1. TOP
  2. 育児・教育
  3. ママ友ゼロで何が悪い?!意外と多いママ友ゼロ

ママ友ゼロで何が悪い?!意外と多いママ友ゼロ

育児・教育   334 Views

ママとも付き合いが煩わしいと思っているママも多いかもしれませんが、実は最近、ママ友がゼロというママも増えてきています。

作りたいのにできないというママや、わざと作っていないというママもいて、事情は様々。

今回は、そんなママ友ゼロのメリットやデメリット、作るためにはどうすれば良いのかなどをご紹介したいと思います。

Sponsored Link

ママ友ゼロは3割と意外と多い?!

「ママ友いない」は意外と普通!母親278名“ぼっち事情”

こちらのサイトでは、ママ友がいないママは、全体で30%近くとなっています。

さらに、時間を取りにくいワーママは特にママ友が作りにくく、ゼロになってしまいがちなんですね。

ママ友ができずに悩んでいるという方は、あなただけではないので安心してくださいね。

 

ママ友ゼロのメリット

ママ友がゼロということは、悪いことばかりではなく、メリットもたくさんあります。

わざと作っていないママもいるので、いくつかご紹介します。

 

子供の成長のペースに合わせられる

ママ友がいると、ママ友やその子供に合わせなければいけないことも出てきますが、ママ友がいないと、自分の子供だけのペースに合わせることができます。

あまり無理をさせるのは子供にもよくないですし、親子のペースというのは大事なので、これはとても大きなことだと思います。

 

ママも、自分のペースで生活できる

ママ友がいなければその分お誘いもないので、ママにも自由な時間が増え、自分のペースで生活ができます。

ママ友が煩わしいと思う原因の多くはお誘いと断れずに縛られてしまうことのようです。

特にワーママはママ友に割く時間もあまりないので、その分ラクになるのではないでしょうか。

 

家族と過ごす時間を優先できる

こちらも先ほどの理由と同じように、自由な時間があるのでその分家族と一緒に過ごす時間も増えます。

本当に仲のいいママ友であれば一緒に過ごすことも楽しいでしょうが、付き合いだけで一緒にいるのであれば、やはり家族と過ごす時間の方がリラックスできますからね。

 

ママ友トラブルを回避できる

ママ友間のトラブルも案外多く、ちょっとしたいざこざでもギスギスして、相手に気を使い続けなければいけないことも。

ママ友がいなければそんなトラブルとは無縁ですので、面倒ごとに巻き込まれる心配もありません。

 

ママ友ゼロのデメリット

ママ友がいないことにはメリットもたくさんありますが、やはりデメリットもあります。

いくつかご紹介しておきますね。

 

保育園や幼稚園、小学校の情報がわからない

ママ友の情報というのは結構貴重で、保育園、幼稚園、小学校の情報は、ママ友以外からではなかなか手に入りにくいです。

子供が伝え忘れたこともママ友がいれば情報が入ってきますが、いないと何もわからないので、ママ友は情報源としても大きな存在です。

 

週末の遊びがマンネリ化する

自分たち家族だけだと、週末の遊びが徐々にマンネリ化してしまいます。

ママ友がいれば、家族同士で一緒にお出かけしたり、その家族の遊びを教えてもらうことで新しい遊びを発見することができます。

特に一人っ子の場合は子供が一人だけなのと友達がいるのとでは大きく違ってくるので、ママ同士の仲がいいと、一緒に遊びやすくなります。

 

ママ友がゼロでも子供の成長には関係ない

ママ友がいなくても、子供の成長には何の影響もありません。

ママ同士の仲が良くなくても子供には友達はいくらでもできますし、寂しい思いをすることも特にないでしょう。

ママ友を作るか作らないかというのは、ママの問題であって、子供はあまり気にしていないようです。

 

ママ友作りのチャンスを取り戻す方法

ママ友が作りたくても作れない、という場合は、どうすれば良いのでしょうか?

作るチャンスというのは意外にもたくさんあるものです。

場所別にご紹介していきます。

 

児童館

児童館は、いろいろなママが利用する場所なので、友達を作りやすいのではないでしょうか。

イベントが開催されているときは特に話しかけやすいかと思いますので、子供と遊びながらどんどん話しかけましょう。

 

保育園、幼稚園

保育園や幼稚園では、ママ友ではなくても挨拶をするママさんはたくさんいると思います。

気になるママがいれば、挨拶から徐々に話題を広げていって、会話をするようにしてみましょう。

毎日顔を合わせていると、仲良くなりやすいですよ

 

小学校

小学校は送迎がなくなる分他のママと顔を合わせる機会が少なくなります。

なので、運動会や授業参観などの学校行事に積極的に参加し、他のママと合う機会を作りましょう。

行事ごとの際には話しかけやすいですし、少しずつ距離を縮めていきましょう。

 

ママ友ゼロも一つのママのあり方。無理にママ友を作る必要はない。

ママ友が必要ないと感じるママは、周りが作っているからと無理にママ友を作る必要はありません。

他にもママ友がいないママもたくさんいますし、必要性を感じてからでも遅くはないです。

無理なママとも付き合いは疲れをためてしまいます。

自然とできることもありますので、いらないと感じる間はママ友ゼロで何の問題もないですよ。

 

まとめ

ママ友がいないママは意外にも多く、ママ友がいないということは悪いことばかりではなくメリットもたくさんあります。

わたしも実はママ友ゼロで子育てをしていますが、確かに大変だと感じることはあっても、困ったことは今のところ特にありません。

ママ友を作らなければいけないということは決してないので、自分に合った方法で、お付き合いをしていくようにしましょう。

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

Happines Family|子育て中のママ、パパ、家族が幸せになるライフスタイルメディアの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Happines Family|子育て中のママ、パパ、家族が幸せになるライフスタイルメディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

mie65

7歳と3歳の姉妹と5歳の男の子の子育てを四苦八苦しながら、ライターをしているママ。
女の子に挟まれた男の子がギャーギャーと最も悩ましい頭痛の種。

関連記事

  • ママ友が離婚?!どう反応するのが正解?あなたも離婚した時ママ友になんて報告する?

  • 本当にあった怖いウザいママ友10連発!私はこれで乗り切りました

  • ママ友に無視された!ママ友に無視されやすい5つの理由と3つの対策法

  • ママ友を家に呼ぶ時のチェックリスト。意外と気を付けないといけないポイント

  • ママ友が引っ越し。大切なママ友に送るメッセージ集。

  • ママカーストなんてくだらない!その実態と私が抜け出せた方法