1. TOP
  2. 育児・教育
  3. 赤ちゃんの日焼けのアフターケア。あなたの赤ちゃんの日焼け対策は万全?

    赤ちゃんの日焼けのアフターケア。あなたの赤ちゃんの日焼け対策は万全?

    育児・教育   314 Views

    紫外線は肌によくないものですが、肌がデリケートな赤ちゃんは大人よりも紫外線の影響を受けてしまいます。

    赤ちゃんが日焼けをしてしまったら、どうすればいいのでしょうか。

    今回は、そんな赤ちゃんの日焼けについて、対処法や予防方法などをご紹介したいと思います。

    Sponsored Link

    赤ちゃんが日焼けで黒いは健康的ということではない

    2000年前後までは、赤ちゃんの日焼けは健康的な証拠だと考えられていました。

    しかし、紫外線がわたしたち人間によくない影響を与えることが分かってからは、日焼けは赤ちゃんにとってよくないものだという考えに変わりました。

    昔は赤ちゃんの「日光浴」が勧められていましたが、今では「外気浴」が勧められています。

     

    紫外線が与える赤ちゃんへの影響

    赤ちゃんは、大人よりも紫外線の影響を2倍受けると言われています。

    赤ちゃんが紫外線を浴びると、水疱や湿疹ができてしまうことがあります。

    しかし、本当に恐ろしいのは将来への影響で、紫外線で肌の老化が進み、シミやシワ、そばかすの原因となります。

    また、赤ちゃんによっては紫外線アレルギーを持っている子もいます。

    紫外線は1年中あるものなので、夏だけでなく常に気をつけていなければいけません。

     

    赤ちゃんの日焼けをした時のアフターケア

    もしも赤ちゃんが日焼けをしてしまったら、すぐにアフターケアをしてあげないといけません。

    症状が悪化する前に、素早く対処をしてあげましょう。

     

    まずは冷やす

    赤ちゃんが日焼けをしてしまった時は、まず最初に日焼けした部分を冷やしてあげましょう。

    しかし、あまりに冷たい水や氷で冷やしてしまうと、デリケートな赤ちゃんの肌には刺激が強すぎます。

    常温の水で十分なので、濡らしたガーゼやタオルで患部を冷やしてあげます。

     

    保湿を入念に

    日焼けをした部分は肌がさらに弱くなり、乾燥もしやすくなります。

    乾燥するとさらに症状が悪化する恐れがあるので、念入りに保湿をして、患部を保護してあげて下さい。

    ベビークリームやワセリンだと刺激も弱く、赤ちゃんの肌にも安心です。

     

    日焼けの症状が悪化する、長引く場合は病院へ

    冷やしたり保湿をしても症状がなかなか改善しない場合は、肌が炎症を起こしてしまっている可能性があります。

    放っておくと、さらに悪化してしまうかもしれません。

    症状が悪化したり長引く場合は、病院を受診しましょう。

    また、水疱や湿疹、発熱がある場合も、すぐに病院を受診してください。

     

    日焼けした後の薬

    赤ちゃんの日焼けのケアの薬には、軟膏やロコイドクリーム、ワセリンなどが効果的です。

    炎症を抑えるための薬やしっかり保湿ができるクリームなどで、日焼けした肌を治療してあげて下さい。

     

    日焼けした日のお風呂・シャワー

    日焼けをした肌でのお風呂は、湯船につかると傷むことがあるので、シャワーだけで済ませるといいでしょう。

    熱いお湯はしみやすいので、いつもよりもぬるいお湯で優しくこすらないように洗ってあげましょう。

    石鹸も刺激になる可能性があるので、幹部には石鹸がつかないようにします。

     

    赤ちゃんの日焼け止め対策は?

     

    赤ちゃんの肌はデリケートなので、特に夏などの紫外線の強い時期には、赤ちゃんを紫外線からしっかり守ってあげないといけません。

    対策方法がいくつかあるので、ご紹介します。

     

    日焼け止めを塗る

    日焼け止め対策といえば、やはり日焼け止めが欠かせません。

    正しい使い方をすれば紫外線から赤ちゃんを守ってくれますが、間違った使い方をしてしまうと、逆に肌を傷めてしまうことになります。

     

    赤ちゃんに日焼け止めはいつから使っていいの?

    赤ちゃん用であれば、新生児からでも使うことができる日焼け止めもあります。

    商品によって使い始められる月齢が違いますので、パッケージに記載されている対象月齢をよく確認しましょう。

     

    大人用の日焼け止めは使わない

    大人用の日焼け止めは刺激が強く、赤ちゃんの肌を傷めてしまいます。

    健康な赤ちゃんでの肌に異常が出ることがあるので、赤ちゃんには赤ちゃん用の日焼け止めを使いましょう。

     

    日焼け止めはこまめに塗り直す

    赤ちゃんは汗をたくさんかくので、日焼け止めがすぐに落ちてしまいます。

    また、汗と日焼け止めが混ざってしまい、とても不衛生な状態になってしまいます。

    赤ちゃんの日焼け止めは、大人よりもこまめに塗り直してあげて下さい。

     

    ベビーカーに乗る時は日よけカバーをかける

    ベビーカーに乗っている時も、赤ちゃんは紫外線の影響を受けています。

    日よけカバーがついていないベビーカーでも、後から取り付けられる日よけカバーがありますので、日中は日よけカバーで紫外線から守りましょう。

     

    車の窓にも紫外線対策を!

    赤ちゃんと車でお出かけすることもあると思いますが、車の窓からも紫外線は入ってきます。

    車の窓にも、赤ちゃんに紫外線が当たらないようにしっかり対策をしましょう。

     

    外出は朝か夕方の紫外線が少ない時間帯に行う

    太陽が出ている日中は紫外線も強く、赤ちゃんにとってよくありません。

    紫外線の少ない朝か夕方の時間帯に赤ちゃんを連れだしてあげましょう。

     

    UVカット効果のあるベビーハットやサングラスをかける

    赤ちゃん用のハットやサングラスにも、UVカット機能が付いたものもあります。

    帽子が紫外線予防に有効なのは有名ですが、目も日焼けをしてしまい、目が紫外線を浴び過ぎると白内障になってしまう可能性が高くなります。

    帽子だけでなく、サングラスもしっかりと着用させてあげて下さい。

    しかし、色がついているものは未熟な赤ちゃんの目に悪影響を及ぼすことがあるので、透明なサングラスを選びます。

     

    チャイルドシートの日よけ対策

    車に乗るときは窓だけでなく、チャイルドシートにも日よけが必要です。

    チャイルドシートに使える日よけアイテムには、いろいろな種類があります。

     

    (1)UV機能付きサンシェードやカーテンで覆う

    チャイルドシートに取り付けられるサンシェードや、窓をカーテンで覆うことで紫外線をカットすることができます。

    カーテンやサンシェードだと、紫外線の弱い時は畳むことができるので、赤ちゃんの機嫌が悪い時に外を見せてあげることもできます。

     

    (2)窓ガラスにプロテクターやUVカットフィルムを貼る

    車の窓ガラスにプロテクターやUVカットフィルムを貼ることで、赤ちゃんやチャイルドシートにまで紫外線が届くのを防ぐことができます。

    一度貼っておくと、常に紫外線予防ができるので、他の方法のように赤ちゃんが外に出るたびに対策をする手間が必要ありません。

     

    (3)クリップ式なら携帯しやすく、ベビーカー等にも取り付けできる

    クリップで取り外しのできるサンシェードだと、簡単に取り付けられますし、チャイルドシートだけでなく、ベビーカーにも使うことができます。

    専用のものだとそれぞれ二つ必要ですが、クリップ式のものはひとつでいいのでお財布にも優しいです。

     

    UVカット機能付きのベビー服を着用

    UVカット付きのベビー服や、長袖長ズボンの服だと、紫外線が直接赤ちゃんに届かなくなります。

    しかし、長袖の服は暑く汗をかいてしまうので、タオルやガーゼを多めに持っておき、汗をかいていたらすぐに拭き取ってあげて下さい。

     

    (1)UVカット加工されたレッグウォーマーはお出かけ時の役立ちアイテム

    半袖の服でも着用できるレッグウォーマーは、暑い時には脱ぎ、紫外線の強い時には着用して、紫外線を防げます。

    また、走り回って遊んでいる時には長袖の服は汚れやすいので、脱ぎやすいレッグウォーマーは、お出かけの時にはとても役に立つ便利アイテムです。

     

    (2)薄手のカーディガンやケープタイプなら、通気性も良い

    上からかけるタイプのカーディガンやケープタイプも、薄手の物なら赤ちゃんの負担にならず、紫外線を予防できます。

    通気性もいいので、蒸れてしまう心配もありません。

     

    まとめ

    赤ちゃんの肌はとてもデリケートなので、紫外線の影響をすぐに受けてしまいます。

    日焼け止めやベビー服、日よけカバーなどを利用して、紫外線から赤ちゃんを守ってあげて下さい。

    万が一日焼けをしてしまった時は、保湿や薬でしっかり肌を保護してあげ、少しでも早く症状が改善するようにケアしてあげましょう。

    Sponsored Link

    \ SNSでシェアしよう! /

    Happines Family|子育て中のママ、パパ、家族が幸せになるライフスタイルメディアの注目記事を受け取ろう

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

    Happines Family|子育て中のママ、パパ、家族が幸せになるライフスタイルメディアの人気記事をお届けします。

    Sponsored Link

    ライター紹介 ライター一覧

    るまま

      関連記事

      • 赤ちゃんの寝つきが良くなるお風呂のベストな時間帯は?お風呂に入れてる時間で寝つきが変わる?

      • 赤ちゃんの利き手、いつからわかる?左利きは矯正が必要?

      • 赤ちゃんのおむつかぶれ対策でベビーオイルは要注意?!先輩ママの奮闘記

      • 赤ちゃんに優しく目薬を差すコツ。嫌がる赤ちゃんも大丈夫

      • 赤ちゃんに牛乳はいつから飲ませていいの?牛乳デビューを徹底解説!

      • 赤ちゃんの便秘にオリゴ糖。簡単オリゴ糖をミルクに混ぜるだけ