【特選】キャンプの焚き火でオトコをアゲてくれる焚き火ストなギア

スポンサードリンク

キャンプの楽しみって色々ありますが、その一つに焚き火があるのではないでしょうか。

普段の生活では絶対にしない焚き火は非日常感を味わえるだけでなく、焚き火台のセッティング、火起こしなど一つ一つの作業がキャンパーとしての腕の見せ所でもあります。

さて、焚き火を楽しむために焚き火台が必要な事は当然のこととして、焚き火に使う他のギアが焚き火をより楽しく、そして、より華やかに彩ってくれます。

今回、焚き火台の紹介は他の記事にお任せするとして、焚き火を彩る焚き火に必要な道具を中心に分かりやすくご紹介しようと思っています。

 

とは言え焚き火台がないと始まらない

最近では多くのキャンプ場が直火禁止としているところが多いので、焚き火を楽しみたいのであれば必然的に焚き火台が必要となります。

例え直火が可能であっても火の扱いに慣れていないと、思いがけず火が広がってしまいヒヤッとしたなんて話も聞いたりします。

また草などを燃やさないといった自然保護の観点から焚き火台を使用するキャンパーも増えています。

またBBQグリルを焚き火台の代わりに使用するキャンパーも見かけますが、これから焚き火を楽しみたいと考えている方にはぜひ焚き火台をオススメします。

BBQグリルとの違いは、グリルは炭を使用しますが、焚き火台は薪を使用するという事です。

薪の燃える音、火が燃える様子などを十分に味わえるのが焚き火台です。

焚き火をするなら絶対必要な道具たち

スポンサードリンク

火バサミ・トング

この投稿をInstagramで見る

MAYU♥STORY(@mayu.life.story)がシェアした投稿

燃え具合によって薪を増やしたり空気を入れるため薪を動かす作業が焚き火には必要です。

それらの作業はもちろん素手では行えません。

時々まだ燃やしていない薪でそれらをするキャンパーも見かけますが、細かい調整などはもちろん火バサミの方がやりやすくスムーズなので、火バサミは焚き火には必需品といえます。

皮のグローブ

この投稿をInstagramで見る

たー(@ta_7167)がシェアした投稿

手が汚れないためやトゲが刺さるのを防ぐためにグローブをするというのはもちろんですが、皮のグローブをする大きな目的の一つに火傷防止があります。

軍手で焚き火をしているキャンパーを見かけますが、軍手はメーカーにもよりますが多くが耐熱性などはなくうっかりすると火が燃え移ってしまうことがあります。

一方で皮は燃えにくく耐熱性があります

短いタイプの皮のグローブもありますが、焚き火用のロングタイプも販売されているので、焚き火のシーンを思い出し必要なサイズを検討してみてください。

着火剤

この投稿をInstagramで見る

㈱revos(@revos_like_0110)がシェアした投稿

着火剤がなくても焚き火はできますが、乾燥した落ち葉や枯れ草などで焚き付けができることが条件になります。

またそれらが見つかっても薪が少しでも湿っていたりするとなかなか火が付きません。

なので、簡単なのはやはり着火剤を使用することです。

キャンプ中はテントの設営、キャンプ飯の準備、自然の中で遊ぶなどなど色々と忙しいです。火起こしに時間を取られるよりも着火剤を利用し、その分他に時間を使った方が賢いと思いませんか。

また最近では防水性を持った着火剤なども販売されており、お天気が心配な日や湿った地での焚き火も怖くありません。

チャッカマン・トーチ

この投稿をInstagramで見る

_J_U_N_(@_n_u_j_u_n_)がシェアした投稿

ライターでも火を付けることはできますが、火が出る部分から持ち手が離れている方が安定して着火する事ができるので、焚き火の際はチャッカマンやトーチの使用をオススメします。

この投稿をInstagramで見る

ごーじぃ⛺️Yosocam(よそキャン)(@gozi72)がシェアした投稿

キャンプに行く前に薪を適当な大きさに裁断しておくからキャンプでは必要ないと思われるかもしれませんが、焚き火も風向きや天候など自然のコンディションで変化するものです。

場合によっては小さめの薪を重ねた方がうまい具合に燃えるなんてこともあります。

そんな時に焦らない為にも鉈は常備しておいた方が良い道具の一つです。

火消しツボ

この投稿をInstagramで見る

Jin Watanabe(@jin1eskimo)がシェアした投稿

火消しツボとは、焚き火で使った薪やBBQで使用した炭を入れるアウトドア用品です。

薪や炭を入れた後にしっかり蓋をすることで酸素を遮断し、火を消すツボです。

就寝時やキャンプ終了時にまだ火が完全に消えていない場合に大変便利なアイテムです。

せっかく楽しんだ焚き火の残り火からあわや火事なんて事にならないようにしっかりと後処理をするためにも必要な道具です。

焚き火をするならあったほうがベターな道具たち

ローチェア

なぜ普通の高さの椅子ではなく、ローチェアをオススメするかというと、焚き火の高さとローチェアーの高さが丁度良いからです。

ローチェアの高さだと座りながら焚き火の管理や炎を楽しむことができます。

これが普通の高さの椅子だと焚き火に薪をくべる際など屈む必要があり、やや無理な体勢をせざるを得ません。

また炎を楽しむにも足下ばかりが火にあたり、見て楽しむには焚き火から少し離れないといけなくなります。

なお、焚き火から少し離れていても火の粉が多少飛んでくることも想定しておいた方がよいです。

特に焚き火近くで使用するチェアは火の粉に強いものでないと、火の粉で穴が開いてしまったり布が溶けるといった事が起こりえます。

そのため火の粉に強いローチェアのオススメをいくつかご紹介しようと思います。

スノーピークローチェア30

この投稿をInstagramで見る

うえだ(@ueda_aaa)がシェアした投稿

この30という数字は座面の高さが地上から30cmという意味です。

そのため焚き火を楽しむにはぴったりの高さです。
また座面も丈夫なポリエステルの布からできており、安定感も抜群です。

カラーはブラウンとカーキの2色あり、組み立て時のサイズは58×65×86(h)cmであり、収納時は16×18×101cmとかなりコンパクトになります。

また収納ケース付きなので、収納時の持ち運びも楽々です。

・ぼーっと何も考えずに焚火の前にいたい人にあった高さ
・しっかりとした背もたれで思い切り寄りかかれる
・サイズ:(使用時) 幅:58×奥行:65×高さ86cm、(収納時) 16×18×101cm
・重さ:3.6kg
・素材:フレーム/アルミニウム合金、肘掛け/竹集成材、金具/ステンレス、シート/ポリエステル

DOD タキビチェア

この投稿をInstagramで見る

DOD【公式】(@dod.camp)がシェアした投稿

商品名がタキビチェアとなっているように焚き火のための専用チェアです。

綿100%の帆布生地でできており、火の粉に当たっても穴の空きにくい丈夫な素材です。

また焚き火の煙が当たりにくいような高さにも設計されています。

使用時は60×50×56cnで、折り畳むと60×8×80cmとなります。

カラーはブラックとカーキの2色です。

・火の粉が飛んできても穴が空かない
・高さが30cmだと逆に足が疲れてしまうという人におススメ
・サイズ:(使用時) 幅60×奥行50×高さ56cm、(収納時) 60×8×80cm
・重さ:3.3kg
・素材:フレーム/スチール、シート/帆布生地、

カーミットチェア

この投稿をInstagramで見る

るーるさん。(@r.uuuuuuule)がシェアした投稿

カーミットチェアはアメリカのブランドになります。

お値段はやや高いのですが、一目でオシャレだと認識できる目の引くデザインがキャンパーに大人気です。

ファブリックが交換できるので、アウトドアと自宅のインテリア用にファブリックを分けて使用する事も可能です。

地面から約30cmの高さに座面があるので、こちらも焚き火をする際にピッタリの高さになります。

収納時はパーツごとに外す事ができ、収納時のサイズは11×16×56となります。

ファブリックはネイビー・バーガンデ・フォレストグリーン・ブラウン・ブラック・ベージュ・レッドとたくさんのカラーがあります。

・座面の種類が豊富でカスタマイズしたい人におススメ
・ザアウトドアなたたずまいを楽しむ雰囲気は抜群
・サイズ:(使用時)幅53×奥行×高さ61cm:、(収納時) 11×16×56cm
・重さ:2.5kg
・素材:オーク材・アルミ・スチール、シート/1,000デニールナイロン (オフィシャル)、

ハイランダーウッドフレームチェア コットン

この投稿をInstagramで見る

kichi_cam(@kichi_camp)がシェアした投稿

カーミットチェアと少し似たようなデザインだが、こちらの方がコスパが良いということで、ハイランダーウッドフレームチェアを選ぶキャンパーもいます。

こちらもオシャレなデザインだけでなく、背もたれ部分の生地が二重構造となっており、その間に補強布が入り丈夫な作りとなっております(アイボリー・カーキ・レッドのみ)。

収納時はチェアを分解し専用のケースに入れ持ち運びも楽々できます。

使用時のサイズは59×73×57、収納時のサイズは13×11×57となります。

カラーは先ほど上げたアイボリー・カーキ・レッド以外にデニム・モカ・ブラウンと計6色展開しています。

・カーミットチェアに行くにはちょっとお財布に余裕が・・・という人におススメ
・コットン素材なので、火の粉が飛んできても穴が空かない
・サイズ:(使用時) 幅59×奥行73×高さ57cm、(収納時) 13×11×57cm
・重さ:3.3kg
・素材:フレーム/ブナ、シート/コットン

ローテーブル

ローチェアの高さに合わせローテーブルがあると何かと便利です。

お酒やおつまみを置いたり、コーヒーテーブルとしてもいいかもしれません。

焚き火のお供にお酒やコーヒーは最高です。

キャプテンスタッグ アルミローテーブル

この投稿をInstagramで見る

友草 清一(@tomok.usa)がシェアした投稿

こちら使用時のサイズ40×29×12、収納時のサイズ40×7×6で収納バッグ付きです。

素材がアルミのため700gと軽量ですが、耐荷重30kgと機能面も問題なしです。

カラーはブラック・マルチ・マーベルと3色あり、定番のブラックもカッコいいですが、他のメーカーではあまり見かけないマルチ・マーベルがとてもオシャレでキャンプサイトを彩ってくれます。

・700gと軽量で持ち運びラクラク
・カラー展開が豊富で、サイトにアクセントを置きたい人におススメ
・サイズ:(使用時) 幅40×奥行29×高さ12cm、(収納時) 40×7×6cm
・重さ:700g
・耐荷重:30kg
・素材:アルミニウム

火吹き棒

火を起こすのって簡単なようで難しいですよね。せっかく火がついても弱かったり、途中で消えてしまうこともあります。

火吹き棒は火力を強めるためにピンポイントで酸素を送ることができる道具です。

うちわなどを利用して酸素を送っているキャンパーもいますが、全体に酸素を送るよりも火吹き棒を利用して要な箇所に酸素を送った方が早く安全に火を起こしたり、火力を強めたりする事が可能となる道具です。

ファイヤーサイド ファイヤーブラスター

この投稿をInstagramで見る

Masayuki Takase(@masayuki.takase_0923)がシェアした投稿

アルミ素材なので60gと軽量かつコンパクト(長さ約60cm)な火吹き棒です。

また口元と中央部はブナ材となっており、手元が安定し狙った場所に酸素を送る事が可能となります。

とってもオシャレでスタイリッシュなドイツ製の火吹き棒です。

・ヒロシも使ってるという本格派
・しっかりとした作りで、いかにも火に空気を送ってるなぁという実感が持てる

秀岳荘 伸縮自在ファイヤーブラスター銘木

この投稿をInstagramで見る

*Hide Naka*(@hide.0305)がシェアした投稿

伸縮自在とあるように29~86cmまで長さを変えることができるので、狙った箇所に近付け酸素を送ることが可能です。

また口元、中間の添え木には銘木が使われており、更に驚くことに銘木部分は職人が一つ一つ手作業で仕上げています。

そのため多少仕上がりに個体差があるようですが、自分オリジナルの物が欲しいと思っているキャンパーにはピッタリの火吹き棒です。

・職人の技がキラリと光る口元の細工で焚火の煌めき感がアガる
・武骨で本格的でありつつ、長さが変えられて機能性が高い

これであなたも一流焚き火スト?The焚き火道具

トライポッド

トライポッドとは焚き火の上で調理をするために、ダッチオーブンやケトルを吊すための3脚のことです。

トライポッドがあるだけで焚き火の楽しみがまた一つ広がります。

ロッジ トライポッド3TP2

この投稿をInstagramで見る

katsu(@katsuyan1970)がシェアした投稿

アメリカを代表する創業120年の鉄製鋳物調理器具メーカーが出しているトライポッドです。

シンプルなデザインですが、存在感がありキャンプの主役級の道具になること間違いなしです。

高さは110cm、重さが4kgと重量感があります。

鋳鉄から出来ているので、重みはありますがその分風等でぐらつく心配はなく、安心して使用することができます。

・武骨な男前な焚火にはもってこいの逸品
・重厚な作りで、大きいダッチオーブンを吊るしてもびくともしない
・サイズ:(利用時)高さ110cm
・重さ:4kg
・素材:鋳鉄

ロゴス 囲炉裏ポッドテーブル

この投稿をInstagramで見る

あすか(@akakau111)がシェアした投稿

囲炉裏スタイルで吊り料理を楽しむことができるトライポッドです。

3脚のトライポッドが多い中、こちらは4脚でとても安定感のある作りとなっています。

組立時のサイズは88×88×134、天板サイズ73×15×2.3、天板高さが27cmとなっています。

またテーブル開口部のサイズは58×58です。

こちらは収納バッグ付きで、収納サイズ75.5×28×16ととってもコンパクトになります。

・囲炉裏テーブルとのセットは唯一無二
・4脚で抜群の安定感かつテーブルとのセットで、子供が焚火に近寄っても安心感
・サイズ:組立時/幅88×奥行88×高さ134cm
天板/73×15×2.3cm
天板高/27cm
[テーブル開口部/58×58cm
・収納サイズ:(約)75.5×28×16cm
・重さ:9.9kg
・耐荷重目安(静止荷重):[クワトロポッド](約)200㎏
[テーブル面](約)6kg

アンカー、フック、ハンガー

多くが地面に直接突き刺して使用する物が多く、ダッチオーブンやケトルを焚き火台の上に吊すものです。

PETROMAX ファイヤーアンカー

この投稿をInstagramで見る

Masayoshi Ayano(@ayano3183)がシェアした投稿

アームは高さ調整ができるようになっており、料理の幅が広がります。

またグリル網には直接ソーセージや野菜などを乗せBBQを楽しむ事もできます。

無骨でカッコいいデザインが多くのキャンパーを虜にしています。

サイズ:全長/103.5cm
地上高/83.5cm
地中アンカー長さ/20cm
アーム長さ/68cm
グリル/40×40×2cm

アイアンクラフト ITADAKI

この投稿をInstagramで見る

norikatsu(@nori30911978)がシェアした投稿

こちらも脚が4本あり、安定するタイプのものです。

一つ一つのパーツがカッコいい、静岡県のアウトドアメーカーが作成しているアイアンギアになります。

鍋やフライパンを置くことができるブランコ状のロストル、吊り下げ用のS字フックがセットになっています。

良いお値段するのですが、焚き火の魅力にはまったキャンパーは欲しくなること間違いない商品です。

サイズ:幅165×奥行48×高さ90cm
収納サイズ:106×48×6cm
重量:約14kg

焚き火テーブル

先ほどはお酒やおつまみなどを置くように小さなローテーブルをご紹介しましたが、ここでは、焚き火台を囲む焚き火テーブルをご紹介したいと思います。

the Arth ヘキ男

この投稿をInstagramで見る

Daisuke Nagahara(@disknghr0310)がシェアした投稿

6角形のヘキサテーブル、通称「ヘキ男」の愛称でキャンパーに人気の焚き火テーブルです。

テーブルの柄によって多少サイズや値段が多少異なるのですが、定番の素地ヘキ男のサイズをご紹介しようと思います。

外寸114.5(対面)、内寸69.4(対面)、高さ25、収納時のサイズは66.6×26.4×16.2です。収納バッグはありません。

またヘキ男よりも一回り小さいサイズのテーブルをヘキ子と呼ぶなどとてもユニークな日本のメーカーです。

公式サイトでは常に在庫切れ状態で、メールやインスタグラムのDMで予約を受け付けるという希少なテーブルです。

・焚き火の周りにヘキサテーブルをというスタイルを作り上げた開拓者
・仲間と一緒にでも、デュオでと色んなスタイルで焚き火を楽しめる

DOD テキーラテーブル

この投稿をInstagramで見る

masami koshikawa(@masami_k0828)がシェアした投稿

焚き火の上でも使用でき、調理もできる斬新なテーブルです。

またいくつかまとめて購入することで、棚としても利用可能であったり、ヘキ男のように焚き火台を囲ってヘキサテーブルとして使用することもできます。

サイズは開き方により多少変動するのですが、115×49.2×41です。

また収納時は、51×5×51となります。

テキーラテーブルが収納できるテキーラバッグをセット購入することも可能です。

・テーブル部分がメッシュ構造&スチールなので、汚れ&火の粉に強い
・焚き火テーブルとしてだけでなく、ラックとしても使えて汎用性が高い

HangOut アーチテーブル

この投稿をInstagramで見る

Hang Out(@hang_out_official)がシェアした投稿

テーブル3つがセットになっており、アーチテーブルという商品名通り3つテーブルを連結させるとアーチの形になり真ん中に座るとコックピットにいるようです。

またこの商品も単体でサイドテーブルとして使用するなどレイアウトは自由自在です。

また2セット合わせることでヘキサテーブルにもなります。

素材がアッシュ材、ステンレスとあるので、あえて違う素材同士を連結し使用しているキャンパーもいます。

またステンレストップに熱いものを乗せた場合、ウッドトップに接触しないようにステンレストップが少し高めに設定するなどの配慮が見られます。

専用の収納バッグは付属しません。

・コックピットに座っているがごとく、我が城といった充実感が得られる
・手の届くところに色々なものが置けて、こたつにいるような感覚
サイズ:幅68×奥行30×高さ27cm(ステンレスは27.5)
重量:2kg(ステンレスは4kg)
素材:天板/合板・ステンレス、フレーム/スチール

 ギアに囲まれると焚き火をうっとりと楽しめる

これから焚き火を本格的に始めたいと考えている方に向け、まずは絶対に必要な物からあったら便利な物までご紹介しました。

焚き火をやっているキャンパーを見たり、雑誌やSNSなどを見るとあれもこれも欲しくなると思いますが、まずは基本的な道具を揃え少しずつ自分の焚き火スタイルが決まってきた頃にあったら便利だと思う物を揃えても遅くはありません。

まずは焚き火を楽しむ!これが一番です。

安全に楽しむための道具をまず揃え、次に焚き火が充実し、より楽しくなる道具を検討してみてください。

スポンサードリンク