1. TOP
  2. 美容
  3. 男の肌の毛穴トラブル、黒ずみ解決は、たった3つの基本ワザ。

男の肌の毛穴トラブル、黒ずみ解決は、たった3つの基本ワザ。

 2017/09/08 美容
この記事は約 7 分で読めます。 168 Views

毛穴の皮脂・角栓詰まり、黒ずみなど、肌の毛穴の汚れに関する悩みは男女問わず尽きないものですが、実は男性の方が肌の毛穴にトラブルを抱えていることが多いです。

それは、男性の方が皮脂の分泌量が多く、化粧で隠すことが出来ないから

 

しかし、男性の方々のなかには「どうやって対策をすればいいのかよく分からない」という方も多いのではないでしょうか?

男性向けの肌の毛穴ケアを紹介している本や雑誌、テレビ番組ってあまりありませんからね。

 

そこで今回は、女性のスキンケア雑誌並みに男の肌の毛穴汚れの特徴と原因、そしてオススメの毛穴汚れ対策についてご紹介します。

毛穴汚れがすっきりすると、顔だけでなくココロもスッキリして自信が持てますよ!

 

Sponsored Link

男性の毛穴汚れ、黒ずみの原因は男性ホルモンによる皮脂分泌

 

冒頭で男性の方が女性よりも毛穴のトラブルを抱えていることが多く、それは皮脂の分泌量が多いからと触れました。

では、何故男性は皮脂分泌量が多いのでしょう?
そして皮脂分泌量と毛穴トラブルとはどのような関係があるのでしょう?

 

まず、男性が女性に比べ皮脂分泌量が多い理由は、皮脂の分泌には男性ホルモンが大きく関わっているからです。

更に皮脂分泌量と毛穴トラブルの関係性についてですが、毛穴トラブルで最も多いのは「詰まり毛穴」と呼ばれるもので、皮脂が毛穴に詰まり黒ずみを発生させています。(詰まり毛穴ついては後ほど詳しく説明します)

 

ちなみに、毛穴の大きさは遺伝的な要因でほとんど決まり、更に男性ホルモンが多い人は、毛穴の奥にある皮脂腺も大きく発達しているため、皮脂分泌も多くなります。

分泌される皮脂の量が多いため、その皮脂の出口となる毛穴も自然と大きくなり、目立ちやすくなるのです。

 

このように、男性は女性に比べ毛穴の大きさ、そして皮脂分泌量がが大きい傾向があるのですが、間違ったケアであったり、女性に比べスキンケアを怠りがちなことが、毛穴のトラブルをさらに招きやすくしています。

 

毛穴ケアの基本は何と言っても洗顔

毛穴ケアはシミやシワのお手入れと違い、単純です。

肌の毛穴にたまった黒ずみは根本的な解決は、毛穴を小さくすることになるのですが、まずは、日常的なお手入れとして、ちゃんとした洗顔をすることに尽きます

顔を洗わない人はさすがにいないとは思いますが、いつもの洗顔をする時に、毛穴が気になるところを重点的に洗うと言うだけ。

 

そして、肌のタイプに合わせたスクラブ入りの洗顔フォームで1〜2週に一度洗えば毛穴そのものが小さくなっていきます

ここで気をつけるのは、スクラブ入りの洗顔フォームを使うのは1〜2週に一度ということ。

スクラブ入りの洗顔フォームは、使いすぎると敏感肌のような人によっては、肌を痛める、傷つける恐れがあります。

 

普段の洗顔で毛穴が気になるところを重点的に洗うこと、そしてスクラブ入りの洗顔フォームで洗うことで毛穴を小さくし、そして汚れをキレイに取り除くことで、毛穴ケアの最初の関門はクリアです。

 

毛穴ケアの基本2は保湿

 

次に必要なことは、肌の保湿です。

せっかくキレイに汚れを落としたのに、毛穴がそのまま開いた状態では、またそこに汚れが詰まり、そしてまた黒ずみが発生してしまいます。

洗顔後に、化粧水、乳液、クリームなど肌に保湿を与えることで、開いた状態の毛穴が徐々に閉じていきます

 

タイプ別 毛穴汚れの特徴

毛穴汚れには大きく3つのタイプに分かれます。

  • 詰まり毛穴
  • たるみ毛穴
  • 開き毛穴

それでは、それぞれのタイプ別に詳しく説明します。

 

詰まり毛穴の特徴

毛穴トラブルで最も多いタイプです。詰まり毛穴は、開いている毛穴に皮脂が詰まっているという状態です。

そして毛穴に詰まってしまった皮脂や角栓が参加することにより黒ずみが発生します。

 

 

繰り返しになりますが、男性は女性に比べ皮脂分泌量が多いため、詰まり毛穴になるケースが非常に多いです。

そして皮脂分泌量が多いことからテカリを気にしすぎて皮脂を過剰に取り除くという事もよくしてしまうため、更に皮脂分泌が過剰に行われるという負のスパイラルも引き起こす傾向にあります。

 

また、詰まり毛穴から大人ニキビになる人も多くいます。もし最近ニキビが出来たという人はコチラの記事も御覧ください。

男のボコボコ肌の原因はニキビあと。特に大人ニキビに要注意。

 

たるみ毛穴の特徴

皮膚のハリは加齢によって失われ、重力に逆らえずにたるんでしまいます。たるみ毛穴というのは、加齢によって皮膚が下方に引っ張られることに伴い、毛穴も下方に引っ張られてたるみ、涙型に広がってしまうことを指します。

 

 

たるみ毛穴になる人は、30代後半から40代にかけて、増えます

 

開き毛穴の特徴

開き毛穴とは、元々毛穴というのは開いているものを指すのですが、その開きがひどいものを「開き毛穴」と指します。

特に乾燥しやすい秋から冬にかけて多く、肌が乾燥すると水分を失い、肌の弾力、要はハリが失われていくことで毛穴が伸びてしまうというものです。

 

開き毛穴は、肌のハリが失われている状態、つまり肌のバリア機能が低下している時ですので、開き毛穴をきっかけに、しわなどのトラブルを引き起こす可能性があります。

 

毛穴汚れのタイプ別対策法

詰まり毛穴の対策法

ピーリングで、毛穴に詰まってしまった古い角質を取り除くことで、詰まり毛穴の改善と予防の両方に対応します。

 

ピーリングとは

ピーリングとは、古い角質をはがし、肌の代謝を促す方法のことです。元々は皮膚科でシミやしわなどの治療としてお壊れていたのですが、最近は自宅でも出来るようになりましたので、紹介します。

1.洗顔後にタオルで水気を拭く

洗顔をして肌の汚れをまずは洗い落としてください。その上で肌の水気を拭き落とします。

 

2.ピーリングジェルを顔になじませる

ピーリングジェルを指にとり顔にのせ、指をうちから外に向かってくるくると回し、肌にピーリングジェルをなじませていきます。

 

3.古い角質が剥がれたら、水またはぬるま湯ですすぐ

ピーリングジェルによって角質がポロポロと剥がれてきます。角質が剥がれてきたら、水かぬるま湯でジェルをキレイに洗い流しましょう。

 

 

ちょっとこのピーリングは、メンドクサイなと思う人は、角質を拭き取るというタイプのピーリングジェルもありますので、そちらを使っても構いません。ただし、肌に刺激を与えやすいという副作用もあります。

目元や口元などの皮膚が薄い所には使わず、皮膚が暑いTゾーンや小鼻の詰まり毛穴に使うようにしましょう。

 

たるみ毛穴の対策法

たるみに効果があるビタミンC誘導体やレチノール配合の化粧品を使い、肌の弾力を取り戻します。

 

開き毛穴の対策法

毛穴ケアの基本2でも触れましたが、保湿成分を含む化粧水や乳液、クリームを使い、とにかく肌の保湿力を高め、乾燥を防ぐことが必要です。

 

やってはいけない毛穴ケア

毛穴に詰まった皮脂や角質を取り除くために、毛穴パックというものがあります。

確かに毛穴パックを使うことで皮脂や角質が取れるため、一時的に毛穴の黒ずみがなくなるように見えますが、毛穴パックは肌に必要なものまで一緒に取ってしまうほど強力なので、毛穴を更に拡げてしまうというデメリットもあります。

どちらかと言えば使わないほうがベターでしょう。

 

まとめ

男の毛穴のトラブルの原因や特徴、そして対処法について紹介しましたが、いかがでしょうか。

毛穴のトラブルはシミやしわ、たるみ、大人ニキビなど更なる2次災害も引き起こす原因にもなりますので、早めの対処が必要です。

一刻も早く毛穴トラブルを改善し、スッキリとした顔と自信にあふれたココロを手に入れてください。

 

シミやしわ以外にもクレーターのようなボコボコ肌で悩んでいるという方はコチラの記事も御覧になって、つるむけ卵のような肌を目指しましょう。

男のボコボコ肌の原因はニキビあと。特に大人ニキビに要注意。

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

Mr.Father|父親だってオトコでいたいライフスタイルメディアの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Mr.Father|父親だってオトコでいたいライフスタイルメディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

huck

子供が出来ると段々とファッションに気を使わなくなっていくなんていうダサい父親になるのなんて、まっぴらごめんな37歳2児のパパ。


関連記事

  • 男のボコボコ肌の原因はニキビあと。特に大人ニキビに要注意。

  • アメトーーク美容芸人オススメの美容グッズを全15個を公開

  • iQosで歯茎が痛くなった人へ。それは歯周病かもしれません。

  • 彼女の寝起き臭、特に口臭が気になる方へ伝えたい10のコト

  • 40代男性だからこそ手遅れになる前にやるべき2つのスキンケアの基本ワザ

  • 30代男性が肌荒れを気にしたら、最初にやるべきスキンケアの3つの基本ワザ