1. TOP
  2. ライフスタイル
  3. 台所の排水口の詰まり解消の相場

台所の排水口の詰まり解消の相場

 2018/05/11 ライフスタイル
  396 Views

台所の排水口が最近詰まっている気がする、台所の排水口からなんとなく変なニオイがすると感じていませんか?

もしくは、もう既に台所の排水口が詰まってしまって、至急台所の排水口の詰まりをなんとかしたいと困っていませんか?

「台所 詰まり」や「キッチン シンク 詰まり」などで検索すると自分で台所の排水口の詰まりを解消する方法がいくつか出てきますが、台所の排水溝の詰まりは自分ではどうしても解決できないケースも多く、プロに頼らざる追えない場合があります。

ただ台所の排水口の詰まりを解消してくれる業者を選ぶにあたって、「CMでよく見る」とか「安い修理代金がチラシに載ってた」などと、安易に選ぶのはちょっと待ってみましょう。

チラシなどの広告を見て業者を呼んだ水まわりの修理サービスについて、yahoo知恵袋や国民生活センターに寄せられた声では、ボッタクられたという声が年々増加傾向にあるようです。

 

水まわりの修理サービスのトラブル多発!-広告を見て呼んだら、思いもかけない請求が-(国民生活センター)

 

悪質な水道業者にひっかからないように、台所の排水口の詰まりを解消する料金の目安を知っておくこととともに、安心できる地元の水道業者さんにお願いするようにしましょう

 

Sponsored Link

台所の排水口の詰まり修理の相場は6千円〜3万円

台所の排水口の詰まりを解消するには、詰まりの症状によって大きく5パターンに分かれます。そして修理の相場はパターンによって異なります。

 

詰まり解消方法 料金相場
真空ポンプによる詰まり解消 6,000~8,000円
排水ホースの詰まり解消 6,000~8,000円
排水ホースの交換 6,000~8,000円+ホース代
ワイヤーで排水管の油の塊を解消 16,000~28,000円
高圧洗浄機による詰まり解消 25,000〜60,000円

 

これに加えて出張料金費用がかかります。

 

真空ポンプで取れる軽度な詰まりの場合

比較的軽度な詰まりであったり、排水口の手前で何かが詰まっている場合は真空ポンプで解消することが出来てしまいます。真空ポンプ解消した場合、作業の時間や手間も比較的掛りませんし、正直なところ、水道業者に頼まなくても詰まりを解消できるといえば出来てしまうレベルです。

そして、真空ポンプ解消出来た場合でも根本が解消出来ていなければ、そのうちまた詰まります。 真空ポンプで詰まりを解消しますと水道業者さんが言った場合は、それで根本解決するような軽度の詰まりなのかどうかを確認するようにしましょう。

真空ポンプでの修理は一時しのぎに過ぎないので、再度詰まる可能性を考えると根本を解決できるように作業依頼をする必要があります

 

排水ホースに落ちた固形物を取る場合

 

固形物を排水口に流してしまったなど、もし原因がわかっている場合は、電話での問い合わせの時に、水道業者さんに何を流してしまったのかを伝え、どのぐらい費用がかかりそうか聞いてみる事をおススメします。

排水ホース内に落としてしまったものが明らかな場合は、排水ホースを一旦取り外して、排水ホースに詰まっている固形物を取り出し、また排水ホースを取り付ける作業が必要になります。

もし、台所の排水口に落としてしまった固形物が排水ホースで詰まっておらず、排水管付近まで落ちてしまっていたら特殊作業費や狭い場所での作業になると狭所作業費などが加算される場合があります。

 

排水ホースを交換する場合

先程の固形物を台所の排水口に落としてしまったというわけでなく、長年使って細かなゴミなどが排水ホースに溜まって詰まってしまう場合があります。

そんな時は排水ホースを交換します。

排水ホースを交換すれば新品の状態になるので、ひとまずは安心でしょう。 ちなみに排水ホースの代金は2,000~4,000円程になります(長さによって異なります)。

 

自分で排水ホースを購入しておいて排水ホースの交換だけをお願いすれば安上がりと考えるかもしれませんが、部品交換工賃等が別途必要な場合もあるので確認してみる必要があります。

 

排水管で油の塊が詰まってしまっている場合

台所のつまりの原因物で、一番多いものは「スカム」と呼ばれる油が凝固したヘドロの一種です。

普段、排水口に油を洗い流さないように気を付けていたとしても、お皿などを洗うと、お皿に付いている油はどうしても排水口に流れていき、その油がドンドンと排水口の中で堆積することによって「スカム」となります。「スカム」については、後述の『台所の排水口の詰まらせる原因』で詳しく紹介します。

 

そして、この「スカム」は排水管に詰まっていることが多く、排水管の詰まりとなると費用も高くなります。

それには一般の人が持っていない特殊な機材を使ったり長時間の作業になったりするからです。 主に排水管で詰まった場合はトーラーと呼ばれるワイヤーを排水管に入れながら油の塊を砕いていきます。

ちなみに油の塊が想定以上にしつこいもので、時間も長時間になると追加料金が加算される場合もあるので確認してみるようにしましょう

 

高圧洗浄機を使った詰まりの場合

 

台所の排水口の詰まりを直すには高圧洗浄機が一番効果的ですし、その後の排水口、排水管のメンテナンスの手間もかかりません。 排水管にこびり付いた油の汚れは非常にしつこいもので、ワイヤーだけではきれいにならないものもあります。

そこで、高圧洗浄機を使って排水管内をキレイに掃除していかないといけません。

マンションなどの集合住宅に住んでいる場合、定期的なメンテナンスで高圧洗浄を行っている事があるかと思いますが、詰まりを起こしていない日常生活で、一戸建てではなかなか高圧洗浄機を使うケースは稀です。

 

なお、一戸建てよりもマンションで高圧洗浄をする場合、割高になります。それは、マンションの場合、一戸建てに比べ、排水管の構造が複雑で、かつ、長い場合が多いからです。 業者によっては1m2000円~3000円と+で追加料金がかかる場合もあるので確認してみるようにしましょう。

 

台所の詰まり修理で費用をおさえるポイント

もう既に台所の排水口が詰まってしまった場合、費用を抑えようがありません。

出来ることと言えば、複数の業者から見積を取って、その中から安い業者さんを選ぶくらいです。台所の排水口の詰まりの修理費用を抑えるには、普段から排水溝を詰まらせないように気をつける、もうこの一言に尽きます。

キッチンつまりは配管のぬめり掃除などである程度防ぐことができるので、日頃から掃除をしておくと良いでしょう。

 

では普段から排水溝を詰まらせないようにするためには、どうしたらよいか。

キッチンつまりの主な原因は、排水管に油汚れなどが付着して起こることが多いのですが、意外と様々な原因があります。

 

油汚れだけとは限らない!台所の排水口の詰まらせる原因

先程も少し触れた通り、台所の排水溝を詰まらせる原因で一番多いのは油汚れです。

 

しかし、水道業者さんに詰まりを解消してもらおうと原因を調べてもらうと意外なものが出てきたりします。

特にお子さんをお持ちの方、お子さんが○○を落としてたなんていうことに気が付かないまま過ごしていて、ある日突然台所が詰まるなんてことがあるかもしれませんので、よく注意してください。

 

また台所の詰まりの原因によって、修理の仕方が変わりますので、当然修理費用も大きく変わってきます。

そこで台所のつまりの原因を知っておく事でその後にどんな修理しなければいけないかがわかってくるようになります。

水道業者さんへの電話での問合せの時に、詰まりの原因がわかっていれば、これが原因だからこの作業をした場合の料金はいくらですか?と言った的確な質問が出来るようになるのとともに、先程の修理相場と照らし合わせて、この水道業者は良心的だなとかボッタクリだなということが分かります

 

油のかたまりによって詰まらせるケース

台所の詰まりの原因で一番多く、また一番厄介なのが、この油の塊です。

油と洗剤が結合して排水溝に流れていってしまうと、石のように固くなって排水パイプや排水管にこびり付いてしまいます。 これは『排水管で油の塊が詰まってしまっている場合』で紹介した「スカム」と呼ばれるものです。

そして、この「スカム」は、元々は酸性石鹸と呼ばれるヌルヌルとした汚れです。

酸性石鹸は、油と洗剤が結合してできる汚れですから、油を大量に直接排水口に流さずとも、日頃の食器洗いで食器や鍋の油を拭き取らずに、いきなり洗剤で洗うことを繰り返していると、詰まりが生じやすいです。

酸性石鹸からスカムには、1日、2日でなるものではありませんが、数年の年月を得て徐々に蓄積されていきます。

蓄積された塊は、台所の水の勢いでは剝がれません。 そのため、ワイヤー(トーラー)を入れて削ったり、高圧洗浄機で排水管や排水ホース内の油の塊を剝していく作業が必要になり、修理費用も高額になります。

そうならないためにも、食器や鍋を洗う前に、新聞紙やボロ布で食器の汚れを予め拭き取ってから洗うことで、酸性石鹸の発生量は、飛躍的に少なくでき、結果排水口も詰まりにくくなります

 

食材カスが原因で詰まっているケース

油汚れに次いで詰まりのトラブルの原因として多いケースなのが食材カスです。調理後の食材カスであったりお皿の上の細かい食べ残しが排水口に流れていってしまうケースが多々あります。

また排水口の上に食材カスを受け止める受け皿を置いているか家庭がほとんどだと思いますし、受け皿に溜まった食材カスはゴミ箱に捨てていると思います。

 

しかしながら、特に男性の方に注意が必要なのですが、受け皿の網目に詰まっているカスやちょっとしたゴミを排水口に流してしまっているというケースがあります。

 

これらゴミは、当然固形物なので、水に溶けませんし、これぐらい大丈夫だろうと思っていると後で痛い目をみます。

食材カスが排水ホースに詰まっている場合には、排水ホースを取り外して、ゴミを取り除いてから排水ホースをつなぎ直すぐらいですみますが、排水管で詰まってしまっている場合には高圧洗浄機で一気に外に押し流してしまうという作業をします。

 

ペットボトルのフタを落として詰まらせるケース

そんな事ある?と思うかもしれませんが、意外とペットボトルの蓋が排水口に詰まってしまっているということがあります。

不思議なことに、台所の排水口の穴とペットボトルのフタが同じくらいのサイズです。そのため、何かの拍子に台所のシンクにペットボトルの蓋が落ちてしまい、そのままスポッと排水口の穴の中に入ってしまうことがあります。

この場合は排水ホース内に引っ掛かっているケースが多いので、排水ホースを取り外してペットボトルの蓋を排水ホースから取り除き、また排水ホースを繋ぎ直します。

 

スプーンやフォーク

これも詰まりの原因で多く見られます。スプーンやフォークが排水口に流れてしまう理由としては、洗い物をしている最中に排水口の蓋を締めずに洗い物をしている場合があります。

シンクにはゴミ受けであったり、ゴミ受けの下にはワントラップと呼ばれる排水口とシンクとの仕切りがありますので、スプーンやフォークは排水口まで落ちていくことはすくないのですが、ワントラップがない場合、ゴミ受けの下がすぐに排水口になっており、スプーンやフォークを落としてしまうなんてこともあります。

そして、スプーンやフォークは意外にもスルッと排水管まで流れてしまうことがあります。フォークやスプーンのような固形物は排水管に流れてしまったら大変です。最悪の場合は床を剝して工事しないといけない可能性もありますので注意してください。

 

台所の排水口を詰まらせないために普段からやること

ペットボトルの蓋やスプーンやフォークを排水口に落としてしまった場合は、どうしようもないのですが、油汚れだったり食材のカスを排水ホースや排水管に溜めないことは普段ちょっと気をつけるだけで、大分変わってきます。

毎日掃除をすることが面倒に思うかもしれませんが、蓄積した汚れは取り除くにも時間がかかってしまうので、軽い汚れのうちにきれいにしておくことがポイントです。

汚れがたまらないうちに掃除をする習慣を付ければ、食器洗い用の中性洗剤でもシンクやワントラップの汚れも簡単に落とすことができます。

特に排水口は料理や食器洗いの際に野菜くずや油汚れがたまりやすい場所ですし、毎日サッとでいいので、ごみ受けやシンクをきれいにする習慣を付けると、快適なキッチンを保ちやすくなります。

また、ごみ受けのなかに丸めたアルミホイルを入れておくことで、金属イオンのパワーで菌の繁殖を防いでくれます。

 

ごみ受けまでの掃除はしていても、その奥は手を付けたことがないという人も少なくありません。

ワントラップが付いているご家庭であれば、ワントラップを外し、ワントラップのぬめりや汚れをスポンジや使い古しの歯ブラシなどを使ってきれいに取り除きます

頻繁に外して掃除をする必要はありませんが、たまには汚れ具合を確認するように心がけましょう。先程のアルミホイルによる金属イオンは、ワントラップのぬめりの繁殖を抑える効果もあります。

 

なお、シンクやワントラップを洗うときには、アルカリ性洗剤が効果的です。理由として、アルカリ性洗剤は水垢をよく落としてくれるからです。

 

ちなみに、油汚れというと酸性の洗剤が効果的なのですが、排水のつまりを解消する薬剤の多くは塩素系であり、これらが混ざってしまうと有毒ガスが発生する可能性があります。

パイプユニッシュのような排水のつまり解消してくれるパイプ洗浄剤を使う時は、酸性洗剤を使ってからしばらく時間をあけるようにしましょう

なおパイプユニッシュを使った場合、30分から1時間以内に水で流さないと、パイプユニッシュと油や食べカスが固まってしまい、より詰まりを発生させてしまいますので、注意が必要です。

 

またパイプユニッシュのようなパイプ洗浄剤だけでなく、重曹を1カップほど排水口の中に入れ、熱湯で半分に割った酢を静かに流し入れて、数時間~1晩置いてからお湯で流しておくと、更に詰まり予防&消臭になります。

 

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

Mr.Father|父親だってオトコでいたいライフスタイルメディアの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Mr.Father|父親だってオトコでいたいライフスタイルメディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

huck

子供が出来ると段々とファッションに気を使わなくなっていくなんていうダサい父親になるのなんて、まっぴらごめんな37歳3児のパパ。

関連記事

  • 重曹を超えた!と噂のセスキ炭酸ソーダを使った、ヤバイ簡単掃除術

  • 服のしつこい黄ばみを重曹でゴッソリ落とす。重曹による黄ばみ落とし術

  • いちごの賞味期限ってどのくらい?イチゴのオススメの保存方法をご紹介!

  • 女性不人気度No.1! ミドル脂臭の対策と予防方法11選

  • 布団の保管付き宅配クリーニングで一番安いのは『せんたく便』で決まり

  • 国立がんセンターも証明したイソフラボンの抜け毛への効果