1. TOP
  2. 育児・教育
  3. 赤ちゃんに優しく目薬を差すコツ。嫌がる赤ちゃんも大丈夫

    赤ちゃんに優しく目薬を差すコツ。嫌がる赤ちゃんも大丈夫

    育児・教育   389 Views

    子供や赤ちゃんって、目薬が嫌いな子が多いですよね。

    私自身、子供の頃は目薬が大嫌いだったので、赤ちゃんたちの気持ちはよくわかります。

    しかし、アレルギーなどの場合は、赤ちゃんがどれだけ嫌がっても目薬を差さないといけない時があります。

    どうすれば、嫌がる赤ちゃんにも上手に目薬を差すことができるのでしょうか?

    今回は、そんな赤ちゃんに目薬を上手に差すコツやポイントなどを、ご紹介したいと思います。

    Sponsored Link

    赤ちゃんを押さえつけずに目薬を差すコツとは?

    目薬に慣れていない赤ちゃんは、目に直接入ってくる目薬を怖がって、嫌がります。

    そんな赤ちゃんに目薬を差すコツをご紹介します。

     

    赤ちゃんをリラックスさせるためにはまずは親がリラックス

    赤ちゃんに目薬を差すのに、はじめのうちはママやパパも緊張してしまうかもしれませんが、その緊張は赤ちゃんにも伝わります。

    ママやパパは緊張していると、赤ちゃんもこれは怖いものなのかな、と余計に身構えてしまうんです。

    赤ちゃんにリラックスさせるためには、まずは目薬を差してあげる親がリラックスしましょう。

     

    目をつぶったまま目薬を差して目をパチパチさせる

    目を閉じた状態で目薬を2、3滴たらして、その状態で目をぱちぱちさせるだけでも、目薬の効果はあります。

    嫌がる赤ちゃんに無理に目を開けさせるのは危険なので、目をつぶらせた状態で目薬を差してあげるのも一つの手ですよ。

     

    目薬に好きなキャラクターのシールを貼る

    赤ちゃんは目薬をただ怖いものだと思っているので、好きなキャラクターのシールを張ってあげると、喜んで目薬を差そうと頑張ってくれるかもしれません。

    好きなキャラクターのものなら、赤ちゃんは頑張ろうと思えるものなんですよ。

     

    寝ている間に目薬を差す

    起きている間が難しい場合は、寝ている間に目薬を差してしまいましょう。

    寝ている赤ちゃんの下の瞼を引っ張り、そこに目薬を差してあげます。

    しかし、眠りが浅い時にこれをしてしまうと赤ちゃんが驚いて起きてしまうことがあるので、しっかり眠っている時を見計らってくださいね。

     

    他のもの(好きなものおもちゃなど)に注意を逸らせている間に

    おもちゃなどで機嫌よく遊んでいるときにサッと目薬を差してあげると、そのまま遊び続けてくれることもあります。

    赤ちゃんに、なるべく恐怖を与える時間をなくしてあげましょう。

     

    目頭から目薬を差す

    高い位置から目薬を差そうとすることで、赤ちゃんはさらに恐怖心がより増します。

    目のすぐ近くの低い位置から、目頭からそっとさしてあげると、自然に目になじんで赤ちゃんも驚きにくくなりますよ。

     

    赤ちゃんが泣いているときは目薬を差さない

    泣いているときに目薬を差しても、差した目薬が涙と一緒に流れてしまうので、意味がなくなってしまいます。

    泣いているときには目薬は差さず、赤ちゃんの機嫌がいい時を狙ってくださいね。

     

    赤ちゃんをどうしても押さえて目薬を差さないといけない時は

    目薬が嫌いな赤ちゃんは、どうしても逃げ出そうとして暴れることがあります。

    そんな時は押さえて目薬を差すことになりますが、押さえ方を間違ってしまうと赤ちゃんに大きな負担がかかります。

    正しい押さえ方を覚えて、無理なく赤ちゃんに目薬を差してあげましょう。

     

    ①両膝で赤ちゃんの頭を左右から挟む

    赤ちゃんを仰向けに寝かせ、頭が動かないように両膝でしっかりと固定します。

    この時赤ちゃんに体重がかからないように注意しましょう。

     

    ②利き手ではない手で赤ちゃんのあごを押さえる

    目薬を差さない方の手で赤ちゃんのあごを押さえ、顔の向きを固定します。

    強く押さえすぎないようにしましょう。

     

    ③肘で赤ちゃんの肩を押さえる

    赤ちゃんが暴れてしまわないように、肘を使って肩を押さえます。

    ここでも体重がかかると赤ちゃんにとって大きな負担になりますので、注意してください。

     

    ④終始笑顔で

    ママやパパの顔がこわばっていると、赤ちゃんも余計に怖がってしまいます。

    笑顔で接してあげて、少しでも赤ちゃんを安心させてあげてください。

     

    ⑤目薬が差せたらたくさん褒める

    上手にさあスことができたら、たくさん褒めてあげましょう。

    目薬を差すことができたらママたちに褒めてもらえると赤ちゃんに覚えさせることで、次からも頑張ろうと思ってくれるようになりますよ。

     

    赤ちゃんが泣いてしまったら目薬は無意味

    どれだけ上手に目薬が差せたとしても、赤ちゃんが泣いてしまっては目薬まで流れてしまうので、目薬の意味がなくなります。

    目薬は以下に赤ちゃんに機嫌よく差すことができるかが重要なんです。

    もしも泣き出してしまった時は、抱っこなどで赤ちゃんを落ち着かせてあげましょう。

     

    赤ちゃんに目薬を差すときの注意点

    まだデリケートな赤ちゃんの目に目薬を差すときには、いくつかの注意点があります。

    ママたちも気をつけないといけないことなので、よく覚えておいてくださいね。

     

    手を洗ってから清潔な環境で差す

    目薬を差す手が汚れていると、そこから赤ちゃんの目に菌やウイルスが侵入してしまう可能性があります。

    自分に差すときにも気をつけたいところですが、特に赤ちゃんの場合は目薬を差す前によく手を洗ってから、清潔な手で差してあげましょう。

     

    安全で広い場所で差す

    目薬を嫌がって赤ちゃんが暴れた際に、狭い場所や障害物の多い場所だと、赤ちゃんがぶつかってしまって危険です。

    赤ちゃんに目薬を差すときは、広くて周囲に物の少ない安全な場所で行いましょう。

     

    赤ちゃんに体重をかけるのは絶対NG

    赤ちゃんの体は非常に弱くてデリケートなので、大人が体重をかければとても大きな負担を与えてしまいます。

    目薬を差せてもさらに大きな問題につながることもあるので、押さえる時も絶対に体重はかけないようにしてくださいね。

     

    まとめ

    赤ちゃんに目薬を差すには、泣かないように機嫌を取りながら差す必要があります。

    初めのうちは難しいかもしれませんが、ママもリラックスしないと赤ちゃんもリラックスができません。

    押さえる時には優しくしっかりと押さえ、上手に目薬を差すことができたらいっぱい褒めてあげてください。

    目薬を差すことは怖いことではないことをゆっくりと赤ちゃんにも教えてあげて、目薬が差せるように一緒に頑張りましょう。

    Sponsored Link

    \ SNSでシェアしよう! /

    Happines Family|子育て中のママ、パパ、家族が幸せになるライフスタイルメディアの注目記事を受け取ろう

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

    Happines Family|子育て中のママ、パパ、家族が幸せになるライフスタイルメディアの人気記事をお届けします。

    Sponsored Link

    ライター紹介 ライター一覧

    mie65

    7歳と3歳の姉妹と5歳の男の子の子育てを四苦八苦しながら、ライターをしているママ。
    女の子に挟まれた男の子がギャーギャーと最も悩ましい頭痛の種。

      関連記事

      • 赤ちゃんの日焼けのアフターケア。あなたの赤ちゃんの日焼け対策は万全?

      • 抱っこ紐に2本目があっても全然いい!2本目の抱っこ紐を買うタイミングと選び方

      • 赤ちゃんにピーナッツを与えるのはいつから?ピーナッツをあげる時の4つの注意点

      • 赤ちゃんに枕は必要なの?赤ちゃんの正しい枕の選び方7選

      • 新生児、一歳半の子の夜泣きは何歳まで?先輩ママたちの夜泣き対策23の知恵袋

      • 赤ちゃんをカラオケに連れて行けるのはいつから?キッズルームがある5大カラオケチェーン店