1. TOP
  2. ライフスタイル
  3. 2019年のゴールデンウィーク(GW)は10連休(4月27日〜5月6日)

2019年のゴールデンウィーク(GW)は10連休(4月27日〜5月6日)

 2018/12/01 ライフスタイル
  82 Views

忙しく働いている社会人や学生にとって、GW休みは楽しみなイベントの1つでしょう。

そんな社会人や学生に朗報です。

2019年のゴールデンウィーク(GW)は4月27日(土曜日)〜5月6日(月曜日)の10連休と決定しました。

例年のゴールデンウィークだと4月30日と5月2日は平日の場合が多く、ひどいときだと、3連休、4連休ぐらいで有給を使わないとなかなかまとまった休みにならないというケースが多いですから、2019年はまさに破格の休みです。

 

さて、2019年のゴールデンウィークは公に10連休なわけですが、有給を使うともしかしてもっと休めるんじゃないの?とも思ったりもしませんか。

また、これだけ休みだともう海外旅行や国内旅行の料金もかなり上がってるんじゃないの?というわけで事前にチェックしておきましょう。

Sponsored Link

2019年のゴールデンウィーク初日4月27日は土曜、最終日5月6日は振替休日

さて、2019年のゴールデンウィークの中身なのですが、以下のようになっています。

  • 4月27日→土曜日
  • 4月28日→日曜日
  • 4月29日→昭和の日(旧みどりの日)
  • 4月30日→国民の休日
  • 5月1日→即位の日
  • 5月2日→国民の休日
  • 5月3日→憲法記念日
  • 5月4日→みどりの日
  • 5月5日→こどもの日
  • 5月6日→振替休日

2019年のゴールデンウィークのポイントはなんといっても、4月30日、5月2日の国民の休日です。

この国民の休日ですが、国民の祝日に関する法律第3条第3項に規定する休日に定められています。

その前日及び翌日が「国民の祝日」である日(「国民の祝日」でない日に限る。)は、休日とする。「国民の祝日」について(内閣府)

 

2019年は今上天皇(現在の平成の天皇)から現在の皇太子(徳仁親王)へと天皇陛下が変わります。

その即位の礼を行う日が5月1日であり、この5月1日を祝日とすることが、2018年の国会で決まりました。

このことから、

  • 4月30日は、昭和の日である4月29日と即位の日である5月1日に挟まれるため休日
  • 5月2日も、即位の日である5月1日と憲法記念日である5月3日に挟まれるため休日

となります。

 

そして2019年のゴールデンウィークの場合、

  • 4月27日、4月28日というなんでもない日が土日であること、
  • 5月5日の子供の日が日曜日であるため、翌5月6日が振替休日になっていること

ということも、10連休になっていることに大きな影響を及ぼしていると言えるでしょう。

 

2019年のゴールデンウィークの航空券、旅行代金は高い?

2019年のゴールデンウィークが10連休ともなれば、皆さんこぞって海外旅行や国内旅行をしたいと思うでしょう。

そうなると気になるのが、航空券やホテル、旅館など旅行に関するお金

10連休なんて滅多にあるものではないですからね。きっとすごく高くなるんじゃないの?と思う方もいるでしょう。

 

海外旅行パックは行先によってはすでにキャンセル待ち状態

私自身、この10連休を生かして海外旅行に行こうと思いたち、友人が某旅行会社に勤めているので、早速ヨーロッパへの旅行を申し込もうと思ったのですが、すでにキャンセル待ち状態でした。。。(泣)
(ちなみに11月30日時点の話です)

 

10月22日に安倍首相が5月1日を祝日にすることを検討していると発表して、2019年のゴールデンウィークは10連休で、もうほぼ決まりだろうとすぐに行動した人が海外旅行パックを取ってしまったんでしょうね。

もしくは、公に10連休にならなくとも、有給などを割と取りやすい業種の人がすでに予約してしまっていたのでしょうね。

 

航空券、新幹線の切符は高くはならない

海外旅行をパックで行くのは諦めた私ですが、航空券やホテルを自分で取って海外へ行こうと思い、JALやANAへ2019年のゴールデンウィークの航空券の料金について問合せをしました。

問合せをしてみたところ、航空券の料金は例年のゴールデンウィークと同じですという答えでした(そりゃあそうか)。

 

ついでに海外のホテルについても調べてみた所、特にゴールデンウィークとは関係ありませんでした。

当たり前ですよね、ゴールデンウィークと言っているのは日本だけですから。汗

 

さらに新幹線についてもJRに問合せをしてみたところ、航空券と同じで新幹線の料金は例年のゴールデンウィークと同じですという答えでした(飛行機がそのままで新幹線だけが高いなんてこともありえないですよね。)

 

まだ航空券や新幹線は一般発売前ですので、チケットは取れますが、2019年のゴールデンウィークは激戦になることは必至なので、計画を早めに立てることをオススメし、すぐに行動に移されることをオススメします。

 

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

Mr.Father|父親だってオトコでいたいライフスタイルメディアの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Mr.Father|父親だってオトコでいたいライフスタイルメディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

huck

子供が出来ると段々とファッションに気を使わなくなっていくなんていうダサい父親になるのなんて、まっぴらごめんな37歳3児のパパ。

関連記事

  • 子供が嫌いな野菜を食べない時に試して欲しい簡単ポイント

  • ランドセルの人気ブランドや色を厳選特集

  • 節分の献立で高齢者が喜ぶ人気レシピ6選

  • インフルエンザ等で学級閉鎖の時に預かってくれる学童保育について

  • おでこのサイドが薄いのはAGAだけが原因とは限らない。

  • えのきの賞味期限は?えのきのオススメの保存方法をご紹介!