1. TOP
  2. 育児・教育
  3. 赤ちゃんのお風呂の適切な温度、本当に分かってる?大人目線は絶対NG

赤ちゃんのお風呂の適切な温度、本当に分かってる?大人目線は絶対NG

育児・教育   321 Views

赤ちゃんの沐浴の時期が終わり、一緒にお風呂に入れるようになると嬉しい反面、どうやって入れればいのかわからずドキドキしますよね。

今までは赤ちゃんだけを丁寧にベビーバスに入れていたのが、これからはママと一緒の大きな浴槽で入ることになります。

どれくらいの温度で、どれくらいの時間つかるのが正しいのか、初めてのママには慣れるまで難しいものです。

今回は、そんな沐浴を卒業した赤ちゃんがママと一緒にお風呂に入る際の温度や時間、流れなどの注意点を、ご紹介したいと思います。

Sponsored Link

赤ちゃんが入るお風呂の温度

お風呂の温度は38~40℃が適温

ママやパパによっては熱いお風呂が大好きな方もいますが、赤ちゃんも一緒に入る以上、赤ちゃんに最適な温度に合わせてあげなければいけません。

赤ちゃんが入るお風呂の適温は、38~40℃です。

さらに言えば、夏の暑い時期には38℃、冬の寒い時期には40℃のお風呂がいいでしょう。

夏に40℃くらいのお風呂に入れるのは少し赤ちゃんにとっては熱すぎ、逆に冬に38℃のお風呂だと十分に温まらない可能性があるからです。

 

熱すぎるお湯はお肌のトラブルの原因に

熱いお風呂は赤ちゃんが不快に感じてしまうだけでなく、お肌トラブルの原因にもなります。

40℃以上のお湯だと、肌の潤いの成分が溶けだしてしまい、乾燥肌になってしまいます。

赤ちゃんの肌はデリケートなので、少しの乾燥でも荒れたり、アトピーの原因にもなってしまいます。

赤ちゃんの肌が荒れているときは、一度お風呂の温度を見直してみましょう。

 

赤ちゃんがお風呂に入るときの温度管理はいつまで必要?

赤ちゃんが成長しても、実は小学生くらいまでは38~40℃くらいが子供にとっての適温だそうです。

やはり大人よりも肌が弱い分、お風呂の温度にもしばらくの間は気を使わなければいけません。

とはいえ小学生ともなれば、ある程度は肌も強くなります。

赤ちゃんの時期ほど気にする必要はありません。

慎重に温度管理をするのは、だいたい1歳くらいまでで大丈夫ですよ。

 

赤ちゃんの入浴時間は?

赤ちゃんはのぼせやすい!お湯につかるのは2~3分で

赤ちゃんは非常にのぼせやすく、わずか2~3分でお湯と同じ温度にまで上昇してしまいます。

身体が小さい分、すぐに暑さが伝わってしまうんですね。

また、長くつかっているとお湯の温度が高い時と同じように、潤い成分が溶けてしまって肌が乾燥してしまいます。

短すぎるようにも感じますが、赤ちゃんの入浴時間は2~3分ですぐにお風呂から出してあげましょう。

 

赤ちゃんと一緒にお風呂に入るときの流れ

準備

お風呂から出たらすぐに着替えができるよう、入る前にあらかじめ用意しておきましょう。

2枚以上重ねて服を着るときは、先に服の袖を通しておくとすぐに服が着られます。

 

ママの身体や髪を洗う

お風呂には、赤ちゃんよりもママが先に身体や髪を洗います。

この時赤ちゃんは脱衣所に座布団などを敷いて、そこに寝かせておいてあげてください。

ママの姿が見えないと不安になってしまう子もいるので、お風呂のドアを開けておくと、赤ちゃんも安心できますよ。

 

赤ちゃんを洗う

ママが洗い終わったら、赤ちゃんをお風呂場に入れて赤ちゃんを洗ってあげます。

赤ちゃんの肌はとてもデリケートなので、しっかりと泡立てた石鹸で丁寧に洗ってあげましょう。

洗い残しは肌荒れの原因になりますので、よく流してあげてください。

 

赤ちゃんと湯船につかる

ママも赤ちゃんも洗い終わったら、一緒に湯船につかります。

先ほどにもご紹介したように、赤ちゃんはのぼせやすいので2~3分で上がるようにしてくださいね。

 

お手入れと着替え

湯船を出たら、まずは赤ちゃんの身体を拭いてあげます。

脱衣所でお肌ケアをする場合は保湿クリームなど保湿をしてから、お部屋でケアをする場合はサッと服を着せてから、ママも服を着ましょう。

ママは少し寒いですが、体温がすぐに下がってしまう赤ちゃんを優先してくださいね。

 

赤ちゃんの身体を冷やさないためには準備が必要

赤ちゃんの身体はすぐに温まりやすく、冷えやすくなっています。

いくらお風呂で温まったとしても、お風呂から出た後が寒いと、すぐに冷えてしまいます。

お風呂を出た時に赤ちゃんの身体が冷えないよう、脱衣所や部屋を暖めておきます。

お風呂を出た赤ちゃんに最初に服を着せてあげるのも、体を冷やさないためですね。

 

赤ちゃんがお風呂を怖がる。対処法は?

赤ちゃんが急にお風呂を怖がるようになるのは、珍しいことではありません。

原因として考えられるのは、お湯の温度が熱すぎた、石鹸が目に入って痛かった、大きな浴槽に驚いている、などがあります。

この対処法としては、お湯の温度を確認したり、丁寧に洗ってあげるようにするなどもありますが、最終的には慣れるのを待つしかありません。

お風呂が怖いのは、自我が芽生えて成長しているという証拠でもあります。

嫌がるうちはお風呂に入れるのも大変ですが、いつまでも続くものではないので、慣れるのを気長に待ちましょう。

 

頭からシャワーを浴びせられるのはいつから?

シャワーやお湯を頭から浴びられるようになるのはいつから、と決まっているものではありません。

赤ちゃんにもよりますが、少しずつ慣れていくことによって、平気になってきます。

わたしの場合は沐浴を卒業した時から徐々に頭から浴びせていましたが、2か月くらいの頃には全く平気になっていました。

赤ちゃんの頭からシャワーを浴びせるのは、赤ちゃんが嫌がらない程度に徐々に始めていくといいですよ。

ただ、頭からシャワーをかけるときは、鼻などにお湯が入らないよう注意してください。

 

まとめ

赤ちゃんの肌は非常にデリケートなので、お風呂の温度、つかる時間には十分気を使わなければいけません。

のぼせたりお肌のトラブルを避けるためにも、赤ちゃんのお風呂は一緒に入るママやパパが正しい知識を知っておきましょう。

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

Happines Family|子育て中のママ、パパ、家族が幸せになるライフスタイルメディアの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Happines Family|子育て中のママ、パパ、家族が幸せになるライフスタイルメディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

mie65

7歳と3歳の姉妹と5歳の男の子の子育てを四苦八苦しながら、ライターをしているママ。
女の子に挟まれた男の子がギャーギャーと最も悩ましい頭痛の種。

関連記事

  • 赤ちゃんに牛乳はいつから飲ませていいの?牛乳デビューを徹底解説!

  • 赤ちゃんにそばはいつからあげていいの?そばアレルギーは治るもの?

  • 赤ちゃんの服のサイズの目安、判断基準は?

  • 赤ちゃんへのドライヤーはいつから?注意することはある?

  • 赤ちゃんのおむつかぶれ対策でベビーオイルは要注意?!先輩ママの奮闘記

  • 赤ちゃんの洗濯って大人と一緒だとどれだけヤバいか知ってますか?