1. TOP
  2. 育児・教育
  3. ベビーカーを電車に乗せる時に周りに迷惑がられない意外と気を付けるべき事

ベビーカーを電車に乗せる時に周りに迷惑がられない意外と気を付けるべき事

育児・教育
  144 Views

赤ちゃんと一緒に電車に乗るときに問題になっているのが、ベビーカーですよね。

ママとしては赤ちゃんを連れて出かけるのにベビーカーがあるととてもラクですが、電車に乗っている他の人からすれば、電車にベビーカーで乗ることをよく思わない人もいます。

ベビーカーで電車に乗るときにはどんなことに気をつけなければいけないのでしょうか?

今回は、そんなベビーカーで電車に乗るときに注意すること、駅で気をつけること、どんな電車にならベビーカーで乗ることができるのかなどについて、ご紹介したいと思います。

Sponsored Link

Contents

どうすれば快適にベビーカーで電車を利用できるのか

子供を連れてお出かけする時にベビーカーがあるのとないのでは全然違いますが、大きいベビーカーは周りの人の邪魔になることがあります。

ベビーカーで電車を利用する時には、周りの人への配慮や子供の安全を、最優先に考えなければいけません。

 

本当にベビーカーが必要かお出かけ前によく検討する

電車に乗ることが分かっている日は、まずお出かけ前に本当にベビーカーが必要なのかを考えましょう。

行く場所や荷物の多さなど、ベビーカーがないとどうしてもつらいという場合に、使うようにしましょう。

 

ベビーカーを持たずに電車に乗る方法「駅前レンタルベビーカー」

最近では駅によって、近くでベビーカーの貸し出しを行っている「駅前レンタルベビーカー」というものがあります。

降りる駅周辺にレンタルベビーカーがあるようなら、ベビーカーを自分で持って行く必要もなくなりますね。

 

混雑状況や運行状況をできる限り調べてから乗る

人が多く、混雑している時間帯の電車にベビーカーで乗ってしまうと、邪魔になったり子供にも危険が及びます。

ベビーカーで電車に乗るときは、どれくらい混雑しているのか、空いている電車はないかなどを事前に調べてから乗るようにしましょう。

 

混んでいる時間帯はなるべく避ける

混んでいる時間帯の電車では、場所を取るベビーカーは邪魔になってしまいます。

出来るだけ人の少ない時間帯の電車に乗るようにしましょう。

 

満員電車は子ども(ベビーカー)にとって危険が多い

混んでいる電車、特に満員電車は、ベビーカーに乗っている子供にも危険が及んでしまいます。

安全のためにも、やはり混んでいる電車はおすすめできません。

 

駆け込み乗車厳禁!駅への到着は時間に余裕をもって

ただでさえ駆け込み乗車は危険ですが、ベビーカーを持っていながらの駆け込み乗車はさらに危険です。

ベビーカーの子供と一緒に電車に乗るときは、電車の時間に余裕をもって駅に到着するようにしましょう。

 

ベビーカーに子供を乗せたまま電車に乗るときは子供の安全を。

ベビーカーに子供を乗せたまま電車に乗るときは、子供の安全を何よりも考えてあげて下さい。

電車には、ママも思っている以上に危険がたくさんあるんですよ。

 

シートベルトは必ず着用

電車は揺れるものなので、シートベルトがないと、子供がベビーカーから落ちてしまう可能性があります。

ベビーカーに子供を乗せたまま電車に乗るときには、必ずシートベルトを着用させましょう。

 

乗車時はベビーカーを先に乗り入れ、降車時にはママから先に降りる

ベビーカーで電車に乗るときにはベビーカーから電車に乗せ、降りる時にはママが先に電車から降ります。

先にママが乗ったりベビーカーから降ろしたりしても、転倒や子供がベビーカーから落ちやすくなってしまいます。

 

ベビーカーの向きは進行方向の逆に

ベビーカーを進行方向に向けていると、人や物にぶつかってしまう可能性があります。

駅の中でも、必ずベビーカーは進行方向とは逆の向きにしておくようにしましょう。

 

ベビーカーをとめるときにはロックをかけ、手で支えておく

ベビーカーをとめておく時は、ちょっとした衝撃でベビーカーが離れていかないように、タイヤにロックをかけておいて下さい。

また、ロックだけでは転倒してしまうこともあるので、手で押さえておくことも忘れないようにしましょう。

 

周りへの迷惑にならない努力を忘れない

ベビーカーで電車に乗るのであれば、いろいろと注意しなければいけないことがあります。

一人一人がマナーを守って周りの迷惑にならないように心がけることで、ベビーカーで電車に乗ることへの周りの目も、少しずつ変わってくるかもしれません。

 

ベビーカーは邪魔にならないところにとめる

駅で電車を待つときや電車の中では、できるだけ人の邪魔にならない場所にベビーカーをとめるようにします。

ベビーカーは大きいので、人の通る場所や出入り口にとめるとふさいでしまうので、このような場所は避けてください。

 

赤ちゃんをほったらかしや泣かせっぱなしにしない

赤ちゃんの大きな泣き声を不快に思う人も、電車に乗っている人の中にはたくさんいます。

赤ちゃんを連れて公共の乗り物に乗るときに、泣いているのをそのままにする人がいるせいで、他のママも肩身の狭い思いをしているんですよ。

ベビーカーでなくても、赤ちゃんと一緒に電車に乗るときは、常に赤ちゃんを意識するようにしましょう。

 

車内でのぐずり対策は万全に!

電車内で赤ちゃんが泣いてしまうと、周りに迷惑がかかってしまいます。

お気に入りのおもちゃを持たせるなどをして、赤ちゃんが電車内でも泣かないように対策をしておいてください。

 

赤ちゃんの靴は脱がせておく

赤ちゃんが足を動かして靴が人に当たってしまわないように、あらかじめ靴は脱がせておくようにしましょう。

 

ぶつかったり相手を不快に感じさせてしまったかもと感じたらすぐに謝る

ベビーカーは大きくて幅も取り、その分人にも当たりやすいです。

赤ちゃんベビーカーの中で動き回ったり、泣いたりして、周りの人に不快な思いをさせてしまうかもしれません。

完全に防ぐことは難しく、仕方のないことでもありますが、少しでも迷惑をかけてしまったかもしれないと感じた時は、すぐに謝るようにしましょう。

 

電車の中以外でも!駅構内をベビーカーで安全に利用するには

ベビーカーにとって危険があるのは、電車の中だけではありません。

駅の中にも、さまざまな危険が潜んでいます。

電車に乗る前にも、駅の中から赤ちゃんの安全のために気をつけておかないといけません。

 

ベビーカーは線路と平行に止める

ベビーカーを線路と垂直に止めていると、何かの拍子にベビーカーが進んで線路に落ちてしまった!なんてことになっては大変ですよね。

電車が来ていなくても、高いホームから線路に落ちてしまったというだけで赤ちゃんにとっては命の危険もあります。

ベビーカーを線路近くにとめておく時は、必ず平行にしてとめておきましょう。

 

駅構内の移動はエレベーターで

駅の中で移動する際は、ベビーカーを押しながら階段やエスカレーターでの移動はとても危険です。

必ずエレベーターを使って移動するようにしましょう。

 

ママ目線の駅情報サイト「ママすぱあと」

子連れママのための駅の情報サイト、「ママすぱあと」というサイトがあります。

ママすぱあとでは、ベビーカーでのエレベーター移動でも間に合うような乗り換え情報や、おむつ替えの可能なトイレの場所など、ママのための情報がたくさん紹介されています。

電車をよく利用するママは、ぜひ一度チェックしてみて下さい。

 

電車にある「ベビーカーマーク」を知っていますか?

ベビーカーを利用するママやパパのためのマーク、「ベビーカーマーク」をみなさんご存知ですか?

このマークがある場所ではベビーカーを畳まなくてもいいという意味なのですが、実は電車にもついていることがあるんですよ。

 

電車にもある「ベビーカーマーク」は認知度の低さが課題

電車にも、ベビーカーマークがついていることがあるのですが、このマークは認知度が低く、ママも周りの人も知らないということが多いです。

ベビーカーマークのある場所でもママが知らないと肩身の狭い思いをしますし、周りの人が知らなければマナー違反だと思われるかもしれないですよね。

ベビーカーを利用するママや子供のためにも、ベビーカーマークの認知度をもっと高めていく必要があります。

 

どんな電車ならベビーカーのまま乗れる?

基本的に電車にベビーカーのまま乗ってはいけないという決まりはないのでどんな電車でも乗ることができますが、やはり周りに気を使って乗りにくいというのが現状です。

ベビーカーマークのついている車両ではベビーカーを畳まなくてもいいので、気楽に乗れますね。

 

受け入れられつつある「ベビーカーでの電車利用」

ベビーカーで電車に乗るのは邪魔だと思われるイメージが強いですが、ベビーカーマークが電車にもついているように、少しずつ受け入れられてきています。

ベビーカーでの電車移動が当たり前になる未来も、そう遠くはないかもしれませんね。

 

電車にベビーカーに批判もあるが…子の安全な移動を問う

受け入れられつつあるベビーカーでの電車移動ですが、やはりまだ批判的な声も多くあるのも事実です。

しかし、子供の安全を考えると、ベビーカーを利用した方がいいのではという意見も多くあります。

ベビーカーを利用するかどうかではなく、どうすれば子供が1番安全かどうかを考えるべきなのではないでしょうか。

 

大江戸線、子ども部屋風の「応援スペース」設置へ

2019年の夏ごろに、東京都営地下鉄大江戸線の一部の車両では、座席を置かずに子供部屋のような装飾で飾った「応援スペース」を導入するそうです。

ベビーカーや抱っこ紐でのママ、パパが快適に電車を利用するための車両で、子連れの電車利用に対する意識改革の大きな一歩ではないでしょうか。

 

そもそも電車の中でベビーカーは折りたたむべき?

大きくて幅の取るベビーカーは、電車では折りたたむべきだという声もありますし、安全のためにそのままでもいいという声もあります。

しかし、やはり人が多い時など周囲に迷惑が掛かってしまう時には、折りたたむべきでしょう。

 

電車でたたむことも考えて。:コンパクトで折りたたみやすいベビーカーを選ぶ

今まで人の少なかった車両にたくさん人が入ってきて、急に折りたたまないといけなくなるような状況もあります。

すぐに畳めるように、コンパクトで折りたたみやすいものを選んでおくと便利です。

 

ベビーカーを使っていない時や電車での混雑時は畳めるようにしておく

ベビーカーを使っていない時はもちろんですが、人が多い混雑時にも、できるだけベビーカーは畳んだ方がいいでしょう。

すぐにベビーカーを畳めるように、準備しておいてください。

 

子連れで電車に乗らなければならない時に感じるストレス、ママたちがベビーカーをたたまない理由

子連れでの移動はとても大変で、ママ達もおおきな負担とストレスを感じています。

ほとんどのママは、ベビーカーで電車に乗るときは周囲の目や周りへの配慮を気にしています。

ベビーカーを邪魔だ、畳めと厳しい目で見るのではなく、逆の立場ならと考えてみてはいかがでしょうか。

 

電車でベビーカーを畳みたくて畳めない事情のある人もいる

電車でベビーカーを畳まないのはマナー違反だと思うかもしれませんが、理由があって畳めないというママもいます。

周りの迷惑を考えていないママ中利ではないんですよ。

 

マナーを守れば電車でもベビーカーを気持ちよく使える

きちんとマナーさえ守れば、電車の中でもベビーカーが迷惑になることはなく、ママも周囲の人も気持ちよく過ごせます。

気をつけなければいけないこと、守らなければいけないマナーは多いですが、配慮をすることで周囲の目も変わってきますよ。

 

まとめ

ベビーカーで電車を利用するのは、周りの迷惑を考え子供の安全も気にしなければいけないので、取っても大変ですよね

しかし、あなたがマナーを守ることで、少しずつベビーカーでの電車利用の理解を得ることができるんです。

気持ちよくベビーカーが使えるように、電車内や駅構内ではマナーをしっかり守って子供の安全も確保しましょう。

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

Mr.Father|父親だってオトコでいたいライフスタイルメディアの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Mr.Father|父親だってオトコでいたいライフスタイルメディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

mie65

7歳と3歳の姉妹と5歳の男の子の子育てを四苦八苦しながら、ライターをしているママ。
女の子に挟まれた男の子がギャーギャーと最も悩ましい頭痛の種。

関連記事

  • 便利なベビーカー用の傘スタンドはどれ?選び方と人気商品を紹介

  • ベビーカーのラクラク収納。ベビーカー収納のおススメグッズ7選