1. TOP
  2. 美容
  3. 【30代男性】効果的なメンズスキンケア化粧水、乳液の選び方

【30代男性】効果的なメンズスキンケア化粧水、乳液の選び方

 2017/09/03 美容
  2,601 Views

男性も30代、それも30代の後半にもなってくると、肌荒れ、シミや小ジワが目立ち始め、そろそろスキンケアをしようかと思ってきている人は多いです。

デキる男として見られたいのなら、やっぱり若々しくいたいところですし、実際デキる男の肌のハリはしっかりとしています。

俺だってデキる男に見られたいからスキンケアしたいと思ってるけど、

・洗顔フォームで洗う以外、何したらいいんだよ?
・化粧水とか乳液塗るの?
・クリームも塗るの?

などなど思ってるでしょう。

というわけで、今回は、30代男性がスキンケアに取り組む上で、まずは初めの一歩として抑えておくべき基本と、まずは手軽に始められるスキンケアについて紹介します。

Sponsored Link

Contents

30代男性でスキンケアが必要な人の特徴

多くの30代男性がスキンケアが必要なのですが、手当たり次第にスキンケアをしてしまって、余計に肌荒れを起こしてしまう事もあります。

30代の男性のすべての方がスキンケアが必要かといえば、そうでもない人もいます。

まずあなたがスキンケアが必要かそうでないか見極める必要があります。

スキンケアが必要になってくる30代男性には、いくつか共通点がありますので、その特徴をご紹介しましょう。

 

特徴①:ひげ剃りや食事のかたよりで乾燥肌になる

加齢による変化だけでなく、毎日の習慣によって、乾燥肌になってしまっている人もいます。

心当たりがある方は、早めのスキンケアをした方がいいかもしれません。

 

髭を毎日剃る

髭剃りは大人の男性の身だしなみの基本でもありますが、刃を肌に当てるという行為は、あなたの思っている以上に肌を傷つけてしまっています。

30代になると、20代の頃の比べて皮脂の分泌量が減ってしまうので、さらに乾燥しやすくなります

毎日の髭剃りのダメージが肌に蓄積し、いつの間にか乾燥や肌荒れにつながってしまうんです。

 

洗顔で必要な皮脂まで落としてしまう

お肌のケアを何もしていないという人でも、洗顔はしているという方もいらっしゃいますよね。

しかし、洗顔のし過ぎは逆に肌の潤いを保つのに必要な皮脂まで落としてしまうことになり、乾燥を招いてしまうんです。

30代になって少なくなった皮脂をさらに減らしてしまうので、気をつけましょう。

 

食生活が乱れている

30代になってくると、忙しい仕事の合間に手軽に食べられる食事が増えてきてはいませんか?

栄養バランスの偏った食事は、お肌にも影響を与えます。

美肌には食事で得る栄養が欠かせないので、食生活が乱れていると肌も荒れやすくなります。

 

特徴②:睡眠不足

睡眠は肌の調子を整えるためにとても大事なことですが、忙しい30代の男性は、ゆっくり寝ている暇なんてないという方も少なくないですよね。

睡眠不足は疲れをためてしまうだけでなく、お肌にも大きな負担を与えてしまいます。

 

特徴③:表情筋の筋力低下

表情が豊かな人って、なんだか明るくて若々しく見えませんか?

しかし、この表情の筋肉も、年齢と共に衰えていってしまうものです。

自分は昔と同じように笑っているつもりでも、30代ともなるとどこかこわばった表情になってしまい、余計に老けて見え、肌の調子も目に入りやすくなります

 

特徴④:運動不足

適度な運動は健康や美肌には欠かせませんが、30代の男性の多くは普段から運動をあまりしておらず、運動不足の傾向があるようです。

一度自分の普段の運動量を振り返ってみてください。

 

特徴⑤:テストステロンの分泌が少ない

男性ホルモンの約90%を占めると言われているテストステロンという成分は、20代をピークに徐々に分泌量が減ってきます。

30代になりテストステロンが少なくなると、肌荒れの原因になるので、テストステロンの分泌量がもともと少ない方というのは肌が荒れやすくなります。

 

特徴⑥:真皮のコラーゲンが減少傾向

お肌の潤いにはコラーゲンよね〜という話は聞いたことあるとは思います。

真皮というのは、我々が普段目にする皮膚のすぐ下に存在する皮で、この真皮は、肌のハリを保つ役割を担うコラーゲン、コラーゲン構造を支え男性を与える繊維であるエラスチン、プルップルっのゼリー状のヒアルロン酸から成り立っています。

ヒアルロン酸なんていうのも、目の美容整形でヒアルロン酸注射を打つなんて聞いたことがあるかもしれませんが、そのヒアルロン酸です。

 

画像引用:知っておきたい肌(皮膚)のしくみ(大塚製薬)

 

真皮のコラーゲンが低下すると肌のハリが失われるため、しわやたるみが目立ち始めます。目尻のあたりに笑うと出来るシワが残ったり、ほっぺたが下がり始めてきていませんか?

 

30代男性が押さえておくべきメンズスキンケアの基本

30代の男性で初めてスキンケアを始めようという方には、スキンケア用品にもいろいろな種類があって、どれをどう使えばいいのかわからない方も多いでしょう。

それぞれの効果や正しい使い方についてご紹介します。

 

改めて抑えておきたい30代メンズにおすすめの洗顔料と使い方

30代男性のスキンケアに最もおすすめな洗顔料は、「バルクオム THE FACE WASH」です。

弾力の強い泡で肌をこすらなくても汚れを落とすことができ、整肌効果もあるので、肌を整えつつ洗顔ができます。

保湿効果もありますので、乾燥の原因ともなる洗顔でも肌に潤いを与えられます。

洗顔をする際には、しっかりと泡立てネットなどを使って洗顔料を泡立て、お湯ではなくぬるま湯で洗うことがポイントです。

ちなみにバルクオムは、あの三浦翔平さんも使っています。

 

三浦翔平さんも使っているバルクオムの詳細はコチラからHPで確認できます↓



30代の男性だからこそ乳液が必要な理由

化粧水は肌に水分を与えるためのものですが、化粧水だけだと肌の水分は蒸発してしまいます。

せっかく与えた水分が蒸発してしまっては意味がないので、化粧水後には乳液でしっかりと肌にふたをして、水分が逃げないようにする必要があります。

特に加齢とともに毛穴は開きやすくなり、30代の男性の肌は乾燥しがちなので、その分乳液がとても重要な役割を果たしてくれます。

 

見た目の年齢を意識してしまう目元をケアしよう

表情豊かな人は、目元から笑い、目元から悲しんでいます。

目元の表情筋を鍛えることで、明るく若々しい表情を取り戻すことができます。

 

卵型の30代男性は特に目元を鍛える

卵型の形の顔は、特に目元に意識が向きやすくなっています。

目元が顔の印象を大きく左右するので、30代になって衰えてしまった目元の表情筋を鍛えることが重要です。

 

眼輪筋のトレーニング

眼輪筋とは、目の周りにある筋肉です。

眼輪筋を鍛えるには、目を思い切りギュッと5秒ほど閉じ、その後思い切り目を見開くのを、上下左右に行うという方法が効果的です。

 

上瞼のトレーニング

上瞼を鍛える方法は、まず目を軽く閉じて眉の上に人差し指を当て、眉が動かないように固定します。

そのまま目を見開き、5秒間キープします。

瞼をゆっくり閉じて5秒休め、5回ほど繰り返しましょう。

 

下瞼のトレーニング

下瞼を鍛えるには、まず口を「お」の形にし、鼻の下を伸ばします。

目を上に向け、下瞼を伸ばし、そのまま目を薄くだけ開いて5秒キープし、元に戻します。

これを5回繰り返しましょう。

 

肌の気になるたるみを引締めて若々しく

10代、20代の若い人たちには、顔の肌にたるみなんてほとんどないですよね。

肌がたるんでいると、年齢以上に老けて見えがちです。

きゅっと肌を引き締めることで、若々しい顔を作り上げることができますよ。

Sponsored Link

 

30代男性のスキンケアに化粧水が必要な理由

化粧水ってそもそも何だ?普通の水何が違うの?

まずそもそも化粧水ってのは一体何だって思ったことはありませんか。

先ほどの皮脂分泌量を増やしてくれるとかコラーゲンを増やしてくれるものなんだろと思うかもしれませんが、そもそもどんな成分の物なのかということについてはあまり知られていません。

 

化粧水の成分というのは、実は、水以外は各化粧水、バラバラです。

 

というのも、実は化粧水というのは、○○という成分が入っているから化粧品として認定されますというものではなく、お肌の表皮の角質層に水分や保湿成分などを与えて、肌を整えたり、引き締めたり、柔らかくしたり、うるおいをもたらす機能を有する化粧品のことを化粧水と称しています。

試しにドラッグストアでもAmazonでもいいですが、化粧品の成分を比べてみてください。水、グリセリンまたはBG(ブチレングリコール)またはエタノールぐらいは共通しているかと思いますが、それ以外は各社バラバラです。

 

少し話は変わりますが、あなたはヒゲを剃った時に、ローションを塗りますか?いわゆるアフターシェーブローションというやつです。

実はアフターシェーブローション、ローションも化粧水なんです。というかローションの和訳が化粧水なんです。

アフターシェーブローションは、ひげ剃り後の肌の調子を整えてくれますよね?立派な化粧水なんです。

実は化粧水でもあるアフターシェーブローション

ただ、アフターシェーブローションは、ひげ剃りで傷んだ肌を修復する機能に特化した化粧水ですので、日常的な洗顔後に使う化粧水はもっと基本的な化粧水を使います。

 

これまで化粧水なんて使わなくたっていいよなんて思ってた人も、アフターシェーブローションも化粧水だったと知って、実は結構身近な物だったって思ったのではないでしょうか。

 

化粧水を朝晩の洗顔後に使って、肌の凸凹を整えて水分補給

30代の男性の肌が乾燥肌になり始めると紹介しましたが、乾燥している肌にはまずはとにかく水分です。

だからといって単に洗顔後に水を拭き取らずにいいってものじゃあありませんし、そんなわけにもいかないでしょう。

ちなみに肌に付けた水は肌に浸透せず、すぐに蒸発してしまうのですが、実はこれは化粧水でも基本的には同じで、化粧水は瞬間的な水分補給に過ぎません。

 

じゃあ化粧水は何のためにあるか。

 

化粧水は、洗顔後の瞬間的な水分補給に加えて、洗顔をした時に洗い落とした肌の角質や表面のホコリで凸凹になった肌の表面を整えるために使うのです。

そこで肌の乾燥を防ぐために、瞬間的に与えた水分を保ち続ける必要があるのですが、つまり保湿をするために乳液が必要になってくるのです。

 

30代男性の初めての化粧水の選び方ポイント

肌の種類によって、化粧水の選び方も変わってきます。

あなたの肌はどの種類に当てはまるのか、確認してみてくださいね。

 

オイリー肌

オイリー肌だからと言って、化粧水が必要ないというのは間違いです。

30代男性のオイリー肌こそしっかりと化粧水で肌に栄養を与えてあげることで、皮脂の分泌を抑えることができます。

オイリー肌の人には、「ビタミンC誘導体」「ライスパワー」などの成分が入っているものを選びましょう。

 

乾燥肌

乾燥肌の人は肌に水分が足りていないので、化粧水でしっかりと水分を与えてあげる必要があります。

30代男性の乾燥肌の人には、「アミノ酸」や「ヒアルロン酸」、「コラーゲン」などの保湿成分がたくさん入っている化粧水を選びましょう。

 

混合肌

混合肌の人は、顔の部位によって乾燥具合が違うので、化粧水選びも大変ですよね。

30代男性の混合肌には、べたつきにくい保湿成分である、「セラミド」、「グリセリン」、「アミノ酸」などが入っている化粧水がおすすめですよ。

 

髭剃りによる肌荒れ

髭剃りによる肌荒れには、しっとりとした化粧水を髭剃り後にも行い、傷ついた肌を保護してあげましょう。

また、髭剃り後は肌が敏感になっているので、刺激の少ない肌に優しいものを選びましょう。

30代になって皮脂の分布つ量が減るとさらに髭剃りのダメージは大きくなるので、髭剃り後のスキンケアはとても大事です。

 

ニキビが気になる

ニキビが気になる方の肌は刺激に弱く、肌が荒れやすい可能性が高いです。

また、ニキビの原因となるアクネ菌をなくすためにも、殺菌効果のある化粧水は効果抜群です。

30代男性のニキビが気になる方は、刺激が少なく、殺菌効果のある化粧水を選んで下さい。

 

30代男性のスキンケアに乳液が必要な理由

乳液の役割は先程触れた通り、保湿です。

もう少し詳しく説明すると「化粧水で整えた肌に加えた水分、潤いをキープすること」と、「油分の膜をはって肌を保護すること」が目的のものです。

 

ちなみに乳液の主な成分は油です。この油が肌の表面の水分の蒸発を防ぐことによって、潤い、保湿をキープするという仕組みです。

 

30代男性のスキンケアにクリームはいらないの?

「化粧水を塗った後に、乳液を塗って、その後にクリームを」とか、「乳液ではなくクリームを」なんて事も聞いたことがあるかもしれません。

冒頭でクリームはオプションレベルと触れましたが、それには当然理由があります。

 

乳液とクリームの違いは、油分の違いであり、クリームのほうが油分が多く、一般的に保湿力は油分の量に比例しています。

それなら、クリームを使ったほうがいいんじゃない?と思うかもしれません。

 

しかしながら30代の男性の肌は、ちょうど曲がり角を曲がったところです。つまり、不足しつつあるものの、まだ肌に脂があるというステータスです。

過度の油は、大人ニキビなどの肌のトラブルを逆に引き起こしてしまいますし、テカテカの顔は見た目にも良くないでしょう。

ですから、乳液ぐらいで大体は大丈夫で、クリームはオプションレベルとしています。

 

ただ乾燥肌の人も30代でもいますから、夜に洗顔後、乳液を付けて寝て、朝起きた時に乾燥しているというぐらいの乾燥肌の人はクリームも併用した方が良いでしょう。

 

さて、化粧水と乳液の必要性が分かった所で、化粧水と乳液、さらに日焼け止めを使ったスキンケアの3つ基本ワザを紹介します。

 

30代男性のスキンケア基本ワザ1:朝の保湿

繰り返しになりますが、30代の男性の肌は皮脂の分泌量が低下し、肌が乾燥しやすくなります。

洗顔をすると必要以上に皮脂が洗い落ちますので、洗顔後には化粧水と乳液で保湿を徹底して行いましょう。

 

乳液は目元や口元など、乾燥しやすいポイントに重点的にのせて行いましょう。なお目元は、肌が薄いので、一番力が入らない薬指を使って行うと良いです。

 

30代男性のスキンケア基本ワザ2:朝のUVケア

紫外線のダメージが30代後半からシミやしわとなって表れてきます。

外出する日は、シミが出やすいUゾーン(こめかみから頬のライン)やCゾーン(目元)を中心に日焼け止めを塗りましょう。

 

この日常のスキンケアで、30代、ひいては40代もハリのある肌をキープ出来ます。

 

30代男性のスキンケア基本ワザ3:夜の保湿と栄誉補給。

夜は日中よりも空気が乾燥します。空気が乾燥するということは当然夜は肌も乾燥します。30代の男性になってくると特に乾燥が出てくる症状です。

乾燥対策として、朝以上に保湿を徹底的に行いましょう

朝はサッパリタイプの乳液でも構いませんが、夜は保湿効果が高いしっとりタイプの乳液を使うと、良いです。乳液ではまだ保湿が足りないなぁと感じるようであれば、クリームを合わせて使うのもアリです。

 

 

また乾燥しがちだ、とか、凸凹が気になるなど、要は肌荒れが顕著になってきたら、肌に栄養補給が出来る美容液を使いはじめるのもアリです。

美容液を使う場合は、化粧水⇒美容液⇒乳液という順番で使い、肌に保湿と栄養補給をしましょう。

 

外側だけでなく内側からの30代男性のスキンケア

お肌のお手入れは、何も化粧水や洗顔だけで行うものではありません。

30代の男性に多い栄養の偏りや運動不足を解消し、体の内側から健康になることで、肌もキレイに若返ります。

 

乾燥肌を改善する栄養素を摂取する

乾燥肌を改善するには、新陳代謝を活発にさせる栄養素やコラーゲンなどが含まれた食事をとることも重要です。

乾燥肌の改善には、ビタミンA、ビタミンB、ビタミンC、ビタミンE、セラミドなどがあります。

これらの栄養素が含まれた食事を積極的にとり、体の内側から乾燥肌を改善しましょう。

 

睡眠の質を高めて皮膚のターンオーバーを促進させる

質のいい睡眠をとることができると、肌のターンオーバーが早くなり、キレイで新しい肌に変わりやすくなります。

30代の男性は仕事などで忙しいかもしれませんが、週末には早めにゆっくりと眠る習慣をつけて、肌も休ませてあげましょう。

 

適度な有酸素運動による肥満解消

運動不足は肌の調子が悪くなるだけでなく、体形にも表れやすいですよね。

30代男性の中には、肥満で悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

時々ウォーキングやランニングなどの有酸素運動を行って、出てきたお腹などを引っ込めて健康な体を取り戻しましょう。

 

筋トレで下半身を鍛える

「老化は脚から」と言われているように、運動をしていないと徐々に足の筋肉は落ちていきます。

加齢によって筋肉の落ちた体は、やはり若々しさを感じられないですよね。

まずはしっかりと下半身の筋トレを行って、筋肉の落ちた足を鍛え直しましょう。

 

まとめ

30代男性が肌荒れを気にしだしたら、抑えておきたいスキンケアの3つの基本ワザを紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

化粧水や乳液がスキンケアに必要なのは知ってるけど、そもそもなんだ?なんで必要なんだ?って思ってた方も、化粧水や乳液の必要性が分かっていただけたのではないでしょうか。

スキンケアは、早ければ早いほどよいです。

デキる男のは自信にみなぎった顔をしていますが、それには、やはり肌のハリも必要です。

試してみてくださいね。

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

Mr.Father|父親だってオトコでいたいライフスタイルメディアの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Mr.Father|父親だってオトコでいたいライフスタイルメディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

huck

子供が出来ると段々とファッションに気を使わなくなっていくなんていうダサい父親になるのなんて、まっぴらごめんな37歳3児のパパ。

関連記事

  • 40代男性の初めてのアンチエイジングスキンケア。初めての化粧水、乳液の選び方と裏技スキンケアテクニック

  • ZIGENオールインワンをスキンケア初心者が2ヶ月使って分かった口コミ・評判の真実

  • 男のボコボコ肌、大人ニキビをツルンとたまご肌にする1日1分のスキンケアとは?