1. TOP
  2. ライフスタイル
  3. しいたけの最強保存方法はやっぱり干しシイタケ?意外に冷凍保存?

しいたけの最強保存方法はやっぱり干しシイタケ?意外に冷凍保存?

ライフスタイル
  42 Views

しいたけをたくさん貰ったけど、食べきれなくて保存に困ったという方がいらっしゃいます。

また、キノコ狩りに行ってたくさんしいたけを採れたものの、ダメにしたという声もよく聞きます。

せっかく美味しくいただけるしいたけを、ダメにしてしまってはもったいないです。

そこで、この記事では、しいたけの保存方法や賞味期限について詳しく解説していきます。

Sponsored Link

生しいたけの冷蔵保存

しいたけは湿気に弱い性質を持っています。できるだけ湿気に当てないために、冷蔵庫で保存することがオススメです。

また、その際は野菜室で保存するようにしてください。

 

野菜室でしいたけを保存するときのポイント

野菜室にしいたけを入れればそれで良いわけではありません。

しいたけを冷蔵庫に入れる前に、しいたけについている水分を取っておいてください。

しいたけに水滴などがついていると、すぐに傷んでしまいます。

 

石づきをつけたまま、カサの裏側を上にしてキッチンペーパーで包む

野菜室に入れて保存する際は、しいたけをキッチンペーパーで包むと、より鮮度を保ったまま保存できます。

しいたけをキッチンペーパーで包むことで、しいたけが嫌う水分を吸収できるからです。

 

また、その際は、しいたけの石づきをつけたまま、カサの裏側を上にするようにするのもポイントです。

カサの裏を上にするのは、内側にある胞子が落ちてしまわないためです。

胞子が落ちると風味も落ちるので、落とさないために裏を上にします。

 

石づきをつけたまま、カサの裏側を上にして、ポリ袋(冷蔵用袋)に入れる

他にもオススメの保存方法があります。

それは、しいたけをキッチンペーパーで包んだ上に、ポリ袋に入れることです。

キッチンペーパーが水分を吸ってくれて、なおかつポリ袋が冷気が直接当たるのを防いでくれます。

これで、鮮度を最大限保ってしいたけを保存できるようになるのです。

 

生しいたけの冷凍保存

生しいたけを冷蔵保存よりももっと長く保存したい方は、冷凍保存がオススメです。

 

しいたけを冷凍保存するときのポイント

しいたけを保存する際のポイントは、空気をしっかりと抜いてフリーザーパックに入れることです。

空気を抜くことでしいたけに水分がつくことを防げます。

 

ちなみに、しいたけを冷凍保存するとしいたけの細胞壁が壊れて栄養価が高まります

これは、細胞壁があると、壁の中の栄養を吸収できませんが、細胞壁が壊れることで、吸収しやすくなるのです。

しいたけは冷蔵保存するよりも、冷凍保存の方が栄養的にみてオススメです。

 

石づきをカットしてカサの裏側を上にする

冷凍したしいたけは、電子レンジなどで解凍するとべちゃべちゃになってしまいます。

解凍せずにそのままでも食べられるように、冷凍する前に石づきをカットしておくようにしてください。

また、冷蔵保存のときと同様に、カサの裏側を上にするようにしてください。

胞子が落ちなくできるので、風味も損なわずにすみます。

 

干ししいたけにして保存

最もしいたけを保存できるのが、しいたけを干す方法です。

しいたけは干すことで紫外線を浴びてビタミンDの栄養価もグンと高まりますので、少しの手間をかけられる方は、ぜひ試してみてください。

 

干ししいたけの作り方

干ししいたけの作り方は、意外と簡単ですので紹介します。

・干し台などに引っかける。

・そのまま、夏場なら1日、冬場なら2~3日ほど干すと完成。

 

注意点としては、当たり前ですが、しいたけをぬらさないことです。つまり、洗ったり、雨に打たれたりしないようにしてください。

また、雨が心配なら、ガラス越しでも構いません。

 

保存方法別しいたけの賞味期限

ここまでは保存方法について解説してきましたが、保存方法別の賞味期限についても解説していきます。

 

冷蔵保存したしいたけの賞味期限

常温ではすぐに傷むしいたけですが、冷蔵で保存することで、しいたけの賞味期限を1週間程度まで延ばせます。

しかし、劣化が進みますので、できるだけ早くいただくことをオススメします。

 

冷凍保存したしいたけの賞味期限

冷凍保存したしいたけは、冷蔵保存より賞味期限を長くできます。

冷凍保存したしいたけの賞味期限は、1ヶ月程度までです。

ただし、いただく際の注意点として、電子レンジなどで解凍はしないようにしてください。べちゃっとしてしまいます。

 

干ししいたけの賞味期限

干ししいたけにすれば、最も賞味期限を長くできます。干しシイタケの賞味期限は、2ヶ月程度までです。

しいたけを干すと栄養価が高まり、味も引き締まります。

つまり、生や冷蔵、冷凍よりも美味しくいただけるので、最もオススメの保存方法です。

 

美味しいしいたけの見分け方。

美味しいシイタケの見分け方は、カサの表面にツヤがあるものです。

シイタケは古くなるほど黒くくすんでくるので、しいたけを購入する際はカサにも注目してみてください。

 

まとめ

しいたけを美味しくいただくためには、さまざまな注意が必要です。例えば、水分を取ったり、冷凍しても解凍したりしないなど…。

ですが、正しく保存することで、賞味期限を長くできます。

ここで紹介した内容を参考にして、しいたけを美味しくいただいてください。

 

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

Mr.Father|父親だってオトコでいたいライフスタイルメディアの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Mr.Father|父親だってオトコでいたいライフスタイルメディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

huck

子供が出来ると段々とファッションに気を使わなくなっていくなんていうダサい父親になるのなんて、まっぴらごめんな37歳3児のパパ。

関連記事

  • 白菜を長持ち保存!丸ごと白菜は新聞紙に包む、根の部分を下に。カット白菜は茹でて冷凍。

  • ネギの賞味期限を伸ばしたいなら冷凍、もしくは、あるモノの中に入れて保存

  • かぼちゃの賞味期限は正しい保存方法で1か月まで伸ばせる

  • バナナの賞味期限は保存方法で変わるのか?

  • いちごの賞味期限ってどのくらい?イチゴのオススメの保存方法をご紹介!

  • おからパウダーは常温保存可能だが湿気に要注意!