1. TOP
  2. ライフスタイル
  3. えのきの賞味期限は?えのきのオススメの保存方法をご紹介!

えのきの賞味期限は?えのきのオススメの保存方法をご紹介!

ライフスタイル
  174 Views

えのきをお買い得で購入しすぎた際には、きちんとした保管が出来ず勿体無いことをしてしまった経験がありますよね。

『えのきって賞味期限どれくらい?』

『えのきのきちんとした保存方法がわからない』

という方も多いかと思います。

今回はそんなアナタに、えのきの賞味期限やオススメの保存方法をお伝えしていきます。

是非参考にしてみてください!

Sponsored Link

えのきは常温で保存しても大丈夫?

実はえのきは低温栽培されているきのこのため、常温での保存は向かない野菜です。

えのきを常温で保存したい場合は乾燥させてからの保存をオススメします。

袋のままのえのきの保存はNG

よくスーパーで買ったときのビニールパックにいれたまま、冷蔵庫にいれてしまう方も多いと思います。

実はえのきは水に弱いため、そのビニールから自ら出した水分を吸ってしまい、腐りやすくなってしまうのです。

えのきを袋のままの保管はオススメ出来ません。

 

えのきは洗わず保存が基本!

お伝えした通り、えのきは水分に弱いため、洗わずに保存が基本になります。

 

残ったえのきの保存方法

使い切れなかったえのきについては、水分が入らないようにして保存することはもちろん、えのきの残す部分の石づきは残して保存することがオススメです。

 

えのきの常温での賞味期限

えのきの常温での賞味期限は、1〜2日程です。えのきはやはり低温に向いているため、冬や気温の低い時を除き、常温の場合は早めに食べるようにしましょう。

 

えのきを冷蔵保存した場合の賞味期限は約1週間

常温では1〜2日の賞味期限だったえのきも冷蔵保存すれば約1週間まで伸びます。

 

冷蔵庫の野菜室で保存した場合の保存期間

冷蔵庫の野菜室で保存した場合は、約1週間強になります。

 

えのきの冷蔵保存方法

えのきの冷蔵庫での保存方法としては、パックから取り出して、キッチンペーパーや新聞紙に包んで、ビニールに入れて保存します。

 

すぐに食べる場合は、袋のまま立てて保存する

えのきを当日または翌日くらいまでに使用する場合は、パックのままの保存が可能です。

野菜室にて立てて保管してみて下さい。

 

えのきの根元は残したまま、キッチンペーパーで全体を包む

このとき根元は残してままにします。キッチンペーパーで全体を包むことで

水分が入らないようにします。

 

ポリ袋に入れ、口を軽く閉じる

キッチンペーパーで包んだえのきはポリ袋等で、軽く閉じるようにしましょう。

より鮮度を保つことができます。

 

残ったえのきはラップで包み、なるべく早く使い切る

余ったえのきは、ラップに包んで野菜室で保存します。

この場合は1週間以内を目安に、なるべく早く食べることをオススメします。

 

えのきを冷凍保存した場合の賞味期限は約1ヶ月

冷蔵保存で約1週間だった賞味期限も、冷凍保存することで約1ヶ月に伸びます。

ここでは保存方法やポイントについてお伝えしていきます。

 

冷凍した場合の保存期間

冷凍した場合には、約1ヶ月まで保存ができます。

 

えのきの冷凍保存方法

えのきの冷凍保存する場合は、えのきの束をほぐして、冷凍用保存袋に入れて保管をします。

保存袋に入れたえのきは、なるべく重ならないように平らになるようにしましょう。

 

えのきの根元を切り、しっかりほぐして冷凍用保存袋に入れる

えのきの冷蔵保存の場合は根元を残すのですが、冷凍保存の場合は根元を切り、なるべく重ならないようにすることが長持ちの秘訣です。

また、召し上がる場合はしっかりと加熱して調理するようにしましょう。

 

美味しいえのきの選び方

ここからは、美味しいえのきの選び方についてお伝えしていきます!

 

白くて軸の太いものが良品

美味しいえのきは白くて軸の太いものを選ぶと良いとされています。

黄色っぽくなっているものは鮮度が落ちており、時間が経つと軸が柔らかくなると言われています。

 

湿っぽいものはNG

湿っぽいということは、既に水分を吸っているため、腐りやすくなっている証拠です。

なるべく袋の中に水滴が付いていない湿っていないものを選びましょう!

 

まとめ

ここまで、えのきの賞味期限や保存方法についてお伝えしてきましたが、

いかがでしたでしょうか?

  • 常温より冷蔵保存がオススメ
  • 冷蔵保存の際は、袋から出して水分を除いて保管する
  • 冷凍保存だと1ヶ月の保存が可能

 

またせっかくえのきを料理に使うなら、より美味しく、新鮮なものを選びたいところですね。

そのためには

  • 白っぽくて軸が太いものを選ぶ
  • 袋の中に水滴がついていないものを選ぶ

 

ちょっとした一手間で、保存期間も鮮度も保つことが出来ますので是非試してみてくださいね!

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

Mr.Father|父親だってオトコでいたいライフスタイルメディアの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Mr.Father|父親だってオトコでいたいライフスタイルメディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

huck

子供が出来ると段々とファッションに気を使わなくなっていくなんていうダサい父親になるのなんて、まっぴらごめんな37歳3児のパパ。

関連記事

  • ネギの賞味期限を伸ばしたいなら冷凍、もしくは、あるモノの中に入れて保存

  • 長持ちさせるみかんの保存方法!箱買いしたみかんも腐らせない!

  • かぼちゃの賞味期限は正しい保存方法で1か月まで伸ばせる

  • ほうれん草を美味しく食べたい!ほうれん草の賞味期限や保存方法は?

  • バナナの賞味期限は保存方法で変わるのか?

  • 美味しく菊芋を保存する方法!美味しい菊芋の見分け方!