1. TOP
  2. 育児・教育
  3. 赤ちゃんのお風呂は毎日必要?面倒なときはどうしたらいい?

赤ちゃんのお風呂は毎日必要?面倒なときはどうしたらいい?

 2019/04/03 育児・教育
  129 Views

赤ちゃんが産まれて、育児が始まると毎日があっという間ですよね。

授乳やオムツ替え、そして『お風呂』。

さて、この『お風呂』ですが、首すわりの前であれば首を支えたり、耳に水が入らないか、お湯の温度でのぼせたり、ぬるくて湯冷めしないか

小さい赤ちゃんをお風呂に入れるのは意外にエネルギーを使います

 

そんな時、私もそうでしたが、

『そもそも毎日赤ちゃんをお風呂に入れるのが大変で毎日入れなくても良いのでは?

『湯船ではベビーバスだと赤ちゃんが湯冷めして良くないの?』

『どうしても今日はきつくて、お風呂に入れられないときの手抜き方法が知りたい!』

と思うことはありませんか?

 

今回はそんなアナタに、赤ちゃんのお風呂は毎日必要なのか、お風呂に入れるのが面倒なときにはどうしたら良いのかについてお伝えしていきます。

 

Sponsored Link

赤ちゃんは毎日お風呂に入れた方がいい

赤ちゃんは大人と違って、外に出たり動き回ったりすることがありませんよね。

一見あまり汗をかいているようには見えない赤ちゃんですが、代謝が良いため汗や皮脂が出て肌が汚れやすい状態なのです。

また、特に新生児の頃はおしっこやうんこも頻回のため肌を清潔に保つためにも、毎日お風呂には入れてあげることがベストです。

 

乳児湿疹の対策には入浴が効果的!

赤ちゃんは生後1ヶ月頃から、乳児湿疹といって肌や頭皮にできものがポツポツできたり、赤みが出たりします。

ほとんどの赤ちゃんが出来るこの乳児湿疹ですが、乳児湿疹が悪化すると、膿んで出血してしまったり、頭皮がむけて毛が抜けたりしてしまいます。

可愛いお子さんの顔に湿疹ができてしまうととても心配ですし、皮膚科に連れて行ったりクスリを塗ったりと大変ですよね。

 

悪化させないためには入浴して肌を清潔にしておくことが効果的と言われています!

 

そして乳児湿疹には、『新生児ニキビ』と『乳児脂漏性湿疹』があります。

それぞれについてお伝えしていきますね。

 

新生児ニキビ

新生児ニキビは、思春期ニキビと同様、顔や頭皮に白いポツポツのニキビや赤みを帯びたニキビです。

ホルモンの影響と代謝が良すぎることが原因と言われています。

 

乳児脂漏性湿疹

乳児脂漏性湿疹は、あせもと症状が似ていますが、頭皮やおでこ、耳や足の付け根周辺に黄色味のある皮脂のポツポツが集中的にできます。

皮脂の分泌過多やアレルギーが原因と言われています。

 

冬の寒い時でも赤ちゃんを毎日お風呂に入れた方がいい?

冬の寒い時に赤ちゃんをお風呂に入れるとき、

赤ちゃんが寒くて風邪を引いてしまうのでは心配になりますよね。

そんな冬でも赤ちゃんをお風呂に毎日入れた方が良いのでしょうか?

おすすめはやはり、毎日入れた方が良いです。

というのも赤ちゃんはお伝えした通り、代謝が良く肌が汚れやすい状態です。

肌を清潔に保つためにも毎日お風呂に入れることがベストです。

 

寒い時のお風呂で赤ちゃんが湯冷めしないためには、浴室や脱衣所をしっかり温めておくことが大切です。

できるだけお風呂上がりの裸の時間を減らすようにテキパキとタオルで体を拭き、着替えをしてあげましょう。

 

湯船に毎日入れなくてもベビーバスに入れればいい?

新生児の頃にはベビーバスを使って沐浴をしますよね。

大体赤ちゃんの1ヶ月健診で湯船OKが出ると湯船に移行する方がほとんどかとは思います。

しかし、例えば親御さんが風邪を引いていて湯船に入れなかったり、ベビーバスを使う方が手際良く赤ちゃんが湯冷めしにくかったりする場合には、ベビーバスを使うことに問題はありません

ベビーバスは親御さんの事情に応じて臨機応変に活用していってくださいね!

 

赤ちゃんはシャワーだけで済ませるのもアリ?

赤ちゃんを毎日湯船に入れるのが大変だから、シャワーだけで済ませたくなる日もありますよね?

 

首すわりの前には、片手を首に取られているためシャワーを使うことが難しいですが、

首がしっかりしていればシャワーで済ませても問題はありません

 

また赤ちゃんに湿疹が出ていたり、風邪や熱などでグズグズしたりしている場合には、

湯船で温めることが逆効果になってしまうため、シャワーを使ってあげてくださいね!

 

毎日のお風呂は大変。どうしても手抜きしたい時は

毎日のお風呂って本当に大変ですよね。

育児全般に言えることですが、毎日完璧にこなそうと思えば思うほど、ストレスになることがありますよね。

だからこそ手抜きも必要だと個人的には思います!

 

そこで、今日はお風呂を手抜きしたいと思ったときのおススメの方法をお伝えしていきます。

 

お湯で濡らしたタオルでふく

ベビーバスもシャワーすらもきついと思った時には、お湯で濡らしたタオルで赤ちゃんを拭くだけでも、ある程度は皮脂や汗を取ることができます。

また、短時間で済ませることができるため、親御さんの手間も省けます

また赤ちゃん自身がシャワーも体調的に厳しい場合にも、タオルで拭いてあげるだけにしておいてくださいね。

 

寝る前にお風呂に入れる事の習慣で入眠効果も

赤ちゃんにとって、『お風呂』は結構体力を使うものと言われています。

お子さんをお風呂に入れた後、比較的コテッと寝ることが多くありませんか?

それは、お風呂に入るという行為が赤ちゃんにとってエネルギーを使うためです。

 

一番おすすめは、寝かしつけたい時間の1〜2時間前にお風呂に入れることで、深い眠りに入ることができると言われています。

寝つかせが上手くいってない時には、試してみてはいかがでしょうか?

 

まとめ

ここまで、赤ちゃんのお風呂は毎日必要なのか、お風呂に入れるのが面倒なときの対応についてお伝えしてきました。

 

もちろん赤ちゃんの肌を清潔に保つためにも毎日お風呂に入れてあげることがベターです。

しかし、親御さん自身の事情や、赤ちゃんの状態をみて、柔軟にベビーバスやシャワー、蒸しタオルを使うこともおすすめです。

 

毎日のお風呂は赤ちゃんとの肌の触れ合いの時間で大切ですが、結構手間がかかってしまうのも事実ですよね。

無理なく、時には手を抜きながら育児をやっていきましょう!

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

Mr.Father|父親だってオトコでいたいライフスタイルメディアの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Mr.Father|父親だってオトコでいたいライフスタイルメディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

meron4545

関連記事

  • 赤ちゃんがしゃっくりで泣く原因は?泣き止ませる4つの方法

  • 赤ちゃんのおむつかぶれ対策でベビーオイルは要注意?!、先輩ママが四苦八苦して編み出した方法

  • 赤ちゃんに柔軟剤っていつから使える??赤ちゃんの服に柔軟剤を使う時の4つのポイント

  • 赤ちゃんが絶壁になる原因は4つもある?今からでも間に合う7つの絶壁予防法

  • 赤ちゃんが便秘しているとおならが臭いって本当?

  • 赤ちゃんにヨーグルトはいつから大丈夫?赤ちゃんが喜ぶヨーグルト料理3選