1. TOP
  2. 育児・教育
  3. 赤ちゃんの便秘にオリゴ糖。簡単オリゴ糖をミルクに混ぜるだけ

赤ちゃんの便秘にオリゴ糖。簡単オリゴ糖をミルクに混ぜるだけ

育児・教育
  69 Views

大人の便秘にはオリゴ糖が効果的だと聞きますが、赤ちゃんの便秘にも効果があるのか気になりますよね。

赤ちゃんに与えて何かあったらと不安に感じているお母さんもいるのではないでしょうか。

今回は、オリゴ糖が赤ちゃんの便秘にも効果的で、安心して与えられるものであることを説明していきます。

Sponsored Link

赤ちゃんの便秘とオリゴ糖の関係

内蔵などの気管が発達していない赤ちゃんは、便秘になりやすいです。

また、離乳食を開始すると食生活の変化から水分が不足してうんちが硬くなります。

りきむ力が付いていない赤ちゃんは硬いうんちが排泄できず、便秘になります。

オリゴ糖には腸内環境を改善させる効果があります。

そのため、赤ちゃんの便秘も改善することが期待できます。

オリゴ糖の効果について詳しく説明していきます。

 

腸内環境が改善

赤ちゃんにオリゴ糖を与えることで腸内環境が整えられます。

オリゴ糖の腸内環境改善効果は厚生労働省にも認められています。

オリゴ糖は小糖類ともよばれる、2つ以上の糖からなる糖質です。

オリゴ糖は、大腸まで運ばれビフィズス菌のエサとなります。

そして、腸内の善玉菌であるビフィズス菌を増やします。

善玉菌が増えることにより、腸内活動が活性化し、腸内環境が改善します。

 

排便回数も増加

オリゴ糖を赤ちゃんに与えることにより排便回数が増加します。

オリゴ糖の整腸作用で排便回数も増加します。

便秘の赤ちゃんを持つお母さんにとって排便回数が増えると、とてもうれしいですよね。

しかし、オリゴ糖を与え過ぎると下痢になってしまうこともあります。

赤ちゃんにオリゴ糖を与えるときは与える量や、与えた後のうんちなどをよく観察するなど下痢にならないように気を付けましょう。

オリゴ糖の量は、1日当たり0.5g~1g程度と少量なので、与え過ぎないようにしてください。

また、赤ちゃんの月齢や体重などで適切な量が異なるので、きちんと確認して与えてください。

オリゴ糖を与えた赤ちゃんのうんちは、腸内の善玉菌が増えて酸っぱくて黄色くなるはずなので参考にしてください。

 

赤ちゃんにオリゴ糖を与えても大丈夫?

糖質であるオリゴ糖を赤ちゃんに与えることで、健康面などが大丈夫か不安ですよね。

実はオリゴ糖は母乳にも含まれています。

つまり、赤ちゃんが成長するためにはなくてはならないものなのです。

オリゴ糖が安心して与えられる理由について詳しく説明していきます。

 

母乳にもオリゴ糖は含まれている

オリゴ糖は母乳にも含まれています。

そのため、母乳で育てられた赤ちゃんは、腸内に善玉菌が多く、うんちが硬くなりません。

赤ちゃんのうんちは、黄色く酸っぱい匂いがします。

オリゴ糖を含む母乳は、赤ちゃんの腸内の善玉菌を増やし、腸内環境を改善します。

そして、悪玉菌が増えるのも防止するため、免疫機能も高まります。

 

オリゴ糖を赤ちゃんに与えて虫歯にならない?

オリゴ糖は糖質のため、砂糖と同じ仲間です。

しかし、オリゴ糖は口の中で消化されにくいため、他の糖質と比べ与えても虫歯になりにくいです。

比較的与えても虫歯になりにくいオリゴ糖ですが、虫歯にならないわけではありません。

また、オリゴ糖の種類によって虫歯になりやすいものとなりにくいものがあります。

そのため、オリゴ糖の摂取量をきちっと守り、与えた後は虫歯にならないように歯磨きなどを忘れずに行ってください。

 

赤ちゃんにオリゴ糖をあげる場合はミルクに混ぜる

赤ちゃんにオリゴ糖を与えるときは、ミルクに混ぜましょう。

赤ちゃんにオリゴ糖を与えるときは、量に気を付けてください。

善玉菌を増やし、腸内環境を改善させる働きを持つため、与え過ぎるとお腹がゆるくなり下痢になる恐れがあります。

赤ちゃんの月齢などによって与える量が異なるので、商品の説明書きをよく読んで与えてください。

大体、6か月未満の赤ちゃんに与える量が1日0.5g未満、6か月以上の赤ちゃんに与える量が1日1g程度です。

 

便秘じゃない通常の赤ちゃんにもオリゴ糖は有効

オリゴ糖の効果は便秘の赤ちゃんだけではありません。

オリゴ糖は腸内環境を最適な状態にするため、便秘を予防します。

また、悪玉菌などの細菌が増えるのを防止したり、減らしたりします。

それにより、感染症などの病気にかかることを防ぎます。

さらに、最近ではオリゴ糖によりアレルギー発症を抑えられる効果があると言われています。

 

まとめ

赤ちゃんの便秘は、オリゴ糖を与えることで解消します。

オリゴ糖の整腸作用で腸内環境が改善され、排便回数も増えます。

便秘になっていない赤ちゃんにもオリゴ糖を与えることにより、免疫機能が向上し、病気にかかるのを予防することができます。

赤ちゃんの世話で忙しいお母さんも、オリゴ糖をミルクに混ぜるだけなら簡単に続けることができますよ。

しかし、糖質なので摂取量を守って与えてください。

粉ミルクをつくっている会社がつくっている商品もあるのでぜひチェックしてみてください。

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

Mr.Father|父親だってオトコでいたいライフスタイルメディアの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Mr.Father|父親だってオトコでいたいライフスタイルメディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

mie65

7歳と3歳の姉妹と5歳の男の子の子育てを四苦八苦しながら、ライターをしているママ。
女の子に挟まれた男の子がギャーギャーと最も悩ましい頭痛の種。

関連記事

  • 赤ちゃんにそばはいつからあげていいの?そばアレルギーは治るもの?

  • 赤ちゃんに柔軟剤っていつから使える??赤ちゃんの服に柔軟剤を使う時の4つのポイント

  • 赤ちゃんの寝つきが良くなるお風呂のベストな時間帯は?お風呂に入れてる時間で寝つきが変わる?

  • 赤ちゃんにヨーグルトはいつから大丈夫?赤ちゃんが喜ぶヨーグルト料理3選

  • 赤ちゃんがお風呂で泣くのは仕方ない?先輩ママが実践した、お風呂へ泣かせず入れる方法12選

  • 赤ちゃんのお風呂の適切な温度、本当に分かってる?大人目線は絶対NG