1. TOP
  2. ライフスタイル
  3. 宝石ネイルの最新版!シンプルなひし形やカットも出来るセルフネイルの方法

宝石ネイルの最新版!シンプルなひし形やカットも出来るセルフネイルの方法

 2019/07/11 ライフスタイル   197 Views

宝石ネイルはまるで宝石のようにキラキラ輝き、手元を華やかな印象にしてくれるので、とても人気があります。

でも、人気の宝石ネイルに挑戦してみたいけど、自分でするのは難しそうって思いますよね。

プロにしかできない印象の宝石ネイルですが、コツをつかめば意外と簡単に自分ですることができますよ。

今回は、宝石ネイルの特徴やセルフネイルの方法、様々なデザインをご紹介していきます。

Sponsored Link

まるで宝石!きらきらネイルの正体は?

ネイルにはいろいろなデザインがありますが、宝石のようなデザインはありそうでなかったですよね。

2018年秋ごろから話題になった宝石ネイルは、本物の宝石を再現したかのようなデザインなんです。


宝石ネイルとは。特徴は?

宝石ネイルとは本物の宝石が爪に再現されたようなネイルで、新たに注目されているデザインです。

宝石ネイルの特徴は、宝石のようにカットされた立体的な形で、光を反射してキラキラと輝き、まるで本物の宝石のように見えるところです。

宝石ネイルのカラーや形を変えることで、あなたのネイルがゴージャスにもキュートにもすることができます。

 

宝石カットネイルとも呼ばれている

宝石ネイルは本物の宝石のように、表面をカットしたデザインです。

そのため、宝石カットネイルとも呼ばれているんです。

本物の宝石もいろいろなカットがあり、カットによって印象が違いますよね。

宝石ネイルも表面のカットを変えることで、印象を変えることができます。


カットが施された立体的なデザインネイル

 宝石ネイルは、一般的なネイルに比べて立体的です。

ジェルで厚みを出し、宝石のようなカットを作っていきます。

宝石ネイルの立体的なデザインは、ストーンやパーツを付けなくてもインパクトを与えてくれます。


角度を変えるとカット面がキラキラと輝く

宝石ネイルは、本物の宝石のようにカット面があります。

宝石ネイルの角度を変えてみると、それぞれのカット面に光が当たるのでキラキラと輝きます。


ストーンなしなのに反射で輝く

宝石ネイルはカット面に光が反射して、ストーンなどをつけなくてもキラキラと輝きます。

宝石ネイルのカット面が多くなるほど輝きも増します。


カラーや形が様々

ベースの色を変えることで、いろんな色の宝石ネイルをすることができます。

指によって宝石ネイルのカラーを変えれば、とてもゴージャスなネイルになりますね。

宝石ネイルのカットには、ひし形カットやジュエルカット、オーバルカットなどいろいろあるので、きっとお気に入りの形が見つかるはずです。


人気の宝石ネイルはセルフネイルもできる?

宝石ネイル、綺麗ですけどとても技術が要りそうですよね。

ですが、コツをつかめば宝石ネイルも自分ですることができます!

宝石ネイルに興味が沸いたあなた、ぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか?


セルフネイルの方法

宝石ネイルをセルフネイルする前に、必要な材料や手順をしっかりチェックしておきましょう。

初心者にも分かりやすい宝石ネイルの作り方の動画もご紹介しますので、参考にしてくださいね。


材料

・ベースに塗るラメ系のジェル

・作りたいカラーのクリア系ジェル

・陰影を出すための暗めのカラージェル

・トップジェルまたは硬めのビルダージェル

・透明なシート(クリアファイルや厚めのビニール袋、市販のジュエルカットシートシートなど)


手順

  1. 透明なシートにペンでひし形を書いて、ハサミでカットする
  2. ラメ系ジェルを爪全体に塗って硬化する
  3. 暗めのジェルを爪の淵に塗って硬化する
  4. クリア系のカラージェルを爪全体に塗って硬化する
  5. 装飾したい場合はラメやパーツなどをつけておく
  6. トップジェルを爪全体に塗る
  7. 硬化しないまま多めにトップジェルを取り、カットを作りたい場所につける
  8. トップジェルを多くつけた場所に、ひし形にカットした透明シートを乗せて、ピンセットで押さえて空気を抜く
  9. 透明シートと爪の間に凸凹がないか確認、修正して硬化する
  10. いらないトップジェルを拭きとる
  11. ピンセットで透明シートを剥がす

 

コツ

宝石ネイルを上手に作るためには、カット面をしっかりと出すのがポイントです。

透明シートをカットする時は、まっすぐ綺麗な形でカットしましょう。

透明シートの切り口がガタガタしていると、宝石ネイルのカット面もガタガタしてしまいます。

透明シートのカットが上手にできない人は、市販のシートを使うと簡単ですよ。

また、透明シートと爪の間に隙間が空かないように、ピンセットでしっかり押さえて空気を抜きましょう。

角に引っ掛かりがでないようトップジェルを馴染ませてくださいね。


スタンダードな宝石ネイルの作り方動画紹介

宝石ネイルの中でも、スタンダートで初心者でもやりやすいのは、カット面が1つだけのひし形のデザインです。

初心者でも簡単な宝石ネイルの作り方の動画を紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

宝石風のカットを施す材料紹介

ジェルネイルをしたことがない人は、いきなり宝石ネイルを自分でするのは少し難しいかもしれません。

宝石ネイルが難しい場合は、宝石風に見せる方法もありますよ。

また、宝石ネイルはカット面を作るために、シートが必要になります。

市販のシートを使えば宝石ネイルにもチャレンジしやすいですね。

日用品を代用してシートを作ることもできるので、ご紹介していきたいと思います。


宝石風ネイルシール

宝石ネイルはコツがあって、ジェルネイルに慣れてない場合は少し難しいです。

そんなあなたは、宝石風のネイルシールを爪に貼るという手もありますよ。

宝石風のネイルシールをペタッと貼るだけなので、とても簡単です。


ジュエルカットシート

頑張って宝石ネイルに挑戦しようとしているあなた。

少しでも簡単に宝石ネイルをしたいのなら、市販のジュエルカットシートを使ってみてはいかがでしょうか?

1枚のシートにあらかじめひし形が書いてあり、それをくり抜くだけでシートが完成します。

自分で形を書く必要がないので、シート作りが簡単です。

 

裏技①クリアファイルをカットして代用

透明なクリアファイルをカットして、シートを作ることができます。

クリアファイルに爪に合わせた大きさのひし形を書き、ハサミでカットして使いましょう。

クリアファイルなら厚みもあるので、貼りつけやすいですよ。


裏技②厚めのビニール袋をカットして代用

シートは厚めのビニール袋を使ってもOKです。

ビニール袋をはさみで切り開いて、1枚にして使いましょう。

切り開いたビニール袋に爪に合わせた大きさのひし形を書き、ハサミでカットして使ってください。

 

宝石ネイルのデザインは無限大。カラーバリエーションのご紹介

宝石ネイルはカラーによって、印象がまったく変わってきます。

シーンや季節によって、宝石ネイルのカラーを変えてみてはいかがでしょうか?


カラーでアレンジを楽しむ

宝石ネイルのベースになるカラーを変えるだけでも、断然雰囲気が変わってきます。

指によって、宝石ネイルのカラーを変えてみるのも面白いと思いますよ。


グリーン、ピンク、などのこっくりカラーで存在感を演出

グリーンやピンクなどの深みのあるこっくりカラーの宝石ネイルにすれば、落ち着いた雰囲気に見せることができます。

こっくりカラーの宝石ネイルなら、パーティーなどの華やかな場所でも、宝石をしているような存在感ある手元を演出できますよ。

 

この投稿をInstagramで見る

 

COCO’S NAILさん(@kayoaratani)がシェアした投稿

 

パステルカラーやスモーキーカラーで季節感を演出

季節によって宝石ネイルのカラーを変えてみるのもいいです。

パステルカラーの宝石ネイルなら春らしい雰囲気、スモーキーカラーの宝石ネイルなら秋冬のファッションに馴染みますね。

季節に合わせた宝石ネイルなら、より魅力的な手元になると思いますよ。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Rie Kobayashiさん(@rie3180)がシェアした投稿

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

yukariさん(@_nailcherie_)がシェアした投稿

 

宝石ネイルの定番!ひし形のシンプルアレンジ

 

定番のひし形の宝石ネイルでも、少しアレンジが入るだけで印象が変わりますよ。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

華子さん(@hanakonail_dialy)がシェアした投稿

 

宝石ネイルのカラーを変えたり、ホログラムやラメが入ったりするだけでも全然雰囲気が違いますね。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Keiko takasakiさん(@keiko_takasaki)がシェアした投稿

一つの指だけ宝石ネイルに変えたら、シンプルだけど華やかな雰囲気になりますね。

 


カットを変えて輝きでアレンジ

宝石ネイルには、定番のひし形カットだけではなく、いろんなカットがあります。

宝石ネイルのカット面が増えると輝き方もより増します。

 

この投稿をInstagramで見る

 

船橋ジェルネイル&エステサロン★brilliant nailさん(@brilliant_nail_)がシェアした投稿

オーバル型でカット面が16面もあります。

まるで宝石のブローチみたいですね。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

AI SUZUKIさん(@colors_ai)がシェアした投稿

カメの甲羅のようなデザインが面白いですね。

 

宝石ネイル最新版!プラスαのアレンジを楽しむ

宝石ネイルはその宝石のようなデザインだけで、華やかな印象になります。

ですが、プラスαのアレンジをすれば、他の人とは違う宝石ネイルが楽しめますよ。


ホログラムをいれて輝き倍増

宝石ネイルにホログラムをプラスすることで、よりネイルのキラキラ感を増すことができます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

舞子 瀧田さん(@maikowazonsuki)がシェアした投稿


ネイルの縁にラメをいれてゴージャスに

宝石ネイルの縁にラメが入るだけで、一気にゴージャスに見えます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

ayacoさん(@ayacomilk)がシェアした投稿

 

宝石ネイルはこんな人にもオススメ!

宝石ネイルはシンプルな形なので、意外と作業のジャマになりません。

仕事柄、派手なネイルができなかったり、ごちゃごちゃしたネイルが苦手だったりする人にも宝石ネイルのシンプルなデザインは取り入れやすいです。


爪の表面の凹凸が少ないので指先をよく使う仕事の人

宝石ネイルは指先をよく使う仕事の人にも向いているネイルです。

華やかな印象するためにストーンやパーツを付けてしまうと、どうしても服やものに引っ掛かってしまうんですよね。

宝石ネイルのいいところは、あまり表面が凹凸していないところです。

表面が凹凸していないのでものが引っかかりにくく、指先をよく使う人もジャマになりませんよ。


シンプルなデザインにアクセントをいれたい人

ごちゃごちゃ装飾したネイルは、苦手だなという人もいると思います。

そんなあなたは、普段のシンプルなネイルを一部宝石ネイルに変えてみてはいかがでしょうか?

全て宝石ネイルにすると、どうしても派手さが出てしまいます。

ですが、指1本分だけ宝石ネイルに変える方法なら、シンプルな中にもインパクトを出すことができますよ。


オフィスや派手なネイルがNGな人

オフィスや接客業などでは、あまりに派手なネイルは場違いなことがありますよね。

宝石ネイルもベージュやピンクなどの色にすれば、派手すぎず、落ち着いてみえます。

普段と違う雰囲気になる宝石ネイルなら、仕事のモチベーションもアップしますね。

 

まとめ

宝石ネイルは爪に本物の宝石を再現したようなネイルで、カット面に光が当たることでキラキラと輝きます。

カラーを変えたり、ホログラムやラメをプラスしたりすることで、宝石ネイルのデザインは無限大になりますよ。

これから夏になるので、私はフットネイルに宝石ネイルを取り入れてみたいと思いました。

透明感のあるブルーの宝石ネイルなら、夏にぴったりな足元になりそうです。

一見プロではないと宝石ネイルをするのは難しそうに思えます。

でも、カット面が1面のひし形の宝石ネイルなら比較的簡単にできます。

あなたも宝石ネイルに挑戦してみてはいかがでしょうか?

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

Happines Family|子育て中のママ、パパ、家族が幸せになるライフスタイルメディアの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Happines Family|子育て中のママ、パパ、家族が幸せになるライフスタイルメディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

るまま

関連記事

  • 【2020年初詣】広島護国神社おススメ参拝時間、駐車場を紹介!

  • サラダ油とキャノーラ油の違い、子供や旦那さんの体にはどっちがいい?

  • ミドル脂臭対策の市販シャンプーの成分を徹底比較。No1はどれだ?!

  • ポリエステルってやっぱり暑くて夏には向かない?夏でも快適にポリエステルの服を着る方法

  • 学級閉鎖の基準人数は欠席率およそ10%〜20%。ただし例外もあるため、要注意

  • イケてる女子高生は服をどこで買う?テイスト別ショップ一覧