キャンプで車のドアが開けっ放しでもバッテリーを上げないポイント

テント設営時、撤収時、どうしても車のドアは開けっ放しの事が多くなります。 加えて、ファミキャンの場合、子供が車に出入りする事も多く、車のドアが開けっぱなしになっている事も多いです。 そんな時に心配になる、「車のドアを開けっぱなしにバッテリーについて」ポイントを紹介していきます。 ・キャンプ場での車のバッテリーあがり、気を付けるポイントは? ・キャンプ場でバッテリーがあがってしまったら、まずは管理人 […]

総スカンの語源は関西弁の「好かん」

総スカンの語源は、関西弁で好きじゃないという意味の「好かん」です。 「好かん」に「全て」という意味を持つ「総」がくっついて出来た言葉で、1930年代から関西圏で使われるようになり、瞬く間に全国に広まりました。 総スカンの語源は関西弁の「好かん」 総スカンという言葉は関西弁で好きじゃないという意味の「好かん」が由来とされています。 「総」はすべてを意味し、「スカン」は関西弁で「好かない」を「好かん」 […]

キャンプの焚き火、風速3m(洗濯物が飛ぶ位)を超えたら止めるべき

由佳さん この記事では以下の事を紹介しています。 ・キャンプで焚き火が出来る風速/出来ない風速 ・焚き火が出来ない風速の体感 ・陣幕を使った焚き火の注意点 さとこさん キャンプ場に行く前に風速が強そうって天気予報で見ると焚き火が出来ないかもって寂しくなることってあるよね。 由佳さん 天気予報の風速●mって体感だとどれくらいなのかって分かりづらいよね。 焚き火を安全にやるためには、風と上手く付き合う […]

馬の骨の語源は三国志の曹操の言葉が発展した「一に鶏肋、二に馬骨」

「馬の骨」の語源は三国志に登場する曹操が戦場で言ったとされる言葉が発展した「一に鶏肋、二に馬骨」です。 中国では、鶏肋も馬骨もともに、役に立たない不要なものとされていました。 また「骨」には人柄と言う意味もあり、「馬の骨」は「どこの誰でどんな人物か分からない」と言う意味をもつようになりました。 馬の骨の語源は「一に鶏肋、二に馬骨」 馬の骨は、「一に鶏肋、二に馬骨」という中国で使われていた言葉が語源 […]

へそくりの語源はへそという麻糸で貯めたお金やへその奥から出すお金

へそくりの語源は、「綜麻」(へそ)という麻糸を紡ぐ内職で得たお金を貯めた事が最も有力な説として挙げられます。 しかしながら、この説以外にも2つの説が存在します。 へそくりの語源は「綜麻繰り」「カラスビシャク」「臍繰り」と3つの説がある ①綜麻繰りという糸を作って貯めたお金 「綜麻」とは麻糸をグルグル巻きにした束のことをいいます。 かつて女性がお金に困った際に、麻糸を紡ぐ作業を内職にして、そこから得 […]

耐水圧が低いポリコットンタープが雨に耐えられる秘密

由佳さん この記事では以下の事を紹介しています。 ・耐水圧の表記が小さいポリコットンタープが雨キャンプに耐えられる理由 ・雨キャンプでポリコットンタープの下で出来る焚き火のレベル ・雨キャンプにおススメのポリコットンタープ さとこさん ポリコットンタープだと雨キャンプでも焚き火が出来るって聞いたことがあったから気になってるけど、どれだけの雨に耐えられるか心配なのよね。 由佳さん 私はテンマクデザイ […]