キャンプのベッドメイキング完全版。テントの広さ、形、人数別に紹介

由佳さん

なんだかいつもテントのベッドメイキングがしっくりこないのよね・・・。

テントにデッドスペースみたいな隙間もあるし。

うちの家族は寝袋の色もバラバラだし、見た目もおしゃれじゃないし。

huckさん

ちょっとの工夫で見違えるように変わるよ。

自分の好きなテイストで揃えることも簡単だし、自分の部屋のインテリアを選ぶように、自分の好みでコーディネートするのも楽しいよ!

由佳さん
この記事では、テントの広さや形、キャンプする人数など、それぞれの場合に合わせたベッドメイキングを紹介します。

 

スポンサードリンク

マットやベッドをテントにどう敷くとフィットしたベッドメイキングになる?

人数とテントの大きさが合っている場合

この投稿をInstagramで見る

アマツ人(@sorocamp)がシェアした投稿

寝室スペースにマットを敷き詰めて、その上でそれぞれがシュラフで寝る王道のパターンです。

全体にマットを敷くことで、寝ている間にマットがないところに行ってしまい痛い思いをする心配もありません。

 

マット同士をスナップボタンなどで連結できると、寝ている間にマットがずれることなくさらに快適に寝ることができます。

この投稿をInstagramで見る

ACCO(@acco.fam)がシェアした投稿

お子さんが小さいうちは、大きめのエアマットを敷布団、毛布や広げた寝袋を掛布団にして皆で一緒の布団で寝るのもいいですね。

 

・テントぎりぎりまでマットを敷き詰める
・子供が動くとマットがずれて隙間が生まれるので、スナップボタンで連結できるマットがおススメ

 

スポンサードリンク

人数よりもテントが大きい場合

寝るスペースとダイニングスペースを分けるとよりすっきりし、デッドスペースも生まれません

その場合、寝るスペースはなるべく端に寄せるとテント内を広く使うことができます。

ただ端は外気の影響を受けやすいので、冬期はより寒さ対策が必要になります。

 

・寝るスペースはテントの端に寄せる
・テントの端は寒いので、冬は寒さ対策が必要

 

ワンポールテントの場合

ワンポールテントは形が六角形や八角形のものが多く、通常のテントよりもデッドスペースが生まれやすいです。

ポイントは壁面に沿わせてマットを設置すること。

中央が広く空くので、そこに必要なものをまとめておくことができますし、テント中央は一番天井が高いところなので、そこが空くことによって開放感がありより広く感じます。

 

・テントの壁面に沿わせてマットを敷き、テントのデッドスペースを減らす

 

コットとの合わせ技という手も

 

この投稿をInstagramで見る

 

yum(@a.yum.i59)がシェアした投稿

コットを使えばさらにレイアウトの自由度が広がります。

コットは置く場所を選ばないので、あえて離して置くのもいいですね。

中央にテーブルやバッグを置けばどちら側からも使いやすいですし、寝ている人を起こす心配もありません

その場合も、なるべく壁側にコットを寄せたほうがデッドスペースも少なくなります。

あわせて読みたい記事

由佳さんファミキャンだと荷物が多くなっちゃって、コットを持って行こうと思うとなかなかハードルが高いのよね。huckさんでもワンランク上の寝心地の良さを求める方にとっては、コットは一度使ったら手放せなく[…]

おしゃれなベッドメイキング術

お気に入り柄のシーツをベッドやマットの上に敷く

ベッドやマットは無地のものが多いですよね。

お気に入りの柄のシーツをベッドやマットの上に敷くだけで、雰囲気がガラッと変わります。

白を基調とした明るいサイト内で、シーツの柄がアクセントになっていますね。

マット本体を買い替えなくても布を変えればいいだけなので、気軽に模様替えが楽しめます

 

・シーツの柄が変わるとテントの雰囲気がガラッと変わる
・キャンプに行く度にテントの雰囲気を変えたければ、シーツの柄を変えるだけでOK

 

床にお気に入りの柄のラグなどを敷く

この投稿をInstagramで見る

m a △(@kiicam.3)がシェアした投稿

床は面積が広いので、印象をかなり左右する場所です。

外から見たときにも一番目に入るところです。

お気に入りのラグを敷けば、まるで自分たちの部屋にいるようで、さらにお気に入りの場所になります。

ちょっと派手めな柄のほうがしっくりきますので、普段挑戦できない思い切った柄を選ぶのも楽しいですね。

柄はもちろん、厚さや素材、肌触りもこだわってみてはいかがでしょうか。

 

・床のラグ×ベッドの柄の組み合わせで、テントの中の雰囲気作りは無限大!
・意外とラグの柄は、派手めにしても、しっくるくる

 

寝袋の上にもお気に入り柄のシーツや布をかける

この投稿をInstagramで見る

のんこ(@nolicoo)がシェアした投稿

寝袋も無地のものが多いですよね。

色が派手なものも多く、サイトの雰囲気に合わないこともしばしば・・・。

そんなときは寝袋の上にもお気に入りの布をかけちゃいましょう。

ウールブランケットなど暖かいものをプラスすれば、防寒にもなりますし一石二鳥ですね。

 

・寝袋の上にもお気に入りの柄のシーツ、ラグを掛けるとテントの雰囲気が変わる
・寝袋の上にシーツ、ラグを掛けると防寒対策にもなり、一石二鳥

 

キャンプのベッドメイキングのポイントはスペースとラグ

家族みんなでわいわい川の字になって寝るのも楽しいですし、それぞれの個の時間を楽しみたいときは敢えて寝る場所を離すのもまたいいですね。

一枚でガラッと雰囲気が変わる布やラグはおしゃれなキャンパーの強い味方です。

夏はさらっとしたジュート素材のラグで西海岸風、冬はふわふわのラグで見た目にも暖かさをプラスなど、

季節によっていろいろ楽しめるのも魅力的です。

自然の中では、普段より攻めた柄や色に挑戦しやすく、センスの見せ処ですね。

好みや季節感を取り入れて、こだわりのサイトをもっとおしゃれにしちゃいましょう!

スポンサードリンク