手軽で便利!キャンプでバリスタになれるコーヒーメーカー

キャンプで飲むコーヒーは、そのシチュエーションが更に旨味を上乗せしてくれて自宅で飲むのと一味違いますよね。
そんな素敵なコーヒータイムを手軽に楽しめたら、キャンプがさらに楽しくなると思いませんか?
今回は、自宅でのコーヒーに凝っている方も必見の、キャンプで使用できるコーヒーメーカーの紹介です。

スポンサードリンク

意外と多い。オールインワンコーヒーメーカー

コーヒー豆をミルで挽き、ドリップしてそのままタンブラーで本格コーヒーを手軽に楽しめる、そんなオールインワンコーヒーメーカーって結構多いのを知っていましたか?
次にオススメのオールインワンコーヒーメーカーを3点紹介しますね。

OUTDOOR MAN ポータブルコーヒーメーカー

この投稿をInstagramで見る

stylelife bosky(@shopbosky)がシェアした投稿


ミル・フィルター・ドリップマグが一つになった商品です。
コーヒー豆とお湯さえあれば、これ一台で淹れたてのコーヒーが味わえます。

手動ミルは極細〜極粗まで挽き目を調整できるようになっており、紙フィルター不要でお湯を注ぐことができます。
ドリップの湯量を調整しやすいようマグに小さな穴が開いており、挽いた豆がこぼれてしまう心配もありません。

収納時は水筒のようにコンパクトにまとまり、ブラックとワインレッドのような落ち着いた色味がおしゃれな商品です。
どこでも手軽に挽きたてコーヒーを楽しみたい方にオススメです。

・豆挽きからドリップまでこれ1つでできる。ドリップの注ぎ口など細部まで考え作られている。
・紙フィルター不要でエコ。持ち運びもラクラク。
・サイズ(収納時):縦8×横8×高さ19cm
・重量:450g

Felio コンパクトコーヒーメーカー

こちらも手動ミルで豆を挽くタイプの、ミル・フィルター・ドリップが一つになったオールインワンコーヒーメーカーです。
こちらのミルも豆挽きのレベルを極細〜極粗まで調節でき、さらに紙フィルターも不要です。

先述の商品より高さもなく、重量も軽いコンパクトタイプなため、キャンプで荷物が多くなるときも嵩張りません。
こちらはカップに持ち手が付いているので、熱いお湯を入れても安心です。
またカップは2つあるので、パートナーや一緒にキャンプへ行った人と挽き立てコーヒーを飲むこともできますよ。

軽量で更に持ち運び便利、誰かと手軽に挽き立てコーヒーを楽しみたいと言う方にオススメです。

・豆挽きからドリップまで1つで完了、オールインワンコーヒーメーカー
・コンパクトに持ち運びしたい人向け
・サイズ(収納時):縦15.5×横10.3×高さ7.6cm
・重量:280g
スポンサードリンク

BUNDOK コーヒーメーカー

こちらも豆挽きからドリップまでできる、オールインワンコーヒーメーカーです。
ミルは2種類の挽き加減が調整できます。
マグカップ以外にもタンブラー単品としても使うことができ、飲み口に蓋も付いています。

保温性もあるため、淹れたコーヒーをタンブラーで保管しておくことも可能です。
夜のキャンプは寒いですが、そんな夜に温かいコーヒーがずっと飲めると思うと嬉しいですよね。

淹れたてコーヒーが冷めて欲しくない、保温と持ち運び重視の方にオススメです。

・タンブラーとしても使えるためコーヒーメーカー以外の用途でも使える
・保温性が高いため中身が冷めにくい
・サイズ:縦9×横9×高さ22cm
・重量:600g

電動でラクラク。電池式コーヒーメーカー

手動ミルではなく、豆挽きやドリップも全自動でやってほしい!次はそれが叶う、全自動コーヒーメーカーの紹介をします。

ジアレッティ 電動ミル付きポータブルコーヒーメーカー

この投稿をInstagramで見る

HIDA・COLLECTIONくらしの制作所(@hidacolle)がシェアした投稿

コーヒー豆をセットしたらボタンを押すだけで豆を挽いてくれます。
挽き加減も5段階調整ができ、オートストップ機能が付いているので豆の挽きすぎの心配がありません。

ミル部分はセラミック製で洗えて衛生的、ステンレス製のフィルター搭載で半永久的に使用できます。
キャンプ場でのゴミが出ず、電動ミルでも片付けが楽なのがオススメポイントです。

こちらの商品はU S Bケーブルでの充電になるため、A C電源付きキャンプ場なら何回でも使用できて経済的ですよ。

見た目も洗練されたイタリアンデザインになっています。

全自動コーヒーメーカーの中でも、充電形式で手入れが楽なものが欲しい方にオススメです。

・5段階調整ができる全自動ミル搭載
・U S Bケーブル充電が可能、電動タイプだが手入れが楽
・サイズ:直径7cm×高さ21cm
・重量:750g

ドウシシャ ワンコーヒーポータブル

こちらの商品ミルは付いていませんが、コーヒー粉でもカプセルタイプ(ポーション)でも、ユニットにセットすればコーヒーを淹れられる商品です。
例えば普段家で飲んでいるコーヒーがカプセルタイプなら、それ一つ持っていくだけで手軽に家と同じクオリティの美味しいコーヒーをキャンプで飲むことができますよ。

本体は細かく分解できるようになっており、洗いやすくいつでも衛生的。乾電池形式で使用できるため、充電施設がないキャンプ場でも安心です。

カプセルタイプにも対応、家で飲むコーヒーをキャンプでも手軽に楽しみたい方にオススメです。

・ミルはなくてもカプセルに対応、分解しやすく洗いやすい
・電池セットですぐ使えるため充電が不要
・サイズ:直径7.6cm×高さ21cm
・重量:450g

意外?こんなのあったんだ?コーヒーメーカー

今までは手軽に使用できる持ち運び重視のコーヒーメーカーを紹介しましたが、次はこんなのあったの?と思うようなコーヒーメーカーの紹介をしていきますね。

Coleman キャンピングコーヒーメーカー

見た目は家で使う家電製品のような風貌で、キャンプには珍しい見た目かもしれません。
けれどそこはさすがColeman、どんなテイストのキャンプにもマッチする落ち着いた色味とデザインです。

商品の底にバーナーの火を当ててタンク内の水を沸騰させ、ガラスポットへドリップしていくという抽出方法で、満タンにドリップすると4〜5人分くらいは一気にとれます。
ポットをサーバーから取り出すとドリップが停止するシステムがついているため、ドリップ途中でもカップにコーヒーを注ぐこともできます。
キャンプ中、みんなにも温かいコーヒーを飲んで欲しい、そんな思いも届きますね。

淹れたてコーヒーをキャンプらしくバーナーで淹れたい、という方にオススメです

・火にかけるだけで勝手にコーヒーをドリップしてくれる
・大人数にも対応できる
・サイズ:縦40×横30.5×高さ25.4cm
・重量:3kg

マキタ(Makita)充電式コーヒーメーカー 18V CM500DZ

この投稿をInstagramで見る

Funabashi Yayoi (Abe)(@yayoiiiiiin)がシェアした投稿

電源のない場所でもコーヒーを淹れられる、マキタの充電式ドリップコーヒーメーカーです。
何度も洗って使えるメッシュフィルターに挽いた豆を入れるだけで、適温(71℃)の飲みやすい温度でコーヒーが抽出されてきます。
淹れてすぐ適温で飲めるのは嬉しいですよね

メッシュフィルター独特の粉っぽさもなく、見た目にそぐわない繊細な一杯を淹れてくれます。こちらは一回で抽出されるコーヒーは一人分になります。

またバッテリーは別売で、ハイブリットタイプのバッテリーを選ぶと1杯あたりの抽出時間が短くなります。
キャンプにも持っていきやすい充電式コーヒーメーカーが欲しい方にオススメです。

・充電タイプでどこでもコーヒーが楽しめる
・洗えるメッシュフィルター搭載、適温で抽出されるのもポイント
・サイズ:長さ22.2×幅11.5×高さ21.4cm
・重量:0.9kg

マキタ 充電式コーヒーメーカー バッテリ充電器別売 CM501DZ

この投稿をInstagramで見る

ゆう。(@yuu12020922)がシェアした投稿


こちらも先述商品と同様、充電式のコーヒーメーカーです。
マキタらしい無骨なデザインがキャンプ感を煽ってくれます。

取り外せる給水タンクで機械を濡らさず給水することができます。
タンクにはメモリがついており、淹れたい分がすぐにわかります。
持ち運びのしやすい折りたたみ式の大きなハンドルがついており、キャンプ場で好きな場所へ移動させることも容易です。

冷めにくいステンレス製のマグカップが付いているのも嬉しいポイント。こちらもバッテリーは別売になります。

移動が楽にできる充電式コーヒーメーカーが欲しい方にオススメ。

・ステンレス製のマグカップ付き充電式コーヒーメーカー
・移動が楽な大きなハンドル付き
・サイズ:縦24.3×横14.5×高さ21.8cm
・重量:1.5kg

コーヒーミル、ドリッパー、フィルター、ケトルを持ってくのは大変


本格的なコーヒーを淹れるとなると、ミル・ドリッパー・フィルター・ケトルなどが必要になり、キャンプだと持っていくのもが多くなります。
それぞれ片付けが必要で、フィルターのタイプによってはゴミも出るため、後片付けを考えるとコーヒーを淹れるのが億劫になりかねません。
今では簡単に本格的なコーヒーが淹れることができ、且つ収納や掃除も楽な商品がたくさん出ています。
オールインワンタイプはデザインがコンパクトでおしゃれなものも多いので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサードリンク