1. TOP
  2. シャツの脇の黄ばみを落とせないのは漂白剤の効果を引き出せていないから

シャツの脇の黄ばみを落とせないのは漂白剤の効果を引き出せていないから

 2017/05/02 ファッション ライフスタイル
この記事は約 9 分で読めます。 735 Views

YシャツやTシャツの脇が黄ばんできてしまうことありますよね。

脇の黄ばみはなかなか普通の洗剤ではなかなか取れないことが多いため、黄ばみを取るために漂白剤を使ったり、シャツをクリーニング屋に出したりと色々な事をしているでしょう。

 

でも漂白剤で脇の黄ばみがなかなか取れていない事がかなり多いんじゃないでしょうか

じゃあシャツの襟や袖の黄ばみ、黒ずみだったら、漂白剤を使って取れているかというとそんな事もないでしょう
それは、漂白剤の正しい使い方をしていないからです。

 

重曹やクレンジングオイル、アイロンのスチームなど、色々と裏技的なものも色々と紹介されていますが、その前にまずは漂白剤のちゃんとした使い方を確認しましょう。

脇の黄ばみの成分は漂白剤で十分落とせます。

脇の黄ばみの成分をちゃんと理解し、そして漂白剤で黄ばみを落としましょう。

Sponsored Link

脇の黄ばみはワキガじゃない。脇には特別な汗腺があるだけ。

シャツの脇が黄ばんでいると、オレもしかしてワキガなんじゃないかと思う人もいるでしょう。

確かにワキガの人のシャツは黄ばみます。でも逆にシャツが黄ばんでいるからといって、みんながみんなワキガなわけではありません。

 

人間には多くの汗腺がある事はご存知でしょうか。

暑かったり、身体を動かしてすると体中の色んな場所から汗をかくでしょう。これは汗腺が体中に張り巡らされているからです。

 

そしてこの汗腺には大きく2種類があります。

一つは、エクリン腺。これが体中に張り巡らされている汗腺です。

そしてもう一つがアポクリン汗腺。このアポクリン汗腺はエクリン腺と違い、身体の特定の部分しかなく、そしてその一つが脇です。

 

さて、エクリン腺、アポクリン汗腺と2つの汗腺が身体にはあるのですが、それぞれの汗腺から出る汗について、ざっくりと紹介すると、エクリン腺から出る汗は99%水分であり、ほぼ無臭

一方、問題のアポクリン汗腺は70〜80%水分ですが、残りの20〜30%はタンパク質や脂質、脂肪酸、糖質などです。

この時点で、既にアポクリン汗腺から出る汗は臭そう、黄色そうという印象がありませんか。

 

さて、アポクリン汗腺から出る汗についてもう少し詳しく紹介します。

アポクリン汗腺から出る汗の中には、リポフスチンという色素がありますが、これがYシャツやTシャツに付着することで黄ばみとなっていきます。

ですから、YシャツやTシャツに付いたアポクリン汗腺からの汗を分解する事が必要になります。

 

黄ばみを落とすのにはアルカリ性漂白剤が必要

さて、先ほど紹介したようにYシャツやTシャツの黄ばみの原因はリポフスチン、そして、その元はアポクリン汗腺から汗なのですが、アポクリン汗腺の汗の成分は、水分の他は何だったでしょうか。

そうです、タンパク質や脂質、脂肪酸、糖質がアポクリン汗腺の汗の成分です。

これらの分解にはアルカリ性が必要です。

 

さて、ここでお馴染みの漂白剤なのですが、皆さんはどの漂白剤を使っていますか?

 

どのメーカーから出ている漂白剤を使っていても良いですが、まずは漂白剤の成分表示をよく見てください。

例えばこちらの花王の液体のワイドハイターEX。分類としては、酸素系漂白剤で、酸性です。

 

続いて、花王の同じくワイドハイターEXですが、ただし粉末です。こちらも同じく酸素系漂白剤ですが、こちらはアルカリ性です。

 

同じ名前なのに、液体と粉末とで酸性系とアルカリ性とPH値が違います

 

さて、先ほど、シャツの黄ばみの原因であるアポクリン汗腺から出る汗に含まれるタンパク質や脂質、脂肪酸、糖質等を分解するにはアルカリ性が必要と言いました。

また話は変わりますが、よくシャツの脇の黄ばみを取るために漂白剤に重曹を加えてというサイトを見ることが有るかと思います。これは、液体のワイドハイターEXも漂白作用は多少はあり、黄ばみにもっと作用させるために、重曹を加えることでアルカリ性にして、シャツの脇の黄ばみを取り除くという事を意味します。
ちなみに、ハイターと名前の付く漂白剤にはもう2つあります。

こちらは塩素系で、アルカリ性です。このハイターは漂白作用がかなり強いので、服への負担も大きいです。かなりヤバイ黄ばみの時だけ使いましょう。そして、色物、柄物の場合、元々の色まで落としてしまう、変色させてもしまうので、白シャツだけに使いましょう。

 

そしてもう一つ、ハイターの名前がついた漂白剤がコチラ。

これはちょっとレアなものになりますが、ハイドロハイターは還元系漂白剤という種類のもので、プロのクリーニング屋さんでもなかなか使いこなすのが、難しいシロモノです。

シャツの黄ばみを取り除くことに、ここまでの漂白剤は不要です。

 

それぞれの漂白剤の違いについては、以下の記事に詳しくまとめていますので、気になる方はそちらを御覧ください。

Yシャツ黄ばみ落としNo1は重曹、漂白剤、食器用洗剤のどれなのか

 

漂白剤の使い方を再確認

さて、シャツの脇の黄ばみのためにどの漂白剤を使えばよいかが分かったところですが、これまでにもアルカリ性の漂白剤を使ったけど、黄ばみが取れてなかったという経験をしたことが有るという人もいるでしょう。

 

では、その方に質問です。どのように漂白剤を使いましたか?

おそらく次の3タイプでしょう。

  1. 洗濯機に洗剤と一緒に入れて洗った。
  2. シャツの黄ばみに直接かけた。
  3. 漂白剤を溶かした水に浸け置きをした。

 

正直な所1.ではパワー不足です。プロのクリーニング屋さんで、襟、脇の黄ばみ落としをするのに、漂白剤を単純に洗濯機に入れて洗うという人はいないでしょう。
次に2.のシャツの黄ばみに直接かけるというやり方。

これ、かなりパワーがあって黄ばみを分解しそうな気がします。よく洗剤のCMで見る汚れを分解するイメージ図が思い浮かぶかもしれませんが、そんなに単純なものでもありません。

実は黄ばみの中の脂を落とすためには、ある一定以上の温度が必要です。

一度お湯の中にシャツを浸すなどして、脂を一回浮かばせてから、柔らかくしてから、漂白剤を付けると効果的です。

 

最後に、3.の浸け置きのやり方。

これが一番ラクではあるのですが、一番正しく漂白剤を使えていない、そしてこの漂白剤使えないな、キレイにならないなという誤解を与えているやり方でもあります。

 

漂白剤の使い方をよく見てみてください。

 

浸け置きの場合、水1リットルに対し、漂白剤10ミリリットルとあります。よくある漂白剤の間違った使い方として、水の分量に対して、漂白剤の量が圧倒的に少ないということがあります。
浸け置きする時に、どのような容器を使うかは人それぞれでしょうが、水1リットルってどのぐらいの量か分かっていますか?

 

浸け置きする時に、よく使われることが多い風呂桶ですが、下の写真、一般的な大きさの風呂桶ですが、何リットルの水が入っていると思いますか

 

 

正解は2リットルです。つまり必要となる漂白剤は20ミリリットルです。大体このぐらいの大きさの風呂桶でシャツ1枚を浸け置きできるぐらいです。
つぎに、洗面台。下の写真はどのぐらいの水が入っているでしょうか。

 

少ない!と思ったかもしれませんが、これで先ほどの風呂桶と同じく2リットル入っています。とてもシャツが入るとは思えない分量でしょう。
ちなみにこれで4リットル。

 

これでも少ないと思ったでしょう。そしてシャツ1枚が浸け置きできるどうか微妙なところです。これで、漂白剤の量は40ミリリットル。漂白剤のキャップ1杯分です。
もしシャツ2枚とかを漂白剤に浸け置きする場合には、かなりの量の水と漂白剤が必要になるということが分かったかと思います。

 

何枚のシャツをつけ置きするかによって、使う水の量は異なりますが、感覚的にはシャツ1枚に対しキャップ1杯分の漂白剤は最低でも必要です。

 

なお、先ほどから水、水と言っていますが、浸け置きの場合にも40℃前後のお湯を使って浸け置きをしましょう。

 

実録!漂白剤+重曹でどれだけ黄ばみが消えるか

黄ばみを消したい、キレイにしたいと思って検索したり、調べたりすると、漂白剤+重曹という裏技的なものを目にすることが多いでしょう。

特に漂白剤だけじゃ、今ひとつシャツがキレイにならない場合には、オススメ的な洗い方として出てきます。

 

でも、実際どのぐらいきれいになるのかってちょっとナゾですよね。

そこで、実際に試してみました。

 

今回使用したシャツは無印のリネン100%のシャツ。

ちょうど脇のところがかなり黄色くなってしまっています。実物は写真以上に黄ばみが目立っていました。

 

そして、今回は3リットルのお湯にワイドハイター30ml、重曹を大さじ4杯。黄ばみのところに直接重曹をふりかけました。

 

この状態で1時間漬け込み

 

 

 

1時間漬け込んだ後、洗濯機で洗い、乾かした後のシャツがコチラ↓

 

 

 

 

どうでしょう。

気持ち、若干黄ばみが残っていると思えなくもないかもしれませんが、ほぼキレイになりました。

漂白剤+重曹でシャツはキレイになります。

 

ただ、これが漂白剤だけだった場合とどのぐらい違うかというと、実際はそうでもないような感じです。

 

 

まとめ

シャツの脇の黄ばみ落としに対する漂白剤の正しい使い方について、黄ばみの原因とともに紹介しましたがいかがでしたでしょうか。

漂白剤をちゃんとした使い方をすれば、シャツの脇の大抵の黄ばみは落とせます。

ただ、もう黄ばみが脇のところに染み付いてしまって漂白剤ではどうしようもない、かなり強い漂白剤を使うのはシャツを傷めてしまいそうで怖いという人もいるでしょう。

その場合はプロであるクリーニング屋さんにお願いすることもオススメします。

 

なお、黄ばみだけじゃなくてニオイも気になっているという人はコチラの記事も御覧ください。

ニオイ菌の殺菌に漂白剤だけで満足できないなら試したい2つの方法

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

Mr.Father|父親だってオトコでいたいライフスタイルメディアの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Mr.Father|父親だってオトコでいたいライフスタイルメディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

huck

子供が出来ると段々とファッションに気を使わなくなっていくなんていうダサい父親になるのなんて、まっぴらごめんな37歳2児のパパ。

関連記事

  • 彼女の寝起き臭、特に口臭が気になる方へ伝えたい10のコト

  • 革靴の洗い方。臭いや雨ジミを石鹸と水でガシガシ洗って退治しよう。

  • としまえんの駐車場の料金を安く抑える裏ワザ

  • Yシャツを洗濯する頻度はどうして『毎日』が正解なのか

  • シューキーパーの使い方、本当に分かってる?ダイソー、無印良品でも高級シューキーパーに勝てるか?!

  • 重曹を超えた!と噂のセスキ炭酸ソーダを使った、ヤバイ簡単掃除術