1. TOP
  2. ライフスタイル
  3. 長持ちさせるみかんの保存方法!箱買いしたみかんも腐らせない!

長持ちさせるみかんの保存方法!箱買いしたみかんも腐らせない!

寒い時期になるとみかんが箱売りで安く店頭に並んだものを買ったり、知人や親戚から大量にみかんをもらう事も多いのではないでしょうか?

しかし、1週間ほどで痛みが出てきてしまうみかんをどう保存しておけばいいのかは意外と知られていません。

今回はそんなみかんを長持ちさせる方法を紹介していきます。

Sponsored Link

みかんの主な保存方法と保存期間

まずは、基本的なみかんの保存期間です。(購入した状態によって短くなる場合もあります)

  • 常温保存:約2週間から最大1か月
  • 冷蔵庫保存:約2週間から最大1か月
  • 冷凍庫保存:約2週間から最大3か月

このように、みかんは基本的にはある程度長持ちする果物です。

しかし、それぞれのみかんの保存方法にも注意すべき点もあり油断すると1週間程度でも痛んでしまうことも多々あります

みかんの特徴を踏まえた上で、それぞれの保存方法について注意点を挙げていきます。

但し、オレンジやネーブルと言った皮の厚い種類の柑橘類はこの保存期間や方法は当てはまらないこともありますので注意してください。

 

常温保存(ただし暗い所)がベスト

みかんの最適な保存温度は5℃~15℃とその範囲はとても広く、冬に限らず市場に出回る時期では常温でみかんの保存が可能です。

しかし、ただみかんを置いておくだけでは乾燥しやすく、乾燥してしまうとカビの発生が早くなったり味が落ちたりとみかんにとって良いことはありません。

常温でみかんを保存する際は、常温でも特に風通しの良い冷暗所での保存が乾燥対策にもなりオススメです。

次の項目で説明しますが、冷蔵庫は乾燥しやすく冷凍庫は味や形が損なわれる場合もありますのでみかんを保存するなら常温で保存し、特に冷暗所での保存をオススメします。

 

冷蔵庫はオススメできない

冷蔵庫は常に温度も一定に保たれておりカビの心配もないので、一見保管場所として有効のように感じますが、実は冷蔵庫内は常に空気が循環していて非常に乾燥しやすく適切な処置をしておかないとみかんの長期の保存には向きません

みかんを冷蔵庫で保存する場合の方法は以下の方法があります。

  • 新聞しかキッチンペーパーなどで1つ1つ包む
  • ビニール袋かラップで1つ1つ包む

冷蔵庫内には常に空気の動きがありますので、なるべく空気の影響を受けない為の処置が必要になります。大量のみかんを1つ1つ包んでいくのはかなり面倒ですし、保存期間も1か月程度です。

そんなに冷蔵庫に余裕があるご家庭も少ないと思いますので、私は冷蔵庫での保存はオススメしません。

 

冷凍みかんの作り方

みかんを1か月以上の長期で保存したい場合は冷凍がおすすめです。

食べるという点だけなら1年以上の保存も可能と言われています。

そんな冷凍ミカンの作り方にもコツがありますので紹介していきます。

1:みかんの皮を水で濡らす。

2:冷凍庫内でみかんを冷す。

3:皮の表面に霜が付いてきたら一度水に潜らせる。

4:再び冷凍庫に入れて冷凍させる。

5:冷凍後はジップロックなどで密封して保存。

 

この方法で、3か月程度はみかんの味の劣化も防ぐことが出来ますので昔、給食で食べた冷凍みかんのように美味しく食べることが出来ます!

ただ、長期保存が出来るとはいえ徐々に味も劣化していきますので早めに食べるようにしましょう。

 

みかんが箱買いなどで大量に手に入った時に保存するポイント

冬の風物詩と言えるみかんですから、好きな方は箱買いなどで一度にたくさん購入する方もいらっしゃると思います。

箱でみかんを買った際に注意する点や、傷んだみかんを見つけた場合の対処法を紹介します。

 

みかんを箱から全て出して傷んでいるみかんは取り除く

まず、みかんを箱で購入した際は一度箱の中身を全て出しましょう

お店で購入した時点で、傷んでいるものやカビが生えているものが入っている可能性があります。

少し皮が裂けているくらいの痛みであれば、先に食べてしまえばいいだけですが、汁が出ている、皮が解け始めているものを見つけたら勿体ないですが捨ててしまいましょう

周りのみかんに移ってみかんの傷みを広げてしまいます。

 

中身を全て出してチェックした後は、下にあったみかんが上になるように箱に戻しましょう

これは下にあったみかんほど上からの圧力で傷みやすくなっているため、かかっていた圧力を分散させることで長持ちさせることが出来ます。

 

箱とみかんを一度乾かして詰め直す

密封された箱の中には湿気がたまっているので、箱とみかんを一度乾かすことも有効です。

乾かすことで、箱の中の湿度が下がり、みかんのカビの発生を抑えることが出来ます

また、すでにカビが発生していた場合も乾燥させることでカビ菌を取り除く効果も期待でき周りのみかんにカビが移ることを抑制することが出来ます。

みかんを箱にもどす時に、一番下に新聞紙を引いておくと更に湿気対策になりますよ。

 

みかんのへたを下にする

保管するみかんの向きにもコツがあります。

みかんを保存するときは、へたを下向きにすると良いと言われています。

理由は、一番硬い部分であるへたを下にすることでみかんにかかる重さをへたが分散してくれるからです。

箱買いなどの大量にみかんを保存する場合は是非試してみてください。

 

カビと乾燥に気を付ける

一番みかんを捨てることになる理由であるカビと乾燥には注意が必要です。

これまで挙げてきた対策を行うことである程度は出来るはずですが、覚えておきたいのは、

  • 常に乾燥状態である冷蔵庫などみかんが乾燥しやすい環境は避ける。
  • カビの成長に必要な湿度、温度、空気などの要素を可能な限り取り除く
  • 箱を乾燥させる・冷暗所で保存する・みかんを1つ1つ包む

がこれにあたります。適切な管理でみかんを長持ちさせましょう。

 

置き場所を工夫する

基本的に冷暗所での保存が良いと紹介してきましたが、具体的に家の中で置く場合は直接日光の当たらない玄関や普段あまり使わない和室など、冬場のエアコンで温度の上がりすぎない場所や風が通りやすく湿気のが溜らない場所が保存に適しています。

置き場所にも工夫することでいつもよりも長くみかんを保存することが出来ます。

ついつい置きたくなってしまいますが、こたつの上に置くのはその日食べる分だけにしておきましょう。

 

まとめ

冬の身近な果物であるみかんの保存について紹介してみました。

やはり長期保存には手間がかかってしまいますが、中でも最初に箱の中身をチェックすることが一番重要ですので、みかんを大量に手に入れた場合は是非行って頂きたいです。

最後まで美味しく食べられるよう、適切な保存を心掛けましょう!

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

Mr.Father|父親だってオトコでいたいライフスタイルメディアの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Mr.Father|父親だってオトコでいたいライフスタイルメディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

huck

子供が出来ると段々とファッションに気を使わなくなっていくなんていうダサい父親になるのなんて、まっぴらごめんな37歳3児のパパ。

関連記事

  • ほうれん草を美味しく食べたい!ほうれん草の賞味期限や保存方法は?

  • 美味しく菊芋を保存する方法!美味しい菊芋の見分け方!

  • えのきの賞味期限は?えのきのオススメの保存方法をご紹介!

  • いちごの賞味期限ってどのくらい?イチゴのオススメの保存方法をご紹介!

  • じゃがいもの賞味期限は通常1週間。美味しく長期保存する方法を紹介!!

  • かぼちゃの賞味期限は正しい保存方法で1か月まで伸ばせる