1. TOP
  2. ライフスタイル
  3. 学級閉鎖の時に習い事や塾に行かせるのは悪いことではない

学級閉鎖の時に習い事や塾に行かせるのは悪いことではない

 2018/11/21 ライフスタイル 育児・教育
  758 Views

インフルエンザ等の感染症で学校が学級閉鎖になった時、習い事や塾には行かせていいものなのか迷いますよね?

  • もし習い事や塾に行かせて、子供がインフルエンザに罹ったらどうしよう?
  • 学級閉鎖になってるのに子供を習い事や塾に行かせて非常識だって周りに思われたらどうしよう?
  • 学級閉鎖で塾や習い事に行かなかった場合、その時の月謝はどうなるんだろう?

などと、迷うポイントはいくつかありますよね。

今回は、インフルエンザ等の感染症で学級閉鎖になった時に、果たして習い事や塾に学校を行かせるのはアリかナシかについて紹介します。

Sponsored Link

学級閉鎖の場合でも習い事や塾に行かせるのはアリ

結論から言うと、学校が学級閉鎖であっても習い事や塾に行かせるのは基本的にはアリです。

厚労省が定めた「医療の確保、検疫、学校・保育施設等の臨時休業の要請等に関わる運用指針」では以下のようにされています。

学校・保育施設等で患者が発生した場合、都道府県等が、当該学校・保育施設等の設置者等に対し、必要に応じ臨時休業を要請する。 その実施には、社会的影響や経済的影響とのバランスの下に、各地域の状況、対象とする学校、施設の性質・年齢層を考慮に入れた判断が必要とされる。さらに、授業以外の課外活動などについても、感染の拡大を抑える目的を持って、学習塾や地域の生徒・学生が集まる行事なども含めて幅広く対策を検討する必要がある。厚生労働省ホームページ

つまり感染の拡大を抑える事を念頭に臨機応変に考えてねということです。

そして、塾や習い事を休みにするかしないかを考えるのは塾や習い事側のほうです。

 

学級閉鎖の時に塾や習い事に行くことに対して、ナシという派の意見として、

  • クラスで感染していなくても、学級閉鎖明けに習い事でインフルを持ってきては意味がないのでは?
  • 自分の子のせいで拡散しても困りますし。それが普通だと思っています。
  • 潜伏期間あるし感染している可能性があるのだから症状がでてなくても出歩くのダメだと思う

と、他の子にうつす可能性があるからNGだと言う意見が多いです。さらに言えば、世間体を気にして、NGと考えている方が多いです。

 

一方、学級閉鎖の時に塾や習い事に行くことに対して、アリ派の意見として、

  • 授業時間帯の外出は控えるように言われてますが、習い事(放課後)の制限まではありません。
  • なぜ遠慮しなくてはならないのですか?お月謝を払っているのだから、行く権利はありますよ。
  • 元気ならOKと、学校&習い事の先生両方から言われたので、習い事参加しました。

といったような意見があります。

 

アリ、ナシともにどちらとも正論の意見ではありますし、先程一部の意見を紹介しましたが、この議論は尽きることはありません。

 

しかしながら、先程も紹介しましたが、休みにするかしないかを決めるのは塾や習い事側の方です。

塾や習い事側の方で、別に受け入れますよ、大丈夫ですよという判断を下しているのであれば、学級閉鎖であっても行くのは全然アリな話です。

学級閉鎖の場合、習い事や塾も休みになるのがほとんど

先程、塾や習い事側の方で、判断すると紹介しましたが、実際の所、学級閉鎖の時にどのぐらいの塾や習い事がやっているのでしょうか。

そもそも学級閉鎖を行うのはインフルエンザを始めとした感染症がこれ以上拡大するのを防ぐのが目的です。外出を控えさせて、インフルエンザ等の感染症に触れる機会を可能な限り減らすというのが、主旨です。

塾の個別授業やピアノなどの個別レッスンは通常通りやっています。

一方で、集団で授業をするような塾、スイミング、サッカー、野球などの習い事は感染症を拡大させる恐れがありますので、学校が学級閉鎖になった場合には、休みにするのが一般的です。

そして、休みにした場合、振替授業や振替レッスンを行うのが一般的です。

原則として外出はNGというのは忘れずに

塾や習い事は、その塾や習い事の方針に従えばよいですが、学級閉鎖の原則は、感染拡大の防止です。
そのため、不要不急の外出はしないようにというのが学校側の通達としてあります。

ですから、おおっぴらに遊びに行くということは止めておいたほうが賢明ではあります。

塾や習い事でさえいかがなものかと思っている親御さんがいるのも事実ですので、それに輪をかけて遊びに行っていて、インフルエンザに感染してきましたなんてことがバレた日には、その後が大変です。

 

まとめ

学級閉鎖の時の習い事や塾に行かせてもよいかどうかについて紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

基本的に塾や習い事の方針に従えばいいだけの話です。周りがどうこう言うことに付き合う必要はありません。

そもそも学校の学級閉鎖の基準ですら曖昧なのですから。

学校の学級閉鎖の基準について、詳しく知りたいという方は、こちらの記事も参考にしてみてください

学級閉鎖の基準は欠席率およそ10%〜20%。ただし例外もあるため、要注意

 

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

Mr.Father|父親だってオトコでいたいライフスタイルメディアの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Mr.Father|父親だってオトコでいたいライフスタイルメディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

huck

子供が出来ると段々とファッションに気を使わなくなっていくなんていうダサい父親になるのなんて、まっぴらごめんな37歳3児のパパ。

関連記事

  • インフルエンザ等で学級閉鎖の時に預かってくれる学童保育について

  • 学級閉鎖の時の外出は思わぬトラブルを招くので要注意!!!

  • 学級閉鎖の基準人数は欠席率およそ10%〜20%。ただし例外もあるため、要注意