赤ちゃんの服に柔軟剤はいつから使える?メーカーの公式見解と口コミ

洗濯後の仕上げ剤として用いられる柔軟剤ですが、柔軟剤は赤ちゃんにいつから使えるのか気になっている方は沢山いるでしょう。

今回は赤ちゃんに柔軟剤をいつから用いることが出来るのかということを、実際に赤ちゃん用柔軟剤を提供しているメーカーの公式見解と口コミとを比較しましたので、参考にしてみてください。

 

スポンサードリンク

赤ちゃんの服に柔軟剤はいつから使えるか?

赤ちゃんの衣類やタオルに柔軟剤が使えるのは、ハッキリいつからOKという決まりはありませんが、”ベビー ファーファ 濃縮 柔軟剤”や”ふんわり さらさ 柔軟剤”など赤ちゃん専用の柔軟剤は存在します。

赤ちゃん専用の柔軟剤には、大体いつから使用可能か明記されていることが多いので、実際に柔軟剤の説明を見て、いつから使用できるのか確認をしましょう。

 

赤ちゃん用柔軟剤、一般的な柔軟剤は赤ちゃんの服に商品ごとにいつから使えると書いてあるのか。

代表的な赤ちゃん用柔軟剤、一般的な柔軟剤には、どのように書いてあるのか調べてみました!

 

ベビーファーファ

クマの絵柄が印象的なファーファには、一般的な柔軟剤以外に赤ちゃん用の柔軟剤が販売されています。

販売元のNSファーファ・ジャパンのHP内には、ファーファの柔軟剤は赤ちゃんにも使えると書いてあります。

https://www.nsfafa.jp/qa/products/#sec_02

 

ファーファの中でも、赤ちゃんに使うのなら、赤ちゃん用の柔軟剤ベビーファーファがおすすめされています。

 

ベビーファーファは、100%植物由来の柔軟成分で作られているだけではなく、着色剤や防腐剤、シリコンが入っていません。

肌へのやさしさにこだわった商品のようです。

 

スポンサードリンク

ベビーソフター

育児用品メーカーのピジョン株式会社から販売されているベビーソフターは、0カ月から使えるとHPに書いてあります。また、商品パッケージにも、ハッキリと月齢が書かれています

 

https://products.pigeon.co.jp/item/index-1628.html

 

ベビーソフターは天然植物由来の柔軟成分が使用しており、無添加です。また、皮膚科医による皮膚刺激性テストをしている商品でもあります。

 

さらさ柔軟剤

赤ちゃん用洗剤としても有名なさらさからは、柔軟剤も販売されています。

さらさ柔軟剤も赤ちゃんに使うことを前提に作られている商品です。

 

さらさ柔軟剤を使って洗ったTシャツを、実際に赤ちゃんの肌につけて異常がないことを確認しています。

https://www.myrepi.com/family/kids/sarasa-junanzai

 

蛍光剤、漂白剤、着色料無添加で赤ちゃんの肌にも安心なだけではなく、香りもやさしいので家族みんなで使える柔軟剤のようです。

 

レノア

柔軟剤の定番であるレノア。

レノアの販売元であるP&GのHPに、レノアの柔軟剤は赤ちゃん衣類にも使えると書いてあります。

https://jp.pg.com/products/faq/faq_lenor.jsp#a03

 

優しい肌触りになるだけでなく吸水性もそのままなので、汗をかきやすい赤ちゃんや子供に使っても安心なようです。

しかしながら、赤ちゃんに使うのなら、香りのやさしい同じP&Gブランドでもある先ほど紹介した「さらさ」のほうをおすすめしています。

 

ハミング

1966年から販売され、ロングセラー商品であるハミング。

 

ハミングを開発している花王のHPには、ハミングシリーズは赤ちゃんにも使えると書いてあります。

https://www.kao.com/jp/qa/hmg_all_03.html

 

ハミング、ハミングNeo、ハミングLINNE(リンネ)については、製品情報にも「赤ちゃんの衣類にも使えます」と書かれています。

 

 

ここまで5つの柔軟剤を紹介しましたが、柔軟剤は赤ちゃん用、一般用に限らず、赤ちゃんに使っても大丈夫だと書かれている商品が多いです。

 

特に、赤ちゃん用の柔軟剤は原料にこだわっていたり、香りも無香料や匂いが少なくしてあったり、赤ちゃんのことを考えて作られていることが分かりますね。

 

赤ちゃん用柔軟剤が 口コミではどんなことが言われているのか

ママやパパの間では、赤ちゃん用柔軟剤はどのように思われているのでしょうか?

 

ツイッターでの声を見ていきましょう。

 

赤ちゃん用の洗剤や柔軟剤を1歳頃までやそれ以降も使っている人もいる一方で、赤ちゃんの頃から専用のものを使っていない人がいるのも事実です。

 

では、実際に赤ちゃん用柔軟剤を使っている人の口コミを紹介します。

 

実際に赤ちゃん用柔軟剤を使っている人は、赤ちゃんの肌にやさしそうと感じたり、無香料なところが気に入ったりしているようです。

 

でも、一方で、赤ちゃん用柔軟剤を使ってアレルギー症状が出たり、使うのを辞めたら肌状態が良くなったりする人もいます。

 

赤ちゃん用柔軟剤の使用は、ママやパパの考え方だけでなく、赤ちゃんの肌状態によって左右されると言えますね。

 

赤ちゃん用柔軟剤は、赤ちゃんの肌のことを考えて作られた商品ではあり、各メーカーも使うことを推奨しているものの、どうしても合わないという赤ちゃんがいるのも事実です。

あなたの赤ちゃんの肌の様子を見つつ、柔軟剤を使ってあげるようにしましょう。

 

赤ちゃん用柔軟剤から普通の柔軟剤に切り替えるタイミング

いつまで赤ちゃん用の柔軟剤を使えばいいのか迷いますよね。

赤ちゃん頃の皮膚は大人に比べて1/2の厚さなので、ちょっとしたことで刺激を受けやすいです。

 

ですが、1歳~2歳頃になると大人と同じ皮膚の厚さになります。

 

肌にトラブルがないようなら、1歳を目安に赤ちゃん用から大人用に切り替えても大丈夫です。

 

アトピー性皮膚炎など肌トラブルのある子供は、赤ちゃん用柔軟剤を使ったり柔軟剤自体を使わなかったりしたほうがいいです。

子供によって肌状態は違うので、様子を見ながら柔軟剤を切り替えることをおすすめします。

 

また、一般的な柔軟剤は香りの強いものもあります。

柔軟剤の強い香りは、嗅覚を鈍らせることがあるため、小さな頃から使わないほうがいいです。

 

さらに、柔軟剤の使いすぎは吸水性が悪くなることがあります。

汗をかきやすい子供は、汗が衣類に吸収されず肌トラブルを引き起こすことがあるので、使用量は守るようにしましょう。

スポンサードリンク