1. TOP
  2. ライフスタイル
  3. 人気の高い宅配クリーニングでもトラブルが!?抑えるポイントは4つだけ。

人気の高い宅配クリーニングでもトラブルが!?抑えるポイントは4つだけ。

 2016/11/24 ライフスタイル
この記事は約 9 分で読めます。 242 Views

今、人気が高い宅配クリーニングを利用してみたいけど、クリーニングした洋服が届かない、シミが取れていない、思っていたよりも高額請求されたといったトラブルが気になって、なかなか宅配クリーニングの利用を躊躇している人、結構いるのではないでしょうか。

宅配クリーニングであっても店舗型でのクリーニングであっても、実際のトラブルに差はあまりありません。

ただやっぱりお店の人と対面で話が出来ないことや、どうもネットというと怖いと何となく宅配クリーニングに対し、不安を覚えるのも分かります。

でも宅配クリーニングに人気があるということから、上手く利用している人がいるのも事実ですし、宅配クリーニングの中でも人気のあるお店というのは安心感をちゃんと与えてくれています

宅配クリーニングを安心して利用するために、気をつけるポイントをまとめましたので、このポイントを抑えて宅配クリーニングを利用し、クリーニング屋さんに行く時間の捻出や重い荷物を運ぶ煩わしさから開放されてください。

ちなみに、宅配クリーニングのトラブルにどんなものがあるかを知りたい方は下の記事を確認してください。

宅配クリーニングのトラブルを回避せよ。宅配クリーニングを利用する前に気になる口コミとトラブルをチェック

 

Sponsored Link

国民生活センターが喚起する宅配クリーニングの注意点

宅配クリーニングの人気が出てきて、それに比例するがごとく、消費者庁や国民生活センターにも相談の声が寄せられています。

そんな相談の声が寄せられている国民生活センターですが、宅配クリーニングを利用する上で気をつけることを2015年に発表しています。

  • 店舗型クリーニングとは違う部分があることを認識したうえで利用するかどうか決める
  • 利用する際には契約内容や事業者の連絡先、賠償基準の内容などを十分確認する
  • クリーニング方法やしみ抜きの箇所など、詳細を整理し、できる限り事業者と情報共有しておく

当然といえば当然ではあるのですが、じゃあ例えばできる限り事業者と情報共有しておくって具体的に何をどのようにすればよいのでしょう?お店の人に会えるわけではないし、どう伝えればいいんだろう?って思ってしまいますよね。

契約内容や賠償規準の内容ってどうやって確認すればいいんだろう?とも思いますよね。

 

宅配クリーニングに出す前に必ずチェックする4つのこと

child-cleaning01

 

宅配クリーニングを出す前に恐らく多くの人はYシャツ1枚いくらだろうとかスーツはいくらだろうとか、何日後に洋服が返ってくるかなといったところは確認すると思います。これは宅配クリーニングであっても、店舗型クリーニングであっても皆さん確認するはずです。

でもこれから皆さんが利用しようとしているのは宅配クリーニング。
宅配クリーニングを利用しようかどうか迷う中で、ポイントとしているところがあると思います。

対面式でない、つまりあなたがクリーニングに出そうとしている洋服について、「これ、ウールですよね?」とか「ここ、ほつれてますね。」と言われたり、「ここのシミ落としたいんですよね」とか「襟の黄ばみを白くしたいんですよね」といった要望を直接伝えることが出来ないわけです。

でも、逆に言えば、ここさえ抑えてしまえば、便利で人気の宅配クリーニングを使いこなせるとも言えます。

ここさえって言うけど、それが大変なんじゃないかと思うかもしれませんが、私に言わせれば、忙しい中クリーニング屋に行く時間をクリーニング屋の営業時間に合わせてわざわざ作ったり、重い荷物を抱えてクリーニング屋に行くほうがよっぽど大変です。

これから、宅配クリーニングを出す前に抑えるべきたった4つのポイントを紹介しますので、しっかりチェックしてください。

 

衣類の種類と洗濯方法をしっかり確認する。

cleaning-check

 

突然ですが、クリーニングに出す時に、果たしてこの洋服ってどんな種類なんだろう。どんな洗い方が正しいんだろう?って思ったことありますか?自分自身でクリーニング屋さんに出す前に確認したことありますか?

何となく、クリーニング屋さんが良しなにやってくれると思っていませんか?

もしそうだとしたらこんな事に。

 

 

でも、何もこれって宅配クリーニングだからクリーニング方法を間違えるってことではありません

 

 

店舗型のクリーニング屋であろうと、ミスは起こります。100%ミスが起こらないなんてことはありえません。特に店員さん頼みになっていれば尚更です。

店舗型であろうと宅配クリーニングであろうと、大事な洋服であれば、自分でちゃんと心配事は伝えましょう

  • 洗い方や生地について記載した紙を洋服と一緒に梱包する、メールで伝える。
  • 気になる汚れの部分について写真を撮って一緒に梱包する、メールで伝える。
  • 注文時に備考欄のフォームがあるのであればそこに書く。

このような対応をすれば十分伝えることが出来、洗い方を間違えたなんていうことはなくなります。

 

確認できるのはあなただけ。ポケットの中もよく見よう。

pocket

 

宅配クリーニングに限った話ではないのですが、例えばポケットの中にハンカチを入れたままクリーニングに出してしまったことありませんか?

ポケットの中に入っているものがハンカチぐらいであれば、誤って洗われてしまったとしても、あまり問題にならないでしょうが、例えばポケットの中に入っているのが一万円札だったり、大事な取引先の名刺だったり。大変ですよね。

 

宅配クリーニングだって、店舗型と同じようにクリーニングを行う前に、ポケットのチェックを必ずしています。宅配クリーニングだからポケットの中のチェックを怠っているということはありません。

一方、チェックを必ず行っていると思いこんでいる店舗型でもそのまま洗われてしまうこともあります。

店舗型であろうと、宅配クリーニングであろうとクリーニングの前には必ずポケットの中を確認しましょう。

 

ボタンやカフスは外しておく

cafs

 

これも実際は宅配クリーニングであれ、店舗型クリーニングであれ、カフスボタンであったり、飾りボタンは外しておくべきです。男性の場合、あまり飾りボタンが付いている洋服はありませんが、Yシャツのカフスボタンは気を付けましょう。

 

ちなみに、クリーニングに出したYシャツのボタンが欠けている、割れているといった経験をしたことがないでしょうか。

これは宅配クリーニングに限った話ではないですが、多くのクリーニング店は時間を短縮するために、プレッサーのような機械にYシャツをセットしてシワ伸ばしをしています。手作業でアイロンがけをしているクリーニング店はあまりありません。

先ほど挙げたボタンの破損は、このプレッサーでシワ伸ばしをした時に発生します。Yシャツを機械にセットした時にちゃんとした位置からズレてしまった場合、プレッサーがボタンに当たってしまい破損することがあります。

店舗型であれ、宅配クリーニングであれ、どのようなクリーニング方法をしているかをチェックするのも良いでしょう。

 

賠償基準をHPでキチンと確認しよう

預けた洋服が破れてしまった、どこかへ行ってしまったということが100%ないとは言い切れません。その場合、どのような賠償をしてくれるのか確認しましょう。

最近、宅配クリーニング側も賠償規準について明記してあるケースが多いです。

例えばリネット(Lenet)

lenet

(画像引用元:Lenet)

バスケット(basket)

basket

(画像引用元:バスケット(BASKET))

ネクシー(Nexcy)

nexcy

(画像引用元:ネクシー(Nexcy))

 

大体HPの一番下に賠償規準についてのリンクがありますので、そこを確認した方がよいです。

ただ、この賠償規準、会社によって異なりますし、クリーニングの一般的な賠償規準と言われているクリーニング賠償問題協議会が制定するクリーニング事故賠償基準とは異なる賠償規準を設けているところもあります。

単純に例えばYシャツが破れた時にいくら還ってくるという事を確認するだけでなく、クリーニング事故賠償基準と比べて手厚いかどうかという視点で確認した方がよいでしょう。
ただこの賠償規準、確認した方がいいともちろん良いですし、するべきではあるのですが、そもそもこの賠償規準について、あなたが普段利用している店舗型のクリーニング店の賠償規準をご存知ですか

店舗型クリーニングと言えど、例えばYシャツが破れてしまう、スーツがどこかへ行ってしまったという事が100%起こり得ないとは言えません。

そして、宅配クリーニング屋だから賠償規準を確認しなくてはならないというわけではありません

また宅配クリーニングだからトラブルが起こりやすいのかといえばそういうわけではありません。

 

宅配クリーニングに対しトラブルの概念があって懐疑的な人、その概念を打ち破ってみせますので、下の記事を御覧ください

宅配クリーニングだからトラブルが起きやすいというのはとんでもない誤解!?

 

まとめ

宅配クリーニングを利用する前に気をつけるポイントについてまとめてみました。

宅配クリーニングといえど、実際に気になるポイントであったり、起こりうるトラブルは店舗型と変わりません。
宅配クリーニングといえど、気をつけなくてはならないポイントは店舗型と変わりません。

むしろ今まで店舗型を利用していたがために、変に安心しきっていて、何かが起きた時に余計痛い目を見ることがあります。

宅配クリーニングってどうなのか、トラブル怖いなぁって思うのは時間のムダだと思いませんか?それを考える時間があるぐらいだったら、クリーニング屋さんに持っていく時間を短縮できる宅配クリーニングを利用してみたらいかがでしょうか。

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

Mr.Father|父親だってオトコでいたいライフスタイルメディアの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Mr.Father|父親だってオトコでいたいライフスタイルメディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

huck

子供が出来ると段々とファッションに気を使わなくなっていくなんていうダサい父親になるのなんて、まっぴらごめんな37歳2児のパパ。


関連記事

  • ミドル脂臭の対策と予防方法11選

  • ミドル脂臭対策の市販シャンプーの成分を徹底比較。No1はどれだ?!

  • 品川でチョット立ち寄りにちょうどいい便利な本屋5選

  • ランドセルの人気ブランドや色を厳選特集

  • 3歳のクリスマスプレゼントに自転車は決して早くない!?

  • 重曹を超えた!と噂のセスキ炭酸ソーダを使った、ヤバイ簡単掃除術