CATEGORY

キャンプ

風速7mでテントは壊れる事がある。風が強い日はキャンセルする勇気を

風速7m/sの強風でテント泊は無謀   この投稿をInstagramで見る   Hiroshi Nitta(@small_blacky)がシェアした投稿 キャンプをする場合、基本的にチェックするポイントは、天候、気温ではないでしょうか。 ここで一緒にチェックしたいのが、「風速」です。 キャンプをする、しないの判断基準として「風速7m/s」を覚えておくとよいでしょう。 小さな子供 […]

マンションでも諦めない、最速で最適なテントの手入れ方法

由佳さん この記事では以下の事を紹介しています。 ・マンションのどこで、テントのどのパーツを乾かすかが大事。 ・テントを乾かすポイントは、空気を循環させてテントを乾燥させる。 ・テント乾燥は、見逃しがちなロープなどの細かい部分の汚れ取り、乾燥が意外と大事。 さとこさん マンションだと濡れたテントをどうやって乾かすか、いつも悩むのよね。乾燥の事を思って雨予報だとキャンプをキャンセルしてなかなかキャン […]

テントの捨て方は粗大ゴミがほとんどだが、燃えるごみの自治体もある

由佳さん この記事は以下の事を紹介しています。 ・テントの捨て方は粗大ごみの自治体がほとんど ・テントを粗大ごみとして捨てる時の相場は300円~800円 ・テントが粗大ごみなのか、燃えるゴミなのかを調べる方法 ・自治体によって粗大ゴミか燃えるゴミか分かれる理由 さとこさん テントが古くなってもう処分したいのだけど捨て方が分からない。 仲のいい友達に教えてもらったけど、友達は違う県に住んでいるので私 […]

子連れファミキャンに是非。砂、土から守るテント入口に置くすのこ

由佳さん この記事では以下の事を紹介しています。 ・テント内に入ってくる土、砂を防げるアルミすのこ、木製すのこ、玄関マット ・キャンプメーカーから販売されている「すのこ」が便利! ・テントの玄関作りはキャンプスタイルを見つける事が大事。 さとこさん 子供達がインナーテントに入るために靴を脱いだ時に、土や砂がそのままテントにバサッと入ってテントの中が結構汚れるのよね。 由佳さん テントの入り口にすの […]

テントの数え方の正解は1張り、2張り。単位の語源は張の漢字にアリ

テントの数え方は1張り、2張り。1基、1梁や1台は誤りです。 テントは、「1張り(ひとはり)、2張り(ふたはり)」と数えます。 長年キャンプをしていても、改めて数え方を聞かれると、戸惑う人も多いのではないでしょうか。 「張り」の単位を使う物は、テントの他にも提灯、蚊帳、カサなどがあります。 布と骨組みで構成され、解体して持ち運び可能な物が1張り、2張りと数えられるようです。 テントは、ポール&シー […]

キャンプで女性や子連れに嬉しい防犯人感センサー特選。意外な役立ちも

由佳さん この記事は以下の事を紹介しています。 ・キャンプの防犯に使える人感センサー ・人感センサーのライトが防犯に有効と言われる理由 ・キャンプで人感センサーライトが意外と役に立つ さとこさん キャンプに行くのは楽しいけどテントに人がいないときセキュリティーの部分で不安。 子供が小さく一緒に遊んだりするので意外にテントに人がいないときがあるね。 由佳さん 私は最近キャンプ場でも防犯のために使って […]