1. TOP
  2. 育児・教育
  3. 赤ちゃんの服のサイズの目安、判断基準は?

赤ちゃんの服のサイズの目安、判断基準は?

育児・教育
  124 Views

赤ちゃんの服のサイズの目安はご存知ですか?

赤ちゃんの成長はとても早く、洋服も四季と成長に合わせて変化していきます。

こちらでは赤ちゃんの服の目安と選ぶ際の注意点などを紹介していきます。

Sponsored Link

Contents

赤ちゃんの服のサイズ表の見方

大人と違って赤ちゃんの服のサイズってわかりにくいですよね?

初めてのお子さんなら「どのサイズを買えばいいの?」と悩まれるでしょう。

ここではサイズ表の見方を紹介していきます。

身長、体重の表記はその値の前後がジャストサイズという意味

赤ちゃんの服には50、60、70と書かれているものがほとんどです。

この数字は赤ちゃんの身長ズバリを表しており、この数字の前後が赤ちゃんに着せるサイズの目安となります。

日本の赤ちゃん服のサイズ表記

日本ブランドのサイズは上記のように身長で表しています。

50~60や60~70というようにある程度長い期間着られるようにサイズを幅広く作っている洋服もあります。

海外ブランドのベビー服は月齢表示でサイズを示すタグも

日本と違って海外ブランドは「月齢」で表します。

1months、2mon…というように月齢での表記になっているので注意しましょう。

同じ月齢でも赤ちゃんの大きさは人それぞれ変わりますので購入の際は注意が必要です。

 

赤ちゃんの服のサイズと選び方の目安

ここからは赤ちゃんの服のサイズと選ぶ目安について、成長につれて紹介していきます。

新生児期とお座り時期ではだいぶ選ぶ基準が変わってきます。

新生児期のベビー服 サイズと選び方の目安

新生児期は産まれてすぐなのでほとんどの赤ちゃんが平均で50cmくらい。なので新生児は50~60を買うのが無難でしょう。

生まれる季節によって生地は変えないといけませんので注意してください。

首がすわるまで(1~3ヶ月)のベビー服 サイズと選び方の目安

1~3ヶ月は、新生児期が終わり少し50cmのサイズが小さくなってきた頃で、60~70cmの服へ移行するタイミングです。

手足の動きも激しくなってきたり、指しゃぶりも活発になる頃なので、カバーオールからコンビドレスなど足が動かしやすい洋服へ変えても良いでしょう。

寝返り期(3~6ヶ月)のベビー服 サイズと選び方の目安

寝返りをしだすとオムツ替えも大変になってきます。ジッとしないので着替えもさせてくれない状況も出てくる時期です。まだ、この頃はコンビドレスなどの赤ちゃんの洋服でも大丈夫です。

ただし、おもちゃで遊んだり寝返りをしたりと行動が激しくなってくるので手足が動かしやすい洋服にしてあげることが大事です。

 

おすわり~はいはい期(6~11ヶ月ごろ)のベビー服 サイズと選び方の目安

おすわり~はいはいの時期になるとコンビドレスなどから上下別々のセパレートの洋服に変えても良いです。

はいはいが始まるとボタンを締めることすら難しくなっていきます。オムツもパンツへ移行する時期かと思うので、洋服の形も変えても良いでしょう。

上下別々になるのでレパートリーも増えて、洋服選びも楽しくなっていきますよ。

 

つかまり立ち~あんよ期(8ヶ月~1歳ごろ)のベビー服 サイズと選び方の目安

あんよ期になると特に下の洋服には注意が必要です。裾を踏まないようにサイズや長さは特に気を付けましょう

ウエストが緩くずれ落ちてくる、ウエストはちょうどだけど裾が長いなど選ぶ際に赤ちゃんにあててみたり試着が出来たらさせてみても良いでしょう。

大きめの赤ちゃんだとこの頃から80cmの服を着れるようになる子もいるかと思います。

 

1~2歳頃(ヨチヨチ期)の子供服のサイズ・特徴は?

この頃は80~90cmのサイズで選ばれると良いでしょう。

食べこぼしや外遊びなどで汚れることも多くなる時期になりますので、洗いやすい服、動きやすい服(伸縮性がある服)などがおすすめです。

 

2~3歳頃(幼児期)の子供服のサイズ・特徴は?

2~3歳頃は90~95cmが標準サイズです。

デザインや種類も増え、お子さんの好みが出てくる時期です。大人が着る洋服とデザインなどは大差なくかわいい・かっこいい洋服が増えていきます。

 

赤ちゃんの服は基本的にジャストサイズで選ぶ

赤ちゃんの服は基本的に「ジャストサイズ」が原則です。

すぐ大きくなるから…と大きめを買うと今の成長に伴った動きが制限されてしまったり、思わぬトラブルが起きたりしてしまうこともあります

赤ちゃんのためにも今のお子さんの体に合った洋服を選びましょう。

 

大きめは赤ちゃんの動きを妨げて怪我の原因になる

赤ちゃんはとても活発です。大きめの洋服を着ていると裾を踏んで転倒に繋がったり腕が上がりにくくなったりと動きも制限されてしまいます。

袖や裾の長さは特に気を付けましょう。

 

身長だけでなく体のパーツの特徴もよく見て選ぶ

裾の長さがちょうどでもウエスト部分が緩すぎたり、逆にきつかったりしていませんか?

肩の部分にボタンのあるタイプの洋服だと着脱もしやすいですが、肩の部分にボタンが無いタイプは首回りがキツくて赤ちゃんが嫌がることもありますので注意しましょう。

 

赤ちゃんは肌着を組み合わせる事を忘れない

どんなに暑くても着ぶくれしてしまっても肌着は必ず着せましょう。

肌着は汗を吸ってくれることはもちろんですが、冷えからも守ってくれます。肌着と洋服はセットで考えてください。

 

赤ちゃん服のサイズアップのタイミングは?

赤ちゃんの洋服をサイズアップするのはどんな変化が見られたとき?お母さんのタイミング?赤ちゃんのタイミング?早速見ていきましょう。

 

「着せにくくなったな」と感じたとき

着脱させるのはお母さんですよね。お母さん自身が「脱がせにくくなったかな?」と感じ始めたら、それはお子さんが大きくなっている証拠なのでサイズアップをしてみてもよいでしょう。

 

赤ちゃん服のサイズアウトの見分け方

まずは見た目でわかりますよね。袖や裾の丈が短くなってきたらそれは身長が伸びてきた証です。

また、「去年着ていた服」は大人では着られても成長著しい赤ちゃんは着られなくなっていますので、毎年サイズアップが必要になります。

 

サイズアウトごとに枚数を揃えたら大変

上下どちらも複数枚揃えるとタンスもいっぱい、お金もかかる…など大変です。長い期間着られる七分袖を着せてみたり、女の子なら1着で着られるワンピースを着せてみたりと工夫しましょう。

 

来年用の服をバーゲンで先取りして買うのはアリ?

赤ちゃんの洋服は汚れやお漏らしなどで着替える回数も多いのでいくらあっても足りません。ある程度、来年のサイズが予想できるならバーゲン時期に先取りして購入するのもアリでしょう。

 

子供服のベビーとキッズの違いは?

ベビーとキッズの違いはおおまかに「100cm」のサイズがボーダーラインと言われています。

また、オムツを履くかどうかでズボンなどの作りも変わっています。なので3歳の標準サイズとなる95cmまではお尻がゆったりとしたデザインが多くあります。

 

まとめ

筆者は3人子供がいますが洋服選びをする際は「伸縮性がある」「値段がお手頃」「着まわしやすい」といった点を重視します。

  • 遊びが激しいので伸縮性がないと膝や肘などが曲げにくい。
  • 保育園で着替えの準備も多く必要で、汚されたり破れたりもするので汚れても諦められる値段。
  • 上下の着回しがしやすくてコーディネートがしやすい

などが理由です。ちなみに3カ月の娘は手足のバタバタが激しいので60~70のコンビドレスの袖を曲げて着ています。

皆さんのお子さんの洋服選びの参考になりましたか?今しか着られない可愛い洋服を選んであげてくださいね。

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

Mr.Father|父親だってオトコでいたいライフスタイルメディアの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Mr.Father|父親だってオトコでいたいライフスタイルメディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

huck

子供が出来ると段々とファッションに気を使わなくなっていくなんていうダサい父親になるのなんて、まっぴらごめんな37歳3児のパパ。

関連記事

  • 赤ちゃんへのドライヤーはいつから?注意することはある?

  • 赤ちゃんの利き手、いつからわかる?左利きは矯正が必要?

  • 赤ちゃんがごまを食べられるのはいつから?ゴマアレルギーには注意

  • 赤ちゃんのお風呂の適切な温度、本当に分かってる?大人目線は絶対NG

  • 赤ちゃんのパスポート申請で知っておくとスムーズにパスポートが取れるコツ

  • 赤ちゃんの日焼けのアフターケア。あなたの赤ちゃんの日焼け対策は万全?