1. TOP
  2. ライフスタイル
  3. 生クリームはコンビニでは買えない?3大コンビニを徹底調査

    生クリームはコンビニでは買えない?3大コンビニを徹底調査

    ライフスタイル 育児・教育   220 Views

    スーパーの開いてない時間に突然生クリームが必要になったとき、手に入れることはできるのでしょうか?

    24時間開いていると言えばコンビニエンスストアですが、コンビニに生クリームは売っているのでしょうか?

    お子さんが家庭科の授業で生クリームが必要なことを伝え忘れていたり、夜中や早朝に使いたいのに生クリームがない!と気づいた時のために、どこに売っているのか、代用するとしたら何がいいのかをご紹介します。

    Sponsored Link

    急いで生クリームが欲しい時!コンビニに売っているの?

    生クリームを常備している家庭は少ないと思います。

    だからこそ急に生クリームが必要になったとき、買いに行くしか手段がありませんよね。

    近くに24時間開いているスーパーがあればいいですが、そうでない場合コンビニエンスストアで買うことができるのでしょうか?

     

    植物性ホイップはある可能性あり!

    生クリームには動物性と、ホイップと書かれた植物性のものがありますが、コンビニエンスストアに置いてあるとしたら植物性ホイップです。

    植物性は動物性に比べると色が白く、あっさりとした味わいなのが特徴で、更にホイップの形もきれいに保てることからケーキのデコレーションなどに向いています。

    また、泡立て不要で、購入してすぐ使えるタイプのホイップが売っていることもあります。

     

    バレンタインの時期などは生クリームがある時も

    コンビニは地域性や季節によって商品構成が違います。

    バレンタイン時期など、スイーツを手作りする人が増える季節には、普段生クリームを置いていないコンビニでも取り扱う可能性があります。

    実際生クリームだけでなく、バレンタイン時期に製菓用品を扱うコンビニもあるようです。

     

    店舗によるので事前に確認をしよう

    とは言え生クリームはコンビニに必ずある商品ではありません。

    無駄足にならない様、事前に電話するなど確認してから足を運ぶのがいいでしょう。

    コンビニエンスストア大手だとセブンイレブンに一番取り扱い店舗が多い様ですが、やはり全店ではない為事前に確認することをおすすめします。

     

    時間がある時ならどこで生クリームが買える?

    では時間を気にしないなら生クリームはどこで買えるのでしょうか?

    生クリームの賞味期限は未開封の状態で約1週間と牛乳と同じくらいの長さなので買い溜めはできませんが、使用する予定があるなら事前に購入しておくのが確実です。

     

    スーパー

    生クリームの購入場所として最初に思いつくのはスーパーですよね。

    実際一番生クリームの品ぞろえが良いのがスーパーです。

    動物性、植物性、すぐ使えるものなど何種類も扱いがあることが多いです。

    多くの品ぞろえの中から選ぶのであればやはりスーパーが一番お勧めです。

     

    ドラッグストア

    大きなドラッグストアだとスーパー並みに食品が売っているところもありますよね。

    そういったドラッグストアには生クリームも売っていることが多いです。

    スーパー程の品ぞろえはありませんが、値段が極端に安いこともあるのでお得に手に入れることができるかもしれません。

    また24時間開いている店舗が近くにあれば、コンビニより確実に手に入るでしょう。

     

    ドン・キホーテ

    意外かもしれませんが、ドン・キホーテでも生クリームが売っていることがあります。

    ただしこちらも全店舗ではなく、乳製品の品ぞろえが多いお店に生クリームもあると思った方がいいでしょう。

    品ぞろえのいい店舗では数社の生クリームの扱いがあり、低脂肪タイプも売っています。

     

    生クリームの代用品は?

    では近くのコンビニに売ってなかった時や買いに行くのが面倒な時、生クリームの代用になるものはあるのでしょうか?

     

    基本的に牛乳で代用できる

    残念ながら、生クリームを泡立てたホイップを作りたいのであれば牛乳で代用することはできませんが、生クリームを液体として使う場合であれば、基本的に牛乳で代用できます。

    そのまま使うと生クリームに比べてかなりさっぱりしていますが、アレンジをすれば大丈夫です。

    アレンジについては各料理の項目で具体的にご紹介します。

     

    ケーキを作りたい!

    ではケーキを作りたいのに生クリームがない場合、何を使えばいいのでしょうか?

     

    牛乳+バター

    牛乳で代用する場合はバターを足すとコクが出ます。

    牛乳とバターの割合は3:1がお勧めですが、濃厚な方が好みなら1:1にしても大丈夫です。

    そのままだとサラサラなので、小麦粉か片栗粉を入れると生クリームの様なとろみとコクが出ます。

    牛乳は成分無調整のものを使ってください。

     

    豆腐クリーム

    意外かもしれませんが豆腐で生クリームの様なクリームを作ることもできます。

    用意するものは木綿豆腐、メープルシロップやキビ砂糖などの甘味料、塩、バニラエッセンス。

    木綿豆腐を水切りして水分を抜き、フードプロセッサーに他の材料と一緒に入れて滑らかなクリーム状になるまで撹拌したら完成です。

    ヘルシーなのに濃厚で、乳アレルギーがあっても食べられるのでとてもお勧めです。

     

    水切りヨーグルト

    生クリームと同じ乳製品なので豆腐よりはイメージがしやすいと思いますが、水切りヨーグルトを生クリームの代わりに使うこともできます。

    水切りはふんわりとした状態にしたい時は1~2時間、しっかり切りたい場合は3~4時間がお勧めです。

    ケーキを作ってから食べるまでに時間がある場合、生クリームと違ってスポンジがヨーグルトの水分を吸ってしまうので、しっかりと水切りをしましょう。

     

    チョコトリュフを作りたい!

    バレンタイン時期などに作ることが多いチョコトリュフもレシピに生クリームが入っています。

    でもこれも他のもので代用することが可能です。

     

    牛乳+バター

    まずはケーキでもご紹介した牛乳+バターを生クリームの代わりに使うレシピです。

    牛乳だけだとコクがないので、その分をバターで補います。

    おススメはお菓子作りに使われる無塩バターですが、有塩バターはもちろん、マーガリンを使っても問題ありません。

     

    牛乳だけでもOK

    実はチョコトリュフなら、バターも使わず生クリームの代わりに牛乳で作ることも可能です。

    生クリームの代わりに牛乳を使うと生クリームよりお手頃なだけでなく、カロリーも少なめなので嬉しいですよね。

    ただし牛乳は生クリームに比べて乳脂肪分が10倍以上少なく、そのままのレシピだとチョコが固まらないと言うトラブルになります。

    対策として牛乳自体の分量を減らす必要がありますが、検索すると牛乳を使ったチョコトリュフのレシピがたくさん出てきますので、失敗しないために牛乳を使ったレシピで作るのがお勧めです。

     

    カルボナーラを作りたい!

    カルボナーラも生クリームを使う代表的な料理ですが、実は生クリームを使うレシピは日本のレストランで編み出されたもので、本場イタリア・ローマでは今も昔もカルボナーラに生クリームを使わないんです。

    本場のカルボナーラソースは卵とチーズと黒コショウのみ使ったとてもシンプルなもので、生クリームなしで作ることができます。

    でもやっぱり日本のカルボナーラが味わいたい!と言う方には以下の代用がお勧めです。

     

    牛乳+チーズ

    生クリームなしで日本のカルボナーラを味わいたいなら、牛乳にチーズでコクを加えるのがお勧めです。

    牛乳はしっかり煮詰めてそこにチーズを入れて溶かします。

    そこにゆでたパスタを入れ、火を止めたら溶き卵を加えてできあがり。

    冷蔵庫にあるものでお昼を作りたい時にぴったりです。

     

    シチューやグラタンを作りたい!

    では、シチューやグラタンはどうでしょうか?

    こちらも生クリームなしで作れるレシピが検索するとたくさん出てきます。

     

    牛乳だけでもOK

    シチューやグラタンなら基本的に牛乳だけで生クリームの代用ができます。

    他の料理やお菓子同様、生クリームを使うとより濃厚になりますが、牛乳だけで作っても全く問題はありません。

    むしろ生クリームは脂肪分が多いので、使う場合は牛乳と合わせて使うことをお勧めします。

     

    バーニャカウダを作りたい!

    ちょっとしたおもてなし料理にも便利なバーニャカウダも生クリームなしで作ることができます。

    あるもので作れると突然のお客様にもさっと出すことができて便利ですよ。

     

    コーヒー用ミルク

    実はコーヒー用のミルク、コーヒーフレッシュでバーニャカウダが作れちゃいます。

    生クリーム大さじ1の代わりにコーヒー用ミルク2個を目安にしてください。

    コーヒー用ミルクなら賞味期限も長いのでとっても便利ですよね。

     

    豆乳

    バーニャカウダは豆乳でも作れます。

    豆乳の場合は生クリームと同じ分量で置き換え可能です。

    豆乳で作るととてもさっぱりしていて、野菜との相性も抜群です。

     

    牛乳だけでもOK

    牛乳だけでもバーニャカウダは作れます。

    こちらも生クリームと同じ分量で置き換えてください。

    生クリームの代わりに牛乳でも物足りないことはなく、むしろ重たくなりすぎず食べやすいです。

    ブレンダーやミルで攪拌してしっかり乳化させるととろみが出ます。

     

    まとめ

    残念ながら生クリームはコンビニエンスストアに必ずある商品ではないことがわかりました。

    でも絶対にないわけではないので、電話をして確認をする価値はありそうです。

    また、生クリームにこだわらなくてもよければ、意外と代用法がたくさんあります。

    むしろ生クリームを使わないレシピの方が、お財布にも体にも嬉しい結果になりそうです。

    Sponsored Link

    \ SNSでシェアしよう! /

    Happines Family|子育て中のママ、パパ、家族が幸せになるライフスタイルメディアの注目記事を受け取ろう

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

    Happines Family|子育て中のママ、パパ、家族が幸せになるライフスタイルメディアの人気記事をお届けします。

    • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
    • フォローしよう!
    Sponsored Link

    ライター紹介 ライター一覧

    るまま

      関連記事

      • 赤ちゃんのお風呂は毎日必要?面倒なときはどうしたらいい?

      • 28歳、29歳っておばさんなの?!おばさんって言われる基準は何?

      • 今ドキ女子は大学の入学式のスーツどこで買う?お店やスーツの選び方

      • 赤ちゃんにピーナッツを与えるのはいつから?ピーナッツをあげる時の4つの注意点

      • 子供が我慢できない生き物なんて誰が決めた?子供だって我慢が出来るようになる

      • キヌアは糖質制限ダイエット向き?白米や玄米と比べて糖質がどれくらい少ないか。