マニキュアの捨て方はこれが正解!そのやり方は間違ってるかも

マニキュアを使い切るのはほぼ不可能ですし、気づいたら長い間使ってないものがたまってしまいますよね…。

いらないマニキュアを整理するとメイク周りもとってもすっきりします!

マニキュアの捨て方、そしてアレンジして再利用する方法をご紹介しますので、是非参考にしてみて下さい。

スポンサードリンク

マニキュアの基本的な捨て方

マニキュアの捨て方ですが、まず大前提として自治体により分別方法が違います。

全てまとめて燃えないゴミとして捨てられる自治体もあれば、マニキュアのパーツごとに細かく捨て方が規定されている自治体もあります。

分別方法を大きく分けると以下のように分かれます。

 

中身キャップハケ
全てまとめて燃えないゴミとして捨てる
燃えるゴミ空きビン
or
燃えないゴミ
プラスチック製容器包装燃えるゴミ

 

ビンやキャップはなんとなく燃えないゴミというのは、何となく理解できますが、中身やハケを燃えるゴミとして処分しないといけないのは、なかなか大変ですね。

また、全てまとめて捨てられる自治体と、一つ一つ分別しないといけない自治体とがありますので、注意がひつようですね。

ほとんどの自治体ではHPで50音別にゴミの品目と捨て方を載せているので、ご自身の自治体のHPで確認してみてください。

 

マニキュアの中身を分別する場合の捨て方

マニキュアの中身は、多くの自治体では燃える(燃やせる)ごみに分類されるようです。

ただしあくまでご自身の自治体のルールに従ってください。

でもマニキュアの中身だけ取り出した経験ってあまりないですよね?

どうしたらいいかをご紹介します。

 

排水溝に流すのはNG

まず初めに、マニキュアの中身を排水溝に流すのは絶対にNGです。

マニキュアは水に溶けない、もしくは溶けにくい材質で、しかも固まってしまいます。

流すと場合によっては配管を変えなければならないこともあるので、絶対にやめましょう。

 

スポンサードリンク

中身は新聞紙に吸わせて捨てる

マニキュアの中身を捨てる場合は新聞紙や布に吸わせます。

マニキュアの中身も新聞紙や布も燃える(燃やせる)ごみなのでその後は一緒に捨ててOKです。

油と同じような感覚です。

底の方に中身が残ってしまったら、綿棒などでかき出します。

 

中身が固まって出てこない時の捨て方

マニキュアの中身が固まって出てこない時は、除光液や無水エタノールを入れて振るとマニキュアの中身が溶けて取り出すことができます。

100円均一でも売っている薄め液を使うのもお勧めです。

 

なお、除光液の捨て方で迷っている方はこちらの記事をご覧ください。

Happines Family|子育て中のママ、パパ、家族が幸せになるライフスタイルメディア

整理していたら古い除光液が見つかってしまった! 捨てたいけれど捨て方がわからないから、仕方なく置きっぱなしにしているとい…

 

キャップ・はけ・ビンの分別が必要な場合のマニキュアの捨て方

マニキュアの瓶をよく見ると小さい字で素材が書いてあります。

多くの場合はキャップとフィルムがプラスチック、ビンはガラス瓶です。

キャップ、フィルムは、プラスチック製容器包装として、ビンは、燃えないゴミ or 空き瓶として分別するようにしましょう。

 

”はけ”に分別が必要なところも

マニキュアを捨てる時の分別方法で忘れがちなのが、キャップについている「はけ」です。

キャップは多くの場合プラスチックだとご紹介しましたが、実は”はけ”は大抵の場合ナイロンで、キャップのプラスチックとは分けなければならないのです。

 

マニキュアを捨てる前に!再利用の方法

マニキュアの捨て方、分別が必要な地域は結構面倒ですよね。

捨てるのが面倒と感じたら、再利用するという方法もあります。

かなり使い道がありますので、ピンとくるものがあれば是非やってみて下さい。

 

マニキュアの中身の再利用

まずはマニキュア本来の「塗る」用途で再利用する方法です。

もう単品で爪には使わないと思った色でも、別の色に変えたり、爪ではないものに塗ると印象が変わります。

どうせ捨てると思えば思い切ったこともできてしまうので、是非やってみましょう。

 

混ぜて別の色にしちゃう

使いにくい色は混ぜて別の色にしてしまいましょう。

混ぜる色はマニキュア同士だけでなく、粉々にしたアイシャドウでも可能です。

色だけでなく、ホログラムやグリッターを混ぜると違う印象になります。

注意したい点はマニキュア同士を混ぜる時は同じブランドにすること、混ぜてすぐ蓋をしめて振らないこと、瓶いっぱいに液を入れないこと。

これらに注意してオリジナルのマニキュアを作ってみましょう。

 

ヘアピンやスマホカバーをオリジナルのものに

マニキュアを塗れるのは爪だけではありません。

ヘアピンやスマホカバーに色を塗るのにも活躍します。

色を塗ったり、絵をかいたりするのが得意と言う人は、是非オリジナルのヘアピンやスマホカバーを作ってみましょう。

ヘアピンやスマホカバーは100均のものを使えば、お手頃にオリジナル商品ができてしまうのでとってもお勧めです。

 

吹き流し(ドリッピング)を楽しむ

ドリッピングとは筆を使って飛沫の様な着色をすることです。

マニキュアには元々はけが付いているのでそのままできちゃいます。

単色ではいらないと思った色でも、ドリッピングに使えば指し色として映えるかもしれません。

もちろん先述したスマホカバーのアートにドリッピングをするのもお勧めです。

 

トップコートは色々使える

透明なトップコートの場合は、「塗る」以外の活用方法がたくさんあります。

使えるものばかりなので、特にトップコートは捨てる前に再利用を考えてみて下さい。

 

割れた爪の補強

乾燥したり、何かに引っ掛けたり、綺麗に伸ばしたいと思っているときに限って割れてしまう爪。

サロンに行って補強したくても、その日のうちにすぐ行くのは難しいですよね。そして放っておくとますますひどいことに…。

そんな時トップコートで応急処置をすることができます。

少し割れた程度ならトップコートのみでOKですが、そうでない場合は瞬間接着剤を最初に使うのがお勧めです。

しっかり固まったらファイルで瞬間接着剤の表面を滑らかにし、接着剤が剥がれないようにトップコートを2度程塗ります。

 

ボタンのほつれ予防

出先でボタンがほつれてしまったという経験はありませんか?

そんな時トップコートが役立ちます。

ボタンの裏側、糸の付け根にトップコートを塗ることで糸を固め、応急処置することができます。

トップコートを捨てようと思っていたら、捨てずに是非化粧ポーチに入れて持ち歩いてください。

 

ストッキングの伝線予防

いらなくなったトップコートを化粧ポーチに入れておくと役立つのは、ボタンのほつれだけではありません。

余ってしまったトップコートは、ストッキングが伝線してしまった時にも応急処置として使えるんです。

 

使い方は簡単です。

伝線してしまった箇所を伸ばして、そこにトップコートを塗るだけ。

周りにも塗るとより効果的です。

伝線したままのストッキングってとても恥ずかしいですよね…。

いらなくなったトップコートを持ち歩いて、活用してみて下さい。

 

マニキュアのビンの再利用

中身の再利用についてご紹介しましたが、実はマニキュアの瓶にも再利用にお勧めの方法があります。

小さくて可愛いですし、同じ種類のマニキュアをたくさん持っていたら統一感もあります。

ゴミを増やさず、女子力アップの小物として活用しましょう。

 

フラワーベースにする

まずすぐにでもできるのがマニキュアの瓶をフラワーベース、花瓶として再利用することです。

小さくて可愛い、野の花の一輪差しになります。

そのままでももちろん可愛いですが、100均で売っているリボンなどでデコレーションすると更に可愛くなります。

特に小さいお子さんがいると、道端で摘んだ花をプレゼントしてくれたりして、嬉しいけど玄関に置きっぱなしで枯らしてしまうことはありませんか?

マニキュアの空き瓶はそんな野の花のフラワーベースにぴったりです。

 

ペンダントトップにする

少し上級テクは、マニキュアの瓶をリメイクしてネックレスを作ること。

ボトルパーツを好みに加工したら、口をワイヤーなどで巻いてチェーンを付けて完成です。

涼しげな見た目になりますので、特に暑い季節にお勧めです。

気になった方は是非挑戦してみて下さい。

 

カードスタンドにする

マニキュアの空き瓶はカードスタンドとしてもお勧めです。

スタンド部分を瓶にさしたらそれで完成。

最初に紹介したお花と一緒に飾るととっても素敵になります。

また、スタンド部分に切れ込みを入れたコルクを使ってもとってもお洒落になります。

 

ディフューザーにする

マニキュアの空き瓶はそのままアロマディフューザーとして使うこともできます。

ベビーオイルとアロマオイルを10:1くらいの割合で空き瓶に入れ、竹串やつまようじをさして完成です。

これなら家にあるものだけで簡単に作れるのでとってもお勧めです。

 

まとめ

マニキュアの捨て方、自治体によってかなり異なるようですね。

中にはそのまま捨てられる自治体もありますが、関東だと横浜市が分別が厳しいことで有名の様です。

せっかく分別したなら、ご紹介したアレンジ方法で瓶を再利用するととってもお洒落で分別した甲斐があるように感じます。

捨て方に合わせて、エコでお洒落なリユース方法にも是非注目してみて下さい。

スポンサードリンク