正月飾りの処分はいつまでにするのが正解?祟られない方法は?

正月飾りの処分ってどうしたらいいか困っていませんか?

そのまま捨てたらなんとなく縁起が悪そうな正月飾り。

年明けに処分に困らない様に、今年のうちにきちんと知っておきましょう!

スポンサードリンク

正月飾りはいつ処分すればいいの?

まずは正月飾りをいつまで飾り、いつ処分すればいいかを見ていきましょう。

 

正月飾りを処分する時期は松の内の後

正月飾りは松の内まで飾ると言われています。

よってその後、正月飾りを外し、処分します。

松の内に関しては地域によって違いますのでそれぞれご紹介いたします。

 

松の内とは?

そもそも松の内とは「門松を飾ってある期間」という意味で、ご紹介した通り正月飾りを飾る期間を指します。

神様に待っていただいている期間と言う由来もあるそうです。

年賀状に関しても松の内が終わる前に送ることになっており、松の内が終わると寒中見舞いに切り替わります。

松の内は全国で12月13日に始まりますが、終わる期間は地域によって違います。

大きく関東と関西に分けてご紹介します。

 

スポンサードリンク

関東地方場合

関東をはじめ一般的には松の内は1月7日までと言われています。

7日の朝に七草がゆを食べ、正月飾りを外す家庭が多いです。

 

関西地方の場合

一方、関西の松の内は関東より長いです。

関西では1月15日までを松の内とし、正月飾りもそれまで飾っている地域が多いのです。

 

正月飾りはどうやって処分する?

では松の内が終わった後、正月飾りはどうやって処分すればいいのでしょうか?

そのままゴミ箱に入れるのはちょっと気が引ける…という方も多いと思います。

歳神様を祀る正月飾り。きちんとした方法で処分しましょう。

 

正月飾りの処分方法

正月飾りの処分にはいくつか方法があります。

それぞれ見ていきましょう。

 

どんど焼き

正月飾りの処分方法としてまず思い浮かぶのはどんど焼きではないでしょうか?

地域によっても呼び方が異なりますが、どんど焼きとは小正月に行われる火祭りのことです。

小正月とは1月15日のこと。

正月飾りの他、子供たちの書初めやお守り、だるまなどを焼いてもらうことができます。

どんど焼きで火や煙にあたることで、一年健康に過ごせるとも言われています。

 

マンションや自宅で処分

正月飾りの処分、正直一番手っ取り早いのは自宅で処分することです。

燃えるごみとして処分することはできますが、縁起ものですのでそのまま捨てるのは憚られます。

どうしても自宅で処分する場合は細かく分解し、新聞紙などの紙に包んで塩を振りかけ清めましょう。

そうしてから燃えるゴミとして処分して下さい。

 

どんど焼きに持ち込めなかったら・・・

塩で清めたとしても自宅で処分するのは気が引ける…という方は多いと思います。

どんど焼きの場合、場所によっては数日前から処分したいものを受け入れてくれることもありますが、持ち込みは当日のみと言うところも少なくありません。

もちろんどんど焼きが行われるのが平日なこともあり、そうなると持ち込むのも大変ですよね。

どんど焼きに持ち込めなかったけど自宅で処分はしたくない…という場合はどうすればいいのでしょうか?

 

古札入れにいれても大丈夫

正月飾りは神社の古札納め所に入れることができます。

古札納め所は通年稼働しているので、どんど焼きを過ぎてしまっても大丈夫です。

ただし神社によっては制限している場合もありますので、必ず確認してから納めましょう。

 

お焚き上げで処分してもらう

正月飾りを神社で処分してもらうもう一つの方法はお焚き上げです。

お焚き上げとは大切なものは宗教的な儀礼にのっとり、炎とともに処分すると言う思想の元、現代に引き継がれている、粗末にできないものを焼却する儀式です。

持ち込み方法については各神社で違い、郵送に対応しているところもありますので是非確認してみて下さい。

 

種類別!正月飾りの処分方法や注意点などのご紹介

正月飾り…と言っても種類は様々です。

続いて、種類別に処分方法や注意点を見ていきます。

 

門松・しめ縄・破魔矢などの縁起物

初めに、縁起物と言われる門松・しめ縄・破魔矢などです。

正月飾りと言えばこれらをまず思い浮かべる人も多いかと思います。

 

どんど焼きに持ち込む方法

門松・しめ縄・破魔矢などの縁起物は可能であればどんど焼きに持ち込むのが一番です。

しかし、時代は令和。

どんど焼きであっても分別をして持ち込む様指定しているところが数多くあるので、初めに確認すると安心です。

中にはプラスチックは持ち込み禁止の所もあるようです。

 

自宅で焼く方法

マンションなどだと難しいですが、一軒家の場合は正月飾りを自宅で焼却することを考える方もいらっしゃるのではないでしょうか?

ただし野外焼却を禁止している自治体も多数あります。

お住いの自治体に確認してからにしましょう。

 

ゴミとして出す場合

門松・しめ縄・破魔矢などはゴミとして出すことは可能です。

しかし縁起ものですのでしっかりと清めてからにしましょう。

塩で清めた新聞紙などの紙に包み、普通のごみとは違う袋に入れます。

もちろん、燃やせるゴミ、プラスチックなどの仕分けは普通のゴミ同様忘れずにしましょう。

 

鏡餅

続いてお正月に飾ることの多い鏡餅の処分についてです。

最近は自宅等でついたお餅を飾るのではなく、パッケージに入った市販の鏡餅を飾る方がほとんどだと思います。

 

鏡開きの方法と注意点

鏡開きは松の内が終わったら行うと言われています。

松の内が1月7日までの地域は11日、15日までの地域は15日に鏡開きを行うことが多いです。

パックに入った鏡餅ならパックを開くだけですが、本来の鏡開きは木槌や金槌で小さく割ると言うのがやり方です。

この際包丁は使いません。

鏡餅は神様にお供えしたものなので刃物を使うと縁起が割るからです。

ただしお餅がしっかりと乾燥していないとなかなかうまく割ることができません。

そんな時はお餅を半日ほど水につけてから耐熱容器に入れてラップをし、電子レンジで加熱する方法をお勧めします。

そうすると柔らかくなるので、手でちぎることができます。

 

カビが生えている場合の注意点

鏡餅は一定期間飾るため、カビが生えてしまうこともありますよね。

表面のカビを削れば大丈夫と聞くこともありますが、それは人体に無毒なカビの場合です。

外見だけでは人体に有毒なカビかどうか判断できないので、カビの生えたお餅を食べるのはやめた方がよいでしょう。

 

お雑煮やおしるこにする

鏡開きをした後は関東ではお汁粉としてお餅を食べるのが主流です。

ですが地域によりお雑煮として食べるところもあるそうです。

神様に感謝し、無病息災を祈って頂きましょう。

 

破魔弓・羽子板

地域によっては子供の初正月に男の子は破魔弓、女の子は羽子板を飾る風習があります。

赤ちゃんが初めてお正月を迎える前年の12月中旬以降に飾り、1月15日ころまで飾るとされています。

かつてはどんど焼きでしめ飾り等と共に焼くと言う風習があったので現代でもその頃にしまう様に言われているのです。

 

節句人形として成人するまで毎年(または通年)飾る

また破魔弓や羽子板は成人するまで毎年12月に飾るとされています。

中にはお部屋のインテリアとして通年飾る方もいるようです。

 

正月飾りを処分しない?再利用してもいいの?

基本的に正月飾りは毎年購入してどんど焼きで処分するものですが、例えばクリスマスリース等は毎年再利用する方がほとんどですよね。

お気に入りのものを購入して使い続けたいと言う方もいると思います。

処分せずに再利用してもいいものなのでしょうか?

 

個々の価値観で決めよう

実は正月飾りを再利用してはいけないと言う決まりはありません。

ただし縁起ものなので毎年用意すると言う考えが多くの日本人に根付いています。

しかし風習は時代と共に変わるものです。

もし信仰心が強くなく、再利用しても気にならないと言うのであれば使いまわしをしてもかまわないのです。

 

正月飾りの意味と燃やす習慣の意味

再利用する前に、正月飾りの意味と燃やす習慣の意味を今一度確認しましょう。

これを見ても気にならないと言うのであれば再利用しても問題ありません。

正月飾りには「稲の神」「田の神」とも言われる歳神様が宿るとされています。

ただしこの年神様が宿るのは新しい稲わらだけで、古い稲わらには寄りつかないそうです。

そして正月飾りのある間に家に滞在していた年神様がどんど焼きの煙に乗って田や山へお帰りになると考えられています。

正月飾りは年神様を家に招き、滞在していただく神聖なものなので毎年新しいものを使うのです。

 

環境問題への配慮

しかし現代は昔と違い、環境問題を真摯に受け止めている人もいるでしょう。

単純に面倒だからではなく、環境問題に配慮して再利用すると言う信念があれば神様も許して下さる気がしますよね。

 

インテリア用のお飾りも人気

また最近は洋風なものやデザインが凝ったものなど、インテリア用の正月飾りも人気です。

この場合お気に入りを見つけたら一度だけ使って燃やしてしまうのはもったいないと、何年も使い続ける人もいるようです。

飾るものにより、これはインテリア用、これは毎年買い替える等、使い分けてもよさそうですね。

スポンサードリンク