賞味期限が1か月過ぎた納豆はNG。何日までならOKなのか?

賞味期限1か月経過の納豆は食べたらダメ

 
納豆に設定されているのは消費期限ではなく賞味期限

簡単に言うと、美味しく食べられる期限であり、1日過ぎたからと言ってすぐに腐るものではありません。

では実際に納豆が食べられなくなるのは賞味期限を過ぎてからどれくらいなのでしょうか?

保存状態にもよるので一概には言えませんが、さすがに賞味期限から1か月経った納豆は見た目や臭いが大分変化していることがほとんどです。

 

納豆の賞味期限切れで食べられるのはせいぜい2週間

納豆の賞味期限が切れると期限内と同じ風味は日に日に損なわれてきます。

何日後まではOK、何日後からはNGと言い切ることはできませんが、せいぜい2週間と頭に入れておきましょう。

ただし2週間と言うのもあくまで保存状態が良かった場合です。

賞味期限切れの納豆を口にするときは、以下の保存方法、そして納豆の状態を確認して、食べても問題ないかをチェックしてからにしましょう。

 

保存状態によっては食べられる

まず大切なのが保存状態。

納豆本来の風味をできるだけ維持する良い保存方法と、ダメな保存方法をご紹介します。

 

良い保存方法

まずは納豆の良い保存方法です。

納豆の保存に適した温度は10℃以下と言われています。

冬場の寒い時期、直射日光や暖房の入らない部屋なら常温保存ができないこともないですが、現実的には冷蔵庫での保存がマストになります。

もちろん賞味期限が切れてからではなく、購入後すぐにこの方法で保存してください。

 

ダメな保存方法

ダメな納豆の保存方法はその反対。

10℃以上の温度で保存しておくことです。

冷蔵庫に入れず長期間保存する、と言うことになります。

詳しくは後述しますが、10℃以上になると納豆の再発酵が進み、本来の風味が損なわれてくるだけでなく、雑菌が沸いて腐敗する原因にもなります。

この場合賞味期限内であっても食べられる状態でなくなってしまいます。

 

状態によって食べても害なし。味の保障もなし。

続いて食べてもいい状態と食べることをお勧めしない納豆の状態をご紹介します。

例え冷蔵庫で保存していたとしても、賞味期限が切れていたら豆の状態をしっかり確認しましょう。

 

食べても害のない納豆の状態

賞味期限を数日すぎると、少し黒っぽく、固くなってきます。

敏感な方は風味が違うことに気が付きますが、この時点では体に害を及ぼす可能性はとても低いと言えます。

10日程過ぎたところで発酵の臭いが進んだことがわかり、ジャリジャリとした白いアミノ酸の結晶が見られることもあります。

このアミノ酸自体には害はなく、風味は大分損なわれていますが食べて害が出ることはこの時点でも低いでしょう。

もちろん、10日以上経っていても、このくらいの状態なら食べても問題はありません。

 

食べない方がよい納豆の状態

更に日数が過ぎると、黒さ、臭い、固さが増してきて、粘り気もなくなってきます。

それだけなら問題ありませんが、アンモニア臭、カビ、納豆以外の臭いが発生していたら食べない方が良いです。

茶色でどろっとした様子が見られたら、それは発酵ではなく腐敗なので食べるのはやめましょう。

発酵の進んだ納豆は固くなり、どろっとするのは腐敗と覚えておいてください。

早いと2週目くらいからこの様な状態になってしまいますので、賞味期限から1か月経っている納豆は腐敗している可能性が高く、食べられないことがほとんどです。

 

納豆が賞味期限を超えても食べられる理由

ではなぜ、納豆は賞味期限を超えてもすぐに腐敗せず、場合によっては二週間近く食べられるのでしょうか?

それは納豆の出荷後の発酵に関係しています。

製造工程も知ると出荷後の発酵についてより理解を深めることができますので、併せてご紹介します。

 

納豆の製造工程

 

納豆とは「煮た大豆の表面に納豆菌が増殖して、『納豆の糸』といわれる独特な粘質物ができると同時に、納豆特有の風味を生じた食品」、ご存じの通り『発酵食品』です。

初めに、原料となる大豆を選び、規格外のものを選別し、その後洗浄します。

洗浄した大豆は3~20時間程水に浸します。

そうすると大豆が2倍近く大きくなります。

膨らんだ大豆を高圧の圧力釜で約二時間蒸し上げます。

そして培養した納豆菌を、蒸し挙げた大豆に付着させ、熱いうちにパックに詰めます。

パックに詰めたら発酵を開始します。

発酵時間は適切な湿度・温度に設定した部屋で16~24時間程です。

発酵させた後、5℃以下で冷却し、納豆菌がこれ以上増殖しないように、要するにこれ以上発酵をしないようにして、出荷します。

 

温度管理による発酵の調節

納豆を発酵させる時のキーポイントは温度管理です。

納豆菌が活発に活動できる温度は40℃前後と言われていますが、厳密には37~40℃→50℃まで上昇→50℃を維持、そして5℃以下で冷却と、細かく決まっています。

 

再発酵による変化は食べても害はない

出荷時、納豆菌が繁殖しないように、発酵がこれ以上進まないように冷却しますが、出荷後は5℃以下を保つことが難しく、再発酵が進みます。

家庭の冷蔵庫もJISの規格で10℃以下と決められており5℃より高いことが多いです。

また開け閉めをするため例え5℃以下だったとしてもそれを保つことはできません。

再発酵が進むと、固くなったり、黒くなったり、白いアミノ酸の結晶が見られます。

まさに賞味期限が切れた納豆を開封した時の見た目です。

ただし再発酵は腐敗ではなく、納豆の製造過程での発酵と同じことです。

発酵が進んだ状態は風味が損なわれてしまいますが、腐っているわけではないので、食べても害はありません。

再発酵は少しずつ進み、保存環境や商品にもよりますが、だいたい2週間ほどでほとんどの人が風味が変わったと判断するくらいの状態になります。

更に倍の1か月経ってしまったら、例え腐敗はしていなくても私たちが想像する納豆とはだいぶ違うものになっています。

 

納豆=発酵食でも腐るの?そもそも納豆の賞味期限ってなに?

発酵食品=元々腐っている=食べられないほど腐らないというイメージを持っている人もいるかもしれません。

実際は発酵食=腐っているは間違いです。

どちらも微生物による化学変化ではあるのですが、人に有益なものを「発酵」、有害なものを「腐敗」と呼んでいます。

では発酵したものが腐敗することはあるのでしょうか?

そもそも納豆の製品に書かれている賞味期限は何を示しているのでしょうか。

 

納豆の賞味期限は長そうで短い

納豆の賞味期限は商品にもよりますが、ほとんどが1週間程です。

賞味期限が切れても2週間程食べられる場合があるのに、意外と短いと感じた方も多いのではないでしょうか。

 

基本の納豆の賞味期限

納豆は製品の出荷後も発酵が進み、その状態は変わってきます。

時間が経つと固くなったり、色が変わったり、臭いが強くなったり、アミノ酸の結晶が見られ、風味が損なわれます。

実はこれは賞味期限内でも起こることがあります。

設定された賞味期限は、これ以上たつと上記の変化がより一層進み、メーカーが想定している風味とは変わってしまうと言うことです。

身体に害を及ぼすことはありませんが、簡単に言うと美味しくなくなってしまうので、メーカーとしては賞味期限内に食べてほしいのです。

 

発酵食も腐ることがある

発酵=人に有益、腐敗=人に有害と先述しましたが、納豆菌以外の菌が増えてしまえば納豆も腐ることがあります。

腐るとは発酵が進むことではなく、別の菌が増えて腐敗することです。

これは納豆だけでなく、ヨーグルトなど他の発酵食品にも言えることで、賞味期限から1か月も経っていれば腐敗している可能性も高くなります。

 

発酵と腐敗の違い

発酵も腐敗も細菌や酵母、微生物による分解作用と言う点では同じです。

これを区別したのは人間。

簡単に言うと、食べて美味しければ発酵、美味しくなければ腐敗です。

腐敗と言う自然現象を人為的にコントロールして作ったのが発酵食品と言えるでしょう。

 

発酵が進んだ時の身体への影響

発酵が進んだ際や風味に変化が出ますが、身体への害はないと考えて良いです。

が、無菌で保存することはできないので、1か月も経っていれば同時に腐敗も進んでいると考えるのが自然です。

腐敗すると以下のような影響が出てしまいます。

 

腐敗した場合の身体への影響

腐敗した状態と言うのは、人体に害が出る菌が増殖した状態です。

想像できると思いますが、簡単に言うとお腹を壊します。

酷い場合は食中毒になることもありますので、腐敗したと判断した納豆を口に入れるのはやめましょう。

 

賞味期限と消費期限の違い

納豆に書いているのは賞味期限ですが、生鮮食品だと消費期限が書いてある商品もありますよね。

賞味期限と消費期限。音にすると1文字しか違いませんが、この二つには大きな違いがあります。

 

賞味期限とは

納豆にも書いてある賞味期限とは、封を切らない状態で品質が変わらず美味しく食べられる期限のことです。

この期限を過ぎてもすぐに腐敗することはありませんが、風味が損なわれると理解していいでしょう。

ただし期限内でも封を開けてしまったり、保存状態が良くない状態のものはなるべく早く食べることをお勧めします。

 

消費期限とは

もう一つの消費期限は、未開封で保存状態を良好に保った状態で、安全に食べられる期限のことです。

肉や魚などの生鮮食品、サンドイッチやお弁当など、傷みやすいものには消費期限が書いてあります。

 

納豆好きの子供が欲しがって泣き出した!賞味期限1か月超えでも食べさせる?

納豆が好きなお子さんって多いですよね。

もし食べたい!と言った時に冷蔵庫に賞味期限が1か月以上切れた納豆しかなかったら…?

それをお子さんが見てしまったら…?

皆さんなら食べさせますか?

 

あげるあげないは自己責任

 

メーカー側が推奨する賞味期限が切れてしまっていたら、何かあっても大人でも子供でも自己責任になってしまいます。

臭いや見た目など状態をチェックし、あげるかどうか判断しましょう。

あまりに臭いがきつかったり、見た目が変化しているとお子さんが嫌がる可能性も高いので、実物を見せるのもいいかもしれません。

子供は味に敏感なので、いつもと違う納豆は口にしない可能性もあります。

 

こんな時に便利

どうしても納豆が食べたい!となるお子さんには、そのまま納豆を冷蔵庫で保存するよりお勧めな方法があります。

大好きな納豆がない!と泣くことのない様、普段から用意してみてはいかがでしょう?

 

冷凍保存で常備

意外かもしれませんが、納豆は冷凍保存をすることができます。

冷凍すると発酵が完全に止まるので、冷蔵よりも長期間保存をすることができます。

冷蔵での保存期間は、冷凍庫の臭い移りや霜の状態によりますが、だいたい一か月を目安に確認してください。

これは一般的に食品を冷凍保存する目安と同じ長さです。

ラップに包んで更にジッパー付きの保存袋に入れるなど一手間かけると冷凍焼けを回避することができます。

解凍する際は電子レンジよりも冷蔵庫で自然解凍させた方が風味が損なわれず美味しく食べることができます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Hide(@katsushika_hide)がシェアした投稿

 

粉末納豆

普通の納豆とは少し違いますが、粉末納豆と言うものもあります。

乾燥しているので賞味期限が長く、常温保存も可能で常備しやすいです。

ごはんにかければ納豆風味のふりかけの様になりますし、他にもいろんな料理にかけて納豆の栄養を取ることができます。

納豆好きのお子さんがいる方は試してみてはいかがでしょうか?

 

この投稿をInstagramで見る

 

★おぺこやんの納豆ごはん★(@opeko_natto)がシェアした投稿