じで、男性ホルモンの働きも落ちます。

元々、乾燥肌だったという人は、さらに乾燥肌になってしまいます。

逆に脂ギッシュなオイリーな肌の人は、脂が抑えられるのですが、一方で混合肌を引き起こします

混合肌とは、乾燥肌とオイリーな肌(脂性肌)の両方があるという肌のことです。

具体的なパーツで言うと、目元や口元は皮膚が薄いため段々と乾燥肌になり、目元や口元は乾燥している、だけど皮脂腺が多いTゾーン(おでこと鼻)は脂性肌という状態です。

この混合肌の何が問題かというと、元々脂性肌の人が肌質の変化に気が付かず、これまで通り、皮脂を抑える洗顔フォームを使っていたりしていたとします。その場合、乾燥している目元や口元の皮脂が過剰になくなっていき、より一層乾燥肌のトラブルを引き起こすという結末を迎えてしまいます。

 

肌のターンオーバーのサイクルが長くなる。

肌は28日周期で生まれ変わります。この28日周期の事を肌のターンオーバーと呼ぶのですが、この肌の生まれ変わりの周期が40代になると長くなり、およそ40日周期ぐらいになります。

このターンオーバーが長くなることによって、出来てしまったシミやニキビが治りづらくなったりします。

また死んでしまった角質細胞(固くなったかかとなどを想像すると分かりやすい)が肌に留まってしまい、肌の角質層が硬くなり、肌がくすんで見えるようなり不健康そうな老け顔になってしまいます。

 

ちなみにこれまで、化粧水や乳液、美容液などを使ったことがある人で、あんまり効果の実感がなかったという方へ、28日間以上、化粧水や乳液、美容液などを使ったことがありますか?

化粧水や乳液などのいわゆるスキンケア商品は肌の生まれ変わりを促進するものではありません。あくまで生まれ変わった後の肌を改善する、保つというものです。

化粧水や乳液が自分に合う合わないという判断は、最低でも28日間使い続けた上で判断するようにしましょう。

 

それでは、この40代男性の老化減少に対するエイジングケアとは具体的に何をすればよいのでしょうか。

ズバリ、クリームによる保湿と美容液による栄養補給です。

 

スキンケアの基本ワザその1は朝の美容液

30代までは「洗顔+化粧水+乳液」だったものに美容液を追加してください。もし化粧水、乳液すら使っていないようであれば、今すぐ使ってください。

化粧水、乳液で肌に保湿を与える事に加え、さらに美容液でエイジングケアを強化します。

 

保湿効果の高い化粧水や乳液で朝の保湿をしっかりと。

 

 

保湿を高めた上で、アンチエインジング効果のある美容液を顔全体に。

 

美容液には、化粧水、乳液と比較して更に高い保湿力があるものを選ぶと良いでしょう。

オススメの美容液としては、高い保湿力をもつセラミドやヒアルロン酸、更に皮脂分泌の低下をサポートする意味でもコラーゲン量を増やすレチノールやビタミンC誘導体が配合された美容液です。

セラミド、ヒアルロン酸、レチノール、このあたりがアンチエイジングに効果がある成分です。

 

スキンケアの基本ワザその2は夜のクリーム

30代のスキンケアではオプションレベルだったクリームを夜に使うことをオススメします。

 

先ほど40代の肌の特徴の所でも、目元、口元が乾燥し、混合肌になっていくという事について触れましたが、乾燥しやすい目元口元の乾燥に加え、皮脂分泌が盛んなTゾーンもやがて乾燥し始めます。

また夜は日中帯に比べ、大気が乾燥しやすいですので、肌も乾燥しやすくなります。夜はクリームを使って、朝以上に保湿を高めましょう。

 

クリームは中指と薬指で肌に優しくなじませる

 

乳液をサラサラのタイプではなく、コクがある濃厚タイプのものを使用し、さらにクリームを使うようにしましょう。

オススメのクリームとしては、先ほどの美容液同様、コラーゲン量を増やすレチノールなどが含まれるものが良いでしょう。

クリームは、化粧水や乳液、美容液で肌をしっかり保湿した後に、最後の締めとして乗せましょう。

 

まとめ

40代男性が肌荒れを気にしだしたら、抑えておきたいスキンケアの2つの基本ワザを紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

元々、アンチエイジングやスキンケアに興味はあったけど、さすがに美容液やクリームまではと思ってた方も、美容液やクリームの必要性についてご理解いただけましたでしょうか。

 

部下や営業先からデキる男として、40代、さらには50代を迎えたいのであれば、是非やってみてください。

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

Mr.Father|父親だってオトコでいたいライフスタイルメディアの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Mr.Father|父親だってオトコでいたいライフスタイルメディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

huck

子供が出来ると段々とファッションに気を使わなくなっていくなんていうダサい父親になるのなんて、まっぴらごめんな37歳2児のパパ。

関連記事

  • 30代男性が肌荒れを気にしたら、最初にやるべきスキンケアの3つの基本ワザ

  • iQosで歯茎が痛くなった人へ。それは歯周病かもしれません。

  • 彼女の寝起き臭、特に口臭が気になる方へ伝えたい10のコト

  • アメトーーク美容芸人オススメの美容グッズを全15個を公開

  • 男の肌の毛穴トラブル、黒ずみ解決は、たった3つの基本ワザ。