1. TOP
  2. ライフスタイル
  3. 重曹を超えた!と噂のセスキ炭酸ソーダを使った、ヤバイ簡単掃除術

重曹を超えた!と噂のセスキ炭酸ソーダを使った、ヤバイ簡単掃除術

 2016/10/21 ライフスタイル
  1,427 Views

セスキ炭酸ソーダ、最近話題ですよね。人や環境にやさしいナチュラルクリーニングの代表格として重曹に続き、ブームになりつつあります。

セスキ炭酸ソーダ、テレビや雑誌で最近よく耳にするんだけど、一体何なのか?そしてどんな汚れに使えるのか?を徹底的に紹介します。

奥さんに「セスキ炭酸ソーダって知ってる?」と聞かれた時に、「当然知ってるよ、○○やXXに使えるよね。」と胸を張ってお答えください。

 

Sponsored Link

『セスキ炭酸ソーダ』は、なにがそんなにすごいのか?

sesuki-strong

 

セスキ炭酸ソーダを一言で表すのであれば、重曹の使い勝手のバージョンアップ版とでも言いましょうか。

元々、セスキ炭酸ソーダは炭酸ナトリウムと重曹を混ぜたものです。

そんなセスキ炭酸ソーダのすごいところを一言で言えば、マルチプレーヤーであること。そここまでは重曹と同じなのですが、さらに言えば、水に溶けやすく、常温での長期保存が可能だということです。

 

マルチプレーヤーの点について、ドラッグストアやホームセンターなどで、色んな洗剤が売っていると思いますが、台所用洗剤とか浴槽用洗剤といったように、陳列棚がカテゴライズされて洗剤が売っていると思います。それらは、使う場所に特化して作られていますが、セスキ炭酸ソーダの場合、基本的にどこでもイケちゃうというところ=マルチプレーヤーが特徴です。(ただNGなところもありますので、それは後述)

またマルチプレーヤーって得てして、汚れ落としは中途半端なのよねって思うかもしれませんが、重曹を使ったことがある人であれば、中途半端で無いことが分かると思いますが、セスキ炭酸ソーダも中途半端ではありません

○○用に洗剤を取り揃えると、家の中で収納スペースもそこそこ必要になりますし、セスキ炭酸ソーダなら一本でイケてコンパクトに収納できるというのがウレシイところです。

 

水に溶けやすいは分かりやすいとして、次に長期保存の点について、開けても少なくとも3年以上は持ち、酸化もしにくいです。買っておいたはいいけど、使う時にガチガチで使えないなんてことはありません。

初心者の方は、スプレータイプのものが売っていますので、そこから入るといいかもしれません。

 

sesuki

 

ちなみに私もココから入りました。

 

セスキ炭酸ソーダが得意とする汚れは?

sesuki-gas

 

断トツで油汚れです。

これが一番汚れとして気になるというか目立ちますから、これをキレイに出来るというのは嬉しい話です。

油汚れというのは、酸性の汚れです。一方でセスキ炭酸ソーダはアルカリ性酸性とアルカリ性の対決というわけです。

次に挙げるのは、先ほどの油汚れと漢字違いの、脂汚れ。要は手垢です。人の手とかでベタベタ触ってしまって出来た汚れですね。また脂汚れとして、シャツの襟周りなんかの黄ばみとかに有効です。

またタバコのヤニ汚れなんかにも有効です。

 

セスキ炭酸ソーダが得意とする場所は?

断トツでキッチンが挙げられます。

要は先ほど挙げた油汚れということ。コンロ周りであったり、換気扇、レンジの中など、油で汚れてしまったところであれば、一撃です。

キッチン周りで使うコツとしては、まだ温かいうちに使うこと。油で汚れてしまった箇所にスプレーで一吹きして、さっと拭き取れば、大概の油汚れはとれます。

スプレーで取れないような、固まってしまったような油汚れ(よくある箇所としては換気扇やガスレンジの五徳)に対しては、粉末のセスキ炭酸ソーダを溶かした中につけ置きしたり、直接セスキ炭酸ソーダの粉末をふりかけておき、放置してから拭き取るといいでしょう。

 

汚れがひどければ、それだけ必要となるセスキ炭酸ソーダの量も増えるので、一概にどのくらいの量のセスキ炭酸ソーダが必要となるかは言いづらいのですが、参考として換気扇のつけ置きの場合を紹介します。

換気扇が入るトレイに対して小さじ1杯程度入れて、1,2時間放置すれば、油汚れが浮き上がってきて、大体OKです。
もしこれで汚れが取れないようであれば、濃度を濃くして再度つけ置きするとよいです。

お弁当箱の汚れに対してもつけ置きは使えます。匂いも取れるので、一石二鳥です。

 

壁紙や床は剥げたりしないの?

sesuki-floor

 

先ほどセスキ炭酸ソーダの得意とする汚れとして『脂汚れ』を挙げました。

お子さんがいる家は特に多いと思いますが、家の壁が脂汚れになっていることがあると思います。また最近は少ないかもしれませんが、家の中でタバコを吸うという人は家の壁がヤニで汚れてしまっているケースがあると思います。

壁紙は、材質によっては変色したり変質してしまうことがありますので、使わないほうがベターです。

またワックスがけがされている床についても、ワックスが取れてしまう場合がありますので、こちらも使わないほうがベターです。

脂汚れであれば、プラスチック製のモノ(例えばドアノブや照明器具のかさのベタベタ)に付いてしまった脂汚れに対して使うことをオススメします。直接吹きかけてもいいのですが、拭き取るクロスや雑巾が割りとしっとりするまでセスキ炭酸ソーダを吹きかけて拭き取るといいでしょう。

 

浴槽にも使えるの?

bath

 

もちろん浴槽にもセスキ炭酸ソーダは使えます。重曹を浴槽に使うということをしている人がいるかと思いますが、冒頭にも書いたとおり、セスキ炭酸ソーダの成分には重曹が含まれていますので、使えます。

ただし、浴槽には、重曹のほうが効き目がある場合のほうが多いです。浴槽の汚れというのは主に湯垢と呼ばれるタイプの汚れです。この手の汚れには重曹のほうが効き目があります。詳しくは、後述する「セスキ炭酸ソーダのライバル、重曹、クエン酸との違い」をお読みください。

 

しかしながら、意外と知られていませんが、浴室全体を見渡すと、実は汚れは湯垢だけにとどまりません

シャワーで体を洗うと、浴槽のエプロン(浴槽の外周リ。フチなど)には皮脂汚れが飛んでいます。これらの汚れをキレイにするにはセスキ炭酸ソーダのほうが効果はあります

ちなみにこの浴室の脂汚れ、黒カビの大好物なんです。生えてしまった黒カビには、セスキ炭酸ソーダでは対処しきれませんが、カビの予防という点において、セスキ炭酸ソーダは絶大な威力を発揮します。

 

セスキ炭酸ソーダが苦手とする汚れは?使ってはいけない場所は?

sesuki-weak

 

「セスキ炭酸ソーダが得意とする汚れは?」で触れましたが、セスキ炭酸ソーダはアルカリ性であり、得意な汚れのタイプは酸性です。逆に苦手とする汚れとなると、セスキ炭酸ソーダと同じアルカリ性の汚れです。

アルカリ性の汚れと言えば、カルキによる汚れや水垢、石鹸やアルカリ性洗剤のカスなどが挙げられます。例えばポットの内側の汚れであったり、シンクの水垢なんかが代表格です。

使っていけない場所としては、先ほどの「壁紙や床は剥げたりしないの?」で挙げましたが、壁紙や床には使わないほうが良いでしょう。
また

  • 畳(黄色く変色、シミになります)
  • 白木など木質系の素材(シミがつき、落とせません)
  • 繊維素材のカーペット等(畳同様変色)
  • アルミ(黒く変色)

なんかには使わないほうがよいです。

 

セスキ炭酸ソーダで掃除した後、拭くの?拭かないの?

sesuki-fuki

 

例えば窓の掃除を窓用の洗剤を使って拭いた後に、乾拭きしますよね?他の場所でも洗剤を使った後、結構乾拭きしたりしますよね?

じゃあセスキ炭酸ソーダの場合はどうなのかという話です。

拭く必要はありません。

セスキ炭酸ソーダが掃除のあと、水滴みたいな感じに残ってしまうということはあまりないので、拭く必要はありません。ただ仕上げに乾拭きした方が、よりキレイに仕上がるというのは間違いありません。

まぁ汚れを取るというよりは、鏡面仕上げじゃないですが、ピカピカにするといった意味合いが強く、そこまでする必要はないなぁという方は、拭く必要はありません。

 

セスキ炭酸ソーダのライバル、重曹、クエン酸との違い

まずはセスキ炭酸ソーダと重曹の違いから。

冒頭の「『セスキ炭酸ソーダ』は、なにがそんなにすごいのか?」でも触れましたが、セスキ炭酸ソーダを一言で表すのであれば、重曹の使い勝手のバージョンアップ版です。

同じアルカリ性ですので、基本的にキレイに出来る汚れのタイプに大きな違いはありません。セスキ炭酸ソーダも重曹も汚れをキレイにする仕組みは、酸性の汚れと化学反応を起こし、汚れを浮き上がらせ、それを取るという感じです。

ただ仕組みは同じでも得意技に多少の違いはあります。

「浴槽にも使えるの?」のところで触れましたが、例えば湯垢。湯垢をキレイにする方法というのは、研磨です。要は汚れを浮き上がらせて汚れを取るということに加え削るという意味合いもあります。

この湯垢の様に研磨タイプには重曹の方がハマります。具体的には、鍋表面の焦げ付きが該当します。

 

 

 

あれ?同じように酸性の汚れに効果がある、さらに重曹なら研磨も出来る。
それなら重曹のほうが良いんじゃないの?と思うかもしれません。

 

 

ただ、冒頭の「『セスキ炭酸ソーダ』は、なにがそんなにすごいのか?」でも触れたセスキ炭酸ソーダの特徴である『水に溶けやすい』というのを忘れてはいけません。

逆に言うと重曹は水に溶けづらいということです。もしご自身でスプレータイプの重曹を作るとした場合、これがなかなか作れません。

となると、汚れに気がついた時に、サッとキレイにしたいと思ってもなかなか重い腰が上がらないという事になり、結果として汚れはそのままという事になってしまいます。

ここが、セスキ炭酸ソーダを重曹の使い勝手のバージョンアップと表現した所以です。

 

まとめると、重曹のほうがパワフルではあるものの、手軽さを求めるのであれば、セスキ炭酸ソーダに軍配があがるという感じです。ただ汚れをキレイにする手段として、研磨を必要とするのであれば、重曹を使うことをオススメします。

 

続いて、クエン酸との違いです。

クエン酸は最後に『酸』と付くだけあって、酸性です。セスキ炭酸ソーダはアルカリ性のため、アルカリ性の汚れには歯が立ちません。逆に酸性であるクエン酸はアルカリ性の汚れに威力を発揮します。

アルカリ性の汚れを具体的にいうと、『セスキ炭酸ソーダが苦手とする汚れは?使ってはいけない場所は?』で挙げましたが、カルキによる汚れや水垢、石鹸やアルカリ性洗剤のカスなどです。シンクなんかにはクエン酸を使うとよいです。

 

セスキ炭酸ソーダを買うならココ

ホームセンターやドラッグストアに行けば、大抵は売っていますし、最近は100円ショップでも売ってます。
もしお住いの近くになければ、ネットで検索すればいくらでも出てきますので、そちらで買うとよいです。

どこのメーカーのセスキ炭酸ソーダでもOKです。まずは、スプレータイプのものから入るといいと思います。

 

まとめ

最近話題のセスキ炭酸ソーダについて紹介しましたが、参考になりましたでしょうか。

家事えもん(ジューシーズの松橋周太呂)や、NHKの朝イチをはじめ様々な情報番組で紹介されていますので、一度は耳にしたことがあるかもしれませんが、具体的にはなんなんだ?と思っていた方や、奥様から聞かれたことがある方、この記事を参考に是非使ってみてください。

100円ショップで買えば100円で試せますし、他のスプレータイプのセスキ炭酸ソーダも高くても500円もあれば十分買えますので、一度試してみてください。

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

Mr.Father|父親だってオトコでいたいライフスタイルメディアの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Mr.Father|父親だってオトコでいたいライフスタイルメディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

huck

子供が出来ると段々とファッションに気を使わなくなっていくなんていうダサい父親になるのなんて、まっぴらごめんな37歳3児のパパ。

関連記事

  • リナビスの口コミ評判の真実は?!悪い口コミの真実を検証。

  • ランドセルの雄、土屋鞄の重さやフラットファイルの口コミまとめ

  • 生え際がスカスカはハゲへの第一歩?スカスカ度合いで分かるハゲ基準と対策

  • ランドセルの人気ブランドや色を厳選特集

  • インフルエンザ等で学級閉鎖の時に預かってくれる学童保育について

  • 生え際が後退してる人にオススメな髪型9選とセットのコツ