1. TOP
  2. 育児・教育
  3. 保活コンシェルジュを使うメリットとは?保活コンシェルジュを実際に利用した先輩ママの感想

    保活コンシェルジュを使うメリットとは?保活コンシェルジュを実際に利用した先輩ママの感想

    育児・教育   374 Views

    赤ちゃんが生まれると嬉しいですが、同時に保育園に入れるかどうか不安を持つのではないでしょうか。

    行政は「待機児童ゼロ」を目標にしていますが、地域によっては難しいのが現実です。

    そこで、スムーズに保育園に入るために、保活コンシェルジュを利用している方が増えてきています。

    この記事では、保活コンシェルジュのサービスや役割、使い方など、利用を考えている方に有益に情報を提供していきます。

    Sponsored Link

    「保活コンシェルジュ」ってどんなサービス?

    保活コンシェルジュとは、ひと言でいうと、就学前の子どもを保育園に入園させるためのサポートをしてくれる専門員のことです。

    専門の知識を持った専門員が、さまざまな保育園の情報を提供してくれたり入園に必要な書類の書き方を教えてくれたりします。

    また、仮に入れなかった際のアフターフォローもしてくれるので、保活全般の相談に乗ってくれるサービスです。

     

    保活コンシェルジュの役割

    お母さんは保育園に子どもを入れられるのか常に不安を持っています。

    保活コンシェルジュの役割は、子どもを早期かつ確実に保育園に入園してもらいお母さんに社会復帰してもらうことです。

    そのために、入園に必要な情報の提供であったり、書類の記入の説明や助言であったり、さらには選考方法などを教えてもらえるのです。

     

    保活コンシェルジュの特徴

    お母さんが保育園に子どもを預けたいと考えても、初めは何もわかりません。

    子どもを預けたいお母さんは相談員とお話をする中で、保活に必要な情報を入手できるのです。

    保活コンシェルジュの特徴は、お母さんのさまざまな悩みを解決してくれる機関ということです。

     

    保活専門のスタッフが対応してくれる

    保活コンシェルジュを利用すれば、専門の相談員が対応してくれます。

    保育園に対する高い知識を持ち、常に新しい情報を入れているので安心して相談できるのです。

     

    鮮度が高い情報がもらえる

    保活コンシェルジュの特徴の1つは情報量です。

    例えば、保育園の入園は新年度だけではありません。

    途中入園も空きが出れば随時行っていますが、自分でその情報を常に確認し続けるのは難しいです。

    しかし、保活コンシェルジュを利用していれば、状況が変わればその都度鮮度が高い情報をもらえます。

     

    保活コンシェルジュを使うメリット

    保育園といっても、保育園によって保育時間や受け入れ年齢などに違いがあります。

    初めて保育園を探すお母さんはそのような事情はわからないものです。

    しかし、保活コンシェルジュを利用すれば、鮮度の高い情報を瞬時にかつ正確に把握できます。

    それによって、自分に合った保育園に入園させられる確率を高められるのです。

     

    保活コンシェルジュを使うデメリット

    保活コンシェルジュに最適な保育園を教えてもらうためには、個人情報を伝えなければなりません。

    個人情報を知られたくないと考えている方にとっては、大きなデメリットといえます。

     

    保活コンシェルジュのお値段

    保活コンシェルジュを利用する際に気になるのは利用料金ではないでしょうか。

    しかし、自治体によっては公共サービスとして利用できるので、無料のところがあります。

    また、勤めている企業が独自に契約している保活コンシェルジュを利用する場合も、基本的に利用者に負担はない場合がほとんどです。

    気になる方は、会社に相談してみてはいかがでしょうか。

     

    保活コンシェルジュを選ぶポイント

    利用できる保活コンシェルジュは、基本的に自治体が運営しているものか、勤め先の契約している会社のものかになります。

    どちらを選ぶかは、立地対応時間電話相談の有無などを判断基準にするとよいでしょう。

     

    保活コンシェルジュを利用しようと思ったきっかけは?

    保活コンシェルジュを利用している方にきっかけを聞くと、「保育園に対しての漠然とした不安を解消したい」という方がいらっしゃいました。

    「子どもを保育園に入れるために必要な条件って何?」

    「それを証明する書類ってどんなものがあるの?」

    「自分に合った保育園ってどこにあるの、募集人数は何人?」

    その方は、子どもが生まれてすぐに不安が出てきたので、それを相談したいと思い保活コンシェルジュを利用を始めたそうです。

     

    保育園探しが莫大過ぎて断念

    それぞれ保育園によって、保育の条件が違います。

    例えば、保育時間や受け入れ年齢も違いがあります。

    いくつもある保育園を1つ1つ探していくのは、情報が膨大過ぎて保活を断念してしまう方もいらっしゃいます。

    しかし、保活コンシェルジュなら、自分に最適な保育園をリストアップしてくれるのです。

     

    認可保育園の申込み手続きが面倒

    仮に、自分に合った保育園を見つけられたとします。

    しかし、認可保育園の場合、申込みに細かいルールがあるので、それを把握するだけでもかなり面倒な思いをします。

    保活コンシェルジュなら、専門員が面倒な手続き方法を詳しく説明してくれます。

     

    保育園見学する時間がない

    保育園に対する最も大きな不安は、ちゃんとした保育をしてくれるかどうかではないでしょうか。

    人によっては保育園を見学したいと考えている方もいらっしゃいます。

    しかし、見学する時間がない場合がほとんどです。

    保活コンシェルジュを利用すれば、保育園の保育に関する考え方などを説明してもらえます。

     

    保活コンシェルジュを利用した方が保育園に入所しやすい?

    結論からいって、保活コンシェルジュを利用した方が入所しやすくなります。

    その理由は、保活にはさまざまな情報が必要になり、情報が多い方が優位だからです。

    例えば、入園しやすくするための書類の集め方や提出の仕方です。

    また、募集が多くて第一希望の保育園が難しいと想定される場合、他の方はどのように希望保育園の数を増やしているかなど。

    保育園に入れるための方法や工夫を教えてもらえるのです。

     

    希望保育園に入所しやすくなるためのアドバイスをもらえる

    保育園に入園しやすくなるだけでなく、希望保育園に入園しやすくなるためのアドバイスももらえるのです。

    例えば、自治体は入園希望の家庭をランク分けします。

    保活コンシェルジュを利用すれば、ランクをアップさせられるような提出書類を教えてもらえたりするのです。

     

    保育園に落ちた場合の相談にのってくれる

    保活コンシェルジュを利用してよい点は、保育園に入れなかった場合の対処法などの相談に乗ってくれることです。

    例えば、年度途中に保育園に入る方法などがあります。

    保活コンシェルジュを利用したからといってすべてがうまくいくとは限りません。

    しかし、うまくいかなかった場合の相談にも乗ってもらえるので、育児をしているお母さんには強い味方になります。

     

    保活コンシェルジュ利用者のリアルな感想!

    ここでは、保活コンシェルジュを利用している方の感想をいくつか紹介します。

     

    保活コンシェルジュを実際に利用した感想1

    知りたい情報が正確に把握できるのでよかったです。

    特に、どのようなランクのご家庭なら入園できるのか、申込み前に把握できたのがよかったです。

    それによって、優先順位がつければ、保活がしやすくなりました。

     

    保活コンシェルジュを実際に利用した感想2

    保育園に関する情報は散乱しているので、それらに惑わされて気持ちがすごく疲れてしまいます。

    しかし、保活コンシェルジュの方に相談すれば、情報を取捨選択できるので、気持ちがだいぶ軽くなりました。

     

    迷わずコンシェルズに頼むべき保活中のトラブル

    保活にはさまざまなトラブルがつきものです。

    ここでは、保活コンシェルジュに依頼した方がよい事案をいくつか紹介していきます。

     

    第30希望まで書かされた

    地域によってはどこの保育園もいっぱいのため、保育園に入れるためには希望をいくつも要求されることがあります。

    そのため、第30希望まで書かされたというケースもあるくらいです。

    しかし、第30希望に入れてもそれが、自分にとって最善になるとは限りません。

    本当に適した保育園がどこなのか悩んだら保活コンシェルジュ相談しましょう。

     

    市役所保育課職員の心無い言葉にドン引き!

    市役所の保育課職員の方に保育園について相談する方がいらっしゃいます。

    一見最適なように感じますが、保育園を入れるための相談員ではないので、心無い言葉をかけてくる方もいらっしゃいます。

    もし、そのような言葉をかけられた方は、役所の方に相談するのではなく、保活コンシェルジュに相談しましょう。

     

    保育園に入るために偽装離婚!?

    保育園に入れるとき、片親であれば優位になります。

    そのため、偽装離婚をしてみてはどうかというアドバイスをする方がいらっしゃいます。

    しかし、冷静に考えてそれが最善策とは考えられないケースがほとんどです。

    頭を冷静にするためにも、非常識なアドバイスを受けたときは、保活コンシェルジュに相談しましょう。

     

    認可保育園に落選した2万人分の1人

    保育園に入所するまでには、さまざまな情報に接する機会があります。

    ときには、「認可保育園に落選した2万人分の1人」という方の情報を目にするかもしれません。

    すると、自分は入園させられるのか不安に感じるものです。

    しかし、ネットなどの情報は誤ったものも多く存在します。

    不安を感じたときは、保活コンシェルジュを利用してみてください。

     

    代議士に保育園入所をお願い!?

    保育園に子どもを入園させるためには、代議士にお願いすればいいのではと考える方がいらっしゃいます。

    もしかすれば、代議士によって保育園に入園させられやすくなるかもしれません。

    しかし、多くの場合その事実が露見してしまい、保育園から退園させられることになります。

    すると、仕事を辞めなければならなくなります。

    保活コンシェルジュなら、保育園に入る方法や仮に入れなかった場合の対処法まで相談できます。

    不正を考えるのではなく、自分には何ができるのか考えるためにも保活コンシェルジュを利用しましょう。

     

    このままじゃ育休後に職場復帰できないかも!

    育休の終わりが迫ってくると焦ってしまいます。

    子どもを保育園に入園させられなければ、職場復帰もできません。

    「どうすればいいの?」と不安を感じる方は保活コンシェルジュに相談してください。

    認可保育園以外にも、子どもを預けて仕事復帰できるケースを紹介してもらえるかもしれません。

     

    認可も無認可も保育園全部落ちた

    認可も無認可も全部落ちた、という方も中にはいらっしゃいます。

    そんな方も絶望するのではなく、保活コンシェルジュに相談してみてください。

    他の保育園や次の募集状況など、有益な情報を教えてもらえるかもしれません。

     

    まとめ

    今は「保活」も人生を左右するような大きなイベントです。

    就職活動で行ったように、保活でも正しい情報を大量に持つことが希望の保育園に入れられる可能性を高めます。

    正しくて鮮度の高い情報は素人には簡単には手に入れられません。

    保活を成功させるために、保活コンシェルジュを利用してみてはいかがでしょうか。

    Sponsored Link

    \ SNSでシェアしよう! /

    Happines Family|子育て中のママ、パパ、家族が幸せになるライフスタイルメディアの注目記事を受け取ろう

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

    Happines Family|子育て中のママ、パパ、家族が幸せになるライフスタイルメディアの人気記事をお届けします。

    Sponsored Link

    ライター紹介 ライター一覧

    るまま

      関連記事

      • ママ友ゼロで何が悪い?!意外と多いママ友ゼロ

      • 自転車に子供を乗せたままの傘さし運転は危険

      • 学級閉鎖の時に習い事や塾に行かせるのは悪いことではない

      • 赤ちゃんがお風呂で泣くのは仕方ない?先輩ママが実践した、お風呂へ泣かせず入れる方法12選

      • 赤ちゃんをカラオケに連れて行けるのはいつから?キッズルームがある5大カラオケチェーン店

      • 赤ちゃんってパイナップルはいつからOK?お薦めパイン料理3選