1. TOP
  2. 育児・教育
  3. 赤ちゃんの枕にタオルが最適?!タオルならカスタマイズな枕が作れる

赤ちゃんの枕にタオルが最適?!タオルならカスタマイズな枕が作れる

 2019/04/01 育児・教育
  52 Views

赤ちゃんの頭の形の変形が心配だから枕を使いたい。

だけど、赤ちゃん用の枕を買うのはお金がかかるし、タオルで代用できないかなと思っている方がいるのではないでしょうか。

今回はそんな方へ、タオルで枕の代用をする利点や代用するときに気を付けることなどを紹介します。

Sponsored Link

赤ちゃんの枕としてタオルで代用するのはアリ?ナシ?

そもそも、赤ちゃんには枕はいらないと言われています。

確かに、絶対に必要なものではありませんが、頭の形が心配だと思われる方にはおすすめです。

枕を使うことにより、眠るときの頭の位置が安定するので、同じ方向を向き過ぎて頭がへこむことを防止します。

また、傾斜を付けることで食べたものが逆流するのを防ぐため、寝ているときに窒息するのを防ぐこともできます。

そして、赤ちゃんの枕としてタオルを代用することはもちろん良いことです。

売られている赤ちゃん用の枕でなくてもタオルで十分です。

タオルを代用することにより、衛生面はもちろんのこと、タオルは汗をしっかり吸収するので体温調整の難しい赤ちゃんにはむしろおすすめです。

また、タオルの厚さや大きさにもよりますが、2・3回折るだけなので代用の仕方も簡単です。

 

タオルで赤ちゃん用枕の代用する利点

赤ちゃん用の枕ではなく、タオルを使った方が良い理由とは何でしょうか。

吸水性が良く、馴染みが深いタオルならではの利点が何点かあります。

次は、赤ちゃん用枕をタオルで代用する利点について詳しく説明します。

 

常にきれいな枕を用意しやすい

タオルであれば、毎日洗濯をしてきれいなものに替えることができます。

枕だと簡単に毎日洗うのは難しいです。

また、どの家庭でも何枚か必ずあるので、替えのタオルも用意がしやすいです。また、赤ちゃんは吐いたりすることが多いため、タオルであれば汚れてもすぐ洗えます。

タオルで枕を代用すれば、赤ちゃんにとって清潔な環境を作ることができます。

 

高さの調整がしやすい

タオルであれば、厚みの違うタオルに変更することにより、高さを低くしたり、高くすることができます。

また、タオルの折る回数を変更することでも高さの調整ができます。

赤ちゃんの体調や成長に合わせて高さを自由に調整することができます。

 

種類が豊富

タオルは、小さなものから大きなものまでサイズがたくさんあります。

大きなものを利用すれば、枕だけではなく、布団の上に敷いてシーツの代わりのように使うこともできます。

また、生地もいろいろなものがあります。

綿100%のものから、吸水性や速乾性を良くするために化学繊維が含まれたものなどがあります。

種類が豊富なため、赤ちゃんに合ったものを選ぶことができます。

 

タオルで赤ちゃん用の枕の代用をする時に気を付けること

タオルで枕の代用をする時に、どんなタオルを選んでどのように使えばよいのか気になりますよね。

毎日使うものですし、赤ちゃんに何かあっては大変です。

そのため、次はタオルを代用する際に気を付けることを説明します。

 

枕に適したタオルは?

枕を代用するのに適したタオルとはどんなタオルでしょうか。

タオルを選ぶ際に気をつけなければならない点を説明します。

 

フワフワすぎるものはNG

なぜなら、フワフワすぎるタオルは、赤ちゃんが窒息するかもしれないからです。

フワフワしたタオルだと、枕の高さが安定しません。

そのため、赤ちゃんが枕を利用する時に、頭がフワフワのタオルに沈み込んでしまいます。

また、赤ちゃんが動いて頭を横にした時に顔がタオルに埋まってしまいます。

 

高くしすぎないようにする

なぜなら、高過ぎると赤ちゃんが窒息するかもしれないからです。

タオルを高くし過ぎると、赤ちゃんの気道が塞がって窒息する可能性があります。

そのため、高過ぎる場合は、薄い生地のタオルに替えたり、タオルを折る回数を少なくしましょう。

 

化学繊維より天然繊維

赤ちゃんは肌が弱いため、石油などを原料として作れらた化学繊維を使うと、肌が荒れる可能性があります。

また、アレルギー性皮膚炎やアトピーになるのを予防するためにも、肌に良いものを選びましょう。

オーガニックコットンや綿100%のタオルであれば、柔らかく肌への刺激も少ないでしょう。

特に、通気性や吸水性に優れ、柔らかいガーゼのタオルがおすすめです。

 

洗ってもなかなかへたらないものを選ぶ

枕として代用するタオルは衛生面を考えると毎日洗濯するのが良いです。

また、赤ちゃんが吐いた時には日に何度も変える必要があります。

そのため、洗濯しても破れたり、悪くなったりしない丈夫なものが良いでしょう。

綿のタオルであれば耐久性が優れ、洗濯しても型崩れしにくいです。

 

タオルが赤ちゃんの顔にかからないように気を付ける

なぜなら、赤ちゃんが窒息する可能性があるからです。

寝返りをするようになったり、物を握れるようになると赤ちゃんの顔にタオルがかかる可能性があります。

そのため、長時間目を離さないように気を付けましょう。

 

まとめ

赤ちゃん用枕としてタオルを代用することはとても良いことです。

タオルは汗をしっかり吸収しますし、タオルを2・3回折るだけで簡単に枕の代用として利用できます。

タオルを代用する利点は、替えが効くので衛生的、高さの調整がしやすいことです。

また、種類がたくさんあるため赤ちゃんに合ったものを選べることです。

タオルを選ぶ時に注意することは

  • フワフワしたタオルは窒息の可能性があるため避ける。
  • 気道を確保するため高くし過ぎない。
  • 肌の刺激にならない天然繊維を選ぶ。
  • 洗濯しても丈夫なものを選ぶ。

などがあります。

また、赤ちゃんがタオルで窒息しないように顔にかからないように気を付けましょう。

赤ちゃんが枕をしていないことで、頭の形が変形したら嫌ですよね。

赤ちゃんにとって少しでも気持ちよく、変形を防ぐためにこの記事を参考に身近なタオルで代用してみてください。

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

Mr.Father|父親だってオトコでいたいライフスタイルメディアの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Mr.Father|父親だってオトコでいたいライフスタイルメディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

mie65

関連記事

  • 赤ちゃんのお風呂の適切な温度、本当に分かってる?大人目線は絶対NG

  • 赤ちゃんにそばはいつからあげていいの?そばアレルギーは治るもの?

  • 赤ちゃんへのドライヤーはいつから?注意することはある?

  • 赤ちゃんへのキウイはいつからあげれる!?おすすめキウイ離乳食も紹介!

  • 赤ちゃんが絶壁になる原因は4つもある?今からでも間に合う7つの絶壁予防法

  • 赤ちゃんをカラオケに連れて行けるのはいつから?キッズルームがある5大カラオケチェーン店