1. TOP
  2. ライフスタイル
  3. 女性不人気度No.1! ミドル脂臭の対策と予防方法11選

女性不人気度No.1! ミドル脂臭の対策と予防方法11選

 2017/05/24 ライフスタイル 美容
  1,933 Views

ニオイに敏感な女性を対象にマンダムが行ったアンケートでは、意外なことに、加齢臭は年齢からいって約9割許せるけど、ミドル脂臭は逆に8割が許せないという結果が出ています。

加齢臭は年齢的なもので仕方ない一方で、ミドル脂臭はケアしていない、怠けていると思われがちなんでしょうね。

何となく最近、頭がむず痒く、臭いような気がする。枕が黄ばみ始めていると感じている方、ミドル脂臭の予防と対策が必要です。

それでは、ミドル脂臭とは何なのか、そしてミドル脂臭の原因をしっかりとおさえた予防、対策を御覧ください。

 

Sponsored Link

ミドル脂臭対策&予防方法 11選

①後頭部を入念に洗い、頭皮を清潔にする

加齢臭の場合は主に背中ですが、ミドル脂臭の発生箇所は後頭部、首周りです。

後頭部を清潔にすることによって、ミドル脂臭を抑えることが出来ます。

 

ミドル脂臭に効果的な洗髪方法

「ミドル脂臭」はその粘性の高いねっとりとした頭皮脂に蓄積します。粘性の高い頭皮脂をよく落とす事が重要です。

 

1.髪をブラッシングする

いきなり髪を濡らしたり、シャンプーを付ける前に髪をブラッシングしてください。

髪や頭皮の汚れを浮き上がらせ、落としやすくするために、ブラシや手ぐしで髪をとかします。

 

2.お湯で髪と頭皮の汚れを洗い流す

シャンプーはまだです。シャンプー前の一手間が、この後のシャンプーによる皮脂汚れの洗浄を効果的にします。

シャンプー剤をつける前に頭皮や髪を洗い流すことで、粘性の高いミドルの頭皮脂もやわらかくなり、落としやすくなります。

ここでポイントになるのは、以下の2点です。

  • シャワーの水流を頭皮に対して90°になるように当てる
  • ちゃんと頭皮にまでお湯を浸透させること

 

3.襟足→もみ上げ→前頭部(顔周りの生え際)→後頭部→頭頂部の順に丁寧に洗う

頭皮の中で汚れやすい箇所から洗っていく事が大事です。

襟足が最も汚れやすく、頭頂部が最も汚れにくいため、この順番が良いでしょう。

洗う順番があるというのも理由があります。

人間はどうしても後の作業になればなるほど雑になるものです。最も汚れている襟足を最後に洗うようでは、洗う時間が短くなり、十分に汚れを落とすことが出来ない可能性が高くなります。

 

ここで、1つ質問ですが、アナタはシャンプーにどれぐらいの時間をかけていますか。

ある調査会社によると、男性の場合、シャンプーにかける時間は30秒から1分程度が一番多いようです。そしてこのシャンプーにかける時間が30秒から1分程度では皮脂はあんまり落ちないようです。

 

美容院でも床屋でもいいですが、シャンプーが30秒から1分程度で終わるなんてことないですよね。それだけの時間をかけているのは単純に皮脂が落ちないからです。

これからは3分ぐらいはシャンプーで頭を洗いましょう。それからちゃんと泡を落とすことを忘れずに。

 

ここまで紹介した洗髪方法は、ミドル脂臭を発見したマンダムさんのHPにも、ちゃんとした髪の洗い方が紹介されています。

引用:男のにおい総研

 

しっかり髪や頭皮を洗うことは重要だが、洗い過ぎには注意

ミドル脂臭を気にするあまり1日に何度もシャンプーしてしまうと、本来髪の毛を生成するために必要な皮脂まで洗い流されてしまい、結果として頭皮が乾燥し、薄毛にもなってしまいます。

また、皮脂不足は、過剰な皮脂分泌を起こし、ミドル脂臭が更にひどくなってしまう事もあるので、洗い過ぎには注意しましょう。

 

ミドル脂臭に効果的なシャンプーの選び方

ミドル脂臭対策のシャンプー選びのポイントは以下の2つです。

  • 「ミドル脂臭」のニオイ成分「ジアセチル」の発生原因となる菌を殺菌出来ること
  • 「ミドル脂臭」が蓄積される粘度の高い皮脂を洗い流す高い洗浄力

 

上記2点を意識して、シャンプーを選ぶようにしましょう。

ミドル脂臭対策のシャンプー選びについて詳しく知りたい方はコチラの記事を御覧ください。

ミドル脂臭対策の市販品シャンプーの成分を徹底比較。No1はどれだ?!

 

②首周りの皮膚をよく洗う

先ほどの後頭部を入念に洗うでも触れましたが、ミドル脂臭の発生源の一つに首周りがあります。また首は洗いそこねているという人が、密かに多いようです。

意識して首をよく洗うようにしましょう

 

ミドル脂臭の原因は、ジアセチルと中鎖脂肪酸です。詳しいことは後述しますが、ジアセチルは、皮膚の常在菌であるブドウ酸菌が、汗に含まれる疲労物質である乳酸を分解するることによって発生し、中鎖脂肪酸は、皮膚から分泌されています。

皮膚を清潔にする事は重要です。

 

③朝にシャワーを浴びる

寝起き臭という言葉も最近あるように、寝起きは思った以上に汗をかいています。

そして汗と同じく多くの皮脂も分泌されています。

汗や皮脂がたっぷり分泌された皮膚は汗、そして皮脂とまさにミドル脂臭そのものですので、朝にシャワーを浴びることで、ニオイ、そして目や頭をすっきりさせましょう。

 

④ミドル脂臭を抑える食べ物を食べる

ミドル脂臭を抑える食べ物として、以下の3つの食べ物が挙げられます。

  • 血の巡りを改善する食べ物
  • 疲労回復・新陳代謝を促進する食べ物
  • 頭皮の皮脂を抑える食べ物

 

血の巡りを改善する食べ物を摂取

血の巡りを改善する代表的な食べ物というと以下が挙げられます。

  • 玉ねぎ
  • リンゴ酢や黒酢などのお酢
  • みかんやレモンなどの柑橘類
  • 梅干し

 

【オニオンスライス】で血液をサラサラになんてことがよく言われますが、これは玉ねぎに含まれる硫化アリルというビタミンB1の吸収をよくする、血液凝固を遅らせる働きがあるからです。

 

また硫化アリルと同じく血液凝固を遅らせる働きがある栄養素としてクエン酸が挙げられます。

【リンゴ酢や黒酢などのお酢】であったり、【みかんやレモンなどの柑橘類】や【梅干し】は、クエン酸が多く含まれる食べ物挙げられます。

ちなみに、湯上がりにクエン酸を摂取すると汗腺機能も高まるので、より効果的です

 

また血の巡りをよくする栄養素として、ビタミンC 、ビタミンEも挙げられます。

先ほど挙げた【みかん】や【レモン】はビタミンCを多く含む食べ物ですから、Wの効果が期待できます。

 

【玉ねぎ】にせよ【みかん】にせよ【梅干し】によせ、血の巡りを改善する食べ物は比較的食べやすいものばかりです。積極的に摂取するようにしましょう。

 

疲労回復・新陳代謝を促進する食べ物を摂取

繰り返しになりますが、ミドル脂臭の原因のジアセチルは、皮膚の常在菌であるブドウ酸菌が、汗に含まれる疲労物質である乳酸を分解するることによって発生します。

疲労回復や新陳代謝を促進させる食べ物の成分としてビタミンB群があります。

特にビタミンB1は、糖質や脂質からエネルギーを生み出す「アミノ酸」の働きを活性化させる効用があるため、疲労回復、新陳代謝の促進に効果がある栄養素と言われます。

ビタミンB1を多く含む食べ物として、

  • 豚肉
  • 鶏肉
  • 大豆
  • 鰹節

などがあります。肉類については、出来る限り脂肪分のない部位を選んで摂取しましょう。

 

頭皮の皮脂を抑える食べ物を摂取

ミドル脂臭の原因の一つである『中鎖脂肪酸』は皮脂から派生したものであると冒頭に触れました。頭皮から過剰に皮脂が分泌されれば、『中鎖脂肪酸』が多く発生してしまいます。

皮脂の過剰分泌を抑える食べ物の成分としては、ビタミンB2、ビタミンC、食物繊維などが挙げられます。

よくワカメなどの海藻類が髪に良いなどと昔から言われているのは海藻類には多くの食物繊維が含まれているからです。また同じく食物繊維が多く含まれる食べ物としては緑黄色野菜があります。

 

それから、脂っこい食事を続ければ、頭皮に脂でテカテカになっていきますので、頭皮の皮脂を抑える意味でも脂っこい食事は控えるようにしましょう。

 

⑤不規則な生活やストレスを解消する

不規則な生活やストレスによって、以下を引き起こします。

 

  • 疲れがたまり、乳酸が溜まりやすくなる
  • 自律神経の乱れにより血行不良が起こり、乳酸の過剰分泌が起こる

 

いずれもミドル脂臭の原因の一つである汗の成分に含まれる乳酸を分泌してしまいます。

 

またストレスや疲労がたまると「肝機能の低下」も引き起こし、アンモニア臭も発生するという臭いの二次災害的なものにも繋がりますので要注意です。

 

⑥適度な運動を習慣づけ、体内の新陳代謝を向上させる

普段から汗をかく、運動をするという習慣を身につけることで、体内の老廃物を常に体外に出し、体内の新陳代謝を高めるようにしましょう

筋トレのようないわゆる無酸素運動ではなく、ジョギングや水泳のような有酸素運動の方が良いです。

 

無酸素運動の場合、急激に激しい運動をしがちです。急激な激しい運動は乳酸が溜まってしまいかえって逆効果です。普段からどんなに運動している人、鍛えている人であってもハードな運動をした時には乳酸が溜まります。

 

また運動後にミドル脂臭がキツイという人は、普段の新陳代謝が低いために、運動をした時に体内に溜まっていた老廃物が一気に汗とともに吹き出して、突然体臭がキツくなるという事もあるようです。

 

⑦タバコは止める

タバコを控える 言うまでもない話でしょうが、タバコは血行不良を引き起こします。

そもそもミドル脂臭の対策や予防という話で、臭いを改善しようという話です。
タバコそのものの臭いも嫌われますから、控えるようにしましょう。

 

⑧ちゃんとした洗濯をする

ミドル脂臭が既に発生してしまっている場合、服にミドル脂臭は染み付いてしまいます。

まさか、洗濯機に脱いだ服を放り込んで適当に洗剤を入れているなんてことありませんか?

ニオイが付いていないという服を洗濯する分には、洗濯機に脱いだ服を放り込んで洗剤入れて後は自動でお任せでも良いでしょうが、ミドル脂臭が染み付いてしまっている服ではそうはいかないでしょう。

 

この時、洗剤を選ぶポイントとして、香りが強いものは避けたほうが良いです。何故なら、洗剤の香りで誤魔化されてしまい、ミドル脂臭を服から取り除けてはいるかどうかわからないからです。また香りとミドル脂臭が混ざって、おかしなニオイを発生させてしまうからです。

 

「香り」ではなく、洗浄力で洗剤を、更に液体洗剤よりも粉末洗剤の方を選びましょう。

 

液体洗剤ではなく粉末洗剤をオススメする理由を詳しく知りたい方は、コチラの記事を御覧ください。

ニオイ菌の殺菌に漂白剤だけで満足できないなら試したい2つの方法

 

 

また、ミドル脂臭が染み付いているシャツは、多くの場合、黄ばみや黒ずみも発生しています。

漂白剤には、黄ばみ、黒ずみを落とすだけでなく、ニオイを取り除く効果もあります。

 

シャツが既に黄ばみ始めちゃってるよという方、ちゃんとした洗濯を覚えたいという方は、コチラの記事で漂白剤を使ったホンモノのシャツの黄ばみを取る方法を参考にしてください。

シャツの脇の黄ばみを落とせないのは漂白剤の効果を引き出せていないから

 

⑨体臭サプリメントを使う

食生活の見直しというものは、なかなか難しいというものです。

正しい食生活を送ることが至難の業である理由の一つに、食事をちゃんと毎日用意しなくてはならないということ、そしてそれは時間を要するという事があります。

なかなか仕事から帰ってきて食事の準備をするというのは億劫ですからね。奥さんが毎日毎日ちゃんと献立を考えて食事を用意してくれるのであれば別ですが、奥さんも働いていればなかなか難しいでしょう。

 

そんな方にはサプリメントがオススメです。

それぞれの栄養素のサプリメントであったり、様々な栄養素や体臭の消臭効果が期待できる成分を含んだドンズバな体臭改善サプリも数多く存在します。

 

そもそもミドル臭ってどんなニオイ?

これまで、ミドル脂臭の対策について紹介しましたが、そもそもミドル脂臭がどんなものかご存知でしょうか。

 

ミドル脂臭の臭いの特徴

ミドル脂臭の臭いでよく言われる例えとして、【古いろうそくのような臭い】、【使い古した油のような臭い】であったり、【汗と焦げが混ざった臭い】と評されます。

古いろうそくの臭いなんて嗅いだことないよ、という人も多いでしょうが、【使い古した油のような臭い】なら何となく想像がつくのではないでしょうか。

よくキツイ体臭と言うと汗の臭いのイメージがあり、酸っぱく鼻を突くような臭いのイメージがありますが、ミドル脂臭の場合は、それとは違い、モワ〜っとした真綿で首を絞めるようなニオイです。

 

ミドル脂臭は口臭や足の臭いよりも1.4〜1.5倍の強さがあるため、30センチぐらい、臭いが強い場合、1メートルぐらい離れていても気付くようです。

 

また、ミドル脂臭は「つわり臭」とも呼ばれ、女性から大変不人気です。

 

ミドル脂臭は女性から嫌われる臭いNo.1

ミドル脂臭、加齢臭とどちらも女性にとって、不快なものには違いはないのですが、ミドル脂臭の方が、より不快に思われる事が多いです。

冒頭でもお伝えしましたが、加齢臭は年齢からいって約9割許せるけど、ミドル脂臭は逆に8割が許せないという結果が出ています

 

もともと、女性は男性に比べて臭いに敏感です。

加えて、この「ミドル脂臭」の主成分が放つニオイは、別名「つわり臭」とも呼ばれており、女性が嗅ぐと胸がムカムカするほどの不快感を覚えまるそうです。

もはや生理的にムリ!と嫌悪されるほどのニオイなので、もし職場等でハンカチで鼻を抑えられるような事をされたら、自身がミドル脂臭である事を疑ったほうが良いでしょう。

 

アナタの臭いはどっち?ミドル脂臭と加齢臭の違い

年齢とともに気になる体臭と言えば、ミドル脂臭の他に、体臭の代表格とも言える、『加齢臭』という言葉があります。

「加齢臭の若い人版がミドル脂臭でしょ」と思っていたら、それは大きな間違いです。

 

ミドル脂臭と加齢臭の違いについて簡単な表にまとめてみました。

 

年齢 発生箇所 原因成分 ニオイの特徴
ミドル脂臭  30〜40代  後頭部、首 ジアセチル 使い古した油、ろうそく
加齢臭 50代 胸や背中などの体幹部 ノネナール ブルーチーズ、古いタンス、雑誌

 

どうでしょう、共に臭いというのは共通してはいますが、年齢、原因となる成分であったり、身体の発生箇所が違っています

 

例えば、ミドル脂臭なのにも関わらず、自分の体臭が加齢臭だと思って、一生懸命背中をゴシゴシと洗っていても、何の効果もありません。

ミドル脂臭の原因や特徴をしっかりとチェックした上で、ミドル脂臭に合った対策や予防をしましょう。

 

「ミドル脂臭」の原因は汗、乳酸、ジアセチルそして皮膚から過剰分泌された皮脂

使い古した油のような臭いが特徴のミドル臭ですが、何が原因でそんな臭いがするのでしょうか。

ミドル脂臭が発生するメカニズムは以下のとおりです。

  1. 汗の中の疲労物質「乳酸」が、皮膚の上の常在菌(ブドウ球菌)に分解される。
  2. 上記の分解の中で「ジアセチル」という成分が発生する。
  3. 「ジアセチル」が、皮膚の皮脂から派生した「中鎖脂肪酸」と混ざる
  4. 皮膚や毛穴にこびり付くことで、ミドル脂臭が発生

 

「ジアセチル」の時点で不快な臭いを発しますが、「ジアセチル」が「中鎖脂肪酸」と混ざりあうことで【ミドル脂臭】へと格上げされ、強烈な臭いを発します。

 

「中鎖脂肪酸」という言葉、油のCMとかで耳にしたことが有るという人もいるのではないでしょうか。【使い古した油】の原因となっているのはここにあります。

 

なおジアセチル×中鎖脂肪酸が原因であるミドル脂臭は揮発性が高いため、少し離れていても臭いがしてしまうというわけです。

 

ミドル臭になりやすい人の特徴をチェック

ミドル脂臭は30代から40代の男性に多く存在するのですが、ミドル臭になりやすい人、なりにくい人がいます。アナタはどちらでしょう。

ミドル脂臭になりやすい人というのは、以下の特徴があるようです。チェックリスト風にまとめましたので、ご自身がいくつ当てはまるか確かめてみてください。

 

  • 寝るのが遅く、睡眠時間が少ない
  • 生活パターンが不規則だ
  • 運動をする習慣がない
  • 脂っこい食べ物が大好き
  • 野菜やフルーツは殆ど食べない
  • 夜食や間食をよくする。
  • 喫煙者だ
  • 頭や首の後ろがべたつく事が多い
  • 枕カバーが黄色い
  • 頭を洗う時間は1分程度
  • 身体の部位を意識して洗っていない

 

さて、いくつ当てはまりましたでしょうか。

先ほどのチェックリストは、全てミドル脂臭の原因である乳酸や皮脂、中鎖脂肪酸、そしてジアセチルが発生しやすい生活習慣だったり、ミドル脂臭の人の特徴をまとめたものです。

3つ以上当てはまったという方は、ミドル脂臭もしくはミドル脂臭予備軍だと思ってもいいかもしれません。

 

まとめ

ミドル脂臭の原因、そして対策や予防方法について紹介しましたが、いかがでしたか。

シャンプーや身体を洗うといった意識をちょっと変えることで出来ることから、根本から意識を変える必要がある食生活の見直しまで、色々と紹介しました。

まずは出来ることから試してみてください。

まずはシャンプーから試してみようという方はコチラの記事を御覧ください。

ミドル脂臭対策の市販シャンプーの成分を徹底比較。No1はどれだ?!

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

Mr.Father|父親だってオトコでいたいライフスタイルメディアの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Mr.Father|父親だってオトコでいたいライフスタイルメディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

huck

子供が出来ると段々とファッションに気を使わなくなっていくなんていうダサい父親になるのなんて、まっぴらごめんな37歳3児のパパ。

関連記事

  • ミドル脂臭対策の市販シャンプーの成分を徹底比較。No1はどれだ?!

  • 市販では手に入らない、柿渋エキス配合のボディーソープ、シャンプー