1. TOP
  2. 育児・教育
  3. 小学校からではもう遅い!?海外では5歳から!?落ちこぼれない子供用プログラミング教室とは?

小学校からではもう遅い!?海外では5歳から!?落ちこぼれない子供用プログラミング教室とは?

 2016/09/29 育児・教育
この記事は約 8 分で読めます。 291 Views

プログラミング教育が2020年より小学校の必修科目になります。近年、お子さんにさせたい習い事としてもプログラミングは、なんと3年連続でランクインするなど大変人気があるようです。でも今のパパやママで子供の頃からプログラミング教育を受けたことがなく、プログラミング教育とはなんぞやって人がほとんどです。

特にママから「機械は苦手だからパパよろしく」と言われてパパさんが困らないようにプログラミング教育について、プロであるシステムエンジニアが詳しく紹介します。これを読めば、子供のプログラミング教育に対する対策はバッチリです。

Sponsored Link

プログラミング教育とは一体何をするのか?

programing04
プログラミング教育というと皆さんどういうものを思い浮かべますか?普段使っているスマホのアプリでも作るのかしらと思う人も中にはいるでしょうし、wordやExcelが使えるぐらいのレベルのものを想像する人もいるかもしれません。

そしてプログラミングと聞くと「専門的すぎて小学生には無理なんじゃないか」と思うパパやママも多く、また否定的な意見があるというのも事実です。

 

実はまだ具体的にプログラミング教育で何を小学校で教えるのかは決まっていません。
決まっているのは2020年の新学習指導要領にプログラミング教育の必修化を盛り込むことを検討するということだけ。

ただし、プログラミング教育を通じて育成すべき資質能力として3つを掲げています。

  • 身近な生活でコンピューターが活用されていることや、問題を解決するために必要な手順に気付くこと
  • 知識をどう使うかというプログラミング的思考
  • よりよい人生や社会づくりにコンピュータの働きを活かそうとする態度

これだけを読んでも、今ひとつしっくりこないでしょう。

先行してプログラミング教育を取り入れている小学校などでは、ロボットを使ってプログラムを作ったり、カンタンにプログラムが組めるアプリを使っていたりしていますが、場所場所によってバラバラです。

 

要はプログラミングは先ほどの3つの資質能力を高めるための道具や手段であり、資質能力が高められるのであれば、なんでもアリといったところです。算数みたいに論理的思考力を高めるためではあるものの、小2なら掛け算、小3なら割り算とかみたいに決まっているわけではないということです。
ただ実際にプログラムを作るということは、何年生かで必ずする事にはなるでしょう。

 

決まってもないなら、じゃあまだまだ焦る必要ないじゃんって思ったママやパパ、本当にそうでしょうか。

 

海外では、5歳からプログラミングの勉強が当たり前!?

programing02
海外ではすでに義務教育化されはじめている子供のプログラミング教育。

イスラエルでは、もっとも早い段階から行われていたと言われており、2000年にはすでに、高校ではありますが、プログラミングを必修化していたようです。さすが多くのIT企業を排出している国といったところです。

また教育先進国として知られているフィンランドも小学校でのプログラミング授業を必須としています。フィンランドもIT産業大国ですしね。

またgoogleのCEOであるサンダー・ピチャイさんの出身国インドもすでに必須化されています。

驚きがイギリスです。イギリスも前述の国と同じように小学校でのプログラミング教育必須化がされているのですが、なんと入学した5歳からスタートしているようです。ちなみにカンタンなプログラムを実際に作るようです。フィンランドも小学校からですが、フィンランドの小学校は7歳からですので、それよりも2歳も早くプログラミング教育が始まるようです。

イギリスの5歳からスタートというのは、驚きではあるものの、モノは考えようでプログラムは5歳でも作れるものとも考えることが出来ます。つまり、プログラムというとどうも難しいというイメージを持ってしまいますが、実際には子供でも十分作れるというものということです。

 

プログラミングも英語の様に幼児の時から?

programing03

 

誰だって我が子は、いきいきと学校に行ってもらいたいと思いますよね。
じゃあプログラミングで子供が躓かないように、プログラミング教室に通ったほうが良いのか?と考えてしまいますよね。

水泳だったり、英語だったり、学習塾に子供を通わせるように、プログラミング教室に通わせようかと思うお父さん、お母さんがいると思います。

 

実際、小学校1年生でプログラミング教室に通っている子供は10%ほどいると言われています。ちなみに、子供のお稽古ごとNo1と言われているる水泳は20%。プログラミング教室の倍です。
10%と20%、あんまり違わないと思いませんか?10人に1人か5人に1人の違い。

もう子供をプログラミング教室に通わせていると言っても、大して驚かれないレベルになっていると言えるでしょう。

 

現在、子供をプログラミング教室に通わせているお父さん、お母さんの理由としては、

  • さらに進化するIT社会で、必要とされるスキルが身につく
  • 将来の職業の選択肢が増えるきっかけになる

だそうです。やはり、プログラミングということでパソコン、アプリ、プログラマーといったイメージが非常に強いのでこのような理由が多いのです。

ただここで1つ気を付けたほうがいいことがあります。

 

そもそも小学校でプログラミングが必修化されるのは何のためなのでしょうか。

 

小学校でプログラミングが必修化されるのは、何も日本総プログラマー化ということではありません。確かに2025年までにIT人材を新たに100万人育成する方針を総務省は出していますが、現在日本にIT人材と言われる人は約90万人います。ざっくりいうと2025年までに倍の200万にしようという話です。

倍に増やすというと結構大袈裟な感じがしますが、現在の労働人口が6500万いる中、IT人材は90万。今後労働人口が減少するであろう2025年の労働人口は6250万です。6250万の中の200万です。割合で言うと3%です。ゴリゴリのプロであるプログラマーやシステムエンジニアはそれぐらいです。

つまり殆どの人は、2025年になっても、みんながみんなプログラムが書けるというわけでもなく、書けないといけないということでもないということです。

 

じゃあ何のためか。

最初の方に文科省が掲げているプログラミング教育を通じて育成すべき3つの資質能力を思い出してくだだい。

  • 身近な生活でコンピューターが活用されていることや、問題を解決するために必要な手順に気付くこと
  • 知識をどう使うかというプログラミング的思考
  • よりよい人生や社会づくりにコンピュータの働きを活かそうとする態度

要は好奇心であったり、論理的思考力を伸ばすというところです。それの対象がITだったりしているわけで、小さい頃から触れておこうという話です。

つまりこれらの力を伸ばしたいのであれば、現在の知育教育でも同じことを言っていますので、何もプログラミング教室に通わずとも、伸ばすことが出来ます

 

絵本を一緒に読んで感想を話し合ったり、おしゃべりしたり、積み木遊びをしたりして論理的思考力を育んだり、自然の中で遊んで好奇心を育んだりするというアナログ的アプローチでも大丈夫です。
ただ子供を将来的にプログラマーやIT人材に育てたいと思っていたり、我が子に何が向いているかはわからないけど色々と経験させて可能性を拡げさせてあげたいと思うお父さん、お母さんはプログラミング教室に通わせてもいいと思います。ピアニストにさせるわけではないが、ピアノ教室に通わせるというのと同じです。

プログラミング教室選びについては、コチラの記事で詳しく紹介していますので、参考にどうぞ。

【もう迷わない】子供のプログラミング教室のタイプ別選び方

 

 

テレビやゲームはダメでプログラミングはいいのか?

programing05
プログラミングというとどうしてもパソコンやスマホのアプリのイメージが強いので、テレビやゲームとかと同列なイメージがあるかもしれません。あんまりTVを子供に見せたくないんだけど、とか、スマホを子供に見せたくないんだけどと思うお父さん、お母さんも結構いることでしょう。

そもそもテレビやゲームは何故子供にダメなんでしょう?

テレビやゲームは何も考えずにボーッと延々と見てしまう、やり続けてしまうという不健康さがあるからでしょう。

でもプログラミングは何も考えずにボーっとは出来ないでしょう。むしろ没頭していないと出来ないぐらいです。それこそ、ハマれば集中力を高めたりすることも出来るでしょう。

 

まとめ

小学校でのプログラミングの必修化を迎えるにあたって、お子さんをプログラミング教室に通わせたほうが良いのか、どんな教育をしたらよいのかと迷っていた、特にお父さん。参考になりましたでしたでしょうか。

プログラミング自体は、難しいものではありませんし、必要となる能力、伸ばせる能力というのは、これまで知育教育で叫ばれてきたものと特別に違うものではありません。プログラムという新しさが異質なものに思わせているだけです。

 

プログラミング教育について分かったところで、自分の子供をどんなプログラミング教室に通わせたら良いか迷っている方は、コチラの記事を御覧ください。

【もう迷わない】子供のプログラミング教室のタイプ別選び方

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

Mr.Father|父親だってオトコでいたいライフスタイルメディアの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Mr.Father|父親だってオトコでいたいライフスタイルメディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

huck

子供が出来ると段々とファッションに気を使わなくなっていくなんていうダサい父親になるのなんて、まっぴらごめんな37歳2児のパパ。


関連記事

  • 【最新】エアバギーファミリーセール情報。プレミアやココも6万円以下でゲット出来ちゃう。

  • 理系脳を作る習い事。子供をメシが食える大人にするために。

  • 【もう迷わない】子供のプログラミング教室のタイプ別選び方

  • 夜のおむつをスパッと外したいなら、親の意識が変われば外れます。

  • 親が後ろから支えず、30分で自転車の補助輪を外すことは本当に出来るのか?補助輪の外し方、練習方法を徹底解剖!

  • ランドセルの人気ブランドや色を厳選特集