1. TOP
  2. ライフスタイル
  3. 秋の七草の種類。語呂合わせやリズムに乗せた簡単覚え方

    秋の七草の種類。語呂合わせやリズムに乗せた簡単覚え方

    ライフスタイル 育児・教育   241 Views
    Sponsored Link

    秋の七草とは?秋の七草の種類

    萩、尾花、葛、女郎花、桔梗、藤袴、撫子の七種類を指して秋の七草と言われます。

    皆さんご存じでしたでしょうか?

    春の七草といえば七草粥がすぐに思い浮かびますよね。

    では秋の七草といえば?

    何も思い浮かばない人が多いと思います。

    そもそも秋の七草なんてあったのね、という反応の人が多いかもしれませんね。

     

    秋を代表する草花

    春の七草と比べて、その存在を知っている人は少ないでしょう。

    秋の風情を楽しむ代表的な草花というだけかな、と思うかもしれませんが、実は秋の七草は実用性の高い植物でもあるのです。

     

    秋の七草は薬草が多い?

    古くから日本に存在する秋の七草は、薬草として使われているものが多いことをご存じでしょうか?

    例えば萩の根は煎じてめまいの薬に、桔梗はのどの薬として漢方に使われています。

    また葛は解熱作用のある漢方「葛根」としてよく知られています。

     

    秋の七草は万葉集の歌に由来している

    秋の七草は、奈良時代に編集された「万葉集」の中の、山上憶良が詠んだ以下の2首の歌に由来します。

    「秋の野に 咲きたる花を 指折り(およびをり) かき数ふれば 七種(ななくさ)の花」

    「秋に咲く草花には7種類ある」という意味です。

    「萩の花 尾花 葛花 なでしこの花 をみなへし また藤袴 朝貌の花」

    この歌では1首めで詠んだ「七種(ななくさ)の花」の種類がはっきりと記されています。

    「朝貌の花」は桔梗であるという説が一般的です。

     

    古人も愛した秋の七草

    当時の歌人は野山を散策しながら、咲き乱れる季節の草花に心を打たれ歌に詠んでいたのでしょうね。

    平安時代に書かれた「源氏物語」に「藤袴」という巻があるように、その後文学や絵巻物にも秋の七草は登場します。

     

    秋の七草はいつ頃食べる?春の七草との違いは?

    春の七草と同じ感覚で、秋の七草も七草粥にして食べるのだろうか、と考える人もいると思います。

    でも秋の七草は粥にして食べることはありません。

     

    春の七草との違い

    春の七草は、無病息災を祈って七草粥として食される風習があります。

    年明けにはスーパーなどで、パック詰めの「春の七草粥セット」を見たことがある人は多いと思います。

    一方で秋の七草に関係する行事は特にありません。

    私たちが日々の生活の中で、秋の七草に注目する機会はほとんどありませんよね。

     

    秋の七草は食べられない?

    秋の七草はお粥として食べられることはありませんが、薬用目的で食されることはあります。

    例えば葛を原料とする葛根湯や葛湯は、現代人にとってもなじみ深いものですよね。

     

    秋の七草の覚え方。意外と覚えやすい!

    秋の七草は春の七草に比べて覚えにくいと思っていませんか?

    でも以外に簡単に覚えられる方法があるんです。

    いくつかご紹介しますね。

     

    和歌を読もう

    山上憶良の和歌「萩の花 尾花 葛花 なでしこの花 をみなへし また藤袴 朝貌の花」を覚えてしまうと、教養にもなるし一石二鳥ですよね。

    「朝貌の花」は桔梗に変換することもお忘れなく。

     

    短歌のリズムで覚えてしまう

    短歌のリズムは五・七・五・七・七が基本ですよね。

    そのリズムで韻をふむようにリズミカルに覚えましょう。

    ハギ・キキョウ/クズ・フジバカマ/オミナエシ/オバナ・ナデシコ/秋の七草

    このように区切れば、覚えやすいリズムになります。

    何度も唱えて覚えてしまえば、他の方法よりも忘れにくいような気がします。

     

    語呂合わせをして覚えよう

    頭文字をとって「おすきなふくは(お好きな服は)」と覚えましょう。

    お(女郎花)す(すすき=尾花)き(ききょう)な(撫子)ふ(藤袴)く(葛)は(萩)、の順番です。

    草花の個々の名前をまずしっかり覚えないと「お」が何か忘れてしまったりするので注意ですが。

     

    歌の歌詞に合わせて覚えてみる

    幼稚園などで歌にして覚えさせるところもあるようです。

    童心にかえってメロディーにのせて覚えるというのもひとつの手かもしれません。

     

    秋の七草の見頃。花言葉や育て方

    秋の七草の全体像がわかったところで、今度は個々の草花についてもう少し掘り下げてみましょう。

     

    秋の七草はいつ頃が見ごろ?

    秋の七草なんだから、秋の訪れとともに見頃を迎えるんじゃないかと思っていませんか?

    実は私たちの季節の感覚と秋の七草の見頃とは、少しずれがあります。

    例えば撫子や桔梗は6月~8月が開花時期なので、現代の私たちの感覚ではむしろ夏の花と言えそうですよね。

    萩は6月~10月末頃が開花時期で、かなり長い期間花を楽しむことができます。

     

    萩(はぎ、ハギ、Bush clover)

    花言葉

    思案、内気、想い、前向きな恋、柔軟な精神

     

    特徴

    「草かんむり」に「秋」と書くことからもわかるように、秋を代表する花のひとつです。

    赤紫色の小さな花が小豆の粒に似ていることから、秋のお彼岸にお供えする「おはぎ」の語源となっています。

     

    育て方

    霜が降りるような寒い季節以外に、水はけのよい土に植え付けをします。

    水を好む植物なので、鉢で育てる場合は水切れに注意しましょう。

    特に肥料を与えなくても、しっかり花をつけてくれる植物です。

     

    尾花(おばな、オバナ、pampas grass)

    花言葉

    勢力、生命力、活力、隠退、悔いなき青春、心が通じる

     

    特徴

    お月見の飾りとして欠かせない「すすき」の別名です。

    日当たりのよい草地、山野などに生えています。

    一面に広がるすすき野原は、日本人なら誰にでも思い浮かべることのできる秋の風物詩ですよね。

     

    育て方

    2~3月頃、日当たりと水はけのよい場所に植え付けます。

    あとは表面の土が乾いたら水を与えるだけなので、初心者でも簡単に育てることができます。

     

    葛(くず、クズ、kudzu)

    花言葉

    治療、活力、根気、努力、芯の強さ、恋のため息

     

    特徴

    艶やかな赤紫や濃紺の花が、稲穂のように咲き誇ります。

    根から採取されたでんぷんから作られる「くず粉」は、民間薬や漢方薬として古くから役立てられています。

     

    育て方

    日当たりや土質を選ばず育つので、初心者でも簡単に育てられます。

    繁殖力が非常に高いので、板を植え込んで根が広がらないようにするなどの対策が必要な場合もあります。

     

    女郎花(おみなえし、オミナエシ)

    花言葉

    美人、親切、はかない恋、心づくし、約束を守る

     

    特徴

    黄色い花を散房状に咲かせる様は美女を圧倒するほどの美しさであることが、女郎花の語源とされています。

    優雅で美しい花として古代から親しまれており、歌や句にも詠まれています。

     

    育て方

    2~3月頃に日当たりのよい場所に種をまくと、8月~10月頃に花を咲かせます。

    鉢植えの場合は、表面が乾いたら水を与えます。

    耐暑性、耐寒性に優れているので初心者でも育てやすいとされています。

     

    桔梗(ききょう、キキョウ、balloon flower)

    花言葉

    清楚、気品、誠実、従順、変わらぬ愛、優しい温かさ

     

    特徴

    初夏から初秋に青紫色の涼しげな花を咲かせます。

    星にも似た五角形の美しい花は、その形の良さから武将の家紋にも用いられました。

     

    育て方

    2~3月に種をまくと、6月から10月頃に花を咲かせます。

    日当たりのよい場所を選び、乾燥に弱いので土が乾いたら水をたっぷり与えましょう。

     

    藤袴(ふじばかま、フジバカマ、boneset)

    花言葉

    遅延、躊躇、思いやり、あの日を思い出す、優しい思い出

     

    特徴

    8月~10月に淡い紫紅色の花を咲かせます。

    弁の形が袴に似ていることが名前の由来とされています。

    乾燥させると、桜餅の桜葉のような香りがするため、かつては洗髪や香水に使われていました。

     

    育て方

    2~3月頃、日当たりのよい場所に種をまきます。

    乾燥を嫌う植物なので、鉢植えの場合は、水を張った容器に鉢植えを直接置く「腰水」で水切れを防ぎましょう。

    繁殖力が強いので、土の中に板を植え込んで根が広がらないようにしましょう。

     

    撫子(なでしこ、ナデシコ、dianthus)

    花言葉

    純愛、無邪気、思慕、貞節、才能、大胆、いつも愛して

     

    特徴

    淡紅色の花びらを糸状に開かせて咲く様はとても可憐で、「幼子のように撫でたくなる」ことから名付けられたという説があります。

    清楚な日本女性を指す「大和撫子」という言葉の中にも使われています。

     

    育て方

    9月から10月に種まきをすれば、春から秋に花を咲かせます。

    酸性度の低い土で育て、土が乾いてから1~2日後に水をやります。

    乾燥した環境を好むので、水の与えすぎによる根腐れに注意しましょう。

     

    それぞれの季節の七草

    秋以外の季節の七草もご紹介しておきますね。

    すべての季節に七草があることに驚かれるのではないでしょうか。

     

    春の七草

    七草粥でおなじみですよね。

    芹(せり)、薺(なずな)、御形(ごぎょう)、繁縷(はこべら)、仏の座(ほとけのざ)、菘(すずな)、蘿蔔(すずしろ)の7種類です。

     

    夏の七草

    葦(よし)、藺(い)、沢鷹(おもだか)、羊草(ひつじぐさ)、蓮(はちす)、河骨(こうほね)、鷺草(さぎそう)の7種類です。

    歓修寺経雄が詠んだ和歌から定着したものとされています。

    水辺や湿地に咲く植物が挙げられていますが、なじみのない名前が多いですね。

    この他にも、第二次世界大戦中に選定された夏の七草というのもあります。

     

    冬の七草

    最近定められたものではないかと言われており、所説あり明確なものはありません。

    一例としての七草をあげますね。

    かぼちゃ(なんきん)、れんこん、人参(にんじん)、銀杏(ぎんなん)、金柑(きんかん)、寒天(かんてん)、うどん(うんどん)の7種類です。

    運が倍になるという意味から「ん」が2つつく食べ物があげられています。

    ほとんど「草」とは言えませんが、おもしろい観点ですよね。

     

    昔の七草

    「昔の七草」というのもあるようです。

    稲(いね)、粟(あわ)、黍(きび)、稗(ひえ)、胡麻(ごま)、小豆(あずき)、蓑米(みの)の七種類を指します。

    昔の農民が食べていた主食と関連があるとされています。

     

    見て感じる。秋の七草

    無病息災を祈って食べる春の七草と違い、秋の七草は鑑賞して楽しむものとされています。

     

    芸術に触れる

    芸術の秋という言葉がありますね。

    秋の七草は、昔から文学や絵画の題材としてもとりあげられてきました。

    社会の教科書でしか見たことのないような浮世絵にも、秋の七草が描かれています。

    この機会にちょっと眺めてみるのもいいかもしれませんね。有名な画をご紹介しておきます。

     

    歌川貞虎:「風俗 秋七草」

    秋の七草の他にトンボも飛び交っていて、秋の風情をよりいっそう感じます。

     

    歌川房種:「秋七草月の姿見」

    秋の七草を背景に描かれている一組の男女。

    夜の風情が艶やかで素敵です。

    涼し気な秋の虫の鳴き声が聞こえてきそうな画です。

     

    歌川国安:「角田川秋の七草」

    秋の七草を背景にひとりの男性の立ち姿。

    繊細で女性的な七草と、力強い男性の組み合わせが新鮮です。

     

    三代歌川豊国:「四季花くらべの内 秋」

    三人の人物の背景に秋の七草を中心とした植物が描かれています。

    鉢物もたくさん描かれていて興味深いです。

     

    飾って楽しむ

    秋の七草は、鑑賞用として楽しめる美しい草花が多いですよね。

    秋は花屋さんにも多くの和花が入荷する季節です。

    一輪挿しなどでそっと愛でるのもよし、「中秋の名月」にお月見をするなら、お団子のお供にススキなどを飾ってみるのも風情がありますね。

     

    秋の七草狩り

    都会に住んでいる人は、なかなか自生する秋の七草を目にする機会がないかもしれません。

    そんな時は「秋の七草狩り」をしてみませんか?

    日々の慌ただしさから離れて、日本の四季のすばらしさを感じる貴重な時間になるかもしれませんね。

     

    秋の七草が楽しめる公園

    秋の七草を見に行くなら、万葉集にゆかりのある植物を楽しめる「万葉植物園」がおすすめです。

    奈良県・春日大社の萬葉植物園や静岡県の万葉の森公園などが有名ですが、全国各地にあるようなので、皆さんの住むところの近くに「万葉植物園」があるか、いちど調べてみてくださいね。

    Sponsored Link

    \ SNSでシェアしよう! /

    Happines Family|子育て中のママ、パパ、家族が幸せになるライフスタイルメディアの注目記事を受け取ろう

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

    Happines Family|子育て中のママ、パパ、家族が幸せになるライフスタイルメディアの人気記事をお届けします。

    Sponsored Link

    ライター紹介 ライター一覧

    るまま

      関連記事

      • 赤ちゃんのおむつかぶれ対策でベビーオイルは要注意?!先輩ママの奮闘記

      • ママ友に依存されると厄介!依存するママ友の実態と対処法

      • 「もう疲れた」疲れ果ててしまったママが元気になるためにしたいこと

      • 話題の甘味料、エリスリトールの危険性と副作用。使い方さえ間違えなければ最高の甘味料

      • 本当にあった怖いウザいママ友10連発!私はこれで乗り切りました

      • 寸志の失礼のない金額の相場は?寸志とボーナスの違いは?