1. TOP
  2. 育児・教育
  3. 今ドキ中学生カップルの実態。あなたの息子や娘に彼氏彼女が出来たら知ってもらいたい中学生カップル事情

    今ドキ中学生カップルの実態。あなたの息子や娘に彼氏彼女が出来たら知ってもらいたい中学生カップル事情

    育児・教育   431 Views

    親世代が中学生の時のカップルと、今の中学生カップルはどこが違うのでしょうか?

    今の子たちは早熟ですし、何より親世代にはなかったスマートフォンやインターネットがあり、自分たちの頃と比べられないですよね。

    昔は父親が出ないかドキドキしながら固定電話に電話をかけたものですが、今の中学生はそのドキドキを味わうこともありません。

    昔とは比較するのが難しい、最近の中学生カップルの実態についてご紹介します!

    Sponsored Link

    カップルデビューは中学が当たり前?!

    男女交際が低年齢化し、今中学生でカップルデビューしても当たり前と言われています。

    親世代ではクラスで目立つ生徒だけだった記憶がありますが、今はどんな子でもカップルになる可能性があります。

     

    中学生にとって付き合うとは?

    中学生は交際について大人程深刻に考えないため、かっこいいな、とか、かわいいなとか、そんな簡単な理由で付き合いたいと思います。

    大人だと結婚はどうとか、経済力とか、いろんなことを考えてしまいますよね。

    本人たちは真剣かもしれませんが、中学生にとって付き合うことはハードルが低いんです。

     

    恋愛したいという気持ちが強い

    小学生でも付き合う男女がいる今、中学生は恋愛したいという気持ちがとても強いです。

    生活の一部と言っても過言ではないでしょう。

    親世代もドラマや漫画に影響を受けたものですが、今の中学生はインターネットを通して同世代のリアルな恋愛を知ることもできます。

    身近に感じて、自分自身も恋愛したいという気持ちも強くなるんですね。

     

    好きな気持ちより「付き合っている」ステータス重視

    これは昔も同じかもしれませんが、今の中学生は恋愛に対する憧れが更に大きい分、「付き合う」「彼氏・彼女がいる」ということにステータスを感じてカップルが成立することもあります。

    中学生の場合、特にかっこいいかわいいスポーツができるなど、みんなから羨ましがられる相手だとつい付き合いたくなってしまうようです。

     

    カップル成立のハードルは低め

    中学生は付き合うことを深刻に考えていない分、カップル成立のハードルは低めです。

    結婚や経済面を考えなくていいことに加え、大人程面倒なこともないので、余計に簡単にカップルが成立します。

    中学校という狭い世界なので噂話は気になるところですが、それすらみんなから羨ましがられるというステータスに変わり、簡単に付き合ってしまうようです。

     

    お別れのハードルも低め

    中学生カップルは成立が簡単な分、お別れのハードルも低めです。

    別れる時は泣くかもしれないですが、恋に恋する部分も大いにあり、すぐに立ち直って次の恋愛に向かうのも特徴です。

    もしお子さんが失恋したと知っても、重く受け止めずいつも通り接しましょう。

     

    彼氏彼女がいる生徒は何割くらい?

    では実際どれくらいの中学生が付き合っているのでしょうか?

    学校によっても違いますが、だいたい2割くらいと言われています。

    ただ、先に書いたように付き合っている中学生カップルは期間が短く、簡単に分かれるので、付き合ったことにある割合はもう少し多いかもしれません。

     

    中学生カップルはどうやって出会う?

    最近の中学生カップルはどうやって出会うのでしょうか?

    親世代だと学校が同じか、せいぜい同じ塾に通う他校の生徒とか、部活の大会で知り合ったとかその程度でしたよね。

     

    出会いの幅が広い

    今の中学生は親世代より出会いの幅が広いのが特徴です。

    もちろん昔同様、同じ学校や直接知り合った生徒と付き合うこともあります。

    が、今は昔にはなかったスマートフォンがあります。

    今は中学生の7割以上がスマートフォンを持っていると言われており、これにより出会いの幅がぐんと広がります。

     

    他校の生徒とも出会いがある

    昔他校の中学生同士が出会うには、紹介をするにしても直接会うのが前提でした。

    でもスマートフォンがあれば、メッセージアプリを通してなど、簡単に紹介することができます。

    写真を送って先に好みの相手か確認することができますし、他校の生徒と出会うのがより簡単になりました。

     

    SNSでの出会い

    最近の中学生カップルはSNSを通して出会うことも多いです。

    こちらは全国、そして世界中の人とつながるため、更に出会いの幅が広がります。

    たまたま近所だと親近感を覚えてカップルになることもありますし、反対に遠くてもSNSのメッセージメインの交際をすることもあるんです。

     

    大人でも子供でもない!中学生カップルの特徴

    中学生ってまだ大人ではないですが、もう子供でもないですよね。

    続いてはそんな中学生カップルの特徴を見ていきましょう。

     

    彼氏彼女のいる生徒の特徴

    昔の中学生は少し不良だったり、素行が良くない生徒がカップルになっていたイメージがありますが、今の中学生はそうではないようです。

    男女それぞれに特徴があるのでご紹介します。

     

    男子の特徴

    恋愛に興味があると言っても、中学生男子は女子に比べて幼いところがあり、漫画のヒーローの様に女子をエスコートできる男子はなかなかいません。

    だからこそあえて格好つけず、好きという気持ちを素直に伝えられる男子に彼女がいることが多い様です。

    好きと告白されたら好きになってしまうのも中学生の特徴で、それも素直に好きと言える男子に彼女がいることが多い理由の一つです。

    他にもスポーツなど何かを頑張ってたり、明るくて親しみやすかったりする男子に彼女がいることが多いです。

     

    女子の特徴

    一方で中学生女子はやはり容姿がいいことが彼氏がいる一番の特徴になるようです。

    顔立ちが整っているだけでなく、お洒落だったり、明るくて友達が多いことも含みます。

    明るくて友達が多いタイプは、男子と話す機会も多く、必然的に彼氏ができる機会も増えるようです。

    昔も男子と気さくに話せる女子と、なかなか話せない女子っていましたよね。

    また、ツンデレタイプがもてることもあるようです。

    みんなの前ではツンツンしてるのに、二人きりになると甘えてくる…。

    そんな態度に特別感を覚えるのは中学生男子も同じようです。

     

    中学生カップルの特徴

    大人でも子供でもない中学生。大人のカップルと比べてどんな特徴があるのでしょうか?

     

    金銭的な制限がある

    中学生カップルが使えるお金はあくまでおこずかいの範囲内です。

    デートと言えば一緒に下校したり、食事に行くとしてもファミレス程度なことが多いです。

    逆に言えば中学生カップルは大人と違って見栄を張る必要はないので、気軽に付き合える理由のひとつです。

     

    周りの目を気にする

    最近の中学生が恋愛したいという気持ちが強いということは、友達の恋愛にも興味があるということです。

    校内はもちろん、SNSでもつながりが多い狭い世界なので、中学生カップルの場合こっそり付き合うというのは難しく、すぐに噂になってしまいます。

    恥ずかしがり屋だったり、周りの目が気になるタイプは、カップルになりにくいかもしれません。

     

    やることがいっぱい。恋愛はあくまで2番手

    今の中学生は忙しい!

    部活動にも力が入る年頃ですし、塾や習い事に毎日のように通う生徒も珍しくありません。

    恋愛したい気持ちは強く、興味があって、実際カップルになることもありますが、あくまで二番手という認識の様です。

    恋愛依存症の様なことに陥ることはあまりないので、その点は心配する必要はないでしょう。

     

    中学生のカップルの恋愛事情を見てみよう

    では、中学生カップルは実際どの様にデートをしたり一緒に過ごしているのか、恋愛事情を見ていきましょう。

    親世代と似ているところ、全く違うところ両方あると思います。

     

    中学生カップルの過ごし方

    中学生カップルの場合、校内で付き合っているのか、校外なのかで少し事情は変わってきますが、どちらにしろスマートフォンが大切なツールになっている様です。

    具体的に紹介しましょう。

     

    毎日連絡をとりあう

    昔と違って固定電話ではなく直接連絡が取れる今の中学生カップルは毎日連絡を取るのが当たり前です。

    メッセージアプリでは友達同士でも毎日連絡を取るのが当たり前なので、それがカップルとなると連絡を取らない日はないと言い切ってもいいでしょう。

     

    一緒に登下校

    校内のカップルなら一緒に登下校をすることもあります。

    これは昔の中学生カップルと変わらなくて微笑ましいですね。

    方向が違う場合、毎朝迎えに来たり、帰りも送ったり…。

    皆さんが中学生の時にもそういうカップルがいたと思います。

     

    近所のデート

    高校生に比べると中学生カップルは遠くまで出かける傾向は低く、中学生カップルのデートは近所が多い様です。

    広い公園の他、近くで行われるお祭りや花火大会などのイベントは欠かせないデートスポットです。

     

    ファストフードやファミレスで食事

    先にも書いたように、金銭的な制限のある中学生カップル

    中学生のおこずかいの平均は、学年や地域によっても違いますが、概ね2,500円くらいと言われています。

    小学生の頃に比べると大分使える金額が増えますが、それでもファストフードやファミレスで食事をするのも贅沢な金額です。

    中学生カップルは大人のように背伸びしたところにはいかないのが特徴の様です。

     

    ハグなどのスキンシップ

    親世代にとって実は一番気になるのは、中学生カップルがどこまでスキンシップを取っているかということではないでしょうか?

    性交渉の低年齢化も話題に上がりますが、意外にも手を繋ぐことさえ戸惑う初々しい中学生カップルも多い様です。

    そこからハグにいくのも恥ずかしいという感情があり、多くの中学生カップルはよくてもキスまでで止めている様です。

     

    LINEメインのお付き合い

    校外のカップルや、SNSで知り合って地元が近くない中学生カップルはLINEがお付き合いのメインになることも珍しくありません。

    例え校内であっても部活が忙しい等中々時間が取れないとLINEがメインになることがあります。

    スキンシップを取るにも羞恥心がある中学生カップル。

    実は付き合いたい理由は恋愛への興味やステータスもですが、誰かと常に繋がっていたいというスマホ社会の欲求が一番なのかもしれません。

     

    大人が知っておくべき!中学生カップルのリスク

    大人が心配するより微笑ましい中学生カップルですが、やはりリスクもあります。

    最後に気を付けるべきリスクについてあげておきます。

     

    純粋で子供の部分も大きい故のリスク

    もう子供じゃないと言ってもまだまだ純粋な中学生。

    純粋だからこそ何かあったとき傷つきやすいというリスクがあります。

    中学生カップルは気軽に付き合うことが多いので、お互いの気持ちにずれがあることも少なくありません。

    二人とも気軽なら問題ありませんが、片方が本気だと別れる時などにとても傷つくことになります。

    失恋は大人でもつらいものですが、中学生の場合他のことに全く目が向かないくらい落ち込むなど注意が必要です。

     

    SNSのリスク

    そして中学生に恋愛だけでなく付きまとうのがSNSのリスクです。

    カップルで撮った写真を気軽にSNSに載せてトラブルの元になったり。

    SNSで知り合った中学生だと言う相手に会ったら実はそうではなく、事件に巻き込まれることも少なくありません。

    今の中学生はSNSに本名や写真を載せることに抵抗がないことも多いので、事前にしっかりと話し合うことが大切です。

     

    相手に何かあったときの責任

    スキンシップは軽めな中学生カップルが多いと書きましたが、もちろん一線を越える中学生カップルもいます。

    そして中学生ではもし相手が妊娠した時にもちろん責任を取ることはできません。

    もちろん親が出てきての話し合いになりますが、中学生で産むという選択は皆無と言っても過言ではないでしょう。

    体も心も傷つく結果になり、その責任を取ることもできません。

     

    まとめ

    今の中学生はやはりメッセージアプリやSNSなど、スマートフォンメインの交際をしているようです。

    昔と違って一緒にいなくてもずっとコミュニケーションを取れることで、中学生が恋愛をより楽しめるようになったのかもしれません。

    中学生はまだまだ本気で交際をすることはなく、言わば恋愛の練習段階です。

    結婚や経済的なことを考えず純粋に恋愛を楽しめる、羨ましい時期なのかもしれません。

    Sponsored Link

    \ SNSでシェアしよう! /

    Happines Family|子育て中のママ、パパ、家族が幸せになるライフスタイルメディアの注目記事を受け取ろう

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

    Happines Family|子育て中のママ、パパ、家族が幸せになるライフスタイルメディアの人気記事をお届けします。

    Sponsored Link

    ライター紹介 ライター一覧

    るまま

      関連記事

      • ママ友はいつまでママ友?!いつまでもママ友とべったりしたくないあなたに

      • 赤ちゃんのおむつかぶれ対策でベビーオイルは要注意?!先輩ママの奮闘記

      • ポリエステルってやっぱり暑くて夏には向かない?夏でも快適にポリエステルの服を着る方法

      • 入学祝のお返し相場!親へはいくらでお返ししたらすべらない?

      • 新生児、一歳半の子の夜泣きは何歳まで?先輩ママたちの夜泣き対策23の知恵袋

      • 学級閉鎖の基準人数は欠席率およそ10%〜20%。ただし例外もあるため、要注意