1. TOP
  2. ライフスタイル
  3. ベビー用品の収納はどうする?スッキリ使いやすい収納方法をご紹介します!

ベビー用品の収納はどうする?スッキリ使いやすい収納方法をご紹介します!

ライフスタイル 育児・教育   192 Views

赤ちゃんが生まれると一気に増えるのがベビー用品です。

でも、限られたスペースですべてを収納するのは大変!

また、成長とともにどんどんベビー用品が増えていくので困ってしまいますよね。

今回は、増えがちなベビー用品を、スッキリ使いやすく収納する方法をご紹介していきます。

Sponsored Link

ベビー用品収納はなぜ大変?

赤ちゃんが生まれると、夫婦2人だけのときに比べ単純にものが増えます。

ベビーカーやベビーベッドなど大きなベビー用品だけではなく、1日に何度も変えなければならないオムツの収納場所にも、頭を悩ませてしまうでしょう。

また、成長の早い赤ちゃんは、洋服や靴など新しいものがどんどん必要となってきます。

限られたスペースで、すべてのベビー用品を使いやすく収納するのは大変だと言えます。

でも、赤ちゃんの成長に合わせて収納方法を工夫していけば、部屋をスッキリたもつことが可能です。

早速、具体的なベビー用品の収納方法を見ていきましょう!

 

ベビー用品の収納にはいろんな物を活用しよう!

ベビー用品の収納と言えば、ベビーダンスを思い浮かべるかもしれませんね。

ですが、必ずしもベビーダンスにこだわる必要はありません。

もともと家にあるものや、身近で購入できるものを利用して、ベビー用品を収納することができます。

 

カラーボックスを使ってベビー用品収納

ホームセンターなどで売っているカラーボックスを使って、ベビー用品を収納する方法です。

カラーボックスに合ったサイズの収納ケースも併用すれば、中のごちゃつきを隠しながら、洋服やオムツなども収納することができます。

また、カラーボックスに突っ張り棒をつければ、洋服をかけることも可能です。

成長と共に、カラーボックスを増やしていける点もいいですね。

 

ワゴンでベビー用品収納

イケアなどで売っているキャスター付きのワゴンを、ベビー用品収納に使うのもアリです。

オープンな造りなので、必要なものがサッと取り出せます。

 

ワゴンならこんなシーンでも活躍!

ワゴンのいいところは、何と言ってもキャスターが付いているところだと思います。

日中はリビングなどで過ごすことが多いと思いますが、寝る時は寝室に移動しますよね。

そんな時、キャスターが付いていると、ベビー用品一式を簡単に移動させることができます。

また、ほこりなどのハウスダストは赤ちゃんによくありません。

ワゴンを動かして掃除できるので、部屋を清潔に保つことができますね。

 

将来的にはこんな使い方も!

赤ちゃん時代はオムツや肌着などの収納に便利だったワゴンですが、オムツが必要なくなっても用無しにはなりません。

絵本やおもちゃを入れたり、小学生になったらランドセル置き場として使ったりすることができます。

もちろん、赤ちゃんや子供が使うだけでなく、キッチンや洗面所の収納に使ってもOKです。

 

使わないときには折りたためる

ワゴンのうれしいところは、必要なかったら折りたためるというところです。

使わないときには、折りたたんで収納しておくことができるので場所を取りません。

 

オシャレな箱やカゴでベビー用品収納

 

自分好みのオシャレな箱やカゴにベビー用品を収納する方法もあります。

インテリアの邪魔になりませんし、リビングにも馴染みます。

中身が見えないのもグッドですね。

 

ラベルシールで目印をつけると分かりやすい

箱やカゴにベビー用品を収納する方法は、中身を隠せて部屋がごちゃついて見えないのがいいところです。

ですが、普段あまりお世話ができないパパやおばあちゃんは、何がどこにあるのか分かりませんよね。

イチイチ説明するのも面倒だし、自分自身も慌てていたら間違えてしまうかもしれません。

中身が分かりやすいように、ラベルシールで目印をつけておくことをおすすめします。

お気に入りのラベルシールにすれば、分かりやすいだけではなく、楽しく赤ちゃんのお世話ができると思いますよ。

 

引き出し・ラックでベビー用品収納

収納の定番である、引き出しやラックを使うのももちろんいいです。

赤ちゃんが大きくなっても違う用途で使うことができます。

 

引き出し収納術

引き出しなら、ごちゃごちゃしがちなベビー用品を隠すことができます。

テレビボードの引き出しなどを利用してもいいです。

ケースなどで仕切ってあげれば、中身が分かりやすくぐちゃぐちゃになりにくですよ。

 

ラック収納術

ラックに収納する場合は、箱やカゴを用意すると便利です。

ベビー用品別に箱やカゴを用意すれば、取り出しやすく整理しやすくなります。

 

ベッド下を利用してベビー用品収納

 ベビーベッドを使っている家庭は、ベッド下を有効活用しましょう!

我が家でも、ベビーベッド下にオムツやおしり拭きを収納していました。

オムツやおしり拭きは多めにストックしている家庭が多いと思います。

それらをベビーベットの下に収納すれば、スペースの有効活用ができるだけではなく、オムツ替えの時にもすぐに取り出すことができます。

パッケージが気になるのなら、カゴや箱などに移し替えると気にならなくなりますよ。

 

100均などの物も賢く使おう

100均にはいろいろな収納グッズがあります。

もちろん単体で使ってもいいですが、ワゴンや引き出しの中の仕切りとして使うこともできます。

仕切ることで、中身がぐちゃぐちゃにならず整理しやすくなります。

 

ベビー用品は使う場所や物別に収納しよう!

ベビー用品は使う場所の近くに収納するのが一番大切です。

赤ちゃんを抱っこして、「あれが無かったこれが無かった」と家の中をウロウロするのは大変です。

物に合わせて、収納場所を決めましょう。

 

オムツ収納

赤ちゃんが過ごす場所に、すぐ近くにオムツを収納しておくといいです。

新生児の頃は特に、一日に十数回もオムツ替えをしなければいけません。

近くにあれば取りにいく手間も省けます。

取って付きのカゴに入れておけば、日中過ごすリビングだけではなく、お風呂や寝室にも簡単に運べるので便利です。

 

おしり拭きなども一緒に収納すると便利

オムツとおしり拭きはカゴなどに入れて、一緒に収納しましょう。

オムツを交換するときには、必ずおしり拭きを使うと思います。

一緒に置いておけば、一度の移動ですみますよ。

 

赤ちゃん用品収納

赤ちゃん用品は洋服やオムツ以外にも、赤ちゃん専用のケア用品やキッチン用品などもあります。

それぞれの収納方法をご紹介しますので、参考にしてみてください。

 

赤ちゃんケア用品の収納

赤ちゃん用の爪切りや綿棒、保湿剤など赤ちゃんのケア用品は、ひとまとめにしてプラスチックや布のケースに入れておきましょう。

赤ちゃんケア用品はお風呂上りに使うことが多いため、脱衣所に置いておくのがベストだと思います。

洗えるタイプの入れ物のほうが、衛生面でも安心ですよ。

 

ベビーバス収納 

 一番簡単なのは、フックなどに引っ掛けてお風呂につるしておく方法です。

ベビーバスは大きくてかさばりがちな上に、毎日使うのでイチイチ収納しておくのは面倒だと思います。

引っ掛けることで水もしっかり切れるので、衛生的にもいいですよ。

 

抱っこ紐収納

しっかり赤ちゃんをホールドしてくれる抱っこ紐ですが、けっこうな大きさじゃありませんか?

お出かけのときにサッと取り出せるように、フックなどに引っ掛けて収納するのをおすすめします。

また、クローゼット内やリビングなどに専用の箱やかごを置いておけば、ポンッと入れるだけでいいので簡単です

 

キッチンの赤ちゃん用品収納

 哺乳瓶はもちろん、離乳食が始まってくると食器なども収納しなければいけません。

すぐに出せるようにまとめて収納しておきましょう。

 

ベビーフードの収納

赤ちゃんを抱っこしながら、離乳食の準備をすることも多いでしょう。

取ってのついたプラスチックケースにまとめて入れておけば、キッチン棚や収納棚から取り出しやすいですよ。

 

哺乳瓶や食器の収納

哺乳瓶や赤ちゃん用の食器も、それぞれプラスチックケースなどにまとめて入れておきましょう。

また、食器棚の中でバラバラに散らかることがないので便利です。

 

おもちゃ収納

赤ちゃんのころはそうでもないですが、どんどん増えてくるのがおもちゃです。

しかも、おもちゃってとてもカラフルな色合いですよね。

少し大きくなれば子供が自分で収納する必要も出てきます。

多きすぎない箱やカゴ、ケースなどに放り込み収納するようにすれば、子供でも収納しやすいです。

だいたいの種類別に分け、収納するおもちゃの写真を貼っておくのもおすすめです。

 

片付けしたくなる見せる収納

おもちゃを隠さずに、あえて見えるところに収納するのも一つの手です。

お気に入りのおもちゃやこだわりのおもちゃは、棚に並べて収納してもかわいいですよ。

我が子はミニカーが好きだったんですが、専用の棚を作ってミニカーを並べてかたづけていました。

何台か飾るととってもかわいらしいです。

子供も自ら進んで片付けてくれたのでよかったですよ。

 

ベビー服の収納

ベビー服は上でもご紹介した、カラーボックスやワゴン、引き出しなどを使って収納しましょう。

リビングや寝室など、お着替えが多い場所に置くと便利です。

 

ベビー服をきれいに収納するポイント

ロンパースや肌着、スタイなど種類別にケースで仕切るのをおすすめします。

重ねて入れるのではなく丸めて立てて収納すれば、ケース内がぐちゃぐちゃになりにくいです。

また、使うケースは浅めのほうが奥まで見えて取り出しやすいですよ。

 

ベビータンスは赤ちゃんの時しか使えない?

ベビーダンスはいわゆるタンスの一種なので、赤ちゃん以外が使っても大丈夫ではあります。

ですが、デザインが可愛らしいものが多いので、大きくなった子供が使いたいと思うかどうか・・・。

また、成長してベビーダンスだけではスペースが足りなくなったり、引っ越しで家に合わなくなったりすることもあるでしょう。

必ずしもベビーダンスにこだわる必要はないと思いますよ。

 

長く使えるものを選ぼう

子供が大きくなっても使えるデザインなのかが、長く使えるポイントだと思います。

飽きのこないシンプルなデザインのものを選びましょう。

 

ベビー服収納のオシャレな実例

実際に実例を見たほうが分かりやすいですよね。

オシャレなベビー服収納を集めてみましたのでご覧ください!

カラーボックスにベビー服を収納してあります。

 

この投稿をInstagramで見る

 

さっちゃんさん(@sa_chan_t)がシェアした投稿

ワゴンに100均一グッズを併用しているので、使いやすそうですね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

✩ichimama ✩さん(@ichi_08_02)がシェアした投稿

テレビボードにおむつがスッキリ収納されています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Maiさん(@gpgp_ismart)がシェアした投稿

ラックとカゴの組み合わせはスッキリして見えますね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

shimarisuさん(@shimarisu__)がシェアした投稿

赤ちゃんのケア用品がまとめられています。
取ってが付いているので、持ち運びにも良さそうです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

ピュアラモ/子ども部屋さん(@purelamo_kidsroom)がシェアした投稿

哺乳瓶がオシャレなブレッドケースに収納されています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

R ⋈ ◟̽◞̽ ༘*さん(@1104ch)がシェアした投稿

まとめ

ベビー用品の収納にはいろんな物が使えます。

・カラーボックス
・ワゴン
・箱やカゴ
・引き出しやラック

身近なもので収納することができます。

また、赤ちゃんのいるとお世話に追われてしまうので、使いやすいように場所や物別に分けるのもポイントです。

オムツ、ケア用品、キッチン用品、ベビー服など、一番使う場所にまとめて収納すると便利です。

赤ちゃんが成長してくれると、どんどんベビー用品が増えていきます。

成長に合わせて、収納方法も変化させていくといいと思います。

スッキリ使いやすい収納になるといいですね。

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

Happines Family|子育て中のママ、パパ、家族が幸せになるライフスタイルメディアの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Happines Family|子育て中のママ、パパ、家族が幸せになるライフスタイルメディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

るまま

関連記事

  • 前髪、生え際のスカスカ度合いによるハゲ基準。スカスカ度合い別薄毛対策

  • 赤ちゃんにピーナッツを与えるのはいつから?ピーナッツをあげる時の4つの注意点

  • 夜にフルーツを食べてもダイエット的に大丈夫?夜でも安心なフルーツを紹介します!

  • 魚焼きグリルで野菜を焼く時に水は必要?耐熱ガラスは使える?魚焼きグリルの超簡単誰でも出来るレシピ

  • エリストールとは?エリスリトールの成分と効果について誰よりも詳しく語れるようになる

  • 菊芋パウダーの食べ方!菊芋パウダーのオススメレシピをご紹介!