1. TOP
  2. ライフスタイル
  3. アロンアルフアの取り方。皮膚や服、家具、ゴムについたらどうする?

アロンアルフアの取り方。皮膚や服、家具、ゴムについたらどうする?

ライフスタイル   94 Views

アロンアルファがあれば、ちょっとものが壊れたときでも簡単にくっつけることができるので便利ですよね。

しかし、使っているときに出し過ぎて余計なところまでつけてしまったり、くっつけている時に手や服につけちゃうことありますよね。

今回は、アロンアルファの取り方を素材別にご紹介します。

Sponsored Link

アロンアルファが皮膚についた時の取り方

慎重に作業をしていても手や指にアロンアルファがついちゃう時ありますよね。

まずは、一番起こりやすい皮膚についた時の取り方を説明します。

 

除光液で取る

爪につけたマニキュアを落とす時に使うのが除光液です。

この除光液には、アセトンという成分が含まれています。

このアセトンがアロンアルファを落としてくれます。

コットンやティッシュに除光液をしみ込ませて、アロンアルファがついた部分に軽く押しあてて落してください。

 

専用のはがし液で取る

アロンアルファには専用のリムーバーが売られています。

1本10gで、お値段も200円程度とお手軽なのでこの際に買っておくのもおすすめです。

専用リムーバーは、取りたい部分にぬって2~3分放置するだけです。

 

お湯で取る

40℃ぐらいのお湯にアロンアルファがついた部分をつけて、そのまま少し放置し、揉むように落としていきます。

急いで無理にはがそうとしないようにしてください。

 

何もしない

これから外出しないといけないとか、ご飯をつくるなどの用事がなければ何もせずそのままにしておく方法もあります。

除光液や専用のはがし液は薬品が入っているため、肌が弱い人にはよくありません。

時間が経過すると自然に取れるので、心配せずにそのままにしておきましょう。

 

アロンアルファが衣類についた時の取り方

次は、アロンアルファが服やクッション、テーブルクロスなどの布についた時の取り方をご紹介します。

 

アイロンで取る

アロンアルファがついた部分の下にガーゼを敷いて、アロンアルファがついた部分の上ににクッキングペーパーをのせて、アイロンをかけます。

アイロンの熱でアロンアルファが溶けて落ち、ガーゼに付着します。

 

除光液で取る

皮膚と同じように除光液でも取ることができます。

アロンアルファがついた部分の下にガーゼを何枚か敷きます。

ガーゼに除光液をつけて上から押しあてます。

これで、アロンアルファが溶け落ちていきます。

 

アセトンで取る

除光液に含まれるアセトンという成分の原液を、そのまま使ってアロンアルファを取ります。

アセトンの原液が手につかないように使い捨て手袋をします。

そして、アロンアルファがついた部分の下に何枚かガーゼを敷きます。

ガーゼにアセトン原液をつけて上から押しあてると、アロンアルファが溶けて落ちていきます。

原液で成分が強いので、作業中や作業後は換気をしっかり行ってください。

 

クリーニングに出す

取り方によっては服が色落ちしたり、生地が傷んでしまう可能性があります。

後悔しないためにも、お気に入りの服などはクリーニングに出して、プロにきれいに落としてもらいましょう。

 

アロンアルファが金属についた時の取り方

アロンアルファを使っていて、間違えて金具の部分につけてしまったり、指輪につけてしまうこともあるでしょう。

次は、アロンアルファが金属についた時の取り方をご紹介します。

 

爪で取る

一番簡単な方法は、爪ではがし取る方法です。

アロンアルファがついた部分が乾いたことを確認して爪で擦ってください。

道具を使わずに取ることができます。

 

専用のはがし液で取る

金属についた取れないアロンアルファは、専用のリムーバーで落とします。

専用のリムーバーを使った後に、白く残った場合は、耐水ペーパーで擦り落とし、コンパウンドを塗りこむことできれいになります。

 

ミネラルオイルで取る

ミネラルオイルはベビーオイルに含まれている成分です。

そのため、ベビーオイルを使っても取ることができます。

ベビーオイルをアロンアルファがついた部分に数滴垂らして、少し時間をおき、ティッシュで拭いて落とします。

ミネラルオイルは肌に優しいので安心して使うことができます。

 

アロンアルファがプラスチックについた時の取り方

アロンアルファがプラスチックでできた電化製品についてしまったことありませんか。

次は、アロンアルファがプラスチックについた時の取り方をご紹介します。

 

爪で取る

一番身近な方法は、爪で剥がす方法です。

固まったアロンアルファを爪で削って落としてください。

 

サンドペーパーで取る

アロンアルファが落ちない部分にサンドペーパーを当てて擦ります。

プラスチックに傷ができたときは、コンパウンドを使ってきれいにしてください。

 

お湯で取る

布にお湯を含ませて、アロンアルファがついた部分を擦ってふやかしてください。

薬品を使わないので、プラスチックを変色させたりする心配もありません。

 

イソプロピルアルコールで取る

イソプロピルアルコールは、アルコールの一種で消毒液として使われています。

ガーゼなどにイソプロピルアルコールを含ませて、アロンアルファがついた部分に当てて落とします。

プラスチックが変色したり、腐食したりするかもしれないので試してから使って下さい。

 

アロンアルファが木製家具についた時の取り方

作業中に、アロンアルファが机やいすなど木製家具につくこともあります。

次は、アロンアルファが木製家具についた時の取り方をご紹介します。

 

専用のはがし液で取る

専用リムーバーをアロンアルファが付いた部分に塗ります。

上にラップをかけて20分ほどそのままにした後、ガーゼなどで拭き取ります。

表面のつるつるしたコーティングが剥がれてしまうかもしれないので、関係のないところで試して使ってください。

 

中性洗剤で取る

中性洗剤をお湯に溶かします。

ガーゼなどに含ませて、アロンアルファが付いた部分に当てて、擦り落とします。

 

サンドペーパーで取る

固くなったアロンアルファをサンドペーパーで擦って落とします。

目の粗いサンドペーパーを使うと、家具を傷つける可能性があるので、目の細かいサンドペーパーを使ってください。

 

アセトンで取る

衣類に対する取り方と同じ方法で落としてください。

 

アロンアルファがゴムについた時の取り方

家電製品にアロンアルファを塗っていてゴムの部分にはみ出してしまい、困ったことないですか。

次は、ゴムについた時の取り方をご紹介します。

 

除光液・専用のはがし液・アセトンで取る

ガーゼにはがすための液をつけて、アロンアルファがついた部分に当てて、擦りながら落とします。

 

まとめ

素材によって違うアロンアルファの落とし方をご紹介しました。

素材によって、同じものを使っても落とし方が少し変わってくることもあります。

落とすために専用のはがし液など準備物が必要なものから、家にあるもので簡単に落とすことができるものもあります。

落とす方法は一つだけではないので、落ちなくても諦めずに何回か試してみてください。

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

Happines Family|子育て中のママ、パパ、家族が幸せになるライフスタイルメディアの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Happines Family|子育て中のママ、パパ、家族が幸せになるライフスタイルメディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

るまま

関連記事

  • iQosで歯茎が痛い、歯が痛いという人へ。それは歯周病かもしれません。

  • 宝石ネイルの最新版!シンプルなひし形やカットも出来るセルフネイルの方法

  • 話題の甘味料、エリスリトールの危険性と副作用。使い方さえ間違えなければ最高の甘味料

  • ふとんリネットの羽毛布団クリーニングの評判を実体験で検証!

  • としまえんの駐車場の料金を安く抑える裏ワザ

  • 全米が泣いた?!ミノキシジルタブレットを半年服用した、むくみ副作用の体験記