1. TOP
  2. 育児・教育
  3. 2児のママが語る赤ちゃんのおむつかぶれの馬油の使い方

2児のママが語る赤ちゃんのおむつかぶれの馬油の使い方

 2019/05/15 育児・教育   279 Views

赤ちゃんのおむつかぶれでお困りではないですか?

赤ちゃんの身体は繊細にできているので、おむつ替えを少し怠るだけでお尻が赤くなったりカサついてしまったりします。

赤ちゃんにとってはよくある肌トラブルですが、見ていてかわいそうですよね。

そんな赤ちゃんのおむつかぶれに効果的なのが、馬油です。

この記事では、おむつかぶれに有効な馬油の使い方や効果、選び方などを詳しく解説していきます。

Sponsored Link

赤ちゃんのおむつかぶれでの馬油の使い方

赤ちゃんのに馬油を塗るときは、大人のように塗ってよいわけではありません。

赤ちゃんには赤ちゃんに適した塗り方がありますので、紹介します。

また、1回につきどれくらい塗るのかも解説していきます。

 

肌を清潔にしてから使いましょう

赤ちゃんの肌はすごくデリケートです。

また、肌のバリア機能が未熟なので、常に清潔にしてあげることが大切です。

すぐに細菌が繁殖して肌トラブルを起こします。

清潔にしてあげることで肌トラブルが軽減されるので、馬油を塗る前に清潔にしてあげましょう。

 

馬油米粒大を薄く伸ばして使いましょう

馬油は米粒大の量が適量です。

おむつかぶれを起こしている場所を中心に、馬油をお尻全体に塗るとよいでしょう。

馬油は薬ではなく保湿剤ですので、積極的に塗ってあげることをおすすめします。

 

赤ちゃんのおむつかぶれに馬油を使うメリット

保湿剤はさまざまな種類のものがあります。

しかし、赤ちゃんには馬油がおすすめです。

では、赤ちゃんに馬油を使うメリットとは何なのでしょうか?

ここでは、馬油の特性と赤ちゃんに使うメリットを解説していきます。

 

馬油は天然成分なので新生児にも安全、安心して使える

多くのママがいう馬油のメリットは、天然成分で安全・安心して使えるということです。

赤ちゃんは何でもすぐに口にしてしまいます。

しかし、馬油は口に入れても大丈夫な成分で作られているので、お尻だけでなく全身に安心して使えます。

 

馬油は低刺激

そもそも馬油とは、人間の皮脂に近い馬の脂肪から作られた保湿剤で、刺激がほとんどありません。

赤ちゃんはデリケートなので、少しの刺激が肌トラブルの原因になります。

しかし、馬油なら刺激がなく肌にすぐになじむので、赤ちゃんでも安心して使い続けられるのです。

 

馬油の4つの効果

馬油は赤ちゃんにとって優れた効果を4つ持っています。

ここでは、4つの効果について解説します。

 

保湿して、肌の乾燥を防ぐ

赤ちゃんの肌トラブルで多いのは肌の乾燥です。

馬油は人の皮脂に近い成分ですので、すぐに肌に浸透してうるおいを与えてくれます。

強力な浸透力によって赤ちゃんの肌の乾燥を防いでくれるのです。

 

殺菌・抗酸化作用がある

赤ちゃんの肌は中性で、雑菌が繁殖しやすい環境です。

馬油は高い浸透力によって内部の空気を外に出して、酸化を防ぐ作用があります。

また、菌を殺す作用もあるので、肌を健やかに保つ効果があるのです。

 

炎症を取り去り、熱を鎮めてくれる

馬油は昔、やけどなどに対する民間薬として使われていました。

それは、肌の炎症や熱を取り除く作用があったためです。

つまり、かぶれた肌に使うことで、炎症を抑えられるので、おむつかぶれに馬油は効果的なのです。

 

血行促進

肌の機能を保つには血液の循環が大切です。

馬油は血行を促進する作用があるので、血液の循環を高めて、皮膚の機能を高められます。

その結果、赤ちゃんの肌のバリアや修復力を高められるのです。

 

赤ちゃんのおむつかぶれに使える馬油の選び方

馬油は人の肌になじみやすい成分ですが、赤ちゃんに使う場合は注意が必要です。

メーカーによっては商品に酸化油や農薬、化学物質などの不純物が多い場合があるためです。

パッケージを見て、不純物がすくない商品を選ぶようにしましょう。

 

赤ちゃんのおむつかぶれでの馬油のデメリット・注意点

馬油は赤ちゃんの肌に適していますが、利用にはデメリットや注意点もあります。

例えば、独特のニオイがあります。

動物の油を原料にしているので、どうしてもニオイが残ってしまうのです。

また、べたつきを気にする方もいらっしゃいます。

これらは、購入前に理解しておくようにしましょう。

 

まとめ

赤ちゃんはすぐにおむつかぶれを起こしてしまいます。

すると、すぐに薬を塗りたくなりますが、一度馬油を使ってみてください。

馬油は天然成分ですので、デリケートな赤ちゃんにも安心して使えます。

近くのドラッグストアで簡単に購入できますので、赤ちゃんのおむつかぶれで悩んでいる方は購入してみてはいかがでしょうか。

 

ちなみに、おつむかぶれで悩んでいるママに、紺野あさ美さんがお医者さんに聞いたおススメのシャンプー、ボディソープがあります。

どんなシャンプー、ボディーソープなのか気になる方は↓の記事もご覧ください。

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

Happines Family|子育て中のママ、パパ、家族が幸せになるライフスタイルメディアの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Happines Family|子育て中のママ、パパ、家族が幸せになるライフスタイルメディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

るまま

関連記事

  • 赤ちゃんってパイナップルはいつからOK?お薦めパイン料理3選

  • 赤ちゃんにピーナッツを与えるのはいつから?ピーナッツをあげる時の4つの注意点

  • 赤ちゃんに牛乳はいつから飲ませていいの?牛乳デビューを徹底解説!

  • 赤ちゃんの利き手、いつからわかる?左利きは矯正が必要?

  • ルレシャン動きが活発な1歳からの肌にぴったりなワケ。

  • 赤ちゃんが絶壁になる原因は4つもある?今からでも間に合う7つの絶壁予防法