1. TOP
  2. ライフスタイル
  3. 話題の甘味料、エリスリトールの危険性と副作用。使い方さえ間違えなければ最高の甘味料

話題の甘味料、エリスリトールの危険性と副作用。使い方さえ間違えなければ最高の甘味料

 2018/12/19 ライフスタイル   1,128 Views

糖質制限が必要な方やダイエット中の方々の間で話題の甘味料エリスリトール。

現在では、お菓子や清涼飲料水ダイエット食にと幅広く使われています。

しかし、エリスリトールは誤解されがちな甘味料で、実は使い方を誤らなければそれ程危険性はないのです。

この記事では、エリスリトールの副作用、危険性と本当の効果を詳しく説明していきます。

Sponsored Link

エリスリトールに危険性や副作用はある?

エリスリトールで検索すると、副作用や危険性と言ったキーワードが目につきます。

実際に調べてみたところ、下痢や太ると言った副作用があると言われています。

しかしながら、詳細な理由は後述しますが、エリスリトールは天然の甘味料であり摂取量さえ守っておけば副作用や危険性はほぼありません

またキシリトールやソルビトールなど他の糖アルコールと比較して最も副作用の少ない甘味料です。

下痢や太ると言った副作用のほとんどはエリスリトールの過剰摂取が原因で引き起こされていることがほとんどなのです。

 

太りやすくなる人がいるのは本当?

エリスリトールを使っているのに体重が減らない、むしろ増えたという人は少なくありません。

カロリーゼロのエリスリトールは、糖尿病などで糖質制限中の方でも摂取できる糖質であり、糖質制限ダイエット中でも摂取できる糖質です。

では、エリスリトールはカロリーゼロなのに太ってしまうのはなぜなのか

エリスリトールは甘味が少なくカロリーが少ないという認識から、普段よりも多く食事をしてしまう可能性があるからです。

 

また、脳は血糖値の上昇によって満腹感を感じます。血糖値が上昇しにくいエリスリトールでは満腹感を得にくく、結果としてエリスリトールを食べすぎてしまう傾向があります

 

エリスリトール単体であればカロリー0ですが、エリスリトールを摂取する際は、砂糖などと同じように料理やお菓子などに含まれている状態です。

それによりエリスリトールを含んでいる食品であったとしても、食事量が多くなってしまい結果的にはカロリーの過剰摂取になってしまいます。

エリスリトール単体では太ることはありませんが、エリスリトールを含んだ食品を過剰摂取した場合はこれらが原因となり、結果的には太ってしまう可能性がある為、注意が必要です。

 

下痢になるのは本当?

甘味料全般に言える事ですが、摂取量を誤った場合、下痢という副作用を引き起こす可能性があります。

この副作用は、エリスリトールやキシリトールを含む糖アルコールに分類される糖質は、基本的に消化されにくい難消化性であるため、腸内で吸収されにくく過剰に摂取すると水分が吸収できずに下痢を引き起こす可能性があります。

しかし、他のキシリトールなどの糖アルコールに比べて、エリスリトールは下痢を起こしにくいとも言われており、安全性は他の糖アルコールと比べて高いと言えます。

 

アレルギー症状を起こすのは本当?

エリスリトールによるアレルギー性蕁麻疹発症の報告がありますが、非常に稀なケースです。

日本アレルギー学会で調査した結果は、2.4%のアレルギーの症例があったと発表されました。

エリスリトール(甘味料)等の摂取による即時型アレルギー全国調査

「エリスリトール(甘味料)等の摂取による即時型アレルギーの健康被害の確定あるいは疑いの症例がある」と回答があったのは2.4%(21/875件)であった。

確定および疑い症例の内訳は,エリスリトールが16例,キシリトールが10例,ステビア,アセスルファムK,ソルビトールが2例,スクラロース,サッカリン,ガラクトオリゴ糖,マルチトールが1例であった(重複あり)日本アレルギー学会

 

エリスリトールが糖質0,カロリー0でも安全な理由

エリスリトールは天然由来の成分です。

健康面などもリスクもなく虫歯の予防にも効果が期待でき血糖値の上昇も抑えることが出来るので安全性や有効性は非常に高いです。

高い依存性があるアステルパームや人体に悪影響のある塩素分子を含んだスクラロースなどの甘味料とは違います。

エリスリトールが安全な理由は、普段の食事の中で摂取しているものだからです。

例えば、メロンやブドウ、あるいはみそなどの醗酵食品にエリスリトールは含まれています。

つまり、エリスリトールは特別に作られたものではなく、自然界に存在して常に身体に入ってきているものなので安全といえるのです。

なお、エリスリトールは、厚生労働省のエネルギー評価法によって、エネルギー値が0kcalであると認められた唯一の甘味料(糖質)です

 

エリスリトールには自然由来と人工合成がある

先程も触れたとおり、自然の食品であるメロンやブドウなどの果実やキノコ、発酵食品であるワイン、清酒、しょう油、味噌に含まれている天然の糖質(糖アルコール)で、希少糖の一種です。

糖アルコール…安定性が高く、菌が繁殖しにくい、消化吸収されにくいという特徴があります。キシリトールも糖アルコールです。

希少糖…レアシュガーとも言われ、自然界に存在量の少ない希少な糖のこと。約50種類以上の希少糖が確認されています。

 

一方で、商業利用などをするために人工的に作られたエリスリトールも存在します。

例えば、トウモロコシなどのデンプンを微生物に醗酵させて生成することもできます。

人工合成のエリスリトールは主にトウモロコシやジャガイモ、サツマイモなどのデンプンから作られるブドウ糖を酵母で発酵させることで作られています。

ちなみに、人工合成のエリスリトールは、人工甘味料なので商品添加物だと思われがちですが、法令上「食品」として扱われています。

 

合成よりも自然由来のエリスリトールがオススメ

エリスリトールは、天然由来の糖質で過剰摂取しなければ安全な食品ということが分かりました。

では、天然由来と合成甘味料ではどちらを使う方がより安全なのでしょうか?

どちらも、体に吸収されず排出されるため、一見するとどちらも安全そうな気がします。

ただし、エリストールを人工合成する場合、原料に必要なブドウ糖はトウモロコシのものが使われており、大量生産される製品の原料の場合、国産のトウモロコシではなくほとんどが輸入のトウモロコシであり、安価な遺伝子組み換えのものが使われている可能性も当然あります。

砂糖の代用としてエリスリトールを使う場合や大量摂取する場合は、成分表示を確認し遺伝子組み換えでないエリスリトールを選びましょう

 

適切なエリスリトールの摂取量の目安

JECFA(FAO/WHO合同食品添加物専門委員会)により『安全性が十分に高いので、1日摂取許容量は定める必要がない(ADI not specified)』との評価を受けており、エリスリトールの安全性は世界的にも認証されています。

しかしながら、『エリスリトールに危険性や副作用はある?』の中でも触れましたが、大量に摂取することでお腹が緩くなるなどの副作用はゼロではありません。

そのため、エリスリトールの1日の摂取量の限度量の目安は、販売製造元の三菱ケミカルフーズによると、男性の場合は1kg当たり0.66g、女性の場合は1kg当たり0.80gが摂取限度量といわれています。

これは、

  • 成人男性:0.66g/kg体重
  • 成人女性:0.80g/kg体重

という意味で、50kgの女性の場合は、

「50kg × 0.80g = 40g」

となります。

 

まとめ

エリスリトールの危険性や副作用について解説して参りました。

エリスリトールは人工甘味料ではなく天然由来の甘味料でること、血糖値を上昇させないということ、他の甘味料と比べ非常に安全性が高いということが分かっていただけたと思います。

1日の摂取量を守ることでほとんどリスクなく使う事が出来ますし、使う側の私たちがきちんと理解したうえで使えば、最高の甘味料と言えるのではないでしょうか?

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

Happines Family|子育て中のママ、パパ、家族が幸せになるライフスタイルメディアの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Happines Family|子育て中のママ、パパ、家族が幸せになるライフスタイルメディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

huck

子供が出来ると段々とファッションに気を使わなくなっていくなんていうダサい父親になるのなんて、まっぴらごめんな37歳3児のパパ。

関連記事

  • 米津玄師2020ツアーチケット入手方法まとめ。高い競争倍率に勝つためには?

  • 品川区の布団の保管付き宅配クリーニングで一番安いのは『せんたく便』で決まり

  • 【画像で判断】つむじハゲの基準と今日からできるハゲ対策

  • 品川で買えるこだわりのホワイトデーのお返しを総ざらい

  • 【画像つき】男のつむじハゲの隠し方厳選6つと、つむじハゲが隠れる髪型12選

  • ベビー用品の収納はどうする?スッキリ使いやすい収納方法をご紹介します!