口説くの語源はくどくど。恋愛の意味で使われ始めたのは室町時代から

口説くは、現在では異性の相手に自分の思いを受け入れてもらえるよう説得する意味合いで使われる事が多いです。

ただ、口説くの元々の語源は、恋愛とは真逆でむしろ嫌な感じの「くどい」という言葉です。

では、どのような変遷を経て、口説くは、嫌な感じから良い感じの意味の恋愛の意味に変わっていったかを紹介します。

スポンサードリンク

口説くの語源はくどくど

口説くの語源は、「くどくど」や「くどい」という言葉から来ています。

擬態語である「くどくど」や形容詞の「くどい」を動詞化して、口説くという言葉ができたという説があります。

「くどく」は平安時代末期頃から見られる言葉です。

ですがこの頃は、しつこく言うという意味や祈願する意味で使われていました。

女性を口説くという意味で「くどく」が使われるようになったのは、室町時代頃からであると言われています。

口説くという言葉の意味の変遷は、当時の恋愛事情が関係しています。

平安時代の恋愛事情

平安時代の女性は、人前に顔を出すことがほとんどなかったので、男性は知人や女中から紹介を受けて女性と知り合いになるのが一般的でした。

そこで気になる女性ができたら、気持ちを和歌に添えて手紙を送っていました。

受け取った女性はその歌が上手いかどうか吟味し、手紙の送り主がどのような人物か調べた上で、男性に手紙を返します。

平安時代では、「くどく」はまだ女性を口説く意味では使われていませんでした。

男女が直接対面せず、和歌のやりとりのみで気持ちを伝えあっていたため「くどく」必要がなかったことが背景にあります。

 

スポンサードリンク

室町時代の恋愛事情

室町時代に入ると、それまで気持ちを伝えるために使われていた和歌が衰えていきました。

乱世の世へ移り変わるなか、武家社会では政略結婚が主流となる、戦国時代を迎えたからです。

家や親に勝手に決められ、お互い顔も見た事がない相手といきなり結婚するわけで、気持ちを伝える機会すら、なくなってしまったのです。

 

反対に庶民たちには、異性に気持ちを伝える機会が増えるようになりました。

室町時代頃から盆踊りが全国各地に広がり、若者は一年に一度のビッグイベントである盆踊りの歌や踊りの駆け引きで、恋愛活動を行うようになったのです。

この中で、しつこく言うという意味や祈願する意味で使われていた口説くが、現代のような異性の相手に自分の思いを受け入れてもらえるよう説得するという意味で使われるようになったと言われています。

 

ちなみに、盆踊りの中で歌われる歌は「口説き」と呼ばれています。

この盆踊りの口説きは、庶民によって創作された、農民の労働や恋愛を小唄としたものが原型で、室町時代末期に隆盛期に入りました。

盆踊りの歌を意味する「口説き」の中で、恋愛を小唄にしたものが恋愛活動で主に使われたため、「口説く」が現代のような異性に気持ちを伝えるという意味で使われるようになったという可能性もあるのではないかと考えられます。

 

口説く以外の恋愛にまつわる言葉の語源

恋の語源

もともと恋という字は「戀」と書かれていました。

この「戀」という字は、糸がもつれて絡まってしまった様子を表しており、異性への思いが募り心が乱れてしまった様子を表したとされています。

「戀」という字は簡略化され、今の「恋」という字になりました。

告白の語源

告白の「白」という字は、白状するや気持ちを伝えるという意味があります。

「白」い光によって、見えなかったものが見えるようになることから、気持ちを明らかにすることを「白」という字で表すようになりました。

気持ちを明らかにした想いを告げるという意味から、「告白」という言葉が生まれました。

振る・振られるの語源

振る・振られるの語源は、振袖から来ています。

昔は、女性が男性の求愛に直接言葉で返答することは、はしたない事だとされていました。

そのため、女性は振袖の振り方で男性の求愛に返答していました。

袖を左右に振ると好き、前後に振ると嫌いという意味があります。

現代の「振る・振られる」は、振袖を振る様子からきた言葉です。

口説くが恋愛だけでなく他の場面でも使われるようになった理由

恋愛以外でも、他の場面で「口説く」を使うことがあります。

ビジネスの場を例にすると、「口説く」対象は客になります。

商品を買ってもらうためには、客のもとを足繁く訪問し、商品の良いところを宣伝して好感を得る必要があります。

その行為が、恋愛における「口説く」行為と似ていることから、ビジネスの場でも「口説く」が使われるようになりました。

恋愛以外でも、言葉で相手の承認や理解を得るという意味で「口説く」が使われます。

口説くときの3つのポイント

相手を口説く時に、上手くいくためのポイントが3つあります。

  1. 相手を楽しませる事
  2. 相手に共感する事
  3. 相手を特別扱いする事

まずは相手を楽しませることです。

一緒にいて楽しいと思ってもらえる関係があることで、相手が受け入れやすい状態を作ります。

そして、相手に共感することです。

自分を受け入れてもらえると、相手に思わせることが必要です。

最後は、相手を特別扱いすることです。

人は「特別」という言葉に弱い生き物です。

自分だけが特別だと思えば、相手はさらに気を許すようになります。

楽しませる・共感・特別扱いを意識すると、恋愛でもビジネスでも相手を口説くことが上手くいく可能性が上がります。

参考にしてみてください。

スポンサードリンク