1. TOP
  2. ライフスタイル
  3. 女性に人気!もち麦ダイエットに効くもち麦の効果的な食べ方

女性に人気!もち麦ダイエットに効くもち麦の効果的な食べ方

ライフスタイル
  67 Views

即効性があることで話題の、もち麦ダイエット。始めて3日くらいで効果が出てくることもあるそうです。

女性タレントさんがテレビで紹介したこともあり、注目を集めていますよね。でも、難しいのでは?と思っている方も多いのではないでしょうか?

もち麦ダイエットの手軽な実践法やもち麦の効果的な食べ方を、わかりやすくご紹介していきます。

Sponsored Link

ダイエットに効果的なもち麦の食べ方

1日2回、朝と昼のご飯に1膳づつ食べます。白米は夜に食べられます。白米が食べたくて仕方がない方も、この方法ならストレス少なくダイエットができそうですね。

 

もち麦を1日2回朝と昼のご飯に混ぜて食べる

もち麦ごはんは、朝と昼に摂るのが理想的です。胃や腸の動きが活発な朝と昼は、消化吸収の働きが良い=ダイエット効果が出やすいからです。

 

もち麦ご飯は夜はダメってなぜ言われるか?

もち麦は食物繊維が多く含まれます。朝や昼に食べたときと比べ、夜ごはんは消化に時間がかかり、おなかが張って苦しくなることも。

とはいえ、夜のもち麦ごはんが絶対にNGというわけではありません。継続してもち麦ごはんを食べたい場合、もち麦の割合

を減らすといいでしょう。

 

まずは2週間は続ける

効果が出やすいと言われるもち麦ダイエットですが、やはり個人差はあります。健康的に減量できなければ、意味がありません。痩せた!と実感できなくても、2週間は続けてみてください。

 

3ケ月続けれれば完璧

減量のペースに幅があるのは、個人の体重や体脂肪率に差があるためです。また、ライフスタイルによっても効果は変わります。

一般に、ダイエットに必要なのは細胞が生まれ変わる3ケ月間、と言われています。何とかがんばってみませんか?

 

もち麦をゆっくりよく噛んで食べる

もち麦ごはんは「ゆっくり」「ひとくち当り30回噛む」ことを目標にしましょう。

早食いは物足りなく感じるうえ、消化にも悪影響が出ることがあるからです。多く噛むことで満腹中枢に刺激を与え、満足感が得られます。

 

お水をしっかり飲む

食事のときは、もち麦ごはんと一緒にお水を200mlくらいを摂ることをおすすめします。

もち麦の中の食物繊維が、水分を吸収してダイエット効果が出やすくなります

 

もち麦の食べ過ぎには注意

もち麦は体に良い食べ物ですが、食べ過ぎるとダイエット効果が失われてしまいます。

もち麦は、カロリーゼロ食品ではありません。特に、もち麦と白米を混ぜたもち麦ごはんを食べている場合、食べ過ぎると太ってしまう恐れがあります。

 

高カロリーな食べ合わせは避ける

もち麦を食べているからといって、おかずやお菓子を普段よりも多く食べていては、ダイエット効果は激減です。

脂肪分が多い食品、油で揚げてある食品などとの食べ合わせには注意が必要です。

 

もち麦ごはんの効果的な作り方

特別なテクニックは必要ありません。ふだん通りに炊飯器を使ってOKです。土鍋や圧力鍋でも風味よく出来上がります。

炊飯器の場合、炊飯後は保温を切るようにしましょう。においがこもったり、変色したりすることが少なくなります。

 

もち麦ごはんの水加減はもち麦の量の3倍の量を余分に入れる

もち麦は水分量が少ないので、炊くときはもち麦の3倍の量を入れるのが目安です。

ややゆるく仕上がる場合もあるので、様子をみて加減をしてみましょう。

 

白米7:もち麦3、もしくは5:5の比率でブレンド

もち麦ごはんの比率は、白米7:もち麦3から5:5の間で、お好みで調整してください。もち麦が多くなるほど、噛みごたえがあります。

 

もち麦がもたらすダイエット効果

そもそもなぜ、もち麦がダイエットに効果的と言われるのでしょうか?

それは「デブ菌」が減るためです。

デブ菌は腸内細菌の一種で、脂質や糖質を必要以上に体内に溜め込んでしまう性質があります。もち麦は、このデブ菌を減らす効果が認められているので、痩せ体質を目指すかたにうってつけ、というわけです。

 

食物繊維がすごく便秘解消

もち麦に含まれている食物繊維が、便通を良くします。便通が良くなると血流がきれいになります。

その結果代謝が上がり、痩せやすい体質へと変化する効果も報告されています。

 

脂肪の吸収を抑える

もち麦は、強い粘り気を持っています。その粘り気が体内のコレステロールを吸着して、体外へ出す手助けをしています。

 

βグルカンが腸内環境を整える

もち麦は大麦の一種です。もち麦が注目される理由のひとつは、βグルカンという食物繊維を豊富に含んでいるからです。

βグルカンは水溶性食物繊維(水に溶けやすい特性を持つ)で、糖質の吸収を抑えるなど、いろいろなうれしい作用があります。

 

余計な糖分の吸収を抑え、血糖値をコントロール

もち麦の粘り気は、前述のβグルカンによるものです。

βグルカンの粘り気は糖の吸収を抑える作用があり、血糖値の上昇を緩やかにします。

 

まとめ

もち麦を食べることを長期的に続けていけば、痩せ効果だけでなく、バランスのとれた食生活へ改善できます。

皆様の健康的なダイエットライフを応援しています。

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

Mr.Father|父親だってオトコでいたいライフスタイルメディアの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Mr.Father|父親だってオトコでいたいライフスタイルメディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

huck

子供が出来ると段々とファッションに気を使わなくなっていくなんていうダサい父親になるのなんて、まっぴらごめんな37歳3児のパパ。

関連記事

  • 押麦の糖質制限の効果とは?糖質制限に効果的な押麦の食べ方

  • もち麦のカロリーは170kcal。もち麦がダイエットに良い5つの理由

  • もち麦にはどんな効果、効能があるの?もち麦の魅力や注意点を解説!