1. TOP
  2. 美容
  3. オメガ3の正しい飲むタイミングで、オメガ3の効果を最大限引き出す

オメガ3の正しい飲むタイミングで、オメガ3の効果を最大限引き出す

美容
  165 Views

いま何かと話題のオメガ3、不飽和脂肪酸の一種で健康によい油との呼び名もあるほど、美容やダイエット面でも活躍しています。

そんなオメガ3、実際いつ飲むと効果的なのでしょうか。

  • オメガ3を飲むタイミングが知りたい
  • オメガ3は何で飲むのがいいの?
  • オメガ3の効果的な飲み方ってあるの?

など、オメガ3の飲むタイミングについて気になっている方のために、今回はオメガ3の飲むタイミングやオメガ3を飲む時の注意点、お勧めのフィッシュオイルについても詳しく説明していきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

Sponsored Link

効果的なオメガ3を飲むタイミング

オメガ3を飲むタイミングとして最も効果的なのは一体いつなのか、とても気になりますよね。

オメガ3は代謝が盛んな食後に飲むことで、オメガ3の吸収率が高まるのでオススメす。

食後がよいと推奨されてはいますが、絶対食後でないといけない、ということはないので、1日の中で、自分の一番飲みやすいタイミングで飲むようにしましょう。

 

オメガ3の効果的な飲み方・摂取量

オメガ3を飲むタイミングは分かりましたが、オメガ3を飲む時、効果的な飲み方はあるのか、オメガ3の効果的な摂取量はどのくらいなのか、といった点も非常に気になりますよね。

では早速みていきましょう。

 

オメガ3の効果的な飲み方

オメガ3の飲み方ですが、オメガ3は粒状になっていますので、他のサプリメントを飲む時と同じように摂取するとよいでしょう。

 

水と一緒に摂取

オメガ3は粒状になっているので、普段クスリを飲む時や別のサプリを飲む時と同じように、噛まずにそのまま水で流し込むように摂取するとよいでしょう。

喉が狭く、飲む時に引っかかりやすい方は、粒がより小さいオメガ3を選んで飲むようにしましょう。

また、オメガ3を噛んで潰してしまうと、魚臭い匂いが口の中に充満してしまうので、できるだけ噛まずに飲むほうが良いでしょう。

 

オメガ3の効果的な摂取量

オメガ31日の摂取量はどれくらいなのでしょうか。

オメガ3の摂取量として、厚生労働省は1g(1000mg)以上を推奨しています。

オメガ6のリノール酸でいうと、女性は11.1g、男性は11.6gくらいの量が推奨されており、オメガ6とオメガ3の割合は2:13:1くらいが良いと言われています。

オメガ3に限ったことではないですが、一つの栄養素だけを摂ればよいというわけではなく、そして他の栄養素とのバランスが効果を引き出すポイントです。

よって、1日に摂取するオメガ3の目安量は、厚生労働省の1gを少し下回りますが、0.5g0.8g(500mg800mg)程度が良いと考えます。

 

オメガ3服用時の注意点

オメガ3は健康な体を保つために必要な栄養素の一つですが、オメガ3はあくまでも脂質ですので、過剰摂取をしないように気をつけましょう。

オメガ31gあたりのカロリーは9kcalですので、オメガ3を摂りすぎてしまいますとカロリーオーバーとなってしまいます。

もちろんカロリーオーバーしたオメガ3は、脂質として体に蓄えられてしまいますので、1日の中でうまく脂質の摂取量をコントロールする必要があります。

 

オメガ3の保管方法

オメガ3の保管方法は、錠剤でもソフトカプセルでも、室温(15~30℃)、湿度40~60%で保管するのが良いです。

オメガ3のソフトカプセルは、カプセル内容物の安定化には優れているのですが、カプセル自体が熱や湿気に弱い難点があるのです。

室温が40℃になるとカプセルに付着やひっつきが見られ、60℃ともなると、カプセル自体が柔らかくなって変形してしまいます。

さらに室温4℃以下など急激な温度低下を起こすと、オメガ3のカプセル内部に気泡を発生してしまったりと、注意が必要になります。

その為、室温は15~30℃以内、湿度は40~60%程度で保管するのがベストというわけです。

 

オメガ3が食品よりサプリメントで摂った方がいい理由

オメガ3は、厚生労働省から11000mg(1g)以上の摂取を推奨されており、実際に1000mg以上のオメガ3を摂取しようとすると、例えば子供から大人まで人気のマグロのお刺身で40切れ以上は必要ということになります。

お刺身だけじゃなく、青魚の代表とも言えるイワシの焼き魚を例に挙げても、1匹以上を毎日食べなければなりません。

そうなると、魚を食べるのも大変ですが、出費もかなりかさみますよね。

以上の理由から、オメガ3は食品で摂るよりもサプリメントで摂る方が良いと言えるでしょう。

 

オススメのフィッシュオイル3

筋トレやダイエットにお勧めのフィッシュオイルを3つ紹介します。

 

佐藤製薬 美健知箋 EPA&DHA

酸化しやすいことが弱点のフィッシュオイルですが、「佐藤製薬 美健知箋 EPA&DHA」は1回分ずつ小包装になっているので、別のフィッシュオイルに比べ酸化しにくいのが特徴です。

有名なユンケルの佐藤製薬が提供していますので安心ですし、信頼できますよね。

 

ネイチャーメイドスーパーフィッシュオイル

「ネイチャーメイドスーパーフィッシュオイル」は、普段利用する薬局でも買えることから、一番手に入りやすいフィッシュオイルと言われています。

また、日本の大手サプリメーカーの大塚製薬の商品ですので、安定の安心感がありますよね。

EPADHAの含有量は241mgで、厚生労働省の1日の摂取量1000mgに比べると少ないのですが、普段の食事が和食中心の方や魚を食べる機会がある方にとっては、EPADHAの含有量:241mgは十分な量と言えるでしょう。

 

ファンケルDHA&EPA

「ファンケルDHA&EPA」は、DHAEPAの含有量が500mg(460mg40mg)も入っていたり、高い抗酸化力をもつオリーブ葉エキスが配合されていることで、DHAEPAの弱点である酸化を防いでいます。

また、フィッシュオイル特有の魚の匂いも低減していますので、初めてフィッシュオイルを試す方にもオススメです。

名前にもある通り、国内の有名化粧品・健康食品メーカー・ファンケルが提供しているフィッシュオイルですので、安心感もありますよね。

 

まとめ

さて、注目を集めるオメガ3の飲むタイミングを中心にオメガ3について詳しく説明してきました。

オメガ3は健康体でいる為に、とても大切な脂肪酸であることが分かりましたね。

きちんと摂取量を守って日々の生活に取り入れれば、今以上に健康体をキープできて快適な毎日が送れます。

美容やダイエットにも効果的ということで、女性にとっても嬉しい限りですよね。

この記事を参考に、オメガ3の摂取量や飲むタイミングを守り、引き続き快適ライフを送ってみてくださいね。

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

Mr.Father|父親だってオトコでいたいライフスタイルメディアの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Mr.Father|父親だってオトコでいたいライフスタイルメディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

huck

子供が出来ると段々とファッションに気を使わなくなっていくなんていうダサい父親になるのなんて、まっぴらごめんな37歳3児のパパ。

関連記事

  • オメガ3の効果全部見せます!オメガ3の本当の5つの効果